Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SV1000S購入から3300km走破。
最近ギア抜けが多く動きもギクシャクしてきました。
大排気量の割にはオイル量が少ないので(2.7L)早めの交換がいいと思い、オイル交換を行いました(^^¥

今回用意した部品はこれ!
IMG_20170521_100547.jpg

スズキ純正エクスター TYPE04 MA 10W-40
オイルフィルター WEBIKE MODE:WM-06-025
アルミドレンワッシャー M14×1
オイル処理箱

初のオイル交換は、スズキ純正オイルをチョイス(中身は昭和シエル石油品だけど)

IMG_20170521_100958.jpg
古いオイルはドロドロでした><

IMG_20170521_105002.jpg
一旦規定量までオイルを入れ、エンジンを回す。
馴染んだところでエンジンを切り、しばらく待って不足分を追加。

乗った感じは明らかにギアが軽く、抜けなくなりました。ギクシャクも無くなってます^^
次の3000kmまで持ってくれればいいけど!
スポンサーサイト
5月2日夜から5月5日深夜までびっしり走り回った私!

さすがに6日はゆっくり過ごしました^^

しかし翌7日、GW最終日は福岡までツーリング。
特に行く先が無く、SVの走行距離が3000kmを超え少しチェーンが伸びてきているので、購入したバイク店まで行くことにした。
SVのリアシャフトに対応するレンチ持ってないんだなぁ・・・

目的地の福岡市城南区のバイク店までは約130km。3時間半で到着した。
IMG_20170507_130821.jpg

昨年末の購入依頼初めて訪れたバイク店では厚いお持てなしを受け、
「このマフラーはどこのメーカーですか?」
「これで動画を撮っているんですか?」
等々、店員さんがみんな声をかけてくれた。

やっぱり購入したバイク店はいいなぁ^^もっと近かったらよかったのに・・・

ついでに点検、空気圧等見てもらって、満足しつつ店を後にした。


そこまでは良かったが、、

風邪が治り切らないままの無理が祟ったのか、帰路も半分ぐらい走ったところで妙に身体全体がだるい。

楽しみにしていたワインディングも乗れないし、それどころかフラフラして危ない。
だましだまし走るが、自宅まで後30分ぐらいと言うところでダウン!

道端にバイクを止めてベンチでぶっ倒れました><;

半時ほど寝ただろうか。
目を覚ますと何とか行けそうな感じ!重い身体を起こして何とか家路に着きました。

明日からの仕事行けるのかな・・・不安になりましたが、何とか復活してちゃんと仕事行きましたよー^^
四国3日目。いよいよ最後の日になりました。

最終日は朝から足摺岬へ向かって半島を南下してると、「唐人駄馬」と言うストーンサークルを途中で見つけて、ちょっと寄り道しました。かなりの規模で隠れた穴場スポットです!

足摺岬はGW対応で先端まで車で行けず、手前の駐車場からバスでピストン配送。
Souは思いがけずバスに乗れて大喜びでした^^

足摺岬と金剛福寺を見学すると、四万十市までUターン。
途中走行距離が1000kmを越えました。

四万十市からは四万十川沿いを並走しつつ愛媛県に戻り宇和島へ。
河原が広くて水も綺麗で清流はいいなぁ^^

宇和島の道の駅で昼食をとり、宇和島駅へ。
Souは昨日電車に乗り足りなかったみたいで、ここから八幡浜駅までカミさんとまた電車の旅。
私とアルプは車で移動し、二人を回収!

八幡浜港から臼杵港まで船の旅。
帰りは行きと同じルートで帰りました。

自宅に帰り着いたのはほぼ6日の0時に近かったです。
全走行距離約1340kmの長い旅でした^^


道の駅めじかの里土佐清水~唐人駄場 8:00~9:00 40km
唐人駄場~足摺岬(金剛福寺) 10:00~11:00 10km
足摺岬(金剛福寺)~道の駅西四万十 11:00~13:30 107km
道の駅西四万十~道の駅宇和島きさいや広場 14:00~15:00 33km
道の駅宇和島きさいや広場~宇和島駅 15:10~15:20 1km
宇和島駅~八幡浜駅 15:20~16:30 38km
八幡浜港~臼杵港 17:40~20:00 オレンジフェリー
臼杵港~熊本着 21:00~0:00 140km
374km
5月4日は長い一日でした^^

朝から「かずら橋」を渡り、モノレールに乗り、祖谷渓へ。
新緑を満喫すると高校野球で有名な「阿波池田」へ。

ここで「アンパンマン列車」に乗ろうとするが既に予約で一杯><予想どおり

美馬市では「うだつの町なみ」を見学して、昼食は徳島ラーメン!うまし
食後は世界に三カ所しかないと言う「土柱」を見に行く!

