南阿蘇縦走登山(下見)^^;

 19, 2009 23:54
ゴールデンウィークに企画中の、南阿蘇縦走登山。今まで体験した事のない長い行程だ。果たして今我々のスキルで、本当に一日で縦走可能なのだろうか・・・?
そんな不確定要素を実体験すべく、南阿蘇縦走下見登山に出かけた^^

午前7時、自宅を出た。若干寝不足><;眠い目を擦り、待ち合わせ場所の俵山峠を目指した。
今回の参加者は、首謀者の一人MM君と、同僚のSちゃん、だんごの三人。
本番の30km工程中、俵山峠~俵山~譲王峠~冠ヶ岳の約7kmを往復し、半分(14km)の距離で様子をみようと言うものだ。

予定時間8時に峠着。MM君とSちゃんは既に到着している。すぐに準備にかかり、8時10分出発!
DSC01015.jpg
今日は暑くなりそうだ(・・;

すぐに南阿蘇パノラマの展望台。だんごはここまでしか着たことが無い。見上げるといきなりの急登辛い登山になりそうだ・・・。
DSC01016.jpg
朝もやにけむる阿蘇

最初のピークを過ぎると、もう息があがっている><きつーい!!
しばらく平坦は草原が続くが、すぐに杉林の急勾配。土砂が崩れた階段の脇を登る。
登り詰めると、また平坦な草原。一息着くころまた目の前に急勾配><
DSC01023.jpg
ここの頂上が最初の目的地、俵山だ!

早々とグロッキー気味最近運動不足か、いつも以上に辛い。何とか縦走路と俵山の分岐に立つがもうふらふら><平坦な道を数分、俵山(1095m)に着いた。
DSC01024.jpg
汗がハンパないっす!

序盤から急登が続きヘコタレ気味だったが、身体が慣れてきたのか何となく持ち直した。
何だか行けそうな気がする~♪

縦走路の分岐に戻る。今回のコース全容が見渡せた
DSC01029.jpg
譲王峠(898m)まで猛烈な降り。そこから冠ヶ岳までは大小6つのピーク。

気を取り直して行くぞー!!
DSC01028.jpg
草原に美しい春リンドウ

MM君の心は折れ気味だ「無理だ・・無理だ・・・」と・・・。Sちゃんとだんごで励ましながら歩を進める。思った以上に起伏の多いコースだ。全工程走破の夢は早くも黄色信号><
DSC01031.jpg
そんな時でもカメラを向けるとポーズをとるMM君^^

譲王峠に着いた。広い空間にホッと一息。
DSC01032.jpg

緩やかにガレ場を行く。
DSC01035.jpg
後ろには俵山。あそこから降りて来たんだよ。

しかし暑い。木々の少ない縦走路には日陰も少なく、容赦なく日差しが降り注ぐ。
一つのピークを越すたびに休憩。だんだん口数も少なくなるなぁ・・・。
DSC01038.jpg

縦走開始から3時間、やっと冠ヶ岳がはっきり見えてきた。
DSC01042.jpg
右奥です~!

そして幾つめのピークか、最大の斜度を迎えた。
DSC01048.jpg
「ファイト、イッパーツ!!」芝居じみてる^^

DSC01050.jpg
急登をつめ休憩。Sちゃんが叱られているように見える^^

6つのピークを越え、やっとの思いで冠ヶ岳の分岐、本谷越に着いた。後15分!!
DSC01053.jpg

緩やかな勾配で、一気に冠ヶ岳山頂に到着!!ヤッホー
DSC01057.jpg
元気そうだけど、かなりきてます><

おにぎりを美味しく頂きながら、約4時間を振り返る。7kmを四時間・・・30km一日行程はとても無理だ(@@;そう結論しながら、帰り道を思うと気が重い。また同じようなアップダウンだものね
しかも今夜は飲み会!時間に制約がある。ゆっくりとも出来ず、早々と帰路の仕度だ。

筋肉痛は最初の降りですぐにやってきた。ひざが笑っている。だましだまし歩くと両腿攣ってきた><
座りこみマッサージ。それでも何とか歩を進めると、裏腿が痙攣やばっ!!
まだまだ先は長いのに・・・。

DSC01059.jpg
あの一番上まで登るんだよなぁ・・・。。。

MM君もグロッキー。ただ一人元気なSちゃん。タフ過ぎる!「最近片道2時間ぐらいの登山しかやってなかったよね・・・」とだんご。「その倍の行程はさすがにキツイ」。
MM君とだんごは、亀状態。登りの度に数歩歩いては休むを繰り返す。脚の筋肉が限界に近い><

朦朧と最後のピーク、俵山分岐に登った。肢体がバラバラになったようだ。後は降りだけだが、気分は重い。
そんなだんごをよそにMM君は「本気出していいですか!」と突然降りを走り出した。Sちゃんも続く。
おいおいそんな元気何処に残ってるんだよ!一番疲れていたはずのMM君が!!
だんごもちょっと走ってみたが、脚が地に付いていない感じだし、後1時間弱の行程持つはずがない。のんびり写真でも撮りながら歩くか。
DSC01063.jpg
満開のアセビ

それでも一人だけ遅れるのは嫌だなぁ・・・。急ぎ足で歩を進める。森林の降りを駆け下り、草原地帯を小走りで行く。MM君達のあのペース、もう一回何処かで休憩を入れるはずだ。そこで追いつくだろう。
俵山峠への最後の降りで、二人に追いついた。後少し、何とか持ちそうだ^^
DSC01064.jpg
風車の群れ。大自然に建造物はいただけない><

午後3時40分、約8時間の行程の幕は下りた。結果的には、今の実力で30kmの縦走は困難だという事と、猛烈な筋肉痛が全身に残った。厳しいー

その後、夜の飲み会に向かい街を行く。
DSC01070.jpg
長い一日はまだ続く
スポンサーサイト

COMMENT 4

Mon
2009.04.20
11:40

T #-

URL

お疲れ様で~す。
土曜日は参加できなくてすみません。
それにしても、かなりきつそうですね~。
しかも、夜は飲み会だったんですね(笑)

Edit | Reply | 
Mon
2009.04.20
19:49

ニケ #-

URL

あんまり山登りのコトはわかりませんが、
マジでキツそうですね、、、

あのMM君でさえ、心が折れそうになるほどですもんね~
山登り、、、ちょっと、、、怯みますね、、、

Edit | Reply | 
Mon
2009.04.20
20:41

だんご頭 #-

URL

Tさん^^

軽く考えていたんですが、甘かったですね!かなりきました><¥
Tさんも今回参加しなくて懸命だったかも知れません。
睡魔と筋肉痛のダブルパンチで、夜の飲み会は2次会で死んでましたv-12

今週は久住ですよね^^楽しんで来てください。
次回参加お願いしまーす♪

Edit | Reply | 
Mon
2009.04.20
20:44

だんご頭 #-

URL

ニケさん^^

今回は甘かったです(反省
やっぱり、トレーニング無しと前日の夜更かしはいかんですね><

ニケさん達が参加される時は、片道2時間以内の山にしますよ^^ご心配なく!
近いうちイッチョ行きますか(^^ゞ

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?