オサムイズム

 14, 2016 08:37
三菱自動車の一連の燃費偽装問題は、日産の事実上買収と言う形で矛を収めた。

落ちるだけ落ちた三菱の株価は上昇し、お荷物を抱えた三菱グループ、三菱自動車の社員、
はたまた下請けのサプライヤーまで、「日産が立て直してくれる」と結果オーライの歓迎ムードすら漂う。

現在、単独で奮闘する自動車メーカーは、マツダとホンダとスズキの三社となった。
我らがスズキ!明日は我が身か・・・

時すがら中西孝樹著書「オサムイズム」を読んでした。
160514DSCF0352.jpg

記憶に新しいVWに飲み込まれそうになりながら、奇跡のように立ち直った記述が面白い。

目を引いたのはスズキはトヨタに過去2回も助けられたと言う!!

一度目はスズキの生い立ちである織機時代1950年に、デフレの影響から大規模リストラを行い反発を食らう。
組合はストライキを実施し、国内最大級の労働争議に発展した。
数か月に渡り工場は閉鎖され、終結までに8か月を要したと言う。
会社経営は完全に行き詰まり、当時の社長は同じ織機メーカーのトヨタに融資と役員派遣を願い出た。

二度目は1975年の排気ガス規制を、スズキは2ストロークエンジンで乗り切ろうとして失敗した。
1976年には軽自動車の企画(サイズUP)も変更されその対応と、4ストロークエンジンの開発も後手に回り
1976年4月までのタイムリミットに間に合わない!

この危機を救ったのがトヨタ(豊田英二)だった。英二は支援要請を快諾し、ダイハツ製4ストロークエンジンが提供された。。。


2度ある事は3度ある・・・

もし次にスズキが危機を迎えた時、助け船を出すのはまたトヨタなのだろうね。
そうならないように、頑張ってほしいなぁー

この本では、スズキの源流は二輪部門でそこが花形だったと書いてあった。
四輪は隅でこそこそ目立たないように開発をしていたそうだ^^
img_3_m.jpg

もう一度二輪に花咲かせよう~(^^/
スポンサーサイト

COMMENT 2

Wed
2016.05.18
21:55

TA01W #XajaWc7E

URL

どこも単独では厳しい世界になってきたんでしょうね。
にしても、完成車メーカーだけで取込まず、部品メーカーにも還元して貰いたいものです。
某企業で、部品メーカーなど世界中に腐るほどあるって言い放った担当者が居ましたが。

Edit | Reply | 
Wed
2016.05.18
23:06

だんご班長 #-

URL

TA01Wさん

ト○タの危機管理体制は素晴らしく、
災害の救援物資、リスクマネジメント、大規模リコールの費用、
欧米の膨大な賠償金など見込んで想像出来ないほどの資金を持っていると見ています。
下請けに還元してくれませんかね・・・

私は某大手半導体メーカーと購買の取引をやってますが、
同じ被災した同県会社なのですが、もう部品のコストダウン依頼がありました><
こんな時でもかい!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?