Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年の8月に交換したリアタイヤ。約7千キロを走破しツルツルだ。
ネットで注文していたリアタイヤが届いたので早速交換しょう!
140628DSCF5638.jpg

今回も前回と同じダンロップK300 110/90-18を選択。1本6490円と安いのだ^^
3度目のタイヤ交換なので手際よく作業が進んだ。いつもは苦労するホイールからタイヤを外す工程も、困った時のCRCで、殆どタイヤレバーを使わず脱着。
140628DSCF5640.jpg

コンプレッサーでエアを充填し作業完了!ついでにチェーンを清掃し、テンションを張った。
140628DSCF5641.jpg
ウン!いい感じだ(*^^*)

タイヤのミゾが増えたので、足つき性が悪くなったかな(^^;
140628DSCF5642.jpg
タイヤとボディにワックスをかける。試乗したいなぁ・・・。
140628DSCF5647.jpg

しかし少し仕事が><

庭の芝を刈って、雑草を抜く。ひとしきり終わるとカミさんとSouとランチに出かけた。




昼食後、少し自分の時間が出来た。バイクに跨り天草を目指した。

途中コンビニで一服していると三角線に電車が!
140628DSCF5649.jpg
「A列車で行こう」だ!乗りたいな^^

三角から天草一号橋を渡り、上天草市へ。野釜島の海水浴場へ向かう。
シーズン前の海岸は人が居ない。それでも海の家は開店準備か人が集まっていた。
140628DSCF5651.jpg
トンビが「ピー」っと上空を舞い、潮風が心地よい。
140628DSCF5654.jpg
バイクの写真ばっかり撮ってたら、海の写真が一枚も無かった><

さらに先へ進む。天草五橋を渡り、有明町の「赤崎」というところから山間部へ。「老嶽展望所」の看板を見て高度を上げていった。
新しいリアタイヤは尖っているせいかパタンパタンとよく寝る。グリップもイイネ!

140628DSCF5671.jpg

看板から約7km。老嶽神社から展望台へ右折。
山頂まで舗装され、バイクで乗りつける事が出来た。
140628DSCF5668.jpg
歩くこと数歩で、「老嶽」586mへ登頂(^^/
140628DSCF5662.jpg

展望台へ登る。展望は360度に渡り、絶景が広がるはずだが・・・
140628DSCF5664.jpg
曇ってて見えません><
140628DSCF5665.jpg
有明海が見えるかな?
140628DSCF5666.jpg
こちらは不知火海側。天草最高峰の倉岳がかろうじて見える。

朝からタイヤ交換、庭の手入れ、ランチ、買い物、帰って来てツーリング、そしてプチ登山・・・。。。
忙しい一日だったな^^;
140628DSCF5669.jpg

日も傾いてきたし、そろそろ帰ろうか。

走行距離160km
スポンサーサイト
20日金曜日は、阿蘇外輪山の東西南北4山登山に挑みました!
ハプニングがあり、東西南北の西を断念したのですが、、
その様子をHPにアップしました。

阿蘇外輪山4極⇒3極を行く
140620DSCF5600.jpg

夏前にもう1、2山行きたいなぁ^^

チクと見てみっとよかタイ!
雨の休日。前夜から降り続いていた雨がいったん止んでいた。
ところどころ路面も乾いてきて、これはバイクに乗れるかもと支度をした。

どこに行こうかと決められないまま出立。自宅そばのスタンドで給油していると、
早くも雨がポツリポツリと・・・まあ降水確率90%だから振るよね^^;

新調したレインウエアを着込み阿蘇方面へ向かった。
ミルクロードを駆け上がる。タイトコーナーではケツがズリズリ滑り、右手トラクションコントロールと
バイクを立ててからアクセルを開けるよう注意しての走行だ。

一台もバイクとすれ違わない。大観峰は一人ぐらいもの好きがいるかも!
140621DSCF5627.jpg

しかし、いつもはたくさんのバイクが群がる駐車場は一台もバイクが止まっていない><
土曜日の昼でバイクが一台も居ないなんて・・・。。。

30分ほどここにいたが、ついに一台も現れない(残念
しかし雨が小降りになり、阿蘇の町が雲の切れ間から!
140621DSCF5630.jpg

ここで引き返そうかとも考えていたが、もう少し進む事にした。
小国町へ向かい、あえて普段使わない県道を上津江村まで抜けた。
140621DSCF5633.jpg

鯛王金山跡の道の駅で一服。100km以上を走破しても一台のライダーともすれ違わないなんて初めてかも!
140621DSCF5634.jpg

しかしこのタイヤ、真ん中は完全にミゾが無くなり、これが最後のツーリングだろうね^^;

