Welcome to my blog

登山・トレッキング

3ヶ月ぶりの登山!「洞ヶ岳」(権現山)

5 0
 先週の事だが、6月の平治岳以来久しぶりの登山に出かけた。
だんごは3ヶ月ぶりだが、カミさんとアルプは昨年2月の藪を漕いで津江の3山を歩く以来1年半以上前なのだ!

 久しぶりのカミさんに敬意を表して、リクエスト通り美里町の「洞ヶ岳」へ向かう。
「洞ヶ岳」は地元では「権現山」と呼ばれ、昔女人禁制の修験の山で中腹の権現社は病気回復や厄払いなどの祈願で賑わったと言う。戦時中は武運長久の神として知られ、現在でも堂内には日の丸が張られ、自衛隊員の家族が祈願、願成就されたものが多い。

 国道218号線方面から見ると尖った岩峰の山容がそびえ、登山欲が盛り上がってくるのだ^^
2012091000320.jpg

 緑川ダムの堰堤を越え、狭い町道を山出の集落へ向かう。左手に浄水場が見えると手前の空き地に車を止めた。
ここから歩いて200Mぐらい行ったところが登山口で、ここにも駐車スペースがある。
2012091000321.jpg

 ガイドブックで読んで覚悟していたが、いきなりの急坂が延々と続く。手入れの行き届いた杉林を歩く。久しぶりのカミさんは、アルプにアシストされ引っ張られる^^

 30分も行くと稜線に上がり、左手に「権現社」が見える。苔むしてうっそうとした感じが良い雰囲気だが、社が思ったほど風格が無いのが残念><
2012091000326.jpg

 軽く手を合わせ山頂を目指す。急坂は続き展望も利かないが、自然林が広がり少し気を紛らしてくれる。
2012091000330.jpg

 権現社から30分で右手に展望台、左に山頂の別れに着く。展望台は後回しにしてまず山頂へ向かう。
斜度はさらに増して、腿筋がパンパンに張ってきた(泣

 分れから20分で待望の山頂に着いた!ヤッホー♪
標高997M、展望は利かないが登りきった事に満足^^アルプもお疲れさん!
2012091000336.jpg

 一休みすると展望台へとって返す。分れを真っ直ぐ進み岩塊を乗り越え、心境の橋(チョックストーン)を渡ると山の神が祭られていた。
2012091000345.jpg

 大きな岩のテーブルに登ると北から西側の展望が開ける。
2012091000340.jpg

 眼下に緑川ダムを見ながら弁当にかぶりつく。これまでの疲れが吹っ飛ぶ瞬間だ^^

 一息ついて下山だ。来た道をどんどん下る。膝がガクガクなりながら、アルプの暴走を抑える。この山行、誰にも会わなかったな・・・。
2012091000347.jpg

 ひっそりとして厳かな山容に包まれて、静かな登山は終わった。あー疲れた(^^;
2012091000348.jpg

 下界は夏だな(汗。さあ、息子を迎えに保育園へ行こう^^ 
スポンサーサイト

5 Comments

There are no comments yet.

TA01W  

2012-09-16 21:44

たまには奥様と一緒にお散歩しないとね。
だんご班長さん1人でばっかり出歩いてると、鉄槌をくらいそうだから(笑)

EDIT  REPLY    

しんいち  

2012-09-17 20:08

TA01Wさんに1票(笑)

EDIT  REPLY    

だんご班長  

2012-09-17 21:57

TA01Wさん

カミさんサービス業だから、土日ほど仕事なんですよね・・・。
2人揃って休みだと、ブラブラ何処かに出かけてお金使うでしょう。
だから意外とお互い「良いかも」と思ってます^^


しんいちさん

一応遠慮がちに遊びに行ってます(汗

EDIT  REPLY    

まっつん  

2012-09-20 17:53

洞ケ岳は昨年12月雪の散らつく時期に行きました。
最初っから急斜面でふくらはぎが泣いて泣いて・・・
つらかった記憶があります。

でも、競馬好きのメンバーの方が権現社でお参りしたところ、
なんと翌日のG1で儲けたんですよ~。
あんな森の中にあるのにご利益は立派なものです。
ありがたや~♪

EDIT  REPLY    

だんご班長  

2012-09-20 22:53

まっつんさん

ご無沙汰してます!元気で山登ってますか^^
そうですか!ご利益があったんですね。苦労して登ったかいがありますね♪
さすが戦勝祈願をしただけの事はあります。

でもここはホント登りばっかりで、まったく休むところがありませんね><
雪や足場の悪い時はなおさらです。
そろそろ涼しくなって、登山に良い気候ですね!
また機会が合えば、よろしくお願いします♪

EDIT  REPLY    

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © SV1000Sで行く♪此処じゃない何処かへ All Rights Reserved. まとめ