Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、日・月の雪は久しぶりに激しかったなあ~

朝起きて外を見ると真っ白な銀世界で、Souを起こすと長い散歩をしました。
Souもこれだけの雪を見るのは初めてだから、ほっぺた真っ赤で鼻水垂らしながらはしゃいでいました^^

お昼前から御船の公園に遊びに行き、ソリ遊び。
160124DSCF9767.jpg

Souは背中が出てても、長靴に雪が入ってずぶ濡れでも、手袋がガチガチに凍っててもお構いなし!
160124DSCF9768.jpg

カミさんも雪だるま作りに参戦して、家族皆で楽しみました。

その後、山鹿まで温泉に入りに行ったのは良かったけど、帰りの道がやばかったね><
3号線は混むと思って501号線に迂回したんだけど、雪は少ないのになぜかチェーン規制!?

それは現地に行って解りました。河内周辺は潮風が打ち付けるのだろうか夕方には路面凍結。
目の前の車がズリズリ斜面の低い方へ滑っていったり、
大型バイクが転倒して車の下に潜り込んでたり(こんな日にバイクに乗るなよ~)
立ち往生している車や、追突して絡んだ車、パトカーが沢山出回っていて、あげくに路線バスまで防波堤に激突している!!

ウチの車は4WDだし、チェーンも持っているから事なきを得たが、ホントになるべくなら出歩かない方がいいよね。

だんごはと言うと久しぶりの雪中走行を堪能して満足!
敢えて困難なところに行く自分は、カミさんから言わせるとネジの何処かが外れているんだろうけど
「犬は喜び庭駆け回り」♪
と同じ原理だろうね^^




ところでスズキから「イグニス」と言う新型車が2月18日発売になります。
新型小型乗用車「イグニス」を発売
Ignas-147612.jpg

ラリー好きな人は解るだろうけど、日本で言う「スイフト」の事を海外では「イグニス」と言い取り扱っています。
じゃあスイフトの後継モデルかと言うとそうでは無く併用で販売され、世界でいち早く日本での発売となりました。

「スズキDNA」と言う、過去のスズキ車の特徴を取り入れたデザインは、
好き嫌いはあるものの他と似通っていないと言う点ではおもしろい。
Ignas-045.jpg

アウトドアフィールドを少人数で駆け回る人には最適なツールではないだろうか。
私的には売れて欲しいけど、どうなんだろうね?

今期は消費税上昇の駆け込み需要のあおりを受けて、軽自動車販売が軒並み下がっている。
特に軽に依存しているスズキやダイハツは販売台数を落としていると言う。特にスズキがひどいのだ。

ダイハツは軽自動車界のトヨタみたいに、軽自動車を加装して立派にきらびやかに見せる事に成功している。
対するスズキは、軽自動車はこれぐらいでいいだろうと言う割り切りがあり、見せ方としては一歩劣る。
このままではスズキの軽はじり貧になりはしないか・・・

スズキは軽ばかりに依存せず、戦略を変え普通車の台数を増やす事が重要課題だろう。
新型SX-4CROSS、ソリオ、エスクードときてそして「イグニス」。
立て続けに普通車を発表した。しかし大メーカーの牙城を崩すのは簡単では無い。
sx-4_43.jpg
SX-4CROSS

sorio-000-10-view.jpg
ソリオ

escudo_005_o.jpg
エスクード

同じ価格の同じような製品なら、誰もが信頼がおけてブランド力が高いものを選ぶからだ。
スズキアルトは最近イギリスで、最も信頼出来るシティカーに選ばれた。
alto930045.jpg
ALTO

また過去にはGS750/1000を世に出した時、過剰品質とまで言われた事もある。
元々信頼性は低くないのだ。これはだんごも何度もスズキ車を乗り継いで確証している。

では何が足りないかと言うとやっぱりブランドイメージだ。
軽自動車を選ぶ人にブランドは関係ないだろうとメーカー側は思うかも知れないが、
その先には普通車があり、人より少しでも立派に、偉そうに見える事が重要な選定理由に上がる。

