Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天草ツーリングの途中だけど、先日買ったばかりのグラディウスが早速車検で、初めてのユーザー車検に行ってきました。
ホットな話題だけに、先に紹介しますw

①最初に準備したのは、自動車検査法人のHPで「車検予約」からでした。
アカウント登録を済ませログインして、検査日と時間を予約します。
だんごは朝一番のラウンド1-1 受付時間:8:45~10:00 検査時間:9:00~10:15を選択!
予約ナンバーが発行されるので、車検当日はそれが必要になります。

②次にもよりのバイク店で自賠責保険の更新を行いました。
2年間で13.640円でした。

③車検当日、朝一に区役所へ。車検には「納税証明書」が必要だけど、だんごのバイクにはありませんでした><
そこで、車検前に「納税証明書」の再発行を行いました。区役所始業前時間でしたが、いやな顔ひとつなく対応してくれました。しかも再発行費は無料なんて!「やるな熊本市」^^

④ついに陸運局に乗り込んだ。陸運支局で予約ナンバーを告げると、必要書類一式を隣の建屋で買うように言われる。
場所を移動し、書類一式を購入(70円)。ついでに収入印紙2枚(検査費1300円と400円)を購入。
書類一式に必要事項を記入し、収入印紙を貼り再度陸運支局へ。
これで受け付けは終了。

⑤やっと検査場へ移動。すでに1台バイクが止まっている。検査員が出てきて、「ユーザー車検初めてならビデオを見て下さい」と別室へ。
検査は半自動って感じで、計測だけは自動化されているが、移動や準備、記録は人が行うのだ。
ハンドルの高さ、幅、各部ネジのゆるみ、方向指示器、ホーン、ライトなどを検査員立ち合いで確認。
それが終わると半自動のラインへ。排気ガスのCO2検査、スピードメーターの誤差確認、ライトの光軸ですべて終了!
所要時間は約40分。思った以上に簡単でした^^

⑥検査成績書を指定の場所に投函し、終了の証明を貰うと三度陸運支局へ。重量税3800円を払い、新しい車検証とシールを貰うと全て終了!この時10時ぐらいでした。

おまけ・・・もともと付いていたナンバープレートは、塗料のはげと曲がった痕があったので、ナンバープレートも再発行しました。こちらは570円!安いな^^

全ての費用合計は・・・
自賠責保険13640
書類・印紙1770
重量税3800
ナンバー再発行570
19.780円でした^^

250ccと比べて6000~7000円ぐらいの出費しかない!これなら断然400ccがいいと思いました。
半日の休みと手間が必要だけど2年に一度の事だし、車検に囚われて250ccで我慢してるとしたらやってみる価値は大きいですよ~♪
150215DSCF6982.jpg
ぜひ是非^^
スポンサーサイト
グラディウスの走行性能で、一つだけ書き忘れていたことがあった!
それは直進安定性が抜群に優れていることだ。
とにかくビシっと真っ直ぐ走る。凄くセンターが出てるね^^

また、極低速でもふらつかない。赤信号で減速して、青になるのをゆっくりバランスを取りながら待つ場面では、ほとんど足を出さずにすむ。
これは短い棒と長い棒を掌に載せてバランスをとるところをイメージして欲しい。
長い棒のほうがバランスを取りやすいと思う。グラディスはそれに近い。オフロードバイクにも同じ事が言えるだろう。

それは些細な事かも知れないが、ロングツーリングには効いてくる。楽なんだな^^

続いて、
制動力・・・★★★★
制動力は十分ある。ABSも付いているが今のところ未体験です。
五つ星にしなかったのは、少しタッチに不満があるからです。握りしろが深く、高速域のブレーキではかなり絞り込まないとフル制動になりません。もう少しガツんと効いてもいいかもね。

快適性・・・★★★★★
グランドツアラーとしては、長く楽に移動する事が求められる。その点は全く問題ない。
ハンドルやステップも自然な姿勢が取れるし、タンクも大きくニーグリップもしやすいです。
完璧かと言うと一つ問題がある。薄いシートは200kmぐらい走るとケツが痛くなります><
純正のハイシートに交換するとシートの厚みが増え、ケツも痛くならないしライディングポジションもより自然な姿勢が取れるとネットで書き込みがあるけど、私(身長170cm)ぐらいなら両足がつま先立になりそうで、重量があるバイクだから交換をためらってます。
ここはお尻を鍛えるしかないかな(^^;




天草ツーリングの続きを^^
「小森海岸」の次に向かったのは牛深市街地の少し北にある「魚貫・黒石海岸」。
150215DSCF6998.jpg
「天草夕陽八景」と言う天草ローカルの夕陽絶景ポイントだ。
ここは海だけを見ていると綺麗だけど、海以外の陸地の風景が殺伐としていて風情に乏しい。
そそくさと進路を北に向けた。

河浦まで戻り、「天草サンセットライン」と言う原始の天草の風景が残る海岸へ向かう。
途中、以前から気になっていた「ちゃんぽん店」で遅い昼食をとった。
150215DSCF7004.jpg
「ねぎちゃんぽんEAT730」

