GW締めくくり!南阿蘇縦走登山^^完結

 14, 2009 21:38
登山開始8時間を過ぎ、個人差はあれど疲労はかなり蓄積しているはず。だんごも足の裏がピリピリと傷む。
今回、九州自然歩道と言う明確なルートとの憶測で、地図を用意していなかった。少しでも身軽にとの考えだ。誰か持ってるだろうと言う甘い考えもあった。ここまで2・3度迷い、誰も地図を持たないと言う現実と、自然歩道の案内の曖昧さに泣かされた。
旧国道265号のここ高森峠から、終点の黒岩峠まで約6km。2時間と仮定して、日没の19時まではギリギリだ。この先迷うと即OUTとなる。

ところが早速試練が現れた。ここは高森峠のはずだが、柵から真っ直ぐに「高森峠」と左に「高森峠」の二つの標識がある。どう言うこと???左に曲がると国道325号線の高森トンネルに至る。そこも俗に高森峠と呼ぶが・・・。頭の中がこんがらがる(@@;
しかも真っ直ぐか左か!山の稜線を伝う縦走路は当然真っ直ぐのルートだろうとの判断で、とりあえず歩き出す。しかし、しばらくは踏み後もあるが段々藪の中へ・・・。「違うようだ、引き返そう」。

MM君は携帯のGPS機能を用い、ルートを確認する。「左に曲がって右に取り付く感じです」。もとの旧国道265号高森峠に戻り左へ向かう。
視界が開けると、眼下に恐ろしく蛇行している九十九曲の舗装道路が。国道325号線の高森トンネル入り口も見える。
DSC90129.jpg
高森の町並み

皆で懸命にルートを探すが見当たらないこの稜線から下に降るのは、後の登りを考えると億劫だ。右に微かな踏み跡を見つけ、だんごが稜線に上がるルートを探し歩いた。MさんとTさんも続く。
DSC90130.jpg
45度以上ある急斜面を横切る歩行だ

ズリ落ちないよう注意しながら踏み跡をたどるが、それも風前の灯!ついに道は無くなり、右に高く伸びた萱に阻まれルートに乗ることが出来ない。
急斜面の草原を横切り出口を探す。ついに斜面は急速に落ち込み、戻るか下に降りるしかない。MM君とSちゃんも違うルートから斜面を降り出した。
つんのめりながら、国道325号線の高森トンネル入り口に降りついた。
DSC90131.jpg
危険な登山で、Tさんに申し訳ない><

路頭に迷ったようだ。「ここまで来て、なんて事だ」!・・・。呆然と立ち尽くす我ら。すぐさまMM君はGPSでルートを確認する。
「国道325号線を横切り、旧高森隧道トンネル上にルートが有ります」。「もう一つの高森峠・・・」沈黙。確かに国道325号線の高森トンネル入り口手前に真っ直ぐに延びる廃道が見える。「九州自然歩道の高森峠とはとは旧高森隧道のことか」!
だがここから見える限り、旧高森隧道は大規模な土砂崩れで道が埋まっている。「通れるのだろうか・・・」。ここに居ても仕方ない、「とりあえず行くしかないよ」。

国道325号を横断し旧高森隧道に入った。大規模な土砂崩れと防護用の壁の間に微かな踏み跡が見える。「通れそうだ」!土砂崩れ跡を2箇所越え、うっそうとしたトンネル(高森随道)に至った。
DSC90136.jpg
中坂峠から3.8km。「このトンネルの上にルートがあるはずだ」

少し胸を撫で下ろし真っ暗なトンネルを行く。皆言葉は無い。
トンネルを抜けると、50mほど行ったところ右に取り付きが見つかった。よし!ここから右上にUターンし、トンネル上部を右90度に折れるとルートに乗るはずだ。
ところが!!!取り付きに「黒岩峠左」の標識有り(汗・汗・汗;「なんでー、ここ右だろう」!・・・。完全に混乱してきた。左は舗装道路。イメージでは山の稜線を縦走するはずだ。誰が舗装道路がルートと確信出来るだろうか。辺りを見回す。だんごは、右の取り付きから途中まで登ってみた。トンネル上部に至るルートがありそうだ。

