Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7日は先日紹介した宮崎県から鹿児島県への大隅半島ツーリングで
わずかな自分の時間を堪能した。

翌8日。今度はカミさんに付き合い、人吉市へ。
救助犬の「出動報告会」へ参加するので、Souと私は付き添い(運転手、暇つぶし)だ^^

人吉市内の消防署にカミさんを降ろすと、我らは人吉駅へ向かう。
1年前に出来た「人吉鉄道ミュージアムmozocaステーション86」へ行くのだ。
14632_filelib_1fccd5cbe455f8abe3304bc9240bc90d.jpg

ここは明治時代から続く肥薩線の価値などを伝えるため建設されたもので
名前の「もぞか」とは人吉で「かわいい」と言う意味の方言らしい。
熊本では「むぞか」とか「むぞらしか」と言うんだけど少し違うんだね^^

九州に鉄道の施設は少ないんだよね!Souが鉄道好きなのでありがたい!

肝心の施設全体図を撮り忘れた(汗
とてもこじんまりしたところで、ミニSLの駅が施設内にあり、施設外に出て、ピストンで戻ってくる。
160508SANY0240.jpg

入場無料は有り難い^^SLや遊具も安価で切符を買うとちゃんと切ってくれるんだよー
160508SANY0243.jpg

駅と併設しているからタイミングがいいと「SL人吉」が見れるのだ^^

160508SANY0246.jpg
これは第3セクター「球磨川鉄道」の車両。

この時は開店すぐで館内はまだ閑散としていた。
160508SANY0256.jpg
九州を走る車両の種類が多いなぁ~

これだミニSL。動画を切り取りました。
160508SANY0257_Moment.jpg
10人程度乗れるかな?動力は電力です^^;

3階建ての2階はレールサイクル、3階は展望台になっている。
160508SANY0264.jpg

レールサイクルは3周。Souは満喫しました。
160508SANY0261.jpg
一緒について走った私はグロッキー><

なんだかんだ2時間ぐらい遊んでカミさんを迎えに行く。
帰りにもう一度駅に戻ると、Souと私は電車に乗り込む。

一勝地駅まで電車に乗り、カミさんは車で駅に行って貰う。
160508SANY0273_Moment.jpg
SL人吉が機関庫にいる!

この沿線は球磨川の景観がいい。ラフテングで川に飛び込む人が見えた。
約30分弱の鉄道の旅を楽しみました♪たまには電車もいいね。

こうしてつかの間のGWを満喫したのでしたー^^
スポンサーサイト
「アフリカンサファリ」を出ると一旦由布院へ。
国道210号線を日田市へ向かう。

日田市で夕食をとり、温泉地を探しながら福岡県へ突入。
時間的に遅くなってしまい、沿線で適当な温泉を見つけられないまま久留米市へ。

お風呂は諦めて佐賀県佐賀大和の道の駅へ移動。
最近慣れっこの車中泊で一夜を明かした。

160505DSCF0245.jpg

翌5月5日。今日も快晴^^

嘉瀬川にはこいのぼりが泳ぐ。
160505DSCF0247.jpg

今日は三瀬村の「三瀬どんぐり村」へ行こう!

写真をほとんど取れないほど私もSouと遊ぶ。
これと言った施設・遊具は無いが自然の丘陵を生かした佇まいが素敵な場所だ。
動物が多く触れ合えるし、お弁当持ってピクニック気分に良いなあ~♪

160505DSCF0252.jpg
水遊びの池で全身ずぶ濡れです(^^;

敷地が広く歩くとちょっと大変><
160505DSCF0259.jpg

2日連続の餌付け^^
160505DSCF0265.jpg

午後一まで楽しむと、次は大人の趣味で「樫原湿原」へ。
160505SANY0236.jpg

少し眠りかけたSouを起こして湿原を散歩(ゴメン)
160505SANY0225.jpg

Souは木道が面白いのかどんどん歩いた^^

160505SANY0233.jpg

こじんまりとした湿原だけど、自然の景観が心地よい。

160505SANY0229.jpg
尾瀬行きたいなぁ・・・

帰路は熊本県の和水町へ寄り道し、三加和温泉で汗を流した。

子供も大人も満喫したGWの2日間でした^^
震災後約半月自粛生活を続けてSouは暴発寸前!(もちろん私も)
GW、子供の日ぐらいは楽しませてやろうと
まだ余震は続き、阿蘇・湯布院方面は不穏の中
大分県安心院の「アフリカンサファリ」に行って来ました。