若い世代や我らレース好きには、レースをファクトリーでやっているかが大きなポイントになるだろう。
単純にかっこいいし、困難に立ち向かうチャレンジングスピリットを感じる。
WRCにSX-4で参戦したものの、国内販売ではATモデルしか選べないし、スポーツモデルが無かったり、
あげくにリーマンのあおりを受けてわずか1年で撤退・・・残念!
sx-4_wrc23154796.jpg
SX-4 WRC

VWのゴタゴタも済んだし、これからはブランドイメージを高める事に注力して欲しい。
誰もがかっこいい、「S」のマークが好きと言われるスズキの歴史を作って貰いたい。

そう説に思うこの頃です。
Ignas-1006976.jpg
誰か買いませんか^^

車の写真はwebからの転載です。(問題あれば削除します)
スポンサーサイト
先週末グラディウスのリコール部品を頼んでいたら、
昨日届いたと電話があったので交換に行って来ました。

15分ぐらいで部品交換完了!
お礼を言い(もちろん無償)、軽くツーリング。

今日は最大級の寒波が来ると言う。
さすがに寒いね><
国道57号線を住吉付近まで走ると少し雨が・・・

天草はあきらめて、不知火方面へ県道を山越えする。
160123DSC_0176.jpg
松合地区

リコール部品の交換で即何かが変わるわけではないが、不具合が未然に防げた思うと、不幸中の幸いか^^
160123DSC_0179.jpg
これが交換したレギュレータ

適合シールも貼られました。
160123DSC_0177.jpg
泥道走って汚れがぁ、、

この後、余りの寒さにとっとと帰りました^^




話は変わるけど、昨日肉のオオツカにランチにいったんだけど、
その時食べた赤牛ハンバークの美味かった事!
SC20160122132919.jpeg

今まで色んなハンバーグ食べたけど、ここまで柔らかくレアなハンバーグは初めてでした!
ここは美味しいって聞いてはいたけど、実は初めてなんです。

新しいもの、流行物は斜めから薄目を開けて見るだんごですが、ここは正直参りましたm(__)m
サラダや炊き込みご飯、ポテトにクレープ、ぜんざいまで好きなだけ食べれるし!!

もっと早くいけばよかった><;
1月9,10日で、大分県へ行って来ました^^
目的はサンリオキャラクターパーク「ハーモニーランド」です!

カミさんが、県民共済かなんかで無料券を貰っており、昨冬と同じく二冬連続でのイルミネーションを見てきました。

夜がメインなので、昼前からゆっくり出発して、ハーモニーランドに着いたのは15時過ぎでした。
160109DSCF9723.jpg

昨冬は改修中だったエントランス付近も工事が終わっており、まずはハーモニートレインに乗ろう!
160109DSCF9728.jpg

カーニバルスクエアまで一気に丘を駆け下りていく。
160109DSCF9729.jpg
寒いけど(^^;

サンリオキャラクターボートライドで舟にのりキャラクター達のいるトンネルへ行く。
160109DSCF9730.jpg

舟は10名ほど乗れるが我らは最前列だった^^
160109DSCF9741.jpg
ウサハナ

テッパンのキティーちゃんとマイメロ^^
160109DSCF9750.jpg

Souは瞬きもせずにキャラクターを見つめていた^^

ボートライドが終わると、またトレインに乗り丘を登って行く。
色んなアトラクションがあるが、まずは観覧車へ!
160109SANY0038.jpg

元々高台にあるから、別府・大分周辺の展望が良く見える。
160109SANY0042.jpg
前回は夜乗って、少し怖かったよなぁ・・・

いくつかのアトラクションで遊ぶと、18時から始まる「パレードパラレル スターライトVer」を見にエントランスへ移動。
160109SANY0060.jpg
なかなか感動的なショーで動画もあるけど、是非行って見て下さい^^

ショーが終わると夕食をとって、カーニバルスクエアまで続くイルミネーションを歩いて見て回る。
沢山写真を撮ったけど、どれもボケボケでUP出来ません><

20時からはレーザーショー「イル★ミラクル~ウインターナイトパーティー~」を見学!
160109SANY0061.jpg

寒さを吹き飛ばす熱いステージでした!
160109SANY0062.jpg

メインは女の子向けかもしれないけど、Souぐらいの年齢なら男の子でも楽しめます!!

