Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一度SV400S、GSR400、グラディウス400の3車を、九州管内で探した。
SVは福岡に1台あり価格もそこそこ高い><
GSRとグラは熊本にも数台あった。しかしGSRは50万円下らない><
グラなら何とか無理すれば届きそうか・・・。

次は一番の難関、我が家の財務省の了承だ。
仕事で年末年始は帰りが毎日遅くなった。
年に1,2回火事のように混乱するだんごの職場だが、それが毎日続いている感じだ(泣
夜9時、10時と帰りが遅くなる。こんな忙しい時が交渉のチャンスだ!

疲れて帰って来て、カミさんが機嫌が良さそうなタイミングで、猫なで声でつぶやいた。
「結局安くて古いバイクを買ってもまたすぐ乗り換える事になるかも・・・」
「400なら欲しいバイクがあるんだけど、400買ってもいいかなぁ」

「買えばぁ」

意外とあっさり許可が下りた^^
この隙を逃すものか!カミさんの気が変わらないうちに大急ぎでラストスパート!!








結果「グラディウス400」を購入しました
150124DSCF6835.jpg

この後も紆余曲折ありましたが、都合3か月、バイク屋6店をまわってやっと納得いく条件が見つかりました!
このグラ、本当にお買い得でした^^下取りも希望金額が出て大満足です♪
150124DSCF6839.jpg

納車後軽く天草まで走りました。爽快ですよw
Vツインの鼓動がたまらない~
150124DSCF6842.jpg

数日過ぎて、本当に無理してでも買ってよかったと思ってます^^
今まで3世代前が常連だっただんご。現行車なんて久しぶりです♪
長い付き合いにして、大事に乗って行こう!

ここまで読んでくれた方、ありがとう御座います。
これからは新星「だんグラ」をよろしくお願いします^^
スポンサーサイト
もうそろそろ終わりますよ^^

バイク店に着くとさすがに商売熱心なのか店員さんがすっ飛んできた。
だんごのバイクを見るなり
「綺麗にしてますね、大事にされてるんでしょ」
と微笑んできた。
「えぇまあ、でも乗り換えを考えているんです」
するとすぐに食いついて
「どうぞどうぞご覧ください」^^

お目当てのバンテッドVを見た。
バンテッドはセパハン仕様とバーハン仕様があるが、これはセパハンだった。
だんご的にはマイナスポイントで、色もシルバーなので今と変わり映えしない><
それでも値段は魅力的なので、条件さえよければ買い換えようと銀ゴキの下取りと正式見積もりを依頼した。

店員さんは、ベンチテストにかけるから20~30分お待ちくださいと言う。
「どうぞ」とだんごはブラブラ周りのバイクを眺めて過ごした。

ガラス越しにはMYマシンがウォンウォン吹かされる姿が見えていた。
しばらく待つと「こちらへ」と商談室(?)へうながされた。

「どれぐらいをご希望ですか?」
苦々しい顔で店員は話した。
「他のバイク屋で8~10万って聞きましたので、それぐらい出れば・・・」
だんごも遠慮がちに答えた。

「ぶっちゃけ、下取りが出来ません」
「・・・」

全国展開しているこんな大きなバイク屋で、20~30分待たせ、ウォンウォン回した挙句下取り出来ないって・・・。。。
それってどう言う事?
こんな立派なバイク屋には、こんな旧車の不人気車なんて並べる事が出来ないって事ですか!
だったら最初から下取りは出来ないって言えばいいのに!!

店員さんは続けて言う、
「バイクは買い取り専門店に売却して、是非バンテッドを購入して下さい」
「早くしないと売れちゃいますよ~」
やたらと笑みを浮かべ購入を進められた。

完全にプッツンきましたよ(ムキー
「お金があったってお前のところでは買わないよ」
とは言わなかったけど、もうここに来ることは無いと思いながらバイク屋を後にした。

走りながら考えた。
結局安いバンテッドを買っても妥協の上での購入で、いずれまた買い換える事になるだろう。
その時またこんな思いをするんじゃないだろうか・・・><

本当に欲しいバイクは何だ?乗りたいバイクは何なんだ!
無理してでも買え!あの店員の小ばかにしたような微笑を思い出せ!!

SV400S、GSR400、グラディウス400が頭に思い浮かんでいた。
ここらでちょっとブレイク。

1月は比較的暖かくて、バイクや家族で色んなところに行ってます^^
ここで簡単にご紹介!

