パワー注入!幣立神社

 15, 2010 23:14
3月13日、雨の阿蘇にカミさんとプチドライブに出かけた。
ランチと、おやつの黒糖ドーナツパンを平らげたカミさんは、助手席でウトウトと寝息をたて始めた
せっかくここまで来て、まっすぐ帰るものもったいない。かと言ってこの雨じゃ外で遊ぶ事も出来ないなぁ・・・。
なんて悶々と走っていると、「幣立神社」の文字が目に飛び込んできた。

九州のヘソ(旧蘇陽町)に位置する「幣立神社」は、最近熊本のパワースポットしてやたら耳にする。
中学時代からチャリンコ、バイク、車と散々旅しただんご。幣立神社は昔からあるが、そんなパワースポットみたいな話は聴いた事が無い!プンプン!!
どうせまゆつばもんで、「大した事ないだろう」とたかをくくっていたのだ^^

「建磐龍命阿蘇下向時に、この地に幣を立て天の神を奉った事が、「幣立神宮(幣立神社)」のはじまりとされます・・」とか何とか・・・。何処にでも色んな逸話があり、天孫降臨の地だって、同じ宮崎県でも臼杵郡の高千穂、霧島の高千穂など諸説あり、我が本家だとどちらも譲らない。
難しい話はよいが、もしパワーを貰えるもんならちょっと覗いてみるか!

そんなこんなで車を止め、気乗りしないカミさんをなだめながら、参道へ向かう。
いきなり目に飛び込んでくるのは、樹齢1000年越えていそうな巨大な杉並木。
DSC01316.jpg
雨も滴り、荘厳な雰囲気だ!

中でも一番目を引くのは「五百枝杉」(いおえすぎ)だ。
DSC01330.jpg
御神木だろうか、大事に塀で囲まれている。

ここが表参道。だんごらは楽して横からショートカットで正面の鳥居までやってきた。
DSC01317.jpg
本殿はそれほど大きくないが、取り囲む杉の大木が神聖さを助長しているのか。

やたらせっかちな神主さんが、まだ賽銭も投げ入れてないのに頭を出せと催促する^^;
DSC01318.jpg
人がひっきりなし現れ、拝む。世情が荒れてくると人はすがり、拠りどころを得たいのだろうか。

確かに荘厳な雰囲気で心洗われるが、何処にパワースポットがあるのだろう・・。頭の中に「?」がうごめいていると、カミさんがこっちと手を引く。
裏山に下りる道が延びており、なんでもこの先がパワースポットだとか!!「東御手洗社」への参道らしい。
DSC01325.jpg
雨で足場の悪い山道を下る。日が差し込まないうっそうとした杉林と、椿林を抜ける。

10分ほどで、「水玉の池」に着いた。
DSC01323.jpg
皇孫「饒速日命」はこの池の水を持って全国主要地を浄められたと。また中国始皇帝は「不老不死」の霊薬をこの神水に求められたとも伝えられたとか・・・。

空や地の彼方から龍神が大きな体をうねらせて、「水玉の池」に飛び込んだと思うとあっというまにまた大空へ飛び去ってしまうといった光景を見ることができた。それはまるで、身にまとった穢れや傷を、この池の水を浴びることで「清浄化」し、疲れた体に再び元気になるようなものである。

この地を荒らすと日本全国に風水害が起こるとされ、まさにそれほど大変重要で大変神聖な場所であるということらしい。

この池の中に龍を見る事も出来ると言うが、水草で覆われていた。ここまで叩き込まれると神聖な場所に違いないと、始めにまゆつばもので見ていただんごだったが、若干洗われた気になってきた(^^ゞ

あの巨大な杉を見るだけでもジーンとくるよなぁ!そんなしっとりとした休日が過ぎて行ったのでした。

スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2010.03.16
00:01

雷蔵 #ZaKE1eB2

URL

なるほどパワースポットだ

なんと見事な巨樹だことか。
一本や二本ならこっちにもありますけど、並木道でこれだけのものは、日光の旧例幣使街道にでも頼らないとダメな上、年輪では圧倒的に日光の方が若いです。
八大竜王というのは、仏教が出自で、天竜八部衆のなかの竜の眷属にあたります。
インド仏教や神話で言うところのナーガのことで、雨乞いの対象として全国に分布していますが、むしろ仏教に取り込まれて神格化から人格化されたものよりも、こういうアニミズムな体現の仕方で逸話を残しているものの方が、オリジナルに近いかもしれない。
そういう場所に人の手が上手に加えられての千年並木なわけですから、間違いなくパワースポットと言えるのですね。

Edit | Reply | 
Tue
2010.03.16
21:15

だんご班長 #-

URL

雷蔵さん

若かりし自分は、勢いに任せ何事でも成し得る、望めば叶うなどと
怖いもの無しだったかも知れません。

人生を重ねる度に無知・無謀の我が、穴があったら入りたいほどの恥を繰り返し、
楽しみも悲しみも人生の大きなうねりの中では、人の行いなど儚く、
せめて天命でも得たいと恩寵深くなるのでしょうか。

この大木の様に、太く長く生きられれば・・・。
手を添え、気(パワー)を貰らいたいのです^^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?