21時ぐらいに別府へ移動。
堀田温泉と言う格安の大衆浴場で暖まると、別府ICより高速に乗り、別府SAへ。
今夜はここで車中泊^^

アトレーを車中泊仕様に変更すると(カミさんが)、いい時間だ。さあ寝ようzZZ




翌朝は晴天!
160110SANY0069.jpg
車の中はめっちゃ結露してます(^^;

由布院ICまで高速を走り、カミさんのお姉さんの嫁ぎ先「山国町」へ行く。
途中深耶馬溪へ寄り道。
160110SANY0072.jpg

ゆっくり見たいところだが先を急ぐ。
しかし、興味をそそる案内板を発見!
160110SANY0076.jpg

「後藤又兵衛の墓」だって!!
後藤又兵衛は大阪夏の陣で豊臣方に加勢し討ち死にしたはずだが・・・
160110SANY0077.jpg
なぜこんなところに。黒田官兵衛の重臣でこの辺りの城主でもあったからここまで落ち延びたと言うのも解らないでもないが。

その後、山国町のお姉さんへ新年の挨拶を済ませると早めの帰路に着いた。
それでも真っ直ぐ帰らないのがだんご一家^^

筑後川沿いを下り、田主丸駅へ。
160110SANY0086.jpg
ここの駅舎はカッパをモチーフにしてあって覗いてみました^^

さらにフルーツ街道へ進み、ワイン工場へ。
160110SANY0090.jpg

カミさんが試飲をしている間、だんごとSouとアルプは小さな家で遊ぶ^^
160110SANY0096.jpg

最後は久留米から八女へ向かい、船小屋方面へ。
最近ちっぽさんのブログで知った大人気の「大力うどん」へ。
160110SANY0099.jpg

いやー安いなあ!肉うどんが290円って^^
160110SC20160110153021.jpeg

それでいて美味い!最高のコスパです^^

こうしてプチ旅行は終わりました!!
1月も半ば過ぎたと言うのに、まだ三が日の話で・・・(^^;