まずは11日。K4C寒中キャンプの翌朝、冷やかしに出かけました(キャンプには参加してません^^;)
この日は比較的冷え込まなかったようで、みんな元気にしていました。
一人ぐらいダウンしてたら面白かったのに^^
150111DSCF6757.jpg

片づけ中のみんなをよそに、軽く三角までツーリング。
150111DSCF6761.jpg
下取りを検討している銀ゴキ。あまり走行距離を延ばさないように早めに帰宅。

18日は家族で「大牟田動物園」へ。
初めての大牟田動物園ですが、こじんまりとして動物も少ないです><
遊具も古くて老朽化が目立つし、先日亡くなった象の後継が財政悪化で補充出来ないと言う・・・
150118DSCF6769.jpg

それでも自然の丘陵を利用した施設は、軽い登山気分でだんご的には楽しかったです^^
150118DSCF6782.jpg
Souは餌やりが大好き!

150118DSCF6790.jpg
目玉のホワイトタイガーや、レッサーパンダ、キリンもいました^^
是非ナマでみて下さい!

150118DSCF6801.jpg
子供が遊べる場所。頑張って存続させてほしい。また行っちゃいますよ~^^

25日は「阿蘇ミルク牧場」へ。
150125DSCF6851.jpg

基本ここは体験型の施設なので、まだ何も出来ないSouが遊べるところはあまり無いんだけど、小動物やもちろん牛や馬がいて、それなりに楽しめます。
何より広大な高原の風景だけでも爽快な気分になるよね^^
150125DSCF6853.jpg

Souはトラクター列車に乗って満足してました。

2月も暖かいといいな^^
ここまでさらっと書いてきたが、10月末ぐらいから探し出してもう2か月ほどが経過している。
内心少し探し疲れてきて、「もう何でもいいや」ってぐらいの心境だった。
もう一度近場で洗って見よう。行きつけのバイク店も欲しいしね!

熊本県のバイク店で、「SUZUKI」、「250cc」、金額は35万までで検索!
すると意外と自宅から一番近いバイク店にカタナ250や、バンデッド250の中古が数台ある事が解った。
週末に早速行ってみた。
無愛想な感じの店主さんだが、店内にはたくさんの旧車が所狭しと置かれていた。
結果的にはここが一番高い下取り金額を付けてくれたのだが、カタナ250ccが乗り出しで36万円。
銀ゴキの下取りが10万円で、追銭が25万円だった。
gsx250s_5.jpg

価格的にはグッっとくるものはあったが、カスタムされたカタナが少し気になった。
バックステップがまず要らないし、メガホン系の集合管も好みでは無い。
あれやこれや好みに仕上げると結局高い買い物になりそうだ。

その他にもバンデッド250、グース250もあったが、どれもカスタム車両ばかり。好みとちょっと違うんだな・・・。。。
悩んでいるうちに年末を迎え、そのまま年を越した。
ちょっと休戦中って感じで、改めてカタナ250とバンデッド250だったらどっちだろうと考えた。
セパハンは苦手なので、バンデッドに絞り検索範囲を九州中に広げ再検索。
バンデッドもGSX-R250系のエンジンだし、VC(※)の可変バルブタイミング付は面白そうだ。
※VCエンジンは、ロッカーアーム上の中低速用のローカムと高速用のハイカムとを、エンジン回転数に応じて油圧で切り替えるシステムを採用している。
1030012_00_1996_05.jpg

年明け早々、国内最大級のバイク店へ向かった。バンデッド250VCの中古が28万円。いままで検討したバイクで一番安い^^
下取りが10万そこそこなら追銭20万円ぐらいで手に入る。条件が良ければ即決してしまおうかと思いながら走った。
もうしばらくお付き合いを^^

RG250γ、RGV250γを早速検索してみる。
佐賀県と福岡県に各1台づつ中古車を見つけた。やっぱりスズ菌は少ないね><
ついでに本屋で、「RACERS」と言うGPマシンを紹介した本の「RGV-γ250」を買ってきた。
ganmaDSCF6812.jpg
全日本ロードレース250ccクラスでRGV250γ駆る沼田選手の活躍をリアルタイムで見てきた世代としては、一度は乗ってみたい気分がどんどん増してきた。

ネットでは口コミや、評価、ブログ、インプレなど色んな記事を読んでみた。
「レプリカ系は部品が無い」、「特に外装パーツは殆ど無い」
「燃費が悪い」、「振動が多い」、「コンディションの維持が難しい・・・」