それから四国縦断で太平洋側へ向かう。国道193号線はかなりハードな山越えでした。
途中エスクード軍団とすれ違ってちょっと得した気分♪

「アンパンマン列車」の代わりに日和佐駅でSouとカミさんを”普通”電車に乗せ、私とアルプは55号線を南下。
二人を拾うと一気に高知市へ。

高知市に入ったのは夜の9時でした。遅い夕食を食べると市内の銭湯へ。
汗を流すとさらに145km。土佐清水の道の駅「めじかの里」へ着いたのは5日の2時ぐらいでした><


記録
道の駅「大歩危」~かずら橋 8:00~9:30 13km
かずら橋~祖谷渓モノレール  9:30~10:10 3km
祖谷渓モノレール~祖谷渓 10:10~10:50 11km
祖谷渓~阿波池田駅 10:50~11:45 20km
阿波池田駅~道の駅「藍らんどうだつ」 11:45~13:00 36km
昼食 13:00~14:00 5km
~「阿波土柱」 ~14:20 9km
「阿波土柱」~日和佐駅 14:30~17:30 100km
日和佐駅~高知市街 17:30~21:00 140km
高知市街~道の駅「土佐清水めじかの里」 22:45~2:00km 145km

4~5日走行距離 約500km
GWの真打は、四国一周車中泊の旅でした^^

5月2日夜から5月5日までの旅!

まずは3日までの愛媛、香川、徳島入りまでの動画(写真がほとんどですが)をUPしました。


記録
自宅~大分県臼杵港 19:30~23:10 140km
臼杵港~八幡浜港  0:55~3:10 オレンジフェリー
八幡浜港~いよ小松オアシス 3:20~6:00 100km
仮眠 6:00~8:00

いよ小松オアシス~四国鉄道文化館 8:00~8:30 11km
四国鉄道文化館見学 9:00~10:00
四国鉄道文化館~道の駅「とよはま」香川県 10:00~11:10 45km
道の駅「とよはま」~「山内うどん」 11:20~12:20 30km
「山内うどん」~「宮川うどん」 13:10~14:10 16km
「宮川うどん」~「岸井うどん」 14:30~14:40 2km
「岸井うどん」~吉野川ハイウェイオアシス 15:15~16:30 40km
吉野川ハイウェイオアシス~大歩危温泉「サンリバー大歩危」 17:20~18:00 26km
大歩危温泉「サンリバー大歩危」~道の駅「大歩危」 20:00~20:10 6km

2~3日走行距離 416km
29日は宮崎県の祖母・大崩山系にある「鉾岳」へ登山に行きました^^

少し治りかけた風邪が、この頃またぶり返して熱はあるし、関節も痛い。
鼻水は水の様に垂れて、おまけに気管支炎の症状まで><

それでも山に行く私は根っから貧乏性の塊で、わざわざ雨の日に長靴とカッパを着て庭の草むしりをしたり、ツーリングに行くと近くて広いバイパスより、狭くてクネクネの旧道を走る。
何もしないと倒れてしまう自転車のような人生なのだ^^えへん

兎にも角にもその一部を写真でご紹介!

朝5時半に起きると身体の節々が痛い。気管支炎の吸入器を吸い込むと、気力を振り絞って車に乗り込んだ。

3時間後の9時前に登山口の鹿川キャンプ場jに到着。
IMG_20170429_094059.jpg

天気予報では晴れの予想だったが、みるみる暗雲が立ち込めてきて、登山口から一山越えて渓流に出会ったころには雨も降ってきた。

木が沢山あるからね。雨避けにはぴったりだとやせ我慢を言いつつ沢沿いを登る。
170429DSCF1333.jpg

スラブ(引っ掛かりのない滑らかな岩)や、パックマン岩、滝、満開のアケボノツツジに癒されて、心折れる事無く山頂を目指す。
170429DSCF1343.jpg
スラブ(上には岩に取り付いているクライマーが見える)

170429DSCF1351.jpg
岩を静かに滑り落ちる滝

170429DSCF1337.jpg
サイゴクミツバツツジ

170429DSCF1355.jpg
パックマン岩

170429DSCF1359.jpg
う~ん重いぃ

170429DSCF1387.jpg
アケボノツツジ

170429DSCF1360.jpg
大崩山系で良く見られる甌穴

IMG_20170429_113910.jpg

沢を上り詰めてヒメシャラの森を抜けると林道に出会う。鉾岳へは左折の道を行く。
170429DSCF1362.jpg

170429DSCF1369.jpg
林道にはアセビが満開!

170429DSCF1366.jpg
アケボノツツジの乱舞やぁー!