我が家の思いとはうらはらに、「アフリカンサファリ」は賑わっていたぜ~
餌やりバスはなんと4時間待ちとな・・・
自粛ムードは熊本だけか^^

160504DSCF0210.jpg 

時間はたっぷりあるから、まずはマイカーで動物を見に行く。
160504DSCF0172.jpg 
シマウマ

160504DSCF0169.jpg 
百獣の王ライオン

160504DSCF0186.jpg 
至近距離に来る象は怖いぜ(汗)

160504DSCF0196.jpg 
良く見ると猫のような仕草のトラ^^

自然界の動物は檻の中のそれと違い、生きいきしていいね^^

160504DSCF0193.jpg 
7年ぶりにシマウマエスクード見たり!

一旦動物区を出て、公園やふれあいコーナーで遊ぶ。
160504DSCF0215.jpg 
モルモットをなでなで^^

お土産屋を見たり、ドッグハウス、キャットハウスで遊ぶとあっという間に4時間!
餌やりバスの時間だ。18時のバスに乗り込む。
160504DSCF0223.jpg 
Souも奮闘!

10分おきにバスが出ていて、18時過ぎだから動物も満腹なのか餌の食いが悪い><

それでも何とか餌をやりつくして、高原のひと時を満喫しましたー!
さてこれから佐賀県へ移動だぁ♪


いやー、連休明けは忙しかったー(泣

やっと「大隅半島ツーリング」をHPにアップしました。

久しぶりに文章付きです^^

大隅半島ツーリング
160507DSCF0311.jpg

ちっと見てみるタイ!
三菱自動車の一連の燃費偽装問題は、日産の事実上買収と言う形で矛を収めた。

落ちるだけ落ちた三菱の株価は上昇し、お荷物を抱えた三菱グループ、三菱自動車の社員、
はたまた下請けのサプライヤーまで、「日産が立て直してくれる」と結果オーライの歓迎ムードすら漂う。

現在、単独で奮闘する自動車メーカーは、マツダとホンダとスズキの三社となった。
我らがスズキ!明日は我が身か・・・

時すがら中西孝樹著書「オサムイズム」を読んでした。
160514DSCF0352.jpg

記憶に新しいVWに飲み込まれそうになりながら、奇跡のように立ち直った記述が面白い。

目を引いたのはスズキはトヨタに過去2回も助けられたと言う!!

一度目はスズキの生い立ちである織機時代1950年に、デフレの影響から大規模リストラを行い反発を食らう。
組合はストライキを実施し、国内最大級の労働争議に発展した。
数か月に渡り工場は閉鎖され、終結までに8か月を要したと言う。
会社経営は完全に行き詰まり、当時の社長は同じ織機メーカーのトヨタに融資と役員派遣を願い出た。

二度目は1975年の排気ガス規制を、スズキは2ストロークエンジンで乗り切ろうとして失敗した。
1976年には軽自動車の企画(サイズUP)も変更されその対応と、4ストロークエンジンの開発も後手に回り
1976年4月までのタイムリミットに間に合わない!

この危機を救ったのがトヨタ(豊田英二)だった。英二は支援要請を快諾し、ダイハツ製4ストロークエンジンが提供された。。。


2度ある事は3度ある・・・

もし次にスズキが危機を迎えた時、助け船を出すのはまたトヨタなのだろうね。
そうならないように、頑張ってほしいなぁー

この本では、スズキの源流は二輪部門でそこが花形だったと書いてあった。
四輪は隅でこそこそ目立たないように開発をしていたそうだ^^
img_3_m.jpg

もう一度二輪に花咲かせよう~(^^/
折れたレバーと、曲がったグリップエンドを交換しました。

修復前
160430DSCF0152.jpg
インパクトのレバーはポッキリ折れ、
ファナテックのブリップエンドもネジから曲がって隙間が出来ている。

不幸中の幸いは、マフラーに傷が付かなかった事!
ユニコーンジャパンのスライダーと今回破損した部分でうまく衝撃を吸収したのかな(^^

交換したパーツは同じくインパクトのレバーとファナテックのブリップエンド
160430DSCF0155.jpg
ブレーキ側

こういうのって片側売ってないから、両側買う事になるよね・・・

160430DSCF0156.jpg

せっかくなのでシックなガンメタに換えました^^
今回はレバー可倒式にしてみました。

GW前に痛い出費でしたが、キズもののままではいられないので^^;
160430DSCF0158.jpg

さあ!走りたいー♪

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。