銀ゴキブレーキピストン&マスターシリンダー交換

 28, 2014 22:32
 ここ最近の傾向でウイークデイは天気が良く、週末になると崩れるパターンが続いている。
銀ゴキも通勤のみの使用で4月の走行距離は延びていない。

 そんな中、新たな問題が浮上してきた。バイクを押し歩きする時バイクがとても重いのだ。
何が原因だろうかと、ジャッキアップして前・後輪を手で回すと・・・前輪のブレーキが引きずってる><

 確か去年の今頃フロントブレーキキャリパー内部をOHしたはず。その時は清掃だけの手抜き施工だったなぁ。
あれから1年、今度こそ新品パーツへの交換が必要かなと考えながら数日過ごしていた。

 それともう一つ大きな問題があった。フロントブレーキをかけた時にストップランプが点灯しなくなったのだ。
旧車のゴキは今のバイクとは異なり、ブレーキレバーを握るとレバー側と本体側に付けられた接点が接触しランプが点く構造だ。本体側の接点は、メインハーネスから直で出ており、この接点が摩耗して接触しない事からランプが点灯しないのだ。

 接点自体は高いものではなさそうだが、メインハーネスを変えなければいけないので、その交換の手間とメインハーネスの費用から修理を見送っていた。仮に頑張って変えたところでまた接点が摩耗したら同じことの繰り返しだ。いっそ最近のバイクの構造に変えれないものかな・・・?

 そこで目を付けたのが、「ブレーキマスターシリンダセット」の購入だった。これはスイッチ用のオスコネクタが出ており、ここに線を接続するだけで修復出来そうだ!しかし安いものでは無いから、何か月かに分けてブレーキ周りの部品一式を買い揃えた。キャリパーOH用のピストンやブレーキパッド、マスターシリンダーを一斉に全部交換するのだ。

 19日に最後の部品が揃い明けて20日、組み付けを行った。
これが部品全部です。
140420DSCF5228.jpg
左からスズキ純正ピストンASSYセット、キジマのキャリパーグリースとSBSのブレーキパッド。FALCONのブレーキフルードと、ポッシュのバンジョーボルトとパッキンのセット、ニッシンのブレーキマスターシリンダセットだ。

 早速作業開始!まずはフルードがかかったらまずいところをマスキングしてキャリパーのエア抜きボルトに配管を繋げる。
140420DSCF5230.jpg
キャリパーを取り外し、ブレーキレバーをにぎにぎして古いフルードを抜きながらピストンASSYを押し出す。

 ピストンASSYが抜けると新しいピストンASSYと交換する。
140420DSCF5231.jpg
パッキンが上手くはまらないままキャリパーに組み込んでしまったのでもう一度フルードを入れて抜く羽目になってしまった(泣

 ありえないほど何度もブレーキレバーをにぎにぎしてピストンを抜いて、今度は上手くパッキンを装着しながらキャリパーにピストンを組み込んだ。(やれやれ

 次にブレーキパッドを交換する。旧パッドを外すと、ほとんど減っていない!?SBSのパッドと厚みを比べるとまったく同じ厚みが残っていた!!だんごだけでも12.000km乗っているのに・・・?まだ使えそうなので交換は止め、軽くクリーニングして旧パッドを使用した^^

 次は本命のブレーキマスターシリンダセットを交換だ。バックミラーを外し、旧ブレーキアッセンブリーを取り外す。
140420DSCF5233.jpg
ボルト2本で新しいブレーキマスターシリンダセットを装着した。マスターシリンダセットに合わせたスズキ純正とは異なるバンジョーボルトでブレーキホースを接続。

 フルードを注ぎブレーキレバーをにぎにぎしてエア抜きを行う。さっきミスしたせいでフルードが足りない><
近くのホームセンターに走り、フルードとコネクタ用のピンも購入!

 再度フルードを満たし、またありえないほどブレーキレバーをにぎにぎする。いい加減腕が痛い(泣
やっと当たりが来て、レバーのタッチが腰のあるフィールになった♪
140420DSCF5234.jpg
ブレーキの握りしろは、6段階に調整可!

 これが問題の磨耗した接点!
140420DSCF5235.jpg
気合で切断し配線にコネクタを打つ!

 コネクタに絶縁カバーを付けてマスターシリンダのスイッチに接続。
140420DSCF5236.jpg
写真では解りづらいが真ん中の黒い部分です^^;

恐る恐るレバーを握ると・・・

「点いた」!

 すべてを再点検して試乗する。ブレーキのタッチを確認すると、心持ストッピングパワーが上がったようだ!
何よりもストップランプが点く事で、みんなでツーリングに行く時に後方に迷惑をかけずに済むから嬉しい^^

 とりあえず銀ゴキのブラッシュアップ計画一覧はほぼ終了したようだ。これからはライディングギアの充実や消耗部品の交換がメインとなるだろう。ここまで来た事の嬉しさと、もういじるところが少ない一抹の寂しさが交差する。

 でも、また何だかんだ見つけて弄るんだろうけどね^^
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?