エスクード生誕24周年 ガンバレスズキ!!

 10, 2012 20:17
 2008年の2月10日、阿蘇大観峰で行われた九州オフラインミーティング「エスクード生誕20周年」。
DSCN0045.jpg

 あの頃俺は若かったなぁ・・・(遠い目

 あれから早4年の歳月が過ぎ、オフロードバイクSX200から始まったスズヲタは、TS200R、ジムニー、ワゴンRソリオ、エスクード2000JZ、セルボ、ワゴンR-FX、エスクードGリミテッド、グース350、K90と、バイク4台、車6台を乗り継いだ。

 最近のスズキは、VWとのこじれや軽自動車販売で車名でダイハツに負けて、バイクは排ガス規制から次々とラインナップが減ると良い話が無い><

 今まで沢山のシーンを与えてくれたスズキ。感謝を込めてエールを贈りたい!!

 ニュースズヲタ企画、「がんばれスズキ」を展開します。
まずは、

 マルチ・スズキ社が国内累計販売1,000万台を達成

20120210001.jpg
スズキ株式会社のインド子会社であるマルチ・スズキ・インディア社(以下マルチ・スズキ社)は、2月9日、インド国内累計販売1,000万台を達成した。

マルチ・スズキ社は1983年12月に日本における軽自動車クラスの「マルチ800(日本名アルト)」を立ち上げ、翌年「オムニ(日本名エブリイ)」を追加、その後「ワゴンR」、「スイフト」などの発売により順調に販売を伸ばし、2006年2月には累計販売台数500万台を達成している。
代表車種である「マルチ800」は累計販売台数260万台以上を販売し、「アルト」は7年連続でインド国内の最量販車となっている。また、近年では「SX4セダン」、「A-star」などを販売すると共に、ガソリン車に加えてインド市場に合ったディーゼル車を販売し、500万台達成からわずか6年間で1,000万台を達成した。

 インドでは、シェア50%近くを誇るスズキ。日本で言うトヨタ的存在か^^スズヲタなら天国みたいなところだ♪

 行ってみたーい!!
スポンサーサイト

COMMENT 8

Fri
2012.02.10
20:52

フォレストウェイ #-

URL

同感

ほんと最近のスズキ元気がないですねぇ~ エコカーもEVも後手後手だし、新型車のニュースすらありません。 頑張ってほしいものです。

Edit | Reply | 
Sat
2012.02.11
00:34

茜色セブン #3un.pJ2M

URL

カタログの燃費だけ見て車を選ぶような時代ですからねぇ。マツダは起死回生のSKYACTIVを繰り出しましたが、まだまだ赤字のようですし、スズキはどうにも決定打に欠けていますね><
エコカーにはエコカーなりの運転の楽しみもあるのでしょうが、回転計が駆け上がるあの刺激が味わえない時代が来そうで、それが不安です。

Edit | Reply | 
Sat
2012.02.11
01:30

TA01W #XajaWc7E

URL

スイフト・レンジエクステンダーに期待しましょう♪
浜松市内で実走試験してるのを見たことありますし。
これが出れば起死回生になりえるかも。

インドはスズキ車確かに多いですね。
そこら中でマルチ800(アルト)を沢山見ました~。

Edit | Reply | 
Sat
2012.02.11
09:24

だんご班長 #-

URL

フォレストウェイさん^^

世界戦略車のスイフト、エスクード、SX-4が立て続けにワールドプレミアムした時は、明るい未来を期待しましたが・・・。
その後モデルチェンジしたのはスイフトだけ><時期エスクード、SX-4は?
「二頭追うものは一頭も追えず」。まずは軽を巻き返すのか、普通車にシフトするのか!?決断が必要かもですね(^^;


茜色セブンさん^^

世の中がハイブリッド、電気自動車、エコ・エコと騒ぐ風潮に皆乗り遅れまいと右へならえしてしまうのが自分の無い日本人の悪い癖じゃないでしょうか><
ただの移動手段ならそれもありですが、車でライフスタイルを構成している我らには、その選択は苦渋の決断ですね・・・。何故なら自分を捨てたような、自分の夢を諦めた時のような空しさが全身を支配するからです。
セルを回すと車体がブルブル振るえ、点火後回転が上がり車体に火が入る。そんな情景がわくわくするなんて古い人間かな(^^;


TA01Wさん^^

スイフト・レンジエクステンダーですか!もう実走試験しているんですね♪
電気で走り、発電用に660ccのエンジンを積むから、航続距離、充電の問題から解消されますね。
シャーシはスイフトだしシティコミニケーターで移動だけならコンパクトカーが良いでしょう^^
これでコストが安ければ、そこそこ売れるかも!!期待です♪