1月3日に今年初走りに行って来ました。
160103DSCF9674.jpg

特に目的地は無く、阿蘇方面へ出発!
160103DSCF9676.jpg

阿蘇駅で缶コーヒーを買い一服。
160103DSCF9679.jpg
冬に噴水って寒々しい><

とは言え冬にしては思ったより暖かい。
国道57号線から325号線へ高森方面へ行く。

箱石峠から脇道に入って、以前目を付けていた根子岳を拝める場所へ。
160103DSCF9690.jpg

バイクを止めて一服・・・
160103DSCF9688.jpg
だんだん曇ってきたな・・・

これから向かう大分県竹田市方面は暗く雲に包まれていた。
県道に入り「荻岳」へ向かう。

バイクで行ける一番上まで登ると山頂は歩いて数分の距離だ。
160103DSCF9696.jpg

東峰に登り日本百名山の祖母、九重、阿蘇を眺める。
160103DSCF9692.jpg
祖母山頂は雲で見えない

160103DSCF9694.jpg
さっき見た阿蘇根子岳

人っ子一人いない。
こんな日は無理せず早く帰る事だね。

きびすを返すとバイクに跨り帰路を急いだ。

走行180km


続く4日もお昼に3時間ほど時間が開いた。
1月とは思えない陽気で、今度は海へ向かう。

約1時間後、上天草市の「柴尾岳」(ぞうやま)登山口へ。
160103DSCF9697.jpg

プチツーリング登山と洒落込もう!
ライダーズウエアを脱ぐと、山道を登り始めた。
160103DSCF9698.jpg
ずっと急登が続き、汗が噴き出してくる

それでも高々200数メートル、30分もしないうちに山頂へ。
160103DSCF9700.jpg
山頂に近づくと傾斜も緩くなり竹藪が多い

山頂は森が切り払われており、三角町方面の展望が開けていた。
160103DSCF9704.jpg
標高226M

160103DSCF9706.jpg
三角方面

らせん状の展望台に登ると宇土半島、天草諸島、雲仙まで遠く見渡せるはずだが・・・
160103DSCF9702.jpg

この日はガスが濃く、雲仙が見えない><
160103DSCF9708.jpg
すぐ目と鼻の先だけど、、

160103DSCF9707.jpg
宇土半島方面

1月4日にして、もう今年4山目のピーク!
とは言え、低山ばかりで4山足して1山分ぐらいだけどね^^

時間通りに帰宅して、ひと時の春の陽気を楽しみました^^
160103DSCF9722.jpg

今年もジャンジャン走りますよー!
1月2日は何年かぶりに熊本城に行きました。

熊本城にはいくつか入場門があるが、今回は勇壮な石垣や天守閣を眺められる須戸口門から入城!
051205113236_S3950260.jpg
熊本城公式HPより

DSCF9609.jpg

城内に入ると竹の丸ゾ-ンで、すぐ左手には242mにも及ぶ長塀があり、月日を重ねた大木がところどころに並ぶ広大な敷地だ。
130212090101_S4250242.jpg
写真は熊本城公式HPより

DSCF9616.jpg
コの字型に曲げられた道は、防御に有効な形状で実践を見据えた作りが色濃く残る。
DSCF9614.jpg
武者返しと言われる上に行くほど勾配がきつくなる石垣はいつ見ても素晴らしいなあー

160102DSCF9617.jpg

岩を重ねた階段を上ると最近復元された「飯田丸」(櫓)を見学。
160102DSCF9621.jpg

真新しい木材が渋い光を放って、木材の香りが鼻孔に広がる。
Souは階段を登ったり降りたりするのが楽しいのか、一人でグングン進んでいく。
160102DSCF9626.jpg

櫓としては規模の大きいもので、ちょっとした城だね!
160102DSCF9627.jpg
登ったり降りたり公園の遊具気分^^

この辺りから見る天守閣がもっとも勇壮で、石垣の間にそびえる天守は「肥後54万石」にふさわしい。
160102DSCF9619.jpg
熊本弁で言うと「武者んヨカ」・・・かっこいい(武者振りがいい)と言う意味!

160102DSCF9632.jpg
次は平成元年(1989年)に市制100周年を記念して復元された「数寄屋丸」へ。
主に接待用に使われたそうで、広い座敷があり、Souならずとも走りまわりたい気分だ^^
160102DSCF9636.jpg

やっぱり座りたいよね~
160102DSCF9637.jpg

当時は、西隅に宇土櫓(うとやぐら)と同規模の数寄屋丸五階櫓(すきやまるごかいやぐら)が建っていたそうだ。
160102DSCF9641.jpg

城主「加藤清正」の普段の生活の場であった「本丸御殿」の地下になる「闇り通路」を抜け本丸へ。
160102DSCF9645.jpg
本丸は沢山の観光客であふれており、最近九州の観光地は何処もそうだけどアジア圏の観光客が多い。

まずは向かって右手の小天守へ向かう。
160102DSCF9647.jpg

狭いらせん状の階段を上ると、各階には展示品がある。ゆっくり見たいところだがSouがまったく止まる気配が無く一気に最上階へ。
160102DSCF9648.jpg
展望を楽しむと、一旦下まで降りて次はやっと天守閣へ登る。
ここは人並みに押されるように最上階へ。
160102DSCF9650.jpg
西側に現存天主の「宇土櫓」と二の丸
160102DSCF9651.jpg
おもてなし武将隊の演武があるのか人が集まっている
160102DSCF9654.jpg
小天守を見る

160102DSCF9655.jpg
復元された「本丸御殿」

熊本市内を一望出来る最上階で、しばし城主気分を味わったのだ。

天守閣、第二天守は復元されたもので、当時物と言えば「宇土櫓」だけになるが、今回は遠慮して最後に「本丸御殿」へ。
160102DSCF9658.jpg
畳何枚あるのかな・・・?

