Welcome to my blog

K4Cε=ε=(*^▽^)/

2011 K4C_Roundo1 九州の高地でカップ麺を食べるの旅in高千穂

8 0
いやいや、高地で食べるカップ麺の美味い事うまいこと^^

DSC03022.jpg

今年初のイベントに2011 K4C_Roundo1 九州の高地でカップ麺を食べるの旅in高千穂をUPしました^^

DSC03034.jpg

プチ遭難騒ぎもありましたが、無事生還しています♪
そろそろ登山も行けそうだね^^

是非ごらんあれ
スポンサーサイト

8 Comments

There are no comments yet.
にゅにゅ~んo(^o^)o

前田前  

2011-01-24 08:01

久々登場です(^-^)v

まさか全国NEWSに出るかも?ってくらいの遭難に出くわすとは思ってませんでした(>_<)

白鵬6連覇達成(大鵬・朝青龍)の横に、
『景色の良い高地でカップ麺?で遭難?まさか!』みたいな(´Д`)

EDIT  REPLY    
前田前さん

だんご班長  

2011-01-24 21:07

お疲れ様!久しぶりのカラミで楽しかったぁ^^

おまけに、まさかのプチ遭難騒ぎでスリル満点だったし(^^;
男の遊びに危険は付き物っすよ♪

なんて写真撮る余裕も無いほどテンパってたけど><
食べ物の写真も撮り忘れたなぁ・・・。
まだまだ修行が足りんv-12

次回も宜しく!

EDIT  REPLY    
そろそろ○イ○ンNEWS狙えるかも。。

茜色セブン  

2011-01-25 00:03

おつかれさまでした!
いやはや、ガチで寝坊するとは。。
ほんとすみませんでした><

中JIさんの新アイテムには毎回わくわくですw

そしてスタックとは;;
初めは、ごいごい登って行ってたので、エスクの実力に舌を巻きましたが、
さすがに、ブーツも埋もれるような積雪に、夏タイヤは無茶でしたね;
なんとか名誉挽回できたようですが。。

というか、ああいうプチトラブルになると俄然、アドレナリンが出てきて、
やる気になってしまうのは、男の性なのでしょうかねー。不謹慎ながら。。
あのときは、全然寒さを感じなかったです。

ともあれ、無事に帰投できてよかったです。
やりそこねてパワースポット巡りは、また近いうちにw
もう寝坊しませんので、よろしくお願いします。

EDIT  REPLY    
おつかれっす!

だんご班長  

2011-01-25 07:47

やっぱ、チームメガネの戦闘力は半端ないっす^^

車は重くなればなるほど雪道では厄介で、
(ジムニーは夏タイヤでもごいごいでした)
さすがに、あの雪量には4輪チェーンでも巻かないと無理だろうね><

救出シーンをカメラに撮れなかった事が悔やまれるけど、
セブン君の名誉挽回と無事帰れたので良しとしますか^^
私も寒さを感じなかったけど、靴底が雪で剥離してるのに気付いてなかった(^^;

パワースポット巡りは、また次回!
よろしく♪

EDIT  REPLY    

TA01W  

2011-01-26 20:34

おー、九州でもスノーアタック出来るんですね。
さらに危険な状態だったようで・・・。
安物でもチェーンを携行すれば、更に楽しめますよ。

こちらではスノーアタックが熱いです。
興味があればメール下さい、YouTubeのリンクをお送りしますので(笑)

EDIT  REPLY    
TA01Wさん

だんご班長  

2011-01-26 21:02

やっぱり、本格的に走るならチェーンですね!
スタッドレスならそこそこ行けるかと思ったのですが、思ったより限界低そうでした><
もちろん雪質によっても違うのでしょうが・・・。

どちらにしても、何人かいると心強いですねー^^
いつも一人で走っているのは無謀と感じましたよ><;

スノーアタック面白そうですね^^

EDIT  REPLY    

TA01W  

2011-01-27 20:57

ちょっと気になったことが。
高地でお湯を沸かすと、沸騰しませんよね?
いつも半分のびたような感じになるのです・・・。
どうやって美味しいカップ麺を食べてるか教えて下さい。

EDIT  REPLY    
こんばんわ^^

だんご班長  

2011-01-27 22:07

確かに、標高の高いところでお湯を沸かしても
沸点が低いから100度より低くなりますが、
九州の山はせいぜい1500m級ですから
それほどぬるい感はなく、普通に食べれますよ^^

2000m越え、気温が氷点下などになると沸騰しずらいでしょうね・・・
すいません、まだ未体験です><

EDIT  REPLY    

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © SV1000Sで行く♪此処じゃない何処かへ All Rights Reserved. まとめ