すみません→ありがとうへ

 19, 2012 23:05
 先日、アメリカ人で熊本在住の著名人コラムに気になる記事を見つけた。

 日本人は、何かと「すいません」(もしくはすみません)の言葉を使うが、アメリカでは謝らない事が普通だそうだ。
 あるアメリカ在住の日本人が接触事故を起こし、相手に対して開口一番日本流に「Im Sorry」と言った。事故の裁判になり「あなたが先に誤ったでしょう」と過失を疑われたと言う。

 最近は自分に過ちがあってもあれこれと言い訳を見つけ、素直に謝罪しない人も多い。そんな人には日本流の「すいません」はとても便利な言葉だ。

 私も仕事柄得意先に対して電話で話すことが多いのだが、別に悪い事していないのに「すいません、すいません」と良く使いっている。そもそも「すいません、すみません」の意味とはなんだろう??

 辞書を見ると、「すまないの丁寧語。相手に謝罪・感謝・依頼などをするときに用いる。「連絡が遅れて―」「お見舞いをいただいて―でした」「―が本を貸してください」

と書かれている。日本語では謝罪以外に、感謝・依頼にも使う言葉なのだ!だから普段から「すいません」を連発しても問題ないじゃん!!

 英語では「すいません」は「Thank you」と言うらしい。ありがとうと言う意味だ。日本語には沢山の言葉がある。コラムを読んでからは謝罪は「ごめんなさい」、感謝・感激は「ありがとう」、依頼は「お願いします」と言う便利な日本語を使ったほうが良いのかなって思ったりしたのです・・・。

 個人的にはアメリカ人嫌いだけど(^^;
Kevin_Schwantz_1993_JapanGP.jpg
スズキワークスライダーのケビン・シュワンツ(*)は好き^^

 *ケビン・シュワンツ(Kevin Schwantz, 1964年6月19日)は、アメリカ、テキサス州ヒューストン出身の元オートバイ・ロードレースライダー。1993年ロードレース世界選手権500ccチャンピオン。1988年から1995年までの8シーズンでGP通算25勝を記録した。ニックネームはフライング・テキサン。
スポンサーサイト

COMMENT 4

Fri
2012.12.21
07:45

ぐらべるタロウ #-

URL

私も仕事で毎日のように「すみません」を
使ってますね・・・・
「ごめんください」→「すみません」ですもんね(笑)

ケビンシュワンツ(ピノキオボーイ)懐かしい~
私と同じ年齢ですもんね~~
とにかくウェインレイニーとのバトル最高でしたね!

ちなみに当時の彼女(現カミさん)ヘルメットはシュワンツカラー
バイクはオリオフィアットカラー(後にラッキーストライク)の
ヨシムラKITのGSX・・・今思えば完全なりきり仕様でしたね(汗)
(まぁ私が制作したのですが・・・・)

Edit | Reply | 
Fri
2012.12.21
21:24

だんご班長 #-

URL

ぐらべるタロウさん

イタリアのオイルブランドOLIO FIATですか!懐かしいですね^^
GSXにヨシムならテッパンですね♪

当時はタバコのスポンサーが多かったですよね。
マルボロ、ラッキーストライク、ロスマンズ・・・
変り種は、シュワンツのペプシカラーや、平忠彦のTECH21カラーなど!

レーシングに興味が出た頃は、ケニーロバーツからフレディースペンサーへ世代交代するころで、
スペンサーには誰も勝てる気がしなかったですね><
その頃からフランコウンチーニやランディマモラなどスズキワークスライダーが好きでした^^

2014年にはスズキワークスがモトGPに復帰するそうです!楽しみ~♪

Edit | Reply | 
Wed
2013.01.23
18:07

かえっちゃん #-

URL

私も昔、同じような内容のものを読んだことがあり、
気を付けて使うようにしてます^^
「すみません」は、ある意味マイナス発言ですもんね~
なので、プラス発言の「ありがとう」を使ってます♪

Edit | Reply | 
Wed
2013.01.23
21:45

だんご班長 #-

URL

かえっちゃん

こんばんわ^^
そうですか!実践済みですねv-218
日本語を知らない外国人に一番簡単で仕える日本語が
「どうも」、「すいません」と言う言葉らしいです。
色々応用が利く反面、本質は突いてない言葉ですね><

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?