Edit | Reply | 
Wed
2012.02.15
01:06

雷蔵 #ZaKE1eB2

URL

24年ということは

実は意外と長寿になってきた方だと思います。
40年選手のジムニーやアルトに続いて、四半世紀に到達しようというラインナップが、あとどれだけあるかというと、小型車枠ではよく頑張ってるということです。
決定的なことを言いますと、現行のモデルに与えられている「モデルとしての寿命」は、まだしばらくあります。それがどのような継続をするかは別として。

で、24年という歩みを楽しむのは、メーカーを応援することはもちろんのことですが、やっぱり「好きで乗っている人」をクローズアップしてこそだと思います。
20年、新車から乗り続けてエンジン3基めだとか、20年のうちに床が抜けたからレストアしたとか、それエスクードの話なのか? と思ってしまうようなユーザーがいることって、けっこうすごいことです。
1台を16年乗り続けて400000キロなんて、根性ありますよ。
やれ中途半端だの設計が古いだのと言われてきた車が、ローカルとはいえダートラチャンピオンにのし上がることを、5年前に誰が想像していたでしょうか。
そして、それだけの底力だとか魅力的なものを秘めている同じ車に乗っている、たくさんの人たちにも、その車の数だけの個性が宿っていて、同じ年月の大なり小なりの時間を共有できているところが、なにより楽しいことなのです。
だから、これをおしなべてオタクだと言われては立つ瀬がないのよ(笑)
メーカーはとても面白い車を世に送り出してくれた。
我々ユーザーは、それに応えているということです。
いや・・・新車買わなくなっちゃってますけどね。

Edit | Reply | 
Wed
2012.02.15
22:23

だんご班長 #-

URL

NEXT25YEARへ!!

雷蔵さん^^

24年の歳月で、沢山の人のいろんなシーンがあったでしょうね。
想像すると感慨深いです。僅かながら私もその一つのページを綴れた事、
エスクードに出会えた事が、今の自分の大きな下支えになっており
たかが車されど車、得たものは多大です^^

メーカーはその僅かな(笑い)ユーザーを無視出来ないと言うか、
無視して欲しく無いと言うか、歴史を積み重ねた車名に乗り続ける事が
誇りに思えるような車造りをして欲しいですね。
パッと出て、一代限りで絶版になる車もありますから><ユーザーは泣きますよ!

しかしエスクードのお歴々の方々、一つの車に乗り続けるのは素敵な事ですね♪
愛着とか思い入れとかでは言い表されない肌の一部みたいな
長年連れ添った古女房みたいな感覚ですかね^^;

私は、一度離れる事になるかも知れませんが、必ず帰ってきますよ!
3度目の正直ってね^^

Edit | Reply | 
Wed
2012.02.15
22:52

ぐらべるタロウ #-

URL

たかがされど

直4ツインカムの咆哮を聴ける車って少なくなってきましたね
タ-ボも魅力とは思いますが、私はやはりカムの音で勝負する車大好きです

先日スズキの営業とも話しましたがJ20系から始まる心臓(エンジン)は
まさに私に言わせると王道です(笑)

新型スイフトスポ-ツ乗ってみましたか?
運転ってやっぱり楽しいな!って思える作りですよ

そしてスイフト・レンジエクステンダ-も乗りましたが
メ-カ-の意思!しっかり感じましたね

自分の大好きな車がカッコよく勝つ!
それが私が今のだんごさんに贈れる、たった一つのプレゼント

今年はWエ-ス&TA51W2台体制で頑張りますよ!

Edit | Reply | 
Wed
2012.02.15
23:21

だんご班長 #-

URL

G16もなかなかどうして

ぐらべるタロウさん^^

スイスポ乗ってきました!僅かな試乗でしたが操る楽しさ、カッチリ感はヤバイですね!!
レンジエクステンダーに試乗されたって、試乗車があると言う事は市販が近い!?

J20、ツインカムエンジンの絞りだ出す感じは良いですね^^熟成されてますし、、
G16は下のトルクはなかなかです♪上はありませんが><
F1がターボ時代からNAに変わった時の排気音もシビレました。
これから小排気量でターボが流行りそうですが、アウトドア派はナチュラル(自然吸気)で行きますよ^^

ともかく今年のTDAも目が離せませんね!私が出来る事は応援する事だけ(自分が楽しむんですが^^;
またお邪魔しまーす♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?