名物のねぎちゃんぽんを注文!あいにくアベックと相席で、ちょっと気まずいよ><
150215DSC_0025.jpg
さっぱりとしたスープにねぎとしらすが乗る。麺は細麺で、お好みで橙を絞って食べるのだ。
これがとっても美味かった!橙を入れるとさわやかな柑橘風味が広がり絶品!!
値段も600円と手ごろだし、また食べたいぃぃ^^

おなかも満たしたところで、次に崎津へ。
150215DSCF7007.jpg
「崎津天主堂」の前で一服。

さて、いよいよ西天草の核心部へと向かう!!
15日に天草の西の果てまで旅してきました^^
我が愛車グラディウス。走行距離1000kmを超えてきたので、ここらで軽く評価をしてみたいと思います!

だんごが愛車に求めた特性とは、GSX250Eと同じロングツアラーと言う事に尽きます。GT(グランドツーリング)
GTカーとして求める要素から評価してみよう!

走破性(加速・最高速・コーナーリング)・・・★★★★
初めてのインジェクションバイク。この時期の朝はホントに楽です。セル一発で静かにアイドリングし、止まることはありません。銀ゴキの時とは比べ物にならないぐらいストレスフリー!

エンジンはどこからでもフラットに加速し、いつの間にか速度に乗ってて軽く法定速度をオーバーしてます(汗
400CCとしては、重い部類のバイク(650と基本同じボディ)で、長いシリンダを2本も持つものだから重心が高く、重いものが上にあるなって感じです。走っているとそのネガは感じさせないが、取り回しには少し慎重になりますね。

速さって言う面では、他のバイクに乗る機会があまり無いので比較出来ないけど、持て余す事もなく、不足もなく丁度いい感じです。まだ引き出しは開け放ってませんが^^

コーナーリングは自然にリーンするが、銀ゴキと同じ感じだと大回りして「おっとっと」となります!!
積極的に自分から乗りこなして行かないと思ったラインが取れないです。
でもピッタリはまった時は「on the レール」でビシっと決まりますよ~
バンク角は深いからどんなに倒しこんでもどこも擦りません。まあ擦る時はコケた時でしょうね^^

長い旅には信頼性と、疲れないエンジン特性や、ここと言うときに欲しいパワーなどのだんごが400ccに求めたものが全て揃ってます。

少し気になるところが2点!一つはシフトタッチ。GSR400は短いストロークで「カチカチ」と決まってたけど、グラは「カッチカッチ」て若干ストロークが長いです。もう少し短いストロークが好みかな。
もう一つは、インジェクションのせいか、低速でアクセルをパーシャルから開けた時、一瞬ラグが出ます。ガスが薄い感じなのか、ワンテンポ遅れて回転がついてくる感じです。でもこれはハイオクガソリンだとかなり改善されました。
インジェクションの調教が今一歩かな。

そんなところで減点して、★4つとしました。なんだか悪いところも目立って出しちゃったけど、それだけこのバイクには厳しい目線で評価しました。それに耐えうるだけのバイクであるはずです。

もう少し乗りこなしたら違う評価も出てくるかも知れません。その時はまた^^




天草ツーリングですが、途中先日の「上天草トレッキングフェスティバル」で見つけた滝を見てきました。
「お手水の滝」というナメ床の一枚岩です。
150215DSCF6979.jpg
落差50m以上はあると思うけど、さらさらと流れる水が綺麗でした!

目的地は、日本夕陽百選「小森海岸」です。
150215DSCF6994.jpg
旧牛深市の砂月海岸から更に西へ。熊本でも一番の最果てです。
150215DSCF6988.jpg

ここは「烏帽子抗」と言う、海に突き出た坑道の入口が見えるところで、廃墟好きにはたまらんポイントです^^
150215DSCF6983.jpg
干潮で、入口が海面高く突き出ている。
150215DSCF6987.jpg
人っ子ひとりいないとてもいいところだ。

夕陽の時に来てみたいね!

続く^^
立春は過ぎてもまだまだ寒いね><

先日グラディウスで初めてのツーリングに行って来ました。
その様子はこちらから↓

「だんグラ」初ツーリングin南阿蘇三社巡り

バイクにもやっと乗り慣れてきた感じです。暇なら覗いて下さい!