確かに古い友人のガンマはよく壊れていた。カブり、片エン、振動で部品の落下・・・。。。
それに2ストの宿命と言うべき白煙が出る。前を走ったら、後ろの人は黒いオイルの斑点が付いてしまうのだ。これではツーリングの時は、一番最後尾確定だろう!
コンディション維持が難しいと言う事は、買った後も手が掛かると言う事だ。ネガな部分が強調され燃え上がった炎が少しづつ鎮火して行く。

結局見に行かないまま数日が過ぎた。
そんなある日、郊外の県道でスズ菌アンテナが受信!
「なんだあのバイク、かっこいい」
すれ違いだったが、「アクロス250」と言うこれまたレアなバイクと遭遇したのだ。
1030006_00_1993_10.jpg
見た瞬間「これだ」!と思った。モジションはツアラーでエンジンはGSX-R系のレプリカエンジン!
「羊の皮をかぶった狼」とはまさにこの事だ。オタク系の匂いもプンプンする^^
一筋の光明を見出した思いで、またパソへ向かう。
「ふむふむ」
福岡に1台と、熊本の八代に1台あるじゃないか!週末は八代行き決定!!

当日朝早めに家を出立。自宅から小一時間で、目的のバイク屋に到着した。
アクロスは店外に飾られており、銀ゴキを止めるとすぐ覗き込んだ。

ここでは雨ざらし野ざらしだったのだろうか?プラスチックパーツの劣化がひどい。
真っ赤なボディは白く焼けているし、樹脂パーツも油分を失ってボロボロと崩れるような程度だった。
「これで38万円か」??
程度的にはまったくもって問題外だ。しかも店内にいる店員さんは寒いのだろうか一度も外に現れない><
「なんだかな・・・」やる気あるのかよ!
こんなレアなバイクを見に来る人は稀だと思うけど、そのコアな国宝的人間にその扱いですか><;
でもこのバイクで売り込みかけられても困るかな^^;そそくさと店を後にした。

かなり暗礁に乗り上げた感じで、帰路はブルーな気分でアクセルを開けた。
福岡に見に行くべきか、それとも近場で他のバイクを探すべきか・・・。
また振り出しに戻った感で、頭を抱えながらパソへ向かった。
ツーリングがてら大牟田市を目指す。
大牟田は福岡県だが、熊本から下道でも1時間半程度で行ける。県境なのだ^^
目的のバイク店はすぐ見つかった。中ぐらいの規模の店で、路肩にバイクを止め店内へ。

すぐに店員さんが現れ「何かお探しですか」と話しかけてきた。
GSX-R400Rは目の前にあり、「見せて下さい」と告げると陳列された列から出してくれた。
年式相応だけど、割と綺麗な車両だ。跨ってみる。

やはりかなり前傾がきついし、バックステップも高い。これを毎日の通勤で使うのはやっぱり辛そうだ。
バイクを軽く前後に動かすとフロントブレーキが引きずっているのか
「コォー・・・」と音がした。

念のため銀ゴキを下取り出来るか尋ねると、正式な見積もりを作ってくれた。
下取りが8万円、車検諸費用込みで、乗り出しの追銭が45万円!
「んんん・・・」

この年式のバイクに45万か・・・。。。今どきの中華バイクなら250ccの新車が買えそう><
予算オーバーだ。「ちょっと検討させて下さい」と店を後にした。

帰宅して我が家の財務省に「バイクを買い換えたいんだけど・・・」と告げた(今頃かい)
「まさか400ccじゃなかろうね」!
何を感じたのかすでに読まれていたのだ><
ここで400ccSSの気分は急降下↓

やっぱり250ccか・・・。250ccでSSなら2ストでしょ!スズキならガンマでしょ!!
そこからRG250γ、RGV250γを視野にPCに向かうだんごだった。
rg250gammaww_198604.jpg
RG250γ

rgv250 _592QBWtTc
RGV250γ

2ストレプリカ、一度は乗っておきたいよね^^
前回の続きを^^

最初に候補に挙げたバイクはSV400S/SV400。
sv400s_5.jpg
SV400S

sv400_138_2.jpg
SV400

見た目の大きな違いはカウリングの有り無しだが、ハンドルやステップ位置、フロントブレーキがシングルとダブルと異なる。
SV400のほうがよりツーリング向けのポジションだが、カウリングは無い><

