Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29日は宮崎県の祖母・大崩山系にある「鉾岳」へ登山に行きました^^

少し治りかけた風邪が、この頃またぶり返して熱はあるし、関節も痛い。
鼻水は水の様に垂れて、おまけに気管支炎の症状まで><

それでも山に行く私は根っから貧乏性の塊で、わざわざ雨の日に長靴とカッパを着て庭の草むしりをしたり、ツーリングに行くと近くて広いバイパスより、狭くてクネクネの旧道を走る。
何もしないと倒れてしまう自転車のような人生なのだ^^えへん

兎にも角にもその一部を写真でご紹介!

朝5時半に起きると身体の節々が痛い。気管支炎の吸入器を吸い込むと、気力を振り絞って車に乗り込んだ。

3時間後の9時前に登山口の鹿川キャンプ場jに到着。
IMG_20170429_094059.jpg

天気予報では晴れの予想だったが、みるみる暗雲が立ち込めてきて、登山口から一山越えて渓流に出会ったころには雨も降ってきた。

木が沢山あるからね。雨避けにはぴったりだとやせ我慢を言いつつ沢沿いを登る。
170429DSCF1333.jpg

スラブ(引っ掛かりのない滑らかな岩)や、パックマン岩、滝、満開のアケボノツツジに癒されて、心折れる事無く山頂を目指す。
170429DSCF1343.jpg
スラブ(上には岩に取り付いているクライマーが見える)

170429DSCF1351.jpg
岩を静かに滑り落ちる滝

170429DSCF1337.jpg
サイゴクミツバツツジ

170429DSCF1355.jpg
パックマン岩

170429DSCF1359.jpg
う~ん重いぃ

170429DSCF1387.jpg
アケボノツツジ

170429DSCF1360.jpg
大崩山系で良く見られる甌穴

IMG_20170429_113910.jpg

沢を上り詰めてヒメシャラの森を抜けると林道に出会う。鉾岳へは左折の道を行く。
170429DSCF1362.jpg

170429DSCF1369.jpg
林道にはアセビが満開!

170429DSCF1366.jpg
アケボノツツジの乱舞やぁー!

この頃には晴れ間が覗いてきて気分も上昇。

鉾岳の入口は林道から左に下ったところにあり、登りの途中で見た滝の源流に至る。
170429DSCF1370.jpg
ここから下に降りる

170429DSCF1372.jpg

この源流を下流に少し下り、岩塊を登り返すと雌鉾(メンボコ)だ。
170429DSCF1375.jpg
振り返ると雄鉾の岩壁

170429DSCF1377.jpg
雌鉾山頂

170429DSCF1379.jpg
これ以上先に行けません><

元の源流に戻り、スズタケの盛る登山道を5分ほど行くと主峰の雄鉾(オンボコ)山頂だ。
IMG_20170429_131223.jpg

山頂先端はスラブの上部にあたり見晴らしがいいが、この日は風が強く立っているのがやっとで、早々に山林へ逃げ込む。
170429DSCF1381.jpg
吸い込まれそうな緑

昼食を取り一息つくと下山。
IMG_20170429_155250.jpg

体調もいつの間にか良くなっていて、新緑と花を愛でた気持ちのいい山行でした。
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。