トンネル前まで降りた。皆道路に座り込んでいる。「右・左、どっちに行こうか・・・」。この時間から道に迷うのだけは避けたい。
すると、「この先の工程が不明確で日没に間に合わないかも知れない」、「待ち合わせ場所で待つ、まぐろ部長を呼ぼう」とMM君が提案した。
国道325号線の高森トンネル入り口まで戻り、まぐろ部長にデポ用に駐車したジジをバイクで引き取りに行って貰い、皆を乗せまた放置したバイクを引き取ろうと言う考えだ。それは同時に、この縦走の終了を意味した。皆言葉が無い。
MM君が皆に促す。Mさんは「そのほうが無難だろう、了解!」。Tさんも疲れて歩く限界だと言う。ただ一人俵山から縦走しているSちゃんは、うつむき悔しそうに沈黙だ。
「だんごさんは」?。まだ歩ける。ここまで来たのだから最後まで行きたい。でも自分の判断だけで皆を巻き込む訳にもいかない。また迷うと完全に日が暮れる。
めまぐるしく思考が回転し、やっと発した言葉は「多数決に従うよ」だった。それは撤退を意味したが、「撤退する勇気も必要だ」と自分に言い聞かせた。

意見はまとまり、まぐろ部長に連絡した。10分位で来れるところにいるようだ。
DSC90139.jpg
力なく引き返す

国道325号線、高森トンネル入り口まで戻ると丁度まぐろ部長も現れた。「すいませーん、レスキューです」・・・。。。「そんな気がしてました」とまぐろ部長。
DSC90140.jpg

ジジの鍵を手渡し、駐車した位置を説明する。バイクは走り出し、我々は道路にひっくり返った。真上の空は青い。西の空は夕日に染まり、もうすぐ日が暮れそうだ。
空を向いているがどこにも焦点は合っていない。ただ準備不足、地図が無い事を悔やんだ。幾つになっても甘いなぁ・・・。。。

タバコをスパスパ吸い、頭を掻き毟っているとまぐろ部長がジジに乗って現れた。
DSC90141.jpg
あざまーす!

店員オーバー(^^;の6名で黒岩峠入り口の村山に降りた。ここからはまぐろ部長と二人でバイクを引き取りに行く。
DSC90142.jpg
峠に着き、また村山に降ると

いまいましいほど綺麗な夕日に後悔が募った。
DSC90143.jpg
残念過ぎる!

時間は19時。10時間ちょっと、南阿蘇縦走登山は終了した。
ここから、MさんとMM君が車を止めた地蔵峠に向かう。完全に日は落ち、ジジと背後から来るまぐろ部長の灯りだけが山に光った。

Mさん、Sちゃん、MM君を降ろす。彼らはさらに俵山峠に止めたSちゃんの車に向かう。だんごとTさんは、阿蘇宮地に止めたTさんの車を目指した。Tさんはさらにそこから大分まで帰らなくてはいけない・・・><遠路お気をつけて。

午後9時を廻り、自宅へと引き返していた。立野の坂から熊本市内の夜景が見える。結果的には惨敗に終わった。これまでで一番辛い登山になりそうと言う皆の冗談が現実となった。でもだんごは、肉体は疲労しても心は折れていない。
また準備して、臨めば良い。キラキラと光る夜景と星空に夢と希望を貰えるのだ。

「リベンジ」!そう誓い、家路に向かった。

皆さん、まぐろ部長お疲れ様でした。また、有難う御座いました。これに懲りず次回また宜しくでーす♪

記録
時間
地蔵峠(8:50)~駒返峠(10:45)~多津山峠(11:20)~天神峠(11:40)~高千穂野(12:05)~清水峠(13:40)~長谷峠(14:15)~崩土峠(15:30)~中坂峠(16:10)~高森峠(17:50)~黒岩峠(19:00)

距離
地蔵峠~(6.8km)駒返峠~(1.4km)多津山峠~(0.9km)天神峠~(0.7km)高千穂野~(2.5km)~清水峠(2km)~長谷峠(1.6km)~崩土峠(2.2km)~中坂峠~(3.8km)高森峠