Vツインエンジンはトルクフルだし、燃費も良い。デザインは少しマニアックで、オタクに意外と人気があるバイクだ。好みはSV400で、後でビキニカウルを装着すればよい^^

30万円台で探してみたが、如何せんタマ数が少ない。九州では1、2台しかネットでも見つからないし、値段も40万切るものは見つからない。
コアなバイクだと供給パーツにも不安が出てくるよね・・・。

少し暗礁に乗り上げたころ、あるYOU-TUBEの動画を見た。
それは女性ライダーがカリカリのSS(スーパースポーツ)に乗っている動画だった。
女性でもあんな尖ったバイクに乗っているのか・・・
俺が楽なポジションで燃費が良くてなんて言ってる場合か・・・
男なら思いっきり尖ったバイクがいいんじゃないの・・・

左の脳は「無難なバイクにしろ」、「ツーリング向き」とつぶやく。
右の脳は「思いっきり尖ったやつにしろ」、「みんながびっくりするバイクにしろ」とささやいた。

一度現車を見ればいいじゃないか!!
SUZUKIのSSと言えば「GSX-R」。九州で一台の「GSX-R400R」の中古を大牟田市まで見に出かけた。
(しかしSUZUKIのタマ数は少ない)
1993_GSX-R400R_450.jpg

ワクワク^^
2014年夏は沢山バイクを走らせた。
走行距離は1600kmを超え、週末のたびに東へ西へと奔走したのだ。
思えばこの時に、銀ゴキの最後を噛みしめていたのかも知れない。

7年ぶりに復帰したバイク。その楽しさを思い出させてくれた。
しかし、慣れれば慣れるほど、走れば走るほど走りのキャパシティーは削られていった。
引き出しの隅々まで開けてしまった感じか・・・。もうこれ以上引き出せない・・・。。。
そんな思いがどんどん膨らんで、次のステージに踏み込まなければいけないと感じはじめていたのだ。

もともと自分が免許をとった時よりも古い年代のバイク。
その性能は現代のバイクに比べるべきでもないだろう。
かと言って、古さを懐かしむ懐古的趣味も持ち合わせていないし、「旧車」と持てはやされるほど人気車でも無い><

モアパワー!もっと速く!もっと遠くへ!
だんごはPCとにらめっこしながら、次の愛車候補を探し続けていた。

バイク選びに求めたコンセプトは、長く乗れる事(疲れない)、経済的である(燃費やランニングコストが安い)、そこそこ見た目も良い、信頼性が高いなどが挙げられた。

当然新しいものが信頼性やその後の維持が比較的楽だ。スズキの現行車なら、大好きなGSR400やグラディウス400、GSR250などが挙げられる。
gsr_pc1.jpg
GSR400

gl_pc.jpg
グラディウス400

特にGSR400やグラディウス400は、スズキファンライドフェスタで試乗して感銘を受けていた。しかし、価格的に手が出ないだろう。(中古車平均相場50万円ほど)

現行車は無理としても、絶版車の中で出来るだけ新しいものを探すところからバイク選びが始まった。
1月10日、今年初めての登山に行って来ました。
場所は九州百名山の一つ「小岱山」です。

○小岱山とは
 小岱山は、荒尾・玉名・南関の3市町にまたがり、高さこそないが大きな花こう岩の山で、古い時代から里人に親しまれた山です。玉名温泉も含めて、県立自然公園に指定され、各方面からよく登られています。一番高い筒ケ岳(501m)はその昔、有明海を支配した一族が、筒男三神(住吉明神)を山頂に祭ったのが由来といわれています。そのころは荒尾市の山麓まで、海が深く入り込んいたと考えられ、海の一族が活躍できる場があったと思われます。山頂には中世の頃13代、140年にわたってこの地方を治めた小代氏の城跡が残っており、国土地理院の一等三角点標石もあります。

熊本県庁のHPより抜粋

今回はだんごとカミさんとアルプで初めての小岱山へ挑みます!
150110DSCF6722.jpg

「蛇ヶ谷公園」へ車を止め、ひと登りで公園上の展望台へ。
150110DSCF6729.jpg
玉名市内の展望が開ける

「笹千里」の標識を見て、本格的な登山道を行く。
すぐ右手にお宮が!
150110DSCF6734.jpg
軽くお参りして整備された九州自然道を軽快に進む。

400~500mの低山なのに、自然林が美しい。
150110DSCF6735.jpg
こんなに竹が密集している!なぜここだけに?

