寒風パールライン

 21, 2013 22:39
 昨日は第一級の寒波が襲い、熊本市でも初冠雪が記録された。今日も引き続き寒波は居座り、朝の気温は氷点下に近かった。
 そんな週末の朝、厚い雲の隙間から太陽が日差しを覗かせていた。
「これぐらいなら行けるかも」・・・。

 ウインターウェアに身を包みバイクに跨った。寒さでグズる銀ゴキに鞭打って向かい風の中天草を目指した。
131221DSCF3236.jpg

 日が当たるところと、そうじゃないところの気温差が激しい。改めて太陽のありがたさが身に染みる寒風ツーリングだ。

 右手に有明海が見えると海を挟んで対岸に雲仙普賢岳がそびえる。
131221DSCF3239.jpg

 山頂付近には雪が残る。風のせいで海も荒れていた。それでも少し日が差すと海が青く輝いた。
131221DSCF3238.jpg

 天草五橋の一号橋を渡り大矢野の市街地を抜ける。二号橋を渡ると「パールライン」のハイライト、数々の島と青い海が広がった。日差しが波間に輝きキラキラと瞬いている。
131221DSCF3246.jpg

「これぞパールライン」!一人納得しながら天草上島へ上陸した。

 松島市街地から左折して国道266号線を進んだ。今度は左手に不知火海が広がった。こちらは波もなく穏やかな海が広がる。車の通行量もまばらで、快適なシーサイドランだ。

 姫戸町へ入り、最終目的地海観アルプスの名峰「竜ヶ岳」を目指す。国道から狭い町道?林道?をさかのぼる。路面は濡れ、落葉がいっぱい。時には路面に緑色のコケが広がる><

 ズルズル滑るタイヤを慎重に操りアップダウンを繰り返した。山頂付近の北斜面には雪が残る。「寒いはずだ」><

131221DSCF3248a.jpg

 何とか無事に山頂駐車場に到着した。人っ子一人居ない。こんなところに今来るのはだんごぐらいかも^^

 歩いて山頂と展望台へ向かう。ほんの2、3分で竜ヶ岳山頂三角点があった。
131221DSCF3252.jpg

 「三角点」と看板に書いてあるのがウケた^^しかしその先にはもっと笑えるものがあった!
131221DSCF3251.jpg

 「99万ドルの夜景」って!なんで1万ドル少ないの・・・。そこは遠慮した感じかな(^^;

 展望台を登ると不知火海のパノラマが広がった。
131221DSCF3259.jpg

 絶景だね^^頬を差す風が冷たくて身が引き締まる。ここに来たから見れる風景。ついでに一山制覇ってね^^
131221DSCF3256.jpg

 西には天草最高峰「倉岳」682mがそびえる。
131221DSCF3254.jpg

 たかだか標高470m!それでもあなどれない天草の山。
131221DSCF3260.jpg

 礫砂岩に囲まれた自然の箱庭的山頂に、立派な建造物・展望台はいらないよね・・・残念。。。

 少し肌寒さを感じてそろそろ引き返す時間だ。神経を使った路面をさらに慎重に下って行った。
131221DSCF3261.jpg

 海岸線に近づくと気温が上がってきた。日差しも強く人心地つけるね^^振り向くと竜ヶ岳の勇姿が!
131221DSCF3263.jpg

 お椀を伏せたような平らな山頂が見える。広い山頂にはキャンプ場や天文台も置かれ、夏は沢山の子供達で賑わうと言う。

 今は子供達の歓声は聞こえないが、「来年の夏は」!なんてもう夏の事を考えている自分に苦笑い^^

 きびすを返し帰路に発つ。西日が斜めに波間を照らしまたキラキラと輝いた。

「パールライン」(真珠の道)!!

 時より小雨が振り寒さは増してきている。それでもだんごの心は晴れ晴れと輝いていた。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?