総歩行距離:合計21.9km

後日、正確なルートをインターネットから見つけた↓
 九十九曲を経由し国道265号へと通じる旧道からのルートを説明する。
九十九曲を下り始める。すると、国道325号へと通じる交差点に標識「黒岩峠4.2・中坂峠3.0」がある。標識の腕が指す方向は国道325号を指しているが、国道325号との合流点には標識は無い。国道325号を右へ取れば高千穂方面へ、左を取れば高森町へとなる。国道325号を横断して旧道らしき崩壊した道路を歩いた。
大規模な土砂崩れ防護用の壁を2箇所越えて、山都町柳・東竹原地区へと通じるトンネル(高森随道)を通過する。通過して道なりに進むと左へ折れる林道がある。「黒岩峠2.8・高森峠1.2」の標識に従い林道へと入る。それから黒岩峠までは林道と牧道歩きとなる。途中、標識に従って左へ折れる場所もあるが迷わないで黒岩峠まで歩ける。

途中省略
 
 すぐさま、熊本県庁へ。あの紛らわしい、九十九曲を経由し国道265号へと通じる旧道から黒岩峠へとの標識を撤去してもらうべく訪問。
話を聞いていた途中で、担当者が今年3月に改定したという九州自然歩道のパンフを持って来た。「な、何と。」外輪山の尾根歩きだった平成9年版のルートが、平成18年度版で今日歩いたルートに改定されていた。古い資料は道迷いの元です。

先に見てれば良かったなぁ(^^;
スポンサーサイト

COMMENT 8

Thu
2009.05.14
22:50

ニケ #-

URL

お疲れ様です!
マジでヤバイ感じだったんですねー!!
もう少しでサバイバルなフインキの様な感じしました、、、
みなさんガンバッたんデスネー!!
でも、なんかー楽しそうでしたねー
イイ思い出になったのではないでしょうか?

Edit | Reply | 
Thu
2009.05.14
23:34

だんご頭 #-

URL

ニケさん^^

あぁーそりゃ最高に良い思いでですよ♪
根がポジティブですから、辛い事も楽しんでやろうってなもんですー^^

根がMかも!

MM君に、Mさん、まぐろ部長とMが沢山だもんね!

辛ければ辛いほど、思い出にもなるよv-10
次はニケさんも!どお!!

Edit | Reply | 
Thu
2009.05.14
23:41

T #-

URL

楽しく、全部読ませて頂きました。

きつかったけど、楽しかったですね!

県庁にまで行ってくれたんですね~。ありがとうございます。

いつかリベンジをv-217 目指せ!おじさん超え(笑)




Edit | Reply | 
Fri
2009.05.15
00:11

だんご頭 #-

URL

Tさん^^

前回は突然の変更、そして今回はTさんの予想を越えた長丁場&道迷いで
本当に申し訳ありませんm(__)m
自分の甘さをつくづく痛感しましたe-330

そんな中でも紅一点頑張って頂き、大変感謝です!
いつか親父を越えたいですね^^

それまで鍛錬・修行!!

では次回、大分登山楽しみにお待ちしています(靴もあるしね)

PS
県庁に行ったのはだんごでは有りません。同じ用に迷った人のHPの記載です。
お礼頂いて、すいません><¥

Edit | Reply | 
Fri
2009.05.15
19:36

まぐろ部長 #-

URL

山道の20キロ強の登山、お疲れ様でした。

けど、今回の失敗があったからこそ改正されてたルートも見付けれたわけだし、
すんなり成功しないところにも魅力があるんじゃないですかね?v-10

たかが一回の失敗で折れてなるものですか!
次こそ達成してくださいv-24

Edit | Reply | 
Fri
2009.05.15
21:10

だんご頭 #-

URL

まぐろ部長!

いやはやお世話になりまして(^^;
身近な山ほど準備が手薄になり、やってはいけないミスをしていますv-12
仲間がいる時はなおさらですですよね><;

そう言えば、昨年春も山都町の山でさまよったなぁ(・・;v-8
学習してなーい(泣

次こそエベレスト達成します!!違うかv-263

Edit | Reply | 
Thu
2009.05.21
19:39

ぴぴ #-

URL

おひさっす

山行を楽しんでいますねえー(#^.^#)

ぴぴは初めて黒岳へ行きましたよ~

楽しかったですう♪

我が家に新車のバイクが届きましたー

もとろんスズキですよ(*^^)v

Edit | Reply | 
Thu
2009.05.21
23:54

だんご頭 #-

URL

ぴぴさん^^

ご無沙汰っす^^
ぴぴさんも、山を満喫されてますね♪
黒岳!九重ですか^^
だんごが始めて自発的に登山した、思い出の山です。
風穴から高塚の斜面が辛かったような><;

バイクはスズキですか!ナイスe-287
スクーターなら、スカブー?アドレス??良いなぁ^^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?