今日も、昼からブラっと行って来ました。
あてもない旅だと、大体ブラブラして何をやっているか解らなくなる事が多い。
だんごの場合は、無理矢理でも行先を決めてでるのだが、気象条件や気分の変化でたまに変更を余儀なくされる。
今日も人吉まで行って温泉でも入ろうかと思って出たが、あまりの寒さに心が折れました。
人吉目前の球磨村まで行って温泉はあきらめて、山越えして水俣に抜け帰ろうとしたんだけど、県道の峠間近でまさかの全面通行止め(泣

Uターンして元の道まで戻り、来た道を引き返した。これじゃなんだかつまらないよ・・・
道端に咲いた梅を見つけた事がせめてもの救いか。
150211DSCF6956.jpg

坂本村まで戻り、「八竜山展望台」の看板を見た。せめて高台から夕陽でも眺めようと山を駆け上る。
150211DSCF6960.jpg

眼下に広がる不知火海と夕陽が綺麗で、やっと来て良かったと思いました^^

この帰り道で鹿と3度遭遇しました!鹿の宝庫だね^^
国道3号線まで戻ると、少し雨が降ってきた。通り雨っぽいからコンビニで雨宿り。
150211DSCF6966.jpg

日が長くなったな。寒い日が続いても、確実に春は近づいているんだね。
春よ来い、早く来い!
初のグラディウスツーリングに行って来ました!
実はこのバイク、現状渡しだったんだけど前タイヤがカチカチのクソタイヤでした><
納車日、乗り出すと恐ろしく立が強くて、バンクさせるとフロントが急に切れ込みズルっとくる。

バイクが重くなって倒しこみにくい。V型エンジンは重いシリンダが二個もあるから重心が高い。
そんな事は承知のうちだが、それにしてもこのフロントの接地感のなさは何なのか・・・
これじゃ攻め込めないよ~。
思いっきりリア荷重で、両ステップに体重をかけまるでオフロードのように乗る。
常にリアタイヤの真上に重心のセンターを持ってきて、何時フロントがズルっときてもいいようにね^^;

これはこのバイクが持つ特性なのか、それともこのカチカチ山のタイヤのせいか、はたまた事故車・・・?
兎にも角にも前タイヤを換えない事には安心して走る事も出来ないし、正当な評価も下せない。

例の如く、通販で安いタイヤを見つけてきました^^
140208DSCF6888.jpg
DUNLOP GPR200F 120/70ZR-17

このタイヤは前モデルで、店頭在庫のみ9.000円ちょっとでした。ラジアルだけに以前より高くなったのだ><
しかも、自分で交換するにはチューブレスだけに少しハードルが高い。
ここは一番安く簡単に上がる方法で、ホイール持ち込みで「二輪館」にお任せしました!

タイヤ交換、古タイヤ処分、バルブ交換込みで、工賃2.051円です。少し英世が飛んでいくけど楽でしょう^^
140208DSCF6889.jpg

前輪を組み付けて、昼前から南阿蘇ツーリング。この様子は追ってHPにあげますので、見てハイヨ。

「100kmぐらいは馴らしで走って下さい」と言われ、その様に自制心と戦いながら阿蘇路を行く。
140208DSCF6920.jpg

今までとまったく別物だ。原因はクソタイヤのせいだったのか。
明らかにアベレージが違う。今までと同じようにワインディングを流している。ふとスピードメーターを見ると、常に10km/h以上は速度が上がっている。
その反面、狭い荒れた旧道のクネクネ道は融通が利かない。足回りが固いし、ボディ剛性があり過ぎる。適度なしなりや遊びが無いから過激にバイクが反応するのだ。

140208DSCF6949.jpg

200km弱のツーリングで、中盤以降はタイヤの馴らしも終え、ペースを上げて走ってみた。
面白いね^^
どこからでもフラットに加速し、電気モーターのように速度が上がる。
140208DSCF6950.jpg

タイヤもこれで十分だ。

もっともっと走りたいね!しかし寒い><早く暖かくなぁれー^^
1月最終日「上天草トレッキングフェスティバル」に参加してきました^^

カミさんと二人で、全6コース中の初日「九州オルレ天草・松島コース 約11km」が舞台です。
日頃登山で鍛えた身体、「軽く揉んでやるか」ぐらいの勢いです(^^

写真でご紹介!

松島総合センターアロマへ集合。店員は400名、沢山集まってました。
150131DSCF6859.jpg

バスでスタート地点へ移動し、30~40名程度のグループで出発!
150131DSCF6862.jpg

歩き始めてすぐ、山頂に乗っかった大岩が見えた!「あそこ通るのかな」なんて言ってましたが、通りませんでした><
150131DSCF6863.jpg

後で登る「千厳ノ森岳」を望みながら歩く。
150131DSCF6865.jpg

「オルレ」とは韓国・済州島から始まったもので、もともとは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味。
「カンセ」と呼ばれる済州島の馬をモチーフ にしたオブジェの頭方向へ進むのだそうだ。
150131DSCF6870.jpg

路地裏や、小道、海岸、時には登山の様相^^飽きないね!
150131DSCF6873.jpg

千厳山へ登り、島原方面の遠望。天気が良いけど、寒い><
150131DSCF6876.jpg

遅い昼食をとり、松島市街地へ降りて行く。
途中ストーンサークルのような岩場や、葭原もあって「歩かないと見れない風景だね」と感心^^
150131DSCF6882.jpg

スタートから約4時間。ゴールのアロマまで戻って来た。
150131DSCF6886.jpg

足がパンパンです><舗装道歩きが多く、足にはつらい・・・。
トレッキングとは言え、なめたらアカンです!

しかし、いい運動だったな^^温泉で足の痛みをほぐすべく、車に乗り込んだ。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。