雨のトレッキング

 24, 2015 23:14
22日は有給休暇をとってカミさんと登山に出かけた。
九州山地の秘境、「平家の落人」が隠れ住んだと言う五家荘の入口、「京丈山」に登ろうと話していたが、当日はあいにくの雨><

自宅から見える九州山地は霧に隠れて見えない。
急遽予定変更で、自宅からほど近い宇土半島最高峰の「大岳」に行くことになった。

Souを保育園に送り、車に乗り込んだ。約30分で、宇城市不知火町と宇土市住吉町を結ぶ県道58号線の峠へ到着。
登山口は九州自然歩道になっており、路肩に車を止めると雨具を付け舗装された林道を歩く。

日本テレコムの電波塔から登山道に取りついた。夏草が生い茂り、道が解りずらい。
それでも九州自然歩道だけに標識は整備され迷うことなく、小一時間で「大岳」478mへ到着。
DSC_0238.jpg

山頂には草刈をする作業員がいて、「こんな雨の日に登山する人がいるんだね」と感心された^^
DSC_0240.jpg
この先に「神風連六烈士自刃之跡」の碑がある。

ちょっと物足りないので、この稜線を先に進んだ「雄岳」まで行く事に。
山頂からすぐにドンドン標高を下げる。せっかく登ったのに勿体ないと思いながら階段を滑り降りて行く。

すると登山道はぷっつり途切れ、舗装道に飛び出した。
「どっちだろう」?
地図とにらめっこしながら進む。

何処にも「雄岳」を記すものは無いが、「三角点⇒」の標識を見つけ、そちらに右折。
しばらく行くと、小高い森に赤テープの目印が!
そっちに入ると、登山道らしく、狭い踏み跡が続く。

軽く一登りで鈍頂の「雄岳」348mへ到着!
DSC_0241.jpg
もちろん猫一匹いませんよ^^;

山頂には石碑があり、梵字が書かれているが読めません><
踵を返すと来た道を引き返す。

降って来た長い坂を登り返し、また「大岳」へ。
あずまやに入って昼食タイム。
DSC_0239.jpg

今日もラーメンです^^
DSC_0244.jpg

お腹も満たすと登山口に戻り、約4時間の登山は無事終了!

帰りに「あじさいの湯」で汗を流すと、「馬門石の切り出し場」跡へ。
馬門石とは・・・熊本県HPより

狭い集落を抜けたどり着いたそこはゴミ捨て場のようなありさま・・・
古代のロマンが詰まったせっかくの史跡なのに荒れ果ててしまってる(泣

写真も撮らずにそこを後にしました。残念><

もっと脚光を浴びても良さそうなのに・・・他に観光資源がいっぱいあるから誰も目を向けないのだろうか。。。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?