広島・山口旅行その二

 24, 2013 23:47
 二日目は、長門市の湯元温泉から萩市内を目指した。
萩のどこに行きたいと言う明確な目的の無いまま、とりあえず萩駅に向かった。
131021DSCF2923.jpg

 明治風の古い駅舎は風情がある。ここでこの後の予定を練った(遅い)

 ここは無難に武家屋敷を廻ることにして、城下町へ向かう。

 131021DSCF2976.jpg

 この狭い城下町の中で、明治維新の三傑と言われる「木戸孝允」、奇兵隊を創設し長州藩滅亡を救った「高杉晋作」、陸軍大将のちの内閣総理大臣になった「田中義一」などそうそうたるメンツが生まれた事に驚く!

131021DSCF2964.jpg

 萩と言えば、土塀と夏みかん^^

 優れた逸材達が切磋琢磨して相乗効果が現れたのだろう。付き合う人によっては自分も変われると言う事か・・・。
131021DSCF2971.jpg

 塀にはさりげなく偉人の辞世の訓が!これは「吉田松陰」のもの。

 明治維新付近の歴史の重みをヒシヒシと感じながら、次は「松蔭神社」へ向かった。
131021DSCF2980.jpg

 「松下村塾」。ここも中学校の修学旅行以来だ。松蔭がここで教師をしていたのはわずか1年ぐらいの期間らしいが、高名な人では久坂玄瑞、吉田稔麿、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎、山田顕義、前原一誠などそうそうたるものだ!!

 萩観光を満喫し、日本海沿いを西へ向かう。次の目的地は角島だ。
この日は終日風が強く時より雨も降ってきた。

131021DSCF3007.jpg

 角島へ向かう「角島大橋」はかなりの風で波も高い。それでも海の中を蛇行しながら且つ上下する面白い橋ににんまり^^次はバイクで走ってみたいな♪

 関門海峡を渡るとそこは九州で、楽しい家族旅行が終焉に近づくもの悲しい行程です。天気が良くなってきたのが救いで、少し晴れ晴れとした気持ちでアクセルを開けました。
131021DSCF3022.jpg

 広島・山口の観光を駆け足で紹介しました。詳しい日記はHPにそのうちUPしたいと思ってます。
 
全行程1.050km
スポンサーサイト

COMMENT 2

Sat
2013.10.26
17:25

TA01W #XajaWc7E

URL

幕末の長州藩主要メンバーが、そんなに近くで生活してたとは。
もう“お隣さん”レベルじゃないですか(笑)
角島荒れてますね~。
次はバイクで遠征決定ですね♪

Edit | Reply | 
Sat
2013.10.26
23:39

だんご班長 #-

URL

Re: タイトルなし

TA01Wさん

関が原では実戦に参加していないのに西軍の大将だったって事で
中国の覇王、毛利家は日本海側の小さな田舎町萩に押し込められて
300年たってその徳川幕府を倒すって言うんだから歴史は面白いですね!
今はその幕末の沸騰した面影は何も無く、静かでのどかな街でした。

そういえば、バイクでは関門海峡を越えた事がありませんでした!
絶対角島行きたいです^^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?