Welcome to my blog

登山・トレッキング

えびの高原~高千穂河原縦走登山^^¥Part3

6 0
韓国岳までは、沢山のハイカーで登山道は埋まっていたが、縦走路には数える程の人しかいない。
おかげで、自分達のペースでゆっくり登る事が出来る。
DSCF0435.jpg
獅子戸岳側から見た韓国岳、今あそこから降りてきたんだよね^^

正午前、全行程の中間地点ぐらいか・・・その事を伝えると(・・;若干撃沈><
DSCF0439.jpg
まだ後半分も歩けるじゃないか^^と空元気で喜ぶしかない!!

潅木の中を緩やかに登ると「獅子戸岳」(1428m)だ!
DSCF0442.jpg
潅木に囲まれているが、高千穂峰側の展望は開けている。
DSCF0440.jpg
あのふもとまで行くんだよなぁ・・・(^^;

朝早かったので、お腹すいた~!さっそく昼食^^¥リュックの中で右往左往した弁当はすっかり片寄ってしまい、混ぜご飯みたいだ><

一昨年、祖母山~障子岳~親父山~黒岳縦走した時の事を思い出した・・・あの時はJB23さんの登山靴の靴底が剥がれてしまい、難儀したよね~(@@;あの時より、今回は楽だよねぇ!なんて^^
DSCF0437.jpg
山頂脇に咲いていた、ハルリンドウ

昼食を終え、出立!獅子戸岳から一旦鞍部に降り、ゆっくり登り返せば新燃岳だ!!
DSCF0448.jpg
鞍部の潅木地帯、前方の新燃岳は霧の中だ!
スポンサーサイト

6 Comments

There are no comments yet.

ぴぴ  

2008-05-06 22:40

やっぱり縦走する人は少ないのですねえ。登山渋滞よりは人が少ない方がいいですよね。
長距離の登山はマイペースが一番大事ですよね。ノンビリ歩けて良かったね~!

EDIT  REPLY    
静かな山行がいいねぇ!

だんご頭  

2008-05-06 22:54

縦走路で出会う人達は、同じメンツばっかり^^
抜きつ抜かれつのバトルみたいなもんですね!

ぴぴさん、久住などは人が多くて、一度道を譲ったら次々人が現れてなかなか進めないなんて事、ありませんか?><

人に惑わされず、あくまで自分の呼吸で歩くのが極意ですよね(^^¥

EDIT  REPLY    
初めて見ました!*^^*

たんぽぽ  

2008-05-09 10:57

ハルリンドウ可愛いお花♪
すご~くキレイに撮れてますね~
花びらの大きさが交互に違うんですね!
少し前に、初登山であけぼのつつじをはじめて見た時は、とっても可愛いピンクで、まるでチョウチョが枝にとまってるかのようで感激しました!
山でしか見れないお花・・・私のアルバムにも少しずつ増えればいいな~♪
また、山のお花紹介してくださいね!(^^)v

EDIT  REPLY    
おいっす!

だんご頭  

2008-05-10 00:15

お久しブリブリ~^^

以前は闇雲に山頂と、数をこなしていたけど、今はのんびり山歩き^^¥いいよねぇ~♪

せっかくだから、風景や花の写真撮ったり、木や鳥の名前覚えたりしたら、登山の楽しみも広がるし(*^o^*)

大崩山系には、九州ではここでしかみれない「ささゆり」が見れるよ。
たんぽぽさん、いつか見に行けたらいいですねぇ^^/

EDIT  REPLY    
ササユリ見てみたい♪

たんぽぽ  

2008-05-13 00:16

おひさしブリ~です~^^

九州では大崩山しか見れないとの『ササユリ』気になってネットで検索してみました~
ピンク色でとってもきれいで優雅なお花です♪

ところが大変な事に・・・
ササユリは絶滅の危機に瀕していますとの事。。。
減少の理由として、観賞用採取、遷移進行だそうです!

心無い人の行動がこの様な事態をまねいてしまったようですね~><

ササユリは球根から芽を出すまで1年以上かかり、花を咲かせるのはそれから4,5年かかるそうなので大切に守って欲しいですね!

たんぽぽも頑張って、大崩山に登っていつかキレイに咲いてる『ササユリ』見に行きたいですね♪

EDIT  REPLY    
自然の花は、自然の中で(^^/

だんご頭  

2008-05-13 20:42

そうだよね・・・残念ながら何処の山も花が減っているようだね><

仰烏帽子山の福寿草、雁俣山・京丈山のカタクリなどもしかり・・・
高山植物を平地で育てても無理なのにね(@@)大人気ない行動をしているのは、大半が大の大人って言うところが、また情けないよね(;;
花を守る為には、多くの人に現状を知って貰うことからでしょう!
微力ながら、私も頑張ります!!

ササユリはこれからが見頃ですよ!私も実は見たことないんですがね(/--)/

見に行けたらいいですね(^^b



EDIT  REPLY    

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © SV1000Sで行く♪此処じゃない何処かへ All Rights Reserved. まとめ