Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は自分の時間が持てて、ブラっとツーリングでもと思っていると・・・

丁度いいところに宅配便が!!
注文していたレバーが届いたのだ^^

じゃん!
DSCF8171.jpg
いくつかあるメーカーからどれにしようか迷ったんだけど、手ごろな値段だったのでこれにしました^^

装着前
DSCF8172.jpg

装着後
DSCF8173.jpg

交換はネジ1本なので、10分ぐらいで完了!
レバーは6段階ノッチで調整可能。位置や遊びを調整する。

DSCF8174.jpg

クラッチが軽くなっていい感じです(*^^*)

さて、用意を済ませ出立!
台風が近づいており、少し風が強い。早めに帰るつもりで阿蘇へ。

ミルクロードを駆け上がり展望台で阿蘇五岳を見る。
DSCF8178.jpg

こんな日でも沢山の観光客がひっきりなしに往来している。バイクも多いね!

DSCF8184.jpg
レバーのタッチにも慣れました。手ごろな価格でドレスアップ効果も高いし、タッチもいい。
おまけにクラッチも軽くなったもんね!早く付ければよかった^^

オートポリス方面へ向かい、一旦大分県に入り菊池市へ。
下界に降りるとやっぱり熱いわ><

菊鹿町の鞠智城跡へ。
DSCF8190.jpg
かなり雲が広がって来た。

そろそろ帰りますか^^

山鹿市を抜け、和水町へ向かう。
だんだん風が強くなり、バイクが降られた。

オレンジロードを抜け有明海沿岸を行く。海が黒く波打っている。

何とか雨に打たれず約177km。弾丸ツアラーは無事終了しました^^
スポンサーサイト
まだ先週の話を引きずってます^^;

19、20日はキャンプに行って来ました!
佐賀、鹿児島ときたら次は大分県ですw

キャンプにはつらい季節になってきたけど、カミさんが高原のキャンプ場ならと、
大分県中津市山国町の「憩いの森キャンプ場」に行ってきました。

ここは「奥耶馬溪」と言われ「猿飛千壷峡」と言う景勝地があります。
このそばにカミさんのお姉さんが嫁いでおり、1日目は目の前に流れる山国川の河川プールで遊ばせて貰いました^^

夕方キャンプ場へ移動。
山間部の高地にあるキャンプ場だけど、いかんせん標高が低い。蚊や虫が多い事・・・
おまけに周囲には「マムシ注意」、「マダニ注意」の標識があるものだから茂みには近寄れないのだ><

150719DSCF8150.jpg
それでもテントサイトは芝生だから何とかなるでしょうとテント設営。

3連休と言うのに我らだけと貸し切り状態・・・。。。
150719DSCF8153.jpg
後でお姉さん一家が来るので、せっせとバーベキュー準備を進める。

夜になると、街灯や炊事場の電気も点かないが判明(泣)
トイレとシャワー室の電気があるのが救いか^^

みんなが揃うと飲みながらバーベキューをつついた。満点の星空が綺麗でしたよ~

翌朝5時半起床。
150720DSCF8157.jpg
英彦山方面から朝日が差し込んだ。

みんなはまだ寝ている。だんごは周辺を散歩した。
150720DSCF8155.jpg
この時間があるからキャンプは止められないよね~

朝食を済ませ、後片づけをしていると真夏の日差しが!
150720DSCF8161.jpg
帰り支度が済んだ頃にはすっかり汗だくです(^^;

この日は日田市の「ことといの里(小野川自然プール)」へ。
150720DSCF8162.jpg
少し雲が多かったけど沢山の人で賑わってました。

ここは渓流の水そのままで冷たい事><
150720DSCF8168.jpg
それでも子供は元気だね!Souも奇声を上げて喜んでいました^^

150720DSCF8166.jpg
ちなみにアルプは水が苦手です(^^;

こうして三連休が過ぎて行きました。
梅雨も明けたので、次は海に行きたーい!!
7月18日は、約1か月ぶりのロングツーリングに鹿児島県薩摩半島の「野間崎」へ行って来ました。
nomazaki_map.jpg

13時間半、往復490km走って満足ですタイ^^
ハンドルが下がったせいか、お尻も余り痛くなかったです!