今日一番の本降りになる頃、熊本県への県境へ向かう。
菊鹿方面の峠へ右折。うっそうとした峠道は昼でも夜のように暗い。
峠を越え、長い下りをリア加重で慎重に下る。

しかしこの旅は何が核になるのだろう。目的が見つからないまま走り続けていた。
いや目的はいらない。この過酷な状況で走ること自体がメインなのだ。

途中、スーパー林道へ迂回し、鹿北町へトラバース。さらに道は過酷になり、
川のような道、落ち葉、枝、石、土砂崩れと容赦ない><
もちろん対向車の一台もこない。それでもなんとなくニヤけながら走っていた^^

国道3号線へ合流し南下。山鹿手前まで来たところで平山温泉へ向かった。
手足先が冷え切っていた。少し温まって帰ろう。
140621DSCF5635.jpg

お湯につかるとジワっと暖かさがしみてきた。温まったところで露天風呂へ向かう。
よしずで日よけされた屋根から容赦なく雨が落ちてくる。雨の日は濡れるから屋根がいるよね・・・
でも、そもそも風呂は濡れるもんだし、濡れネズミのライダーにはどこで濡れようとも同じものだ。
そう思い直すと「フッ」と笑った。

走行距離220km
15日は、「スズキファンライドフェスタ」へオートポリスに行って来ました。
この日は子守当番(^^)の日で、Souと二人でアトレーに乗り込んだのです。
Souは前日の釣りではしゃぎ過ぎたのか、少し体調不良><鼻水を垂らして、少し熱もあるのだろう。大丈夫かな?

朝8時半に出発!少し早すぎる時間なので熊本駅で電車を見て行こう!
駅そばの空き地に車を止め、走り去る電車や新幹線を眺める。
電車が通るたびにSouは「電車、電車」と大喜び!

9時20分、再出発!熊本市内の繁華街を抜ける。路面電車が走り、Souは「おぉー、電車だー」とまた喜ぶ^^
3号線から飛田バイパスへ抜けた。菊地市へ向かう国道387号線は、「御代志」まで菊地電鉄が通る。
運よく電車と並走し、「あぁぁ電車ーっ」とまたSouが叫んだ^^

その後Souは寝てしまい、静かに菊池市内を抜け山間部へ入っていった。
狭い県道を川沿いに遡り、オートポリスの正面ゲートに到着だ。

敷地内に入ると、フォーミュラーカーが疾走する爆音が響いてきた。
メインスタンド横に寄り道してホームストレートを見下ろした。
観客席の屋根に音が反響して迫力が倍増する!
さすがにSouも目を覚まし、「車ーっ」と叫んだ^^

その後コースはバイクの走行時間に変わり甲高い咆哮がスタンドに轟く。Souは目を白黒させ呆然とコースを見ていた。
ひとしきり楽しむと、スズキファンライドフェスタが行われる、レークサイドコースへ移動した。

思った以上の車とバイクの列に驚いた!県外ナンバーが多く、女性ライダーもかなりいるようだ。
140615DSCF5559.jpg

だんごは、一応ウエアとメットを持ってきていたが、Souが片時も離れる事を許すはずが無く、今回の試乗はあきらめモードです(泣

ここでおにっちと合流して会場へ向かう。昨年とは大違いで人が溢れ、午前の受付は終了との事だった。
140615DSCF5566.jpg

しばしコース脇で試乗車を見学。ツナギを着た先導車両ライダーがかなりのペースで走っていて迫力がある。

先頭はハヤブサで、次にGSX1000R、GSR750、バンテッド1250などが続く。もう一組は新発売のVストローム1000、Vストローム650、GSR400、グラディウス、GSR250などが走っていた。

せっかく来たおにっちは、午後の部でなんとかハヤブサに乗り込んだ。だんごとSouはパドック屋上から眺める。
あ~乗りたいなぁ・・・。

駐車場には多くのバイクが止まっていた。スズキのイベントのせいかスズキ車が多い^^
だんごが好きなスズキ車があったので数枚パチリ!

140615DSCF5558.jpg
GSX750S-Ⅲ不人気の二代目カタナも、今見ると味があるね^^

140615DSCF5564.jpg
こちらは人気のあるカタナ!250、400、1100の揃いぶみ。

140615DSCF5577.jpg
最近気になるSV1000!でも現車を見ると・・・少し微妙><;

ここでおにっちとは別れ、帰路につく。帰