GSX250E KATANA復活への道①

 08, 2012 00:18
 すっかり春めいて来たな^^早くバイクに乗りたいよー!!

 とりあえずNEWマシン「GSX250E]を早く復活させなければ♪

 このバイクは83年式だろうか・・・フレームに「3型」と記載がある。走行距離は18.739km。長く不動車だったと言う事意外にこのバイクの経緯はまったく不明だ。
DSCN1662.jpg

 エンジンはかかるが、回転数があがらずどこかに不具合がある。それと、タコメーターが動いていない><タコメーターはワイヤー切れだったので交換すればよいが、問題はエンジンの吹け上がりだ。

 吸気、排気、点火が正常なら基本動くはず^^子守の合間にボチボチ原因究明しよう!
DSCN1604.jpg

 まずは手っ取り早くプラグの点検!プラグは新品で番数も純正と同一。火花も正常に飛ぶし問題ない^^

 次にシート、タンクを外しエアクリーナーの点検。長く不動車わりにはエアクリーナーも綺麗で、よくあるスポンジの劣化も見られない。清掃して専用オイルを塗布する。

 となると一番厄介なキャブか><;キャブとエンジン、エアクリーナーを繋ぐホースバンドを緩め、アクセルワイヤーを外し横に引き出す。隙間は無くかなり困難だが、まだ2気筒だからましか^^
DSCN1606.jpg

 キャブの外見は汚いが、中は思った以上に綺麗だ。ばらせるところはばらして、クリーナーで清掃する。
DSCN1607.jpg

 腐食や汚れ、つまりも無いもんだから余計原因がつかめない。ひととおり清掃してまた車体に取り付ける。
 祈りながらエンジンをかけるが・・・結果同じ症状だった(泣

 他に手はないか・・・?プラグの焼け具合が、真っ黒だから燃料が濃いのか!?エアスクリューを少しずつ開けて試乗を繰り返した。全閉から3回転開けると3速30~40km/hぐらいで走る事が出来た!

 でもアフターファイヤーが頻発する。

 残された手は、フロートの油面調整かキャブ内部の部品全交換かな・・・瞑想中><
スポンサーサイト

COMMENT 12

Sun
2012.04.08
17:31

しんいち #-

URL

うーん。以外と大変そうですね。
プラグの品番まで確認しているのならばプラグコードの不具合はなさそうですし、ニードルにしても詰まり、汚れがなければ新品に変えようかという気も起きにくいし。
あとはインシュレータ接続部からの2次エアーの吸入、燃料ラインの不具合(フィルターの目詰まり、燃料コックの作動不良?(負圧コックですか?)
給排気バルブのクリアランスの不具合は考えたくないし。
あとはどの程度、部品が入手できるかで対応が変わってくるとは思いますががんばってください。

Edit | Reply | 
Sun
2012.04.08
21:57

だんご班長 #-

URL

しんいちさん^^

今日またキャブを取り外しました(汗
そのまえにしんいちさんが言われたインシュレーターのエア混入の疑いを、
JB23さんがレッドバロンで聞いてきてくれたので、確認してみました。
霧吹きでその部位に水をかけると、吸い込んだら明らかにエンジン音が変わるそうです!
が、問題ありませんでした><

燃料コック、ホース等の詰まりもなさそうで(負圧式です)ガス欠症状でもないんですよね・・・。
プラグがすすけたように黒い(不完全燃焼?)です。燃焼に問題ありですかね???
とりあえずキャブをばらして灯油に浸け込みました。
もう一度各部を点検して、再度組み付けてみます^^

それでもダメなら、バイク屋行きかな(^^;

Edit | Reply | 
Sun
2012.04.08
22:57

TA01W #XajaWc7E

URL

>プラグがすすけたように黒い
エアクリーナーは問題ないとのことですが、念のため外して直ギャブで試してみては?
これで行ければ、確実に濃くなってるはずです。

Edit | Reply | 
Sun
2012.04.08
23:29

しんいち #-

URL

ひとつ忘れていました。
確認ですけどチョークレバーの動作には問題はありませんか?
私のSRXで過去にチョークレバーの戻りを制御するスプリングが入ったバルブが割れていて、チョークが途中までしか戻らなかったことがありました。

もしいろいろ試してみて自力で解決出来なかった場合は修理に出す前に、私のバイクのメンテをお願いしてもらっている方に聞いてみませんか?
本業は板金屋さんなんですけどホンダやカワサキなどの4発の同調をとったり、かなりの重整備をこなせる人なので、この方がばらしてみないとわからんといった場合は素人ではたぶん無理だと思います。
私の携帯を介して直接話を聞くこともできるので気が向いたら連絡してください。
相手が不在でない限り夕方6時以降でしたら話は聞けますので。
わたしも今度の土日にフロントフォークのオーバーホールで預ける予定になっているので遠慮は無用ですよ。

Edit | Reply | 
Mon
2012.04.09
18:53

だんご班長 #-

URL

TA01Wさん^^

直ギャブですか!昨日アイドリング状態で、エアクリーナーの蓋を開けてみたんです。
ゴボゴボと苦しそうな音になったので、すぐ閉じたのですが・・・。
意外と上は回るかもですね!
キャブ付けたら試してみます^^

Edit | Reply | 
Mon
2012.04.09
19:28

だんご班長 #-

URL

ありがとうございます!

