秋色染まる鉾岳^^後編

 17, 2008 21:34
鉾岳山頂は、10坪ほどか・・・狭いし展望も無い。だが、数メートル下に降りると断崖絶壁の絶景が広がった^^
DSC00405.jpg
大崩山!

DSC00407.jpg
覗き込むと眼下には秋色に染まる原生林♪

3人それぞれ陣取り、昼食だ!!
MM君は手作りのお弁当(・・マメ~。Nさんは、ガスコンロを取り出しラーメンとココア!うまそ~^^
だんごは、買ってきたお弁当をほおばる。この瞬間はたまらない!疲れた体に、活力がみなぎって来る!

雲行きが怪しいが、何とか下山まで持つか?食事・展望を楽しみ、せっかく来たので、鬼の目山まで行こうと再出発(^^/

DSC00409.jpg
最後に崖の上に立ち、風景を見納め

スズタケを掻き分け、滝上部の渓谷に出た。ここで右に雌鉾岳の標識!せっかくだから行ってみよう。
渓谷の右岸を下り、登り返す。
DSC00411.jpg
さっきまで居た、雄鉾の壁

DSC00413.jpg
下はこんなんです(汗

最後はロープを伝って雌鉾山頂に着いた^^下から見た感じよりかなり広い。
ロープを頼りに、思いっきり身を乗り出して見ると・・・
DSC00416.jpg
だんごでっす(^^ゞ

DSC00417.jpg
下には登ってきた渓谷

岩山を思い思いに堪能して、雌鉾を後にする。
DSC00418.jpg
下りはもっと怖いよ><;

元のルートに戻ったが、雌鉾で思った以上に時間を使った為、鬼の目山は諦め下山する事になった。

途中まで元来た道を進み、滝見新道の分岐より旧道の展望ルートを進む。
時より小雨がパラツキ、ペースもアップ!!
DSC00419.jpg
紅色のもみじ

午後3時半、無事下山。仰ぎ見ると鉾岳は「デン」とそこに居た。
DSC00421.jpg
また来年!

時間があるので、一旦車に荷物を置き鹿川渓谷に向かう。
鹿川キャンプ場を抜け、遊歩道を歩く。辺りは薄暗いが、雨はまだ持ちそうだ。

DSC00425.jpg
鹿川渓谷の一枚岩^^

雄大な景色は、ミニ屋久島とも言える。でも一番のハイライトが遊歩道崩壊で通れなかった><残念!
3人ともすっかり満足したところで、鹿川を後にした。
DSC00427.jpg
今度は夏に、水遊びに行こう~♪

日はすっかり暮れ、雨も本降り(@@天の岩戸温泉で、筋肉痛を洗い流ししばし談笑^^
そういえばMM君とは始めての登山だった!Nさんとも2回目。でも何度も行って、解りきっているような安心感が浮かんでくる。山、アウトドアの良さを知っている2人だからこそ、気配りも要らずだんごも自分自身楽しむ事が出来た。そこに会話は無くても良い。心地より風が流れているから。

DSC00442.jpg
次の旅立ちはEAZY×②&K4C合同企画!29・30日だ!!
スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2008.11.18
20:47

まぐろ部長 #-

URL

もろ。。。もろ身を乗り出してるじゃないですか。。。
到底マネのできない行為ですよv-12

ていうかMM氏がやたらと写真撮ってる写真が多いですね~。。。けど一枚も来ずv-14

Edit | Reply | 
Tue
2008.11.18
21:56

だんご頭 #-

URL

まぐろ部長^^

そうです!私も結構写真撮るほうかなぁ・・・って思ってたんですが、MM君はさらに上をいきます(・・;
2~3倍は撮ってるんじゃないでしょうかv-211

身を乗り出した写真は、MM君から貰った写真です♪

まぐろ部長もそろそろデビューしますかw

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?