その様子をHPにUPしました。
150718DSCF8130.jpg

野間崎ツーリング

しかしクラッチが重くて、手の握力が・・・
次はレバーを変えよう!!
いやー北陸や関東まで梅雨明けしてるのに、九州の梅雨明けはいったい何時だい!
毎日県内どこかしらで雨がちらついてるけど、そろそろ明けてもいい頃だよ。

2015夏の準備万端なんだけど・・・

梅雨明けを待ちきれず、一足お先に先週・先々週と九州各地を飛び回っていますw
12日は佐賀県嬉野温泉へ1泊旅行に行って来ました。

AMが会社行事だったので出発は14時近くになりました><
有明海沿岸をいつものようにチンタラ下道を行き、嬉野温泉のホテルに着いたのは午後6時。
カミさんが予約したのは何でも「忍者部屋」らしくて、戸をあけて部屋に入ると音の出る竹が敷き詰められていたり、浴室の扉が回転する扉だったり、隠し部屋やカラクリ戸など各所に細工がしてありました。
150713DSCF8039.jpg
Souは何度も2階の隠し部屋に上がって楽しんでいました^^

今回の旅のメインは「肥前夢街道」と言う忍者テーマパークで、そこの入場券とパックでホテルが容易したプランに添った「忍者部屋」がリニューアルされていた訳です。

ホテルそのものは古くてあまり綺麗な感じもしなかったけど、一夜の宿としてはまったく問題ないです^^
食事や温泉も良かったですよ!

翌13日は平日とあって、しかも朝一番だったものだから「肥前夢街道」はもちろん一番乗り!
貸切状態で忍者の大道芸や案内を受けてアトラクションを回りました。

お昼前になるとちらほらお客さんが現れて、よく見ると昨日ホテルの夕食で見た顔や、今朝の朝食時に見た人ばかりでした。
みんな目的は同じか^^
気合が入った人は忍者のコスプレまでしてるもんね!Souにやらせたい^^

しかし、残念な事に使われていないアトラクションや改修中が多く、また整理・整頓も出来ているとは言えません・・・
かなり老朽化も。
これではリピーターも少なくなり、悪循環を呼ぶだろうと心配になりますバイ
150713DSCF8089.jpg

個人経営では無理があるなら、官民一体となり施設を整えてお客が増えて、そして嬉野温泉に宿泊客が増えると言う好循環になればよかじゃろがい!
口で言うほど簡単では無いか。。。

それでもだんごはこのひなびた感じが嫌いでは無い。Souも手裏剣投げや吹き矢を吹いたり、忍者のショーを見たりで楽しんでいました。
忍者が「おぬし」とか「拙者は・・・」、「・・・でござる」
とか言葉を使ってたので、少し写ってしまったでござる^^

もう一度観光シーズンに来てみたいなぁ^^
少しだけ写真をUPしました。

嬉野温泉 元祖忍者村「肥前夢街道」

ちらっと見るでござる!
しっとりと雨の九州山地を歩きたくて登山に行って来ました。
今回向かったのは、美里町国道445号線二本杉峠から平家の落人伝説が残る五家荘の葉木地区のその名も「平家山」という山です。

当初平家山から国見岳の縦走を予定していたが、台風9号の接近で計画を縮小し平家山から後平家山、夫婦山、南平家山の4山を回遊するコースに変更しました。

自宅を9時に出て、登山開始は11時15分(遅い><
150712DSCF7954.jpg

この時点で雨は降っていなかったが、しばらく林道を歩くと大粒の雨が・・・
雨音にカッパを叩かれながら歩いた。
150712DSCF7957.jpg

林道を終わり左下の沢に降りると2,3回渓流を跨いだ。
150712DSCF7961.jpg
丸太の橋が滑る事(^^;

手入れの行き届いた杉林を行く。間伐・間引きが行き届いて、深山の割には明るい山林だ。
ジグザグに上り詰めると両線の方に出て、ちらほら現れる自然林の中高度を稼ぐ。

九州脊梁の稜線に合流すると、さすがに稜線は広く幅のある尾根道を歩いた。
150712DSCF7968.jpg

いたるところに倒木があり、カミナリに打たれたのか焼けた跡の木も多く倒れている。
ここは木の墓場であり、産まれるところでもある。これが自然の本来の姿だね。

京丈山からの縦走路と合流すると「平家山」1497m山頂だ。12時45分。ヤッホー!!
150712DSCF7971.jpg

しかしこの水たまり見てよ!土砂降りで飯も食えません><
立ったままおにぎりを一個口に放り込むと縦走路を国見岳方面へ行く。

軽いアップダウンが続き、雨さえなければほんとに気持ちいい道だろうね・・・

国見岳へ向かう縦走路と、後平家山へ向かう「南方縦走路」の分かれを右折するとすぐに「後平家山」1560m山頂だ。13時20分
この頃になると濡れていないものは何も無いって感じで、写真も水滴でボケボケです。

