スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンピングスタイル思考 最終章

 02, 2014 23:46
いゃー!長々と書いてきました。
キャンプのスタイルを考えるつもりが、だんごの思い出話になってしもたバイ。
軌道を戻して、本題を締めくくろう^^

だんごは、キャンプにスタイルなど必要ないと思っている(エーッ、じゃあ今までの・・・)
そう、過去キャンプを振り返ると、私のキャンプはキャンプの為のキャンプでは無く、
何処かに行くついでの宿泊に過ぎなかった。

重きを置いているのは旅そのもので、泊まる手段としてテント泊をしていたのだ。
だから荷物は必要最小限だし、道具も安くて良い物を探した。
これからもこんな旅がメインだろう。落ち着きのないだんごにはキャンプメインのキャンプは出来そうに無い。

そもそもキャンプは面倒だ。まず何処に行こうか?から始まって、何を持って行かなん、あれば買わなん・・・
いざ行ったら行ったで、テント設営場所の選択、設営。タープを張ったり、テーブルだイスだの、
次に料理の支度で、あーあれ忘れた、これが無い・・・てんてこ舞!

雨でも降れば最悪だし、気分もブルー。暑くて寝れない、寒くて寝れないなんて事もある。
それに帰って来てからも、道具の手入れが必要だし、ホントにホントに好きじゃなきゃ出来ないのだ。

それでもだんごはキャンプを止めないだろうし、むしろこれからはキャンプメインのキャンプもしてみたい。
ちょっとしたトレッキングや、釣り、昆虫採集、石拾いなどを散りばめると楽しみも倍増するはずだ。

そこまでしてやりたい理由は、ある時のキャンプでの出来事から説明がつく。数日野外で暮らし、ある朝の事だった。

いつも聞こえない鳥の声や、川のせせらぎが聞こえる。
いつもは見えなかったものが遠くまで見渡せる。
朝の匂い。湿った空気。木々の匂いが感じられた・・・。

141002CA3H0296.jpg

しばらく野外で暮らしたせいか、五感が研ぎ澄まされている自分に気が付いたのだ。
これが人間本来が持つ性能で、普段の生活ではすべてを生かし切れていないのだろう。
毎日パソコンやテレビ、スマホばかり眺めて、食事もジャンキーなもの。
夜更かしや長寝、ゴミゴミとした都会の喧騒、矢継ぎ早に過ぎていく毎日の暮らし・・・。。。

それらから逸脱した自然の世界では人間本来の能力が研ぎ澄まされる。
夜が明ければ目覚める。日中は活動をし、日が暮れると眠る。
時間はゆっくりと流れ、向こうから情報はやってこない。自分から探し、身体のセンサーを最大限に使うのだ。

それが楽しいんですか?って言われると苦笑いだけど、だんごには楽しくて仕方がない!

目を覚ましテントから這い出すと、しっとりとした朝もやの空気があたりを包む。
森はまだ覚めきってなくて、川のせせらぎだけが動いている。
141002CA3H0297.jpg

朝露に濡れた木の葉がキラキラと輝くと、太陽がゆっくり姿をだして、森は一斉に息吹を始めた。
141002CA3H0303.jpg

湧き水でケトルに注ぎバーナーに火を入れる。忙しくエサを運ぶ鳥を眺めながらコーヒーを飲むひと時。
そんな他愛もない瞬間があるだけでもキャンプは楽しい。

開放感のある空間で暮らす時間。不自由さの中に大きな自由がある。
141002CA3H0322.jpg

とにかく考えている暇はない。まず行く事だ!!
スポンサーサイト

COMMENT - 2

Sun
2014.10.05
21:34

TA01W #XajaWc7E

URL

キャンプはどこに行くか?ってことを考えると、疲れちゃいますよ。
場所はほぼ固定で、どうやって過ごすか?ってことじゃないですかね。
バーベキュー、釣り、サイクリングなどなど。
まったり過ごすのも良いですよね。
私らのスタイルは、まったりバーベキューですけどね(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2014.10.05
22:37

だんご班長 #-

URL

TA01Wさん

そうですね、確かに場所選びは難儀します。
あちらが良ければこちらが立たずで、やっと決めて電話したら夏季しか営業してないとか、
連絡がつかない場合もありますね。
だいたい公のキャンプ場は役場に電話が繋がって要領得ません><
お気に入りのキャンプ場を数箇所見つけておけば楽ですね^^

女子や子供がいなければ、人気のない河原なんかが一番良いですけど・・・
Souがもう少し大きくなったら、男旅で行きたいです^^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。