秋色染まる鉾岳^^前編

 16, 2008 23:57
今年17山目、宮崎県北部北方町の「鉾岳」(ほこだけ1277m)へMM君と、EAZY・EAZYリーダーのNさんと登山に行ってきました(^^

国道218号線の槙峰より網ノ瀬川の左岸を遡ると、一枚岩の渓谷で知る人ぞ知る鹿川(ししがわ)渓谷にたどり着く。
そこから東部に仰ぎ見る鉾岳は、雄鉾(おんぼこ)、雌鉾(めんぼこ)の岩峰を持つその名にふさわしい特異な姿を見せる山である。
鉾岳はだんごが大好きな山で、今回で3回目!約2年ぶりだ♪

朝7時半、だんご宅に集合!ジジに乗り込み早速出発!!今回も夜勤明けのNさんは、早速熟睡体制(^^ゞタフ~!
国道445号線で山都町まで向かい、218号線を高千穂方面に向かう。
宮崎県に入ると、目の前にTD01Wが現れた!エスヲタ発揮!!
DSC00370.jpg
さすが宮崎!スペアタイヤカバーがトロピカル柄だ!!

高千穂、日之影を過ぎ、北方町より県道を網ノ瀬川沿いに遡る。しばらく走ると、ロッククライミングの名所「比叡山」の岩場が目に飛び込んでくる^^
どうやら、4~5人のクライマーが壁に張り付いているようだ!面白そう~^^
DSC00371.jpg
岩場の宝庫だ・・・写真は比叡山」対岸の「矢筈岳」

狭い県道をクネクネと登りつめた集落が鹿川だ。ここから「鹿川キャンプ場」へと右折。
DSC00375.jpg
どでかい岩がゴロゴロの網ノ瀬川中流

午前10時15分、鹿川キャンプ場へ到着!早速登山準備に取り掛かる。
DSC00376.jpg
先客が数名います!

10時半、登山開始♪キャンプ場横のコンクリート道をしばらく歩くと、目の前に鉾岳の雄姿が!!
DSC00378.jpg
そそり立ってますw

杉の造成林から、天然林に変わるとあちこちに巨大な岩と、急斜面が続く><;最初は話しながらの3人も次第に無口に・・・しゃべる余裕が有りません(@@

でもこの急斜面も長くは続かない!40分も歩けば一旦平坦な背の道になる^^
DSC00380.jpg
ここはヒメシャラの宝庫だ!

一息入れ、スラブ(凹凸の少ない、なめらかな岩)のピューポイントに寄り道^^
DSC00383.jpg
雌鉾の真下まで続く一枚岩だ!

クライミングを試みるが、取り付きが無くほんの2~3mで断念><¥ならば横のわき道を遡り、30mぐらい上の地点に行ってみた!
DSC00385.jpg
ヒョエ~怖っ!!無理っす><

もとのルートに戻り、鉾岳の核心部へと向かう!川のせせらぎが聞こえ、美しい渓谷に出合う^^
DSC00388.jpg

渓谷の岩を飛び越え左岸に渡る。ここで道が二分するが、「滝見新道」側へと向かう。
ここから見上げる一枚岩の滝は何ともいえない美しさだ!
DSC00392.jpg

DSC00393.jpg
「なんも言えねえ!」

木々に捉まり、ハシゴを登り急上昇だ!
DSC00394.jpg

雌鉾の特徴的な岩も見えてきた^^
DSC00395.jpg

二分した道がまた出会う頃、この登りも終わりに近い。
DSC00396.jpg

一旦平坦な渓谷に出て、右岸に渡る。緩やかな坂を落ち葉を踏みしめ登りつめると・・・林道に出る!?
ちょっとあっけに取られるが、この林道は現在崩壊中だ。もし車で来られたとしても、鉾岳一番の核心部が見れないルートになる><
林道を左折し、鉾岳山頂へ向かう。ちなみに「鬼の目山」は右折だ。
DSC00401.jpg
巨大な木々が美しい^^

左に鉾岳の標識を見て、スズタケの道を下る。滝の源流、上部に着ている。右岸に渡り、またスズタケの中だ。
DSC00402.jpg

しかし、この時期のスズタケはうるさい><延びきった枝に閉口しながら、12時15分鉾岳山頂に到着した^^
DSC00403.jpg
ヤッホー♪

続く(^^/
スポンサーサイト

COMMENT 2

Mon
2008.11.17
20:12

まぐろ部長 #-

URL

あいかわらず

タフな山登ってますね~^^;
おいらは風邪こじらせて死んでました。

やっぱ運動不足なんでしょうね。。。v-12

Edit | Reply | 
Mon
2008.11.17
20:48

だんご頭 #-

URL

まぐろ部長^^

風邪の中、コメント有難う(^^/

今日は本当に存在消してましたね(^^;
後ろに居るのに気配を感じませんでしたe-330
かなり辛そうですね・・・。。。

早く治る事、祈ってますw♪

29日・30日ラストキャンプです!v-10

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?