Welcome to my blog

エスクード

エスクード20年の歴史

2 0
1988年5月25日、初代エスクードがリリースされ、今年満20年。
当時私は何をしていただろうか・・・?

ちょうど東京に居た頃だ。何かをしようと上京したが、夢も破れ希望も見えない><
お金も無く、恋人・友達もほとんどいない・・・。。。
荒川の河川敷で、ギターを弾き鳴らし誰にぶつけるでもない怒りを撒き散らしていた(@@;

本当は自分がいけない・・・それは解っていた。だけど、この街から逃げたい・・・山へ~それだけ考えていた。

そんな時だから、エスクードの誕生を知るよしもなかった><¥
あの時から20年の歳月を経て、初代エスクードを手に入れた。今もあの時の状況とあまり変わり映えしないな・・・

エスクードは、初代、2代目、3代目とその時代に応じたコンセプトのもと、進化を続けてきた。
ローレンジ付きパートタイム四駆、ラダーフレームと言うスズキ四駆の真骨頂は、3代目で途絶えてしまったが、オフロード性能の高さは継承されていると聴いている。

スズキHPに『エスクード20年の歴史』が掲載されていた。
エスクード20年の歴史

ライトクロカンと言うジャンルを構築したエスクード。3代目は、もう私の手の届かないところまで進化してしまったが、エスクードjr存在の噂もある。
ジムニーと現行エスクードの間を埋める「jr」に期待したい(^^/
080603esc001.jpg


スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.

雷蔵  

2008-06-07 06:22

僕も週末にだけ乗るジムニーの燃料代のために、パンの耳で暮らしていた時期があります。
いや、貯金していたんですけど、その結婚用貯蓄で最初のエスクードを買ってしまうのが、89年でした。
それにしても惜しい。
88年、僕はすぐ隣の江戸川の河川敷で昼寝していましたよ。

EDIT  REPLY    
88~89年・・・

だんご頭  

2008-06-07 12:04

そうですか・・・雷蔵さんにもそんな時期があったのですね。。。

大事な貯蓄を、エスクに使ってしまってさぞかし大変な事だったと想像しますが、私も解るような気がします。
決して女性には解って貰えないのでしょうけど><

雷蔵さんのエスク人生は、誕生1年後に始まっていたんですね(^^/

私は江戸川区の隣、足立区梅田に住んでいて、新聞配達のアルバイトで生計を立てていました。
配達区域は、綾瀬川横の東京拘置所周辺で、暗い気分を助長してました。

世の中がバブルに向かう、上昇気流だったのに、乗り遅れてましたね(@@;

EDIT  REPLY    

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © SV1000Sで行く♪此処じゃない何処かへ All Rights Reserved. まとめ