しんいちさん^^

色々とお気遣いありがとう御座います!
チョークレバーの動作は問題なさそうです。と言いますのは、引きっぱなしだとエンジン咳き込むので暖気が済むと戻しています。
でも完全に最後まで戻っているかと言うと・・・確証は持てませんね(^^;確認してみます!

> 本業は板金屋さんなんですけどホンダやカワサキなどの4発の同調をとったり、かなりの重整備をこなせる人なので、この方がばらしてみないとわからんといった場合は素人ではたぶん無理だと思います。

なるほどですね♪何から何まですいません><今またキャブを灯油にドブ浸けしてます。
組み込んで何点かの確認をして、それでも原因が解らない時はお願いします!なるべく費用を抑えたいので^^
よろしくお願いします!!

Edit | Reply | 
Mon
2012.04.09
20:06

しんいち #-

URL

別件で用事があったついでにちょっと聞いてみました。

原因がキャブレターのみと仮定した場合ですが、回すとアフターファイヤーが発生するということは高回転においては混合気が薄くなっているとのことです。

その他で考えられるケースとしては

点火コイルの不具合(電圧の低下)
マフラーの詰まりで抜けが悪くなった場合も同様の現象がでるそうです。

キャブレターを調べる方法としては直接インテークに手をあてて矯正的にエアーの吸入量を微調整してスロットルを開けてみてうまく回るところがないかを調べる方法があるそうです。
うまく回るところがあれば調整に問題があるとのことです。
調整の仕方はプラグの熱価を低い番手に変えたほうが調整がしやすいそうです。

ここまでやってみても分からない場合は電気系統を含めた複合的な原因がからんでいる場合があるので大人しく修理に出したほうが良いとのことでした。

旧車とつきあうのは根性がいるから頑張れとの言葉をいただきました。
                           以上、報告でした。

Edit | Reply | 
Mon
2012.04.09
23:46

だんご班長 #-

URL

なるほど!

しんいちさん^^

燃料が濃いのかと思ってましたが、キャブが原因と仮定すると薄いんですか!?
アイドリングは正常ですから、アクセルを開けると薄くなって回らないのかも知れませんね・・・。。。

色んな要因がありますが><とりあえずはキャブを潰して、それでも治らないなら電圧、マフラーの抜けも見る必要がありますね(汗
遅まきながら、パーツリストをさっきオークションで落としました。まずはノーマル状態に復元して疑わしいところを消去していくしかなさそうです。
ホントに根性要りますね^^;ま!それも含めて楽しいですけど♪

Edit | Reply | 
Fri
2012.11.23
21:40

ゴキ乗り #-

URL

オーバーフロー

初めまして!いろいろな説明文を見させていただいてます!凄く参考になります。

そこで質問なのですが、キャブレターのエアクリ側の小さな穴2個あるのですが、キャブレターをエアクリ側に傾けると、そこからガソリンが両方の穴から出てきてしまいます、これは、正常なのてすか?

それと!試乗して次の日車体を見てみるとエアクリの下にガソリンがタレてるのです、エンジンを掛けると!シリンダーにガソリンが溜まってるのかクランキングが重くてエンジンからシューってジワジワと音がします、 フロート交換とフロートバルブ交換しました!原因不明です、宜しくお願いします

Edit | Reply | 
Fri
2012.11.23
22:37

だんご班長 #-

URL

初めまして!

ゴキ乗りさん

ご観覧有難うございます!参考になれば幸いです。
ご質問の件ですが、キャブをバラしていた頃から少し時が過ぎて記憶もあいまいですが、エアクリ側の小さい穴2個とは、燃料ホースから流れてきたガソリンがキャブに最初に入る穴ではないでしょうか?ホースからT字の継ぎ手に分配されキャブに入り、ろ過用のメッシュを通り下のフロート部にガソリンが溜まるしくみです。
違っていたらすいません><

いずれにしてもエアクリの下にガソリンがタレているのは異常ですね。垂れているガソリンが燃料タンクのホースからなのか、キャブからなのかを追って、どちらか判断したほうが良いですね。燃料タンクなら異常では無いです。
シリンダーにガソリンが溜まってるのなら燃料が濃いか、点火タイミングのズレなど考えられます。インシュレータの2次エアー吸い込みで不完全燃焼かも知れません。
実車を見ないとココだと断定は難しいですね。私の場合は、点火系、吸気・排気系、燃料系、電気系の順で不具合を潰していきました。根気よく不安要素を潰してみてください^^

Edit | Reply | 
Mon
2012.11.26
18:39

ゴキ乗り #oyV.6EWY

URL

キャブレターのオーバーフロー

お返事ありがとうございました(^_^)/

キャブをバラし、直接ガソリンを流した所、フロートバルブからの微妙な漏れが発見されました!どうも、すり合わせが良くなかったみたいです!新しい部品を注文したのでもう少しねばってやってみたいとおもいます(ノ^^)ノ 負圧コックも、負圧が利いてないないので治した方が良いですよね!?

Edit | Reply | 
Tue
2012.11.27
20:48

だんご班長 #-

URL

ゴキ乗りさん

こんばんわ^^
ガソリン漏れが発見されたのですね!良かったです。部品を交換して直るとよいですね^^

>負圧コックも、負圧が利いてないないので治した方が良いですよね!?

負圧コック自体、簡単な構造なので不具合は出難いと思います。ガソリンの流れが悪いのならフューエルコックのフィルターなど詰まっているかも知れませんね。もしくはキャブ側の詰まり・・・。
一度全て外してクリーニングしてみるのもいいかもです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?