ここには豊臣秀頼を迎える為と言われる通常城主が座る一段上に「昭君の間」と言うものが作られている。
160102DSCF9660.jpg
金箔が貼られた一段と豪華な一室は、「昭君」すなわち「将軍」であり、徳川家に将軍は譲り、豊臣家が滅んでも秀頼を熊本に迎えようとした清正の主君への忠誠が伺える。
160102DSCF9662.jpg

帰りは「不開門」方面へ降りて行った。
こちらはまるで別世界のように人の往来が少ない。
160102DSCF9668.jpg

苔むした墓・仏が転がって、ここだけはその時代の中にいるような空間だ。
160102DSCF9669.jpg

相変わらずSouは階段を駆け下りて行った。走ると危ないぞと言おうとした矢先に躓き前へ1回転!
すごい勢いだったから怪我はないだろうかと私は血の気が引いてたが、なぜかカミさんは大笑い!
そのこけ方が余りに滑稽だったし、怪我がないと解ると私も笑いが込み上げて来た^^

丁度その瞬間を見ていたご婦人が「怪我は無かった」?とSouに話しかける。
ニコニコ笑うその姿に「あー良かった」と胸を撫で下ろしましたー
160102DSCF9672.jpg

そんな正月2日目でした(^^
やっと今年の話になりました!

20年以上登山をやってるけど、初めてご来光登山に行って来ました^^
場所は上天草市の「次郎丸岳」。

もうここは4回目の登山だったから、約1時間あれば山頂に立てるという計算で登山口へ午前6時到着。
スマホを車に忘れたり、2度のアルプのお花摘みで時間は6時半に!!

大急ぎで歩いて、何とか日の出に間に合いました^^
160101SANY0997.jpg

山頂は10数名の登山者がいて、日が上がると
「さあみんなで万歳三唱をしましょう」
音頭を取るおじさんが居て、みんなで大手を上げました^^

160101SANY0007.jpg

この日は冬には珍しく雲海が広がり、良い展望を見せてくれました。
160101SANY0021.jpg

寒さも思ったほどなく、てか大急ぎで歩いて汗だくです><;

160101SANY0027.jpg

カミさんが果敢に岩の上に立つが・・・
160101SANY0005.jpg
もう少し前に行かないとね^^

無事ご来光登山を終え下山。途中せっかくだから太郎丸岳にも寄り道。
160101SANY0022.jpg
太郎丸岳から見た次郎丸岳

今年は沢山登山に行きたいね!
山陰旅行最後の朝は、最近国宝に指定された「松江城」見学から始まりました。
この朝は暖かく、お散歩気分で城郭を見学!
現存天主だけに渋い光で輝いていました^^

その後宍道湖沿岸を南下し「出雲大社」へ。
念願の「出雲そば」と「しじみ汁」を頬張り満足!

帰路は国道9号線を南下。
美しい日本海に後ろ髪引かれながら車は走る。
益田市まで来ると日が暮れて、暗い夜道を山口県へ。

関門トンネルを抜け九州へ入ると門司で晩御飯。
自宅に着いたのは30日の午前1時過ぎでした^^



こうして2泊5日の山陰旅行は無事終了しました。
オール下道(無料区間の高速は使用)、1380kmの旅。
走っている時間が長かったけど、旅路・道中もまた楽しい旅の一つ!

とは言え、さすがに軽自動車の長旅は少しフラストレーションが溜まるなあ・・・
猛烈に普通車が欲しくなりました^^
しかし山陰、くせになりそう!夏もバイクで行くか!!
さて、28日お昼前に境港「水木しげるロード」に到着すると、お待ちかねの妖怪見物!