落ち葉を踏みしめて歩く。アルプの「カシャカシャ」歩く音が忙しい(^^;
150110DSCF6737.jpg

軽いピークを登り越して鞍部へ。また軽く登り返すと分岐があり、右手に行くと今日1山目の「丸山」だ。
狭い山頂には沢山の人が弁当を広げていて、写真は遠慮しました。

縦走路に復帰してまた鞍部へ降りて行くと、、
150110DSCF6738.jpg
突然車が!
山と言うより駐車場!?ここまで車で来られるんだね^^

気を取り直して先を進む。
気持ちのよい縦走路が続く。でも少しづつ斜度もきつくなってくる。
150110DSCF6739.jpg

急な階段を避け、横のわき道を巻いて登ると・・・
今日2山目の「観音岳」だ。
150110DSCF6749.jpg

広い山頂で、趣には欠けるが座る場所は選び放題^^
荒尾・大牟田市内の展望が良い場所でランチタイムだ。
150110DSCF6743.jpg
アルプも抜かりなくおこぼれを待つ

ラーメンとおにぎりで腹を満たす。
ここから小一時間で主峰「筒ヶ岳」。今が13時で、筒ヶ岳往復と、帰りのルートを考えると帰り時間が遅くなりそうだ。
おばあちゃんに預けたSouが気になる・・・。
ここまで来て残念だが、ここで引き返す事に><

150110DSCF6751.jpg
こんな道ならずっと歩いていたい

アルプも久しぶりの運動で満足そうだ^^
150110DSCF6754.jpg

往復4時間。気持ちのいい山行でした。
次回は「筒ヶ岳」へ登るぞー!!
3日は、この冬初めての雪山に男旅です。
途中ディスカウントショップで「凧」を買い、一路阿蘇へ。

阿蘇赤水から登山道を登ります。両斜面には雪がチラホラあらわれ、標高を上げるたびに銀世界が広がりました。
米塚手前の公園で車を止め、Sou初体験の凧揚げをやってみました。

風が強く、何もしなくても凧がグングン揚がって行きます!
「ホホ~ッ」
Souも嬉しそうに笑いました。

「絶対離すなよ」
Souに凧を握らせると・・・
150103DSC_0629.jpg

案の定離してしまい、凧が大空に舞い上がりました><
あわてて追いかけるだんご。すると雪に足をとられて転ぶ!
するとSouがまた笑った^^
150103DSC_0631.jpg

凧を回収し、小一時間ほど遊ぶと冷えた身体を温めるべく、温泉へ直行!
山鹿の平山温泉まで脚を延ばしてヌルヌルの温泉ですっかり美肌になったのです^^

さてSou帰ろうか!
やっと今年のネタになりました^^

1/2にグランメッセ熊本の「トミカ博」に行きました!
クリスマスには苦い思い出だったトミカ!今度はいい思いさせてくれよ~
DSC_0621.jpg

何も知らないSouは現地に着いてやっと理解したみたいだ^^
いつもYOU-TUBEでトミカ博の動画見てるから予習は出来ているからね。

チケットを渡し中に入ると入場記念の限定トミカが配られた。
DSCF6709.jpg
TDMロックワンダーレッド!白と赤から赤を選びました^^

今回のイベントはトミカの車に特化した内容で、入口からトミカのディスプレイが続く。
DSCF6701.jpg
Souは早く貰ったトミカで遊びたいらしく、早くも箱から出して
「ブーン、ブーン」
と転がした^^

会場の中心にはこれまた大好きなプラレールの大きなディスプレイが置かれていた。
DSCF6696.jpg

「あ!ドクターイエロー」
「青いソニックだ」
「つばめ」
などと、覚えたての車両名を連呼する。

だんご的に一番テンションが上がったのはこれ
DSCF6698.jpg
スズキのマイティーボーイや、「俺舘、カルタス」(解る人は同年代^^)

古い警察車両や白バイなど!
DSCF6704.jpg
今あったら欲しいかも^^

イベントに参加出来るチケットを買って、まずは「トミカ釣り」へ。
DSCF6710.jpg
30秒だったかな?その間に何個トミカを釣り上げるかで、当日の最高記録18個を超えたら景品が貰えるそうだ。
超えなくても、釣り上げたトミカの中から1個だけ貰えるのだ!