この頃には晴れ間が覗いてきて気分も上昇。

鉾岳の入口は林道から左に下ったところにあり、登りの途中で見た滝の源流に至る。
170429DSCF1370.jpg
ここから下に降りる

170429DSCF1372.jpg

この源流を下流に少し下り、岩塊を登り返すと雌鉾(メンボコ)だ。
170429DSCF1375.jpg
振り返ると雄鉾の岩壁

170429DSCF1377.jpg
雌鉾山頂

170429DSCF1379.jpg
これ以上先に行けません><

元の源流に戻り、スズタケの盛る登山道を5分ほど行くと主峰の雄鉾(オンボコ)山頂だ。
IMG_20170429_131223.jpg

山頂先端はスラブの上部にあたり見晴らしがいいが、この日は風が強く立っているのがやっとで、早々に山林へ逃げ込む。
170429DSCF1381.jpg
吸い込まれそうな緑

昼食を取り一息つくと下山。
IMG_20170429_155250.jpg

体調もいつの間にか良くなっていて、新緑と花を愛でた気持ちのいい山行でした。
いやいや久しぶりにPCの前にじっくり座りました(^^;

GW前後遊びほうけてしまって、ずっと風邪が治らず約1ヶ月近く・・・
佐多岬ツーリングの前から調子悪いんですよ~

さてさて私の遊んだ様をチラッと紹介しようかね!

まずは4月22、23日に毎年恒例の「国東チャリティードッグフェスタ」に行ってきました。
前日から前乗りで宇佐市内を観光。戦争遺跡がいっぱい残っていて、廃墟好きにはたまらん場所でした。

宇佐市の入口で、ストーンサークルに寄り道。IMG_20170422_114117.jpg
佐田京石

ここは山全体がストーンサークルに覆われている様子だったけど、ほんの入り口だけ覗いて見ました。
IMG_20170422_114215.jpg

IMG_20170422_114556.jpg
ここだけに巨石が集まっていて、なんか神秘的!!

次に、宇佐市の平和資料館へ。
IMG_20170422_131705.jpg

入館料無料だけに、展示物は少ないが映画「永遠の0」で使用した実物大の零式艦上戦闘機21型模型が展示されていたり、
IMG_20170422_131841.jpg

人間爆弾の「桜花」がありました。
IMG_20170422_132146.jpg

Souはコックピットに収まって、ご満悦^^
IMG_20170422_132253.jpg

市内近郊には元滑走路跡の道路があり、その周囲にたくさんの掩体壕がある。
唯一見学出来る「城井掩体壕」を見学。
170422DSCF1311.jpg

170422DSCF1313.jpg

170422DSCF1314.jpg

当時の面影を想像するにはあまりにも時が流れ過ぎたけど、雰囲気だけは感じられる。

さらに移動して「落下傘整備所」へ。
建物はとても雰囲気があるが、保存状態は言わば放置。
170422DSCF1320.jpg

見学者の事も考えられていない感じで勿体ないなぁ><

宇佐神宮方面へ向かい、宇佐神宮の総本山「御許山」へ向かう。
ここはカミさんが「宇佐神宮詣でしたら、ここも行かないと意味が無い」と豪語する場所で、2月に宇佐神宮に来たとき、行き残した場所だった。

念願の御許山山道のそれは、普通車の行くようなところでは無く、我が家の四駆の軽でギリギリと言う感じ。
最後は車を止めて5分ほど歩くとやっとその上宮が見えてきた。
170422DSCF1325.jpg

170422DSCF1327.jpg

さすがにここは霊験あらたかな山上の聖地で、凛とした透き通った空気が流れていた。
170422DSCF1328.jpg
時に鳥のさえずりが聴こえる以外無音の世界で、どんな些細な事でも自分のした罰を恥じる事になるだろう。

詣でを終え例の山道を降る。クロカン欲しいなぁ~^^

一旦別府へ向かい、夕食と温泉で疲れを癒した。

Uターンして国東半島に入ると今日の寝床を探して走る。
Souは早々と寝てしまい、結局昨年と同じ「国東」の道の駅に落ち着いた。


翌朝起きると海岸を散歩。
IMG_20170423_073221.jpg

「国東チャリティードッグフェスタ」の時間に合わせ、黒津崎へ移動した。
カミさんはアルプとKIRAを連れ会場へ。
IMG_20170423_094822.jpg

Souと私は周辺を探索し、海岸で遊んだ。

15時イベントが終了すると、国道10号線を大分市まで下り、57号線に乗り換えると阿蘇方面を目指した。
竹田市で夕食に「丸福食堂」へ寄り道。
IMG_20170423_174713.jpg

IMG_20170423_181025.jpg

最後に大分名物とり天が食べれて良かったわ!

そんなこんなで連休前のプチ旅行は無事終わりました^^

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。