約150体以上の妖怪モニュメントがあるそうだ。三分の二ぐらいはカメラに収めたと思うけど、
動画を作成してみると多い事・・・

その中から三分の一ぐらいを削り、動画をUPしました。
余りにも多くて、見てるとだんだん飽きてくるもんね^^;

午後2時ぐらいまで楽しむと、島根県の安来市へ移動。
ここでもまた懲りずにたたら製鉄の「和鋼博物館」を見学しました。

私的に山陰に行きたかった一番の理由は、宮崎駿監督の「もののけ姫」に出てくる「たたら製鉄」をもっと知りたかったのが一番の目的でした。

中国地方は砂鉄と森林資源に恵まれ、江戸時代の後半には国内総生産の約80%を製鉄していたと言う。
たたら製法では1回の操業に17トンの砂鉄と12トンの木炭を三日三晩焼かせ、もののけ姫で出てくる「吹子」と呼ばれる風を送る装置を踏み続け火力を上げ木炭と砂鉄の化学反応により「玉鋼」と言う良質の「和鉄」を作り上げていた。

その「玉鋼」を焼いたり、叩いたり、延ばしたりと鍛錬し、日本刀などを作っていたのです。(まあザックリですが^^)

今は寂れてしまった伝統技術だが、そこにロマンを感じるのは「懐古的趣味」旺盛のだんごにはもってこいの舞台で、
しかも山陰はのどかで車も少なく、自然も街並みも古き良き日本を伝えてくれる懐かしさがあり、私的にはツボなのです^^

「和鋼博物館」を見学した後は、28日の宿泊地松江市へ移動しホテルにチェックインしました。
パート②の動画ではそこまでを紹介しています!
是非ご覧あれー
いやー、この年末年始近年では珍しく長い休暇で10連休もありました^^
でも長いようで短い休みで、それもそのはず前半の26日~30日までの5日間を山陰旅行に費やしたのです^^

26日夜9時に熊本を出発し、ひたすら下道で国道3号線を北上!
門司までが170km。関門トンネルを抜け国道2号線を広島へ。
広島まで380km。午前4時ぐらいに到着しました。
市内から三次市へ向かい、最初の目的地島根県奥出雲横田まで510km、朝8時に到着。

予定より1時間早く到着して、「奥出雲たたらと刀剣館」のオープン9時まで1時間待ちました^^
カミさんと変わりばんこで、ほとんど休みなしで走ったから510kmを11時間で走破してましたよー
下道にしては良いアベレージだ!

見学を終えると一旦米子市へ向かい昼食。
以前大山登山した時夕食をとったイオンで食べました^^

その後鳥取砂丘へ。熊本から約700km午後2時半に到着。
雨と風で寒かったけど、荒々しい冬の日本海と広大な砂丘に満足♪

米子と鳥取の間にある倉吉市へ戻り27日の宿泊。
翌朝はSouお待ちかねの境港「水木しげるロード」へ向かいました。

その様子をYouTubeにUPしました!
パート①ですが、ぜひ是非ご覧あれ~
新年明けましておめでとう御座います

いつも『此処じゃない何処かへ』をご閲覧いただき、ありがとうございます。

楽しみを伝えられたらと始めた本ブログは、おかげさまで細々と永らえられています。
アクセスしてくださる皆さまには、心より感謝申し上げます。

元旦は登山人生初のご来光登山に行って来ました^^
予定通り天草の次郎丸・太郎丸岳登山口に早朝6時に到着しましたが、
スマホを忘れて車に引き返したり、アルプの2度に渡る「お花摘み」により30分ほどロスし、
こんなに急いだことはないというぐらい飛ばしに飛ばして何とかご来光に間に合いました^^
2016k4c.jpg

いやいや元日から、不浄の汗を流し切りました(^^;

2016年はどんな年になるのでしょうか。
本ブログでは、変わらず登山・バイク・キャンプ・プライベートネタなどの私的勝手な解釈で情報を展開します

今年もよろしくお願い致します

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。