Souは初めての釣りに奮闘し、6個ぐらい釣り上げた。その中から青いダンプカーを貰いました。

次に「トミカルーレット」!ここでは同じ色のマスにルーレットが止まれば限定のトミカを貰える。
Souは恥ずかしがって自分で回さないものだから、だんごが変わりに回すと見事ビンゴ!
金ぴかの日産リーフを頂きました^^

最後にフリーエリアでトミカとプラレールで遊ぶ。
DSCF6716.jpg

こんなにたくさんのレールがあるのは初めてで、色んなコースを作って楽しみました!
ある意味Souはここが一番楽しそうでした(^^;

最後に「トミカハイパーレスキュー」のミニカーを1個買って、満喫して帰りました。

これが新しく手に入ったトミカです!
DSCF6719.jpg
赤い移動販売車は前日に買ったものですが、、

とても楽しかったので、来年もあったら行ってみよう^^
昨年末の話をもう一つ。
12月28日、29日の一泊二日で大分旅行に行って来ました!
Souに「ハーモニーランド」のイルミネーションを見せてやろうと国東半島の付け根日出町まで160km4時間の旅です。
141228SANY0402_02.jpg

サンリオって女の子向きだから男の子はどうなのかと思ってたけど、Souはとても楽しんだ様子でした^^
帰ってきてからYOU-TUBEで「キティちゃん」ばっかり見てますからね(^^;

141228SANY0402_01.jpg

遊具はもちろん、初めて見るイルミネーションやコンサートも満喫しました!

その様子をHPにUPしました↓
家族旅行in大分 ハーモニーランド 14.12.28_29

チラッと「見てみっちゃん」(博多弁)^^
年末に書き残した記事を一つ。
仕事納めの最終日朝、コンビニで買い物してバイクにまたがり走り出す時だった。
「ガタッ」
と鈍い金属音がして、急に駆動力を失った。

何だ!今まで感じたことの無い感覚で、一瞬クラッチかギアの破損という最悪の状況を想像した。
そうそうF1で言えば、ピットインしたマシンがタイヤ交換を終え再スタートするときに急に駆動を失う・・・。
ドライブシャフトが折れたような感じかな(妄想

朝の幹線道路は通行量が多い。路肩に移動し、すぐ横を駆け抜ける車をよそに、恐る恐るリア周りを覗いた。

な・なんと単にチェーンが外れているだけじゃないか!
スプロケットにチェーンを掛け、リアタイヤをくるっと回すとあっけなく駆動は復活した^^
難を逃れいつも通り出勤は叶った。ヤレヤレ

しかし約2万キロを走破したアルミのスプロケット。かなり削れててそろそろ変え時だよね。
幸い予備のスプロケットを持っていたので、年も押し迫った休日交換を行う。
141230DSCF6645.jpg
凹部が削れ歯が尖っている。

交換したスプロケットはこれ。
141230DSCF6649.jpg
前回と同じ「XAM」クラッシックシリーズのプレミアム。色はゴールドから黄金色っぽい濃いゴールドへ変更。
ついでに45Tを44Tへと歯を一つ減らしてチェーンのコマ数との適正化と、ハイギヤによる燃費向上も狙うのだ^^

スプロケットを取り外し並べてみると、見た目も一回り小さい。
141230DSCF6651.jpg

歯の状態も見比べてみる。
141230DSCF6652.jpg
上が新品で、下が今までの物。余り減っている感が伝わらない><

滅多に触れないところを清掃しながら組み込んだ。
141230DSCF6654.jpg

チェーンの清掃とテンションも調整。本来チェーンも合わせて変えると良いんだろうけど、今のチェーンはヘビーユースの耐久性を重視した物なので、もう少し頑張って貰おう^^

141230DSCF6656.jpg

全て組み付けてこんな感じです。明るいゴールドから渋いチタン色になって、個人的には満足です。
とは言え、ノーマル47Tから44Tまで落としているから、トルク負けして高回転が回らないかもと不安は残ります><

最近はじっくりバイクに乗る時間が取れなくて・・・。。。そろそろ走りたい!!
明けましておめでとう御座います^^
風が強く寒い年明けで、朝は雪も舞ってました。
初詣に近くの神社に行くと、交通安全のお守りが値上がりしていました><ご時世ですね。
2015_DSCF6668.jpg

今年もとりあえずバイク中心で、登山、キャンプを散りばめて行きたいと思います。
このブログも9年目になるんですよ!早いなぁ^^本年度もよろしくお願いします!!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。