唯一アップ出来そうなのはこの写真だけでした><
150712DSCF8003.jpg
雰囲気いいでしょ^^

この後平家山から次の夫婦山へ向かう道はちょっと困難でした。
稜線がとても広くて踏み跡が無数にありました。それでいてテープが見えないから四方に何度も歩いては元の位置に戻り、行く先を確認したのです(汗
これで霧が出たら終わりだなってちょっと焦りましたよ、、

やっとテープを見つけて狭い稜線の一本道に出ると一安心で、3山目の「夫婦山」1460mだ。14時20分
森林に囲まれた鈍頂で、シカが2、3匹群れてました。

ここでもまともな写真が撮れず、先を急ぐ。
道がだんだん狭くなり、あまり人が歩いていない感じだ。登山口へ降りるエスケープ路の「とちだ谷」降り口にザックをデポして、最後の「南平家山」へピストンする。

分かれから500mぐらいかな・・・広い山頂で、周りの木が切り開かれているけど少し風情がない「南平家山」1510m山頂だ。15時05分

「とちだ谷」降り口へ戻り、もう一個おにぎりをかぶりつく。
「よし下山だ」

雨も少し弱まり、写真が撮れそうだが余裕が無い(^^;
150712DSCF8009.jpg

滑るように急斜面を降りていく。土がたっぷり雨水を含んで滑る事・・・
ここも2、3か所テープが途切れたり、植林地帯に入ると色んなところにテープがあり、どこだ登山道か解らない><

慎重に、慎重に降りていく。ここでの行き詰まりは時間的にも辛い。
何とか目的の林道に出会う。渓流沿いを「とちだ谷」へ向かう。渓谷の横を行くがあちこちで土砂が崩れ、川を歩いたほうが早い。どうせ靴も濡れているしね^^

苔むした丸太の橋を二度跨ぐと「とちだ谷」だ。登山口はもう近い。
150712DSCF8034.jpg

16時半。無事登山口へ。
無事帰れたものの、この山域は十分な準備と時間をもったほうがいいと少し反省。

雨の山を満喫した山行でした(^^/
4日はアルプの防災訓練で、福岡県宮若市へ行きました。
訓練は無事午前中で終了したけど、せっかくここまで来たからと「宗像大社」へ寄り道する事に。

宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市にある神社。式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社。日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。全国の弁天様の総本宮ともいえる。裏伊勢と称される。

「宗像大社」に来たのは二度目だが、本殿「辺津宮拝殿」の奥にまつられる「第二宮」、「第三宮」、さらに一番奥には「高宮祭場」と言われる「降臨の地」があり、そこまで詣でたのは今回が初めてだった。
150704DSC_0265.jpg

そこは光の差し込めないほどの樹木に覆われて、砂利と苔むした祭壇がポッカリ広がる。
寒いほどの凛とした空気が漂い、これほど高貴な場所があるのかと身震いする空間だった。
150704DSC_0266.jpg

今にも神が舞い降りて来るような、身動きが出来なくなるほどの荘厳な雰囲気に呑まれたのだった!
惜しむなくは、デジカメを忘れた事・・・



5日は雨の降る前にひとっ走り!
熊本市西区の金峰山、二ノ岳、三ノ岳をつなぐ「オレンジロード」を行く。
150705SANY0603.jpg

いつもは沢山のライダーが集う展望台もだんご一人・・・。バイクとは沢山すれ違ったけどね(^^;
ミカン畑に広がるワインディングを、新しいタイヤと対話しながら速度を上げた。

ピレリエンジェルSTは一言で言うとツーリングタイヤだ。
製造年月日が新しくトレッドの残るタイヤだから当たりがソフトで、乗り心地が良い^^
前輪がささくれて色が変わるほど攻め込んでも、リアのピレリは全然ささくれず、「普通にツーリングしてました」てな感じでまったく平和だ。
こりゃーライフはバリ持つバイ!

ポツリポツリと雨が落ちてきて、弾丸100kmツーリングは早々と店じまいです(><)¥

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。