古代の音を聴く!芦北・球磨ツーリング

 12, 2012 23:12
晴天の休日!太陽にあたると温もりがありがたい。
しかし立春は過ぎたものの「春は名のみの風の寒さよ~」><風は冷たいが、熱い走りで吹っ飛ばそう!!

 いつものメンバーで某スーパーの駐車場に集合。不参加のはずのニケさんが、見送りだけで参加^^
DSCN1380.jpg

 左からCB750からゼファー750へ変貌したJB23さん。ろくさんのWR250モタード。ニケさんのスーパーシェルパ。だんごのプチバイク。ピェールのエストレア。

 ニケさんとは途中で分かれ、我らは農免道路を八代市へ南下。日奈久で国道3号線に乗り、田浦へ向かう。
DSCN1382.jpg

 今日の天気予報では最高気温12度のはずだが、途中の電光掲示板の温度計は「6度」。「天気予報と違う」とJB23さん^^確かに寒い><

 芦北の人工ビーチへ向かう。さしみ食べ放題500円の店があるのだ。しかし・・・!?この時期はやっていないのか閉店中。確かに海も人っ子一人居ない(残念

 気を取り直して、芦北インターそばの「でこぽん」(物産館)へ向かう。
DSCN1383.jpg

 「ぎゅーぎゅー亭」で芦北牛を頂く。肉が柔らかくて美味しい!しかし、食欲に負けて写真を撮り忘れた><

 さぁさぁ!メインの目的地、「ゴットン岩」へ向かおう!!

 熊本のパワースポットで検索しヒットしたゴットン岩とは、熊本県‎水俣市の大関山にある巨岩。 重さ13トンほどの大岩であるにもかかわらず、女性一人の体重でも簡単に上下に動かすことができる。風の強い日には、この岩が動くゴットン、ゴットンという音がふもとの町まで響くという。‎

 初めてのところだけにワクワクしながら芦北最高峰の大関山(902m)を遡る。これが県道かよと疑うほど狭く、落石・落ち葉の積もる急坂・急カーブを注意しながら高度を上げた。

 もうそろそろ目的の場所だと言うところで、舗装が途切れ林道に><ネットで検索した入り口の写真は舗装されていた。通り過ぎたかと少し戻り探すが見当たらない。

 ピェールのスマホで再検索。どうやら峠を少し下ったところらしい。と言う事はこの林道はまだ登りなのでもう少し走ると舗装されているのかも・・・。
 皆を残し、だんごが偵察に走る。標高900m近くの林道にはところどころ雪が残り、舗装になったり林道になったりを2、3度繰り返す。どうやら峠と言うところで「ゴットン岩」の標識を発見!皆を待たせたところから3.5kmの地点だ。

 急ぎ引き返し、ビックバイクのゼファーを残しJB23さんはろくさんのタンデムで「ゴットン岩」を目指した。
DSCN1384.jpg
 
 やれやれと言う感じで、入り口に到着。バイクを止め20mほど歩くと待望の「ゴットン岩」だ。
DSCN1386.jpg

 ビミョウなバランスで土台の岩の上にゴットン岩が乗っかり、JB23さんが立っているところを揺らすと、「ゴトン・ゴトン・・・」と地響きと共に重低音が響く。う~んこれが古代の音か!!やっと見つけただけに大満足!しかし解りにくいところだね。チャレンジャーしかオススメ出来ないパワースポットだ。

 DSCN1390.jpg

 ゼファーを停めた広場に戻り、次の目的地へ向かう。県道27号線へ戻り、球磨方面へ。国道219号線にぶち当たると左折し八代方面へ球磨川添いを下る。

 ほどなく右手に目的の「熊野座神社」、「神瀬(こうのせ)の石灰洞窟」だ。
DSCN1395.jpg

 このあたりは古生層(約5億年前~2億3千5百万年前の地層)が球磨川を横切るように分布し、その中にレンズ状に、あるいは帯状に石灰岩層がはさまれている。この洞窟はこのような石灰岩の中に開口した鍾乳洞である。
と説明がなされている。開口広さ45m、高さ17m、奥行き70mと、日本最大の洞口を持つ洞窟なのである。

 それにしても静かな場所で、ここを通る度に気になっていたのだがやっと立ち寄る事が出来た。これもバイクの機動力だね^^
DSCN1391.jpg

 圧巻のスケールと、ひんやりと神聖な場所にバイクで乗りつけた我らは罰当たりかな^^;
社の奥に御池と言う池があるらしい。願い石が置いてあり、無料で投げる事が出来る。真っ暗な見えない空間に石を投げ込むとずいぶん深いのだろうしばらく経ってから「コーーーン」とが「ドボーーーン」と音がする。鬱蒼としたなかの巨大洞口洞窟、手を加えられていない雰囲気がとても素敵だ。
DSCN1393.jpg

 楽しいツーリングも終わりに近い。球磨川が望める国道沿いで最後の休憩だ。
DSCN1397.jpg

 素朴で素敵なパワースポットに出会い満たされた高揚を胸に、暖かい日差しを浴びて満面の水を湛える球磨川をまぶしく目を細めて眺めていた。
DSCN1398.jpg

 金は無くても旅はしろ!そこで出会えるものは何物にも換えがたい。傾きかけた日差しを浴びながら、最後のセクションにハンドルを握った。

走行距離200km
スポンサーサイト

COMMENT 2

Mon
2012.02.13
23:43

TA01W #XajaWc7E

URL

バイクでうろつけるとは羨ましいです。
こっちはまだまだダメそうです。
冬眠から醒める気配はありません・・・。

Edit | Reply | 
Tue
2012.02.14
21:12

だんご班長 #-

URL

TA01Wさん^^

バイクにチェーンって手もありますよ!
雪の中しか走れませんが(^^;
年中走れる私らは恵まれてるんですね♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?