Photo Gallery

先週の山行で調子に乗ったので、今週末も山に行って来ました。
阿蘇五岳の一つ「烏帽子岳」へ。

阿蘇五岳のだんごが唯一登りの残してた山で、天気予報は下り坂だけど強行しました^^

150527DSCF7754.jpg
南阿蘇の地獄温泉から取りついて約2時間。山頂付近はわずかにミヤマキリシマがまだ咲いていた。

150527DSCF7756.jpg
山頂は360度の展望!貸し切り状態です。こんな日に登山するやついないよね^^;

150527DSCF7759.jpg
目の前には噴煙を上げる中岳。水蒸気だけで、火山灰は殆ど無いように見える。

150527DSCF7762.jpg
しばし展望を楽しむ♪

150527DSCF7777.jpg
この後杵島岳まで足を延ばしたが、やっぱり雨が・・・
何度も登った杵島岳は諦めて帰る事に。

登山道の途中で舗装道を歩くんだけど、目の前から牛がぞくぞくと!
150527DSCF7794.jpg

いくら温厚そうな牛でも、こんなにたくさんくると、、(汗
両サイドは有刺鉄線で逃げ場無し・・・だんごは風景の一部と化して牛が過ぎるのを待った。

しかし牛の歩きが遅いこと!「食っちまうぞ」
スポンサーサイト
いやいや行って来ましたー!
くじゅう坊ヶつるキャンプ^^疲れたぁ><
最近の運動不足が露呈したね(泣

150523DSCF7656.jpg

ヘタレぶりをホームページにUPしました!

くじゅう坊ヶつるキャンプ

暇なら見てハイヨ~
みなさんお疲れ様でした^^
次は真夏の「大崩山荘」強化合宿だぁ!
今回は久しぶりにバイク弄り^^

約2万4千キロ走破したグラディウス。見た目にブレーキパッドはまだかなり残っているが、何せタッチが悪い><
握れば握るだけグッとレバーが絞れてきて、それでいて制動力はガツんと来ない(泣
グラ乗りの「ちっぽさん」のアドバイスで、デイトナの金パッド試してみました!

150505DSCF7465.jpg
キャリパーを外すとパッドが露わに。結構残ってるよね!
でも効きが悪いので変えるのだ^^

古いパッドを外し軽くクリーニング。
150505DSCF7466.jpg
ホントは全バラやってOHが良さそうだけど・・・

これが購入したパッド!
150505DSCF7469.jpg

ヤスリで面取り。
150505DSCF7470.jpg

鳴き止めのグリースを薄く延ばしてさあ組み付けよう!!
150505DSCF7471.jpg

しかしここで痛恨のミス!
右/左パッドで別品番だったのに、右側だけ2個買ってました><
「バカちぃーん」
とりあえず右だけ組み付て、またネットでポチりました。

数日後左側が届き、やっと両方交換完了!
来たよ来たよ「アタリ」が^^
レバーを半分握ったところで止まるし、もちろん効きは申し分無し。

後はライフがいかほどか!?
早くロング行きたいな^^
佐賀の次は長崎県の防災訓練へ便乗してきました。
長崎も今月3回目!またかって感じですが、長崎市内には5年ほど行ってないので楽しみにしていました^^

早朝熊本港へ向かい、九州商船のフェリーで島原市へ。
150519DSC_0193.jpg

島原市からは「がまだすロード」、「雲仙グリーンロード」を使い諫早市へ向かう。
国道57号線の分岐では、橘湾沿いの国道251号線を西へ。流れが速くあっと言う間に長崎市内へ。

それもそのはず自宅から長崎市内まではわずか90km弱しか無く、島原から1時間半しか掛かっていない。
長崎ってとても遠いイメージだったけど、福岡市内より距離的には近いじゃん!
まあ、フェリーを使えばの話で、フェリーの待ち時間や就航時間の1時間を含めると3時間は見とかないと駄目だけどね。

防災訓練の会場は、市内を少し過ぎたところで長崎の繁華街を抜けて走る。
しかし長崎は道も狭いし、曲がりくねり、路面電車の軌道敷はあるわでとても走りにくい。
しかも繁華街では一方通行が多いし、山に向かっての登り坂は行き止まりになるのがほとんどだ。

右往左往しながらなんとか会場入り。
150519DSCF7578.jpg

カミさんとアルプを降ろすと、Souとだんごは周辺の海を探索する。
砂浜で貝殻を拾ったり、石を投げて遊んだ。
150519DSCF7582.jpg
懐かしのエスク!

水がとても綺麗で、こんなところに住めたらいいなぁ。

昼前に無事訓練は終了し、カミさんリクエストのトルコライスを食べに市内へ移動。
「ツル茶ん」と言う老舗で、アーケード街の入口にある店舗だ。
150519DSC_0199.jpg

だんごは「フィレ肉のトルコライス」を選び、カミさんはオーソドックスな「トルコライス」を選択。
肉は柔らかくてとてもおいしかったけど、値段で考えるとお得感は薄い。

場所を移動して中華街へ。立ち食いで飲茶や、肉まん、豚の角煮まんを食べる。
修学旅行生が多く、アルプは大人気だ。
150519DSC_0203.jpg
「触っていいですか」と何人かナゼナゼしていった^^

「昔懐かしのアイスクリン」を頬張る。長崎と言えばこれだね!

久しぶりの長崎市内を堪能して、次は雲仙へ向かう。
GWに一人でいった時は人が多くて立ち寄れなかったので、今回は「雲仙地獄で温泉卵を食べるぞ」と意気込んだ。
150519DSC_0213.jpg

硫黄の匂いと噴気、鳥のさえずりに癒されながら歩いた。Souも歩くのが楽しいのか一人でどんどん先を行く。
念願の温泉卵に行きついて熱々を頂く。蒸した卵はなんて美味いんだ!
150519DSC_0212.jpg

ビジターセンターやお土産屋も探索。

17時を回り温泉街のお店もシャッターを降ろし始めた。名残惜しいが島原を後にした。

次は久しぶり東九州に行きたいね(^^
佐賀県の防災訓練にカミさんとアルプが参加する事になり、一緒に行ってきました。
佐賀入りは今月3回目だよ!

アルプは九州救助犬協会から予備隊(控え)で万が一の時に備え準備!
150517DSCF7567.jpg

東背振IC近くの会場では、朝早くから消防団や、レスキュー隊やら、救急隊やらが沢山集まっています。
カミさんとアルプを降ろすと、Souとだんごは近くの公園へ。

「わんぱく王国」と言うリフトがある公園で、長い滑り台で下まで降りる事が出来ます^^
150517DSC_0174.jpg

電動カーや遊具もあり、2時間ほど暇つぶし。
150517DSC_0179.jpg

昼前にカミさんを迎えに行き、防災訓練の終了を聞くと佐賀大和方面へ車を走らせた。
一度は食べてみたかった「井手ちゃんぽん」の大和店へ。
150517DSC_0182.jpg

ナビの言うところに行くとそれらしい店舗がみつからない。電話番号で検索してナビで進むと今度は佐賀市役所で
「目的地に近づきました。案内を終了します」と・・・
3度目の正直で「食べログ」の地図とにらめっこしながらやっと到着しました(^^;

どうやら最近移転したみたいだね。
150517DSC_0184.jpg

きくらげ入りの特製ちゃんぽんに心ひかれたが、ここは無難に普通のちゃんぽんを注文!
150517DSC_0186.jpg
普通盛りでもかなりのボリュームで、さっぱりしたスープに少し大きめの自家製麺がとても美味しかったですw

欲を言えば、野菜はモヤシばかりじゃなくキャベツが多いと嬉しかったかな^^

でも人気があるのは伊達じゃないね!

帰りに和水町の「三加和温泉」に入って帰りました。
150517DSC_0187.jpg

ここは美人の湯と言うか、とても肌がねっとりと気持ちいいです。
美人の湯で最近脚光を浴びる山鹿の平山温泉に近いからね。泉質も似ているだろうか^^
お勧めですよ!
いやー、忙しい5月を過ごしてます(^^;
GWネタをまだ引きずってますが、やっと長崎キャンプの一部と雲仙ツーリングの写真をHPにアップしました。
150506DSCF7521.jpg

5月2~4日のキャンプ
祐徳稲荷編
長崎バイオパーク編

ロードと花の雲仙ツーリング

ツーリングレポートには、かなりハードな熊本弁を使いました^^
解るかな?

暇ならチラッと読んでみて~!
二日目夜、キャンプ場に帰ると無事テントはありました^^
こんな雨の日なのに新たに1張テントが見える。好きだねぇ

夕食も済ませてきたので早々と就寝。
明日の撤収時までに雨が止んでくれたらいいけど・・・



翌朝思いは空しく雨が降り続いていた。それでもかなり小降りで日中には止みそうだ。
テントの外は霧で回りが曇る。
150504DSCF7385.jpg

雨が止むのをのんびり待っているわけにもいかないので、前日仕入れたダイソーのビニールカッパを着て、少しずつ荷物を運んだ。
地面は土がドロドロで、階段は濡れて滑る。4、5回往復しただろうか・・・汗やら雨やらでびっしょりです><

Souはお手伝いしたいと言うが、手を握らないといけないので片手が使えないし、歩くスピードが遅いので効率が悪い。
アルプと一緒に先に車に乗せ、最後にテントを片づけた。

全て終わった頃には、もう今日一日終わったぐらいの疲労感で、足は泥だらけだし服もビショビショだ><
着替える気力が無く、そのまま車に乗り込んで有明海沿岸に向け車を走らせた。

ところが下界に降りてくると少しづつ春の日差しが降り注いできて、気分も上昇↑
道の駅「多良」に寄り、汚れた服や靴を着替え髭をそり髪を整え、やっと人前に出れる恰好になったのだ^^;

丁度目の前を長崎本線「つばめ」が通る。
150504DSCF7399.jpg

一息入れてのどかな佐賀路を行く。こんなに晴れあがると真っ直ぐ帰るのももったいない。
三池炭鉱」に行こうと言う事になり、熊本の荒尾市まで「有明湾岸道路」を行く。
150504DSCF7401.jpg

Souは「ここ何処」、「何があるの?」と不思議がる。
「トーマスのご飯、石炭が取れるところだよ」と言うと、大喜びで歩き出した。
150504DSCF7403.jpg
トーマスは見れないんだけどね^^

見学料を支払い、入口まで歩く。
150504DSCF7410.jpg
丁度案内人の説明が始まっていて、
「今日来られたのは運が良かったですよ」、「明日、世界遺産に認定される事が確実だから、明日からは人が多く案内なんて出来ませんよ」と言う。

確かに翌日世界遺産の登録勧告が発表された。まだ正式と言う訳ではないけどね。

カミさんは案内人と連れ立って歩いたが、だんごとSouは一足先に右往左往^^
150504DSCF7414.jpg
石炭を運んだ軌道敷をあるいたり、

三池炭鉱のシンボルでもある、第二竪坑櫓の巻揚機室を覗いたりした。
150504DSCF7448.jpg

この他にも炭鉱マンが入ったお風呂跡や、職場、桜町トンネルなどを見学した。
150504DSCF7452.jpg

コスプレした人が撮影していたり、映画やドラマのセットとして使われる事も多いと言う。
150504DSCF7458.jpg
確かに絵になるね^^

150504DSCF7464.jpg
最後に小さな石炭をお土産に買って三池炭鉱を後にしました。

こうしてGWの家族旅行は幕を閉じました。
翌五日は半日がかりで濡れたキャンプ用品を天日干ししました。

大変だったけど、楽しかったですw
久しぶりにカテゴリ「エスクード」を!

TA01Wさんから3代目エスクード「10th anniversary」のステッカーが届きました。
150511DSCF7549.jpg

5枚貰ったんですが、現役エスク乗りのニケさんと中じいさん、しんいちさんの3枚は確定です^^
1枚は予備で、1枚は私が貰おうとしてますが・・・

ダイハツアトレーに「スズキ エスクード」のステッカーって><

無しですよね(泣

くそー!いつかは新型ビターラ買ってやる!!
vitara.jpg

あ!でも「エスクード」ではないか(爆
宿泊地は長崎県大村市の「野岳湖キャンプ場」でした。
150502DSCF7277.jpg

ここは背後に郡岳、眼下に大村湾を望む、静かな湖畔のキャンプ場で、東サイト、中央サイト、南サイトと湖畔周辺にサイトが点在しています。

だんご一家は管理棟に一番近い中央サイトに陣取りました。
駐車場からサイトまでは少し距離があり、リアカーを借りて荷物を運びました。(2往復^^;)
サイトは土と落葉でなかなかフラットなところが見つかりません。我ら意外に2張テントが張られていたので、その距離感を考えて東よりの木の下にテントを張りました。
150502DSCF7280.jpg

周辺探索でもと思っていたけど、いい時間になっていたので早速夕食の準備。
比較的暖かい夜で、「これは明日は雨だね」とバーベキューをつつきました。
150502DSCF7286.jpg

キャンプに来るといつもなんだけど早く眠くなって、この日もシャワー棟でシャワーを使うと10時過ぎには寝てしまいました。



翌早朝雨音がテントを叩く音で目が覚めた。かなりの雨量があるみたいでおまけに風も強い。

少し心配になり、テントを出ようとファスナーを開けると、フライシートの無い前室は水浸していた!
駐車場まで走り、カサとスコップを持ってテント周りに臨時の溝を掘り、水を逃がします。
テント入口付近が一番低いらしく、ここに水が集まって来る><

悪戦苦闘していると雨も小降りになり、水も引いてきた。
一安心して朝食を^^

雨と霧、そして風・・・こんな日は予定していた湖畔トレッキングは出来ません(泣
予定を変えドライブがてら「長崎バイオパーク」を目指しました。

大村湾を北上し西海市方面へ湾を一周。途中「針尾送信所」で戦争遺跡を見学。
150503DSCF7300.jpg
塔の雨が吹き付け濡れている面とそうじゃない境がくっきり見えます。

送信所跡も外から見学。
150503DSCF7306.jpg
1階は地下に埋まっているとかで、かなり大きな建物でした。
風化が酷くそのうちツタに絡まれて見えなくなりそう^^

そして2日目のメイン「長崎バイオパーク」に到着しました。
Sou的には一番テンション上がってました^^

色んな動物がいたけどここでは一部をご紹介!

エサをねだる「アライグマ」。
150503DSCF7341.jpg

やっぱりかわいい「レッサーパンダ」。実は凶暴なんだけど^^;
150503DSCF7355.jpg

「カンガルー」にエサやり。
150503DSCF7362.jpg

ここのいいところはほとんどの動物にエサをやれるところだね!
Souも雨にびしょ濡れになりながらエサをいっぱいやりました^^
150503DSCF7373.jpg

そして、天然の丘陵を利用した自然密度の濃い森を上手く利用した施設で、大人も子供も楽しめました^^

夕方まで遊ぶと、またキャンプ地に向かいました。
雨に煙る大村湾。静かな雨音にSouの寝息。いっぱい遊んで大満足!
だけどテントは大丈夫かな?

続く
いやーあっと言う間にGWも終わってしまいました。

実はGW前に風邪をひいてしまい、その状態で夜は早く寝て朝早くから行動するというパターンを2日から6日まで続けていた。
7、8日は仕事だったけど、さすがに2週間近く微熱が続いた状態で、全然よくならないもんだから昨日は仕事を早退し、病院に行きました。(今頃かい)

ただの風邪みたいだったけど、早く治らないもんかね^^;




ボチボチGWの話を・・・

5月2日~4日までだんご一家は長崎県大村市へキャンプに行きました。
いつものようにSouとアルプは後部座席で大騒ぎしながら有明海沿岸を北上!

1日目の立ち寄りメインは佐賀県鹿島市の「祐徳稲荷」です。
ここは前から気になっていて、やっと初めて訪れる事ができました^^

祐徳稲荷とは・・・
貞享4年(1687年)肥前鹿島藩主鍋島直朝公の夫人花山院萬子媛が、朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社で、衣食住の守護神として国民の間に篤く信仰されております。
日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全等種々の祈願が絶えず、参拝者は年間300万人に達しています。御本殿、御神楽殿、樓門等総漆塗極彩色の宏壮華麗な偉容は、鎮西日光と称され、観光ルートの上にも一異彩を放っています。

祐徳稲荷神社HPより抜粋


150502DSCF7246.jpg
鳥居をくぐると朱色に塗られた社殿が見える。藤棚や池があり、Souは早速鯉に餌をやった^^

本殿を詣でて中宮へ階段を登る。
150502DSCF7258.jpg

向こうの山にはツツジが満開だ。
150502DSCF7257.jpg

青々した新緑もイイネ!
150502DSCF7261.jpg

延々と続く鳥居をくぐり、さらに奥ノ院を目指すが・・・
150502DSCF7272.jpg
だんだん山道になってきて勢い勇んで歩いていたSouも「だっこぉ」とグズる><
たまらず引き返す事にして本殿まで下った。

清水の舞台のような朱色の木組み。綺麗だな~
150502DSCF7273.jpg

祐徳稲荷は予想通りの荘厳さで楽しめました!
150502DSCF7275.jpg

いい運動にもなるしね^^;

さあキャンプ地へ移動だ!

その2へ続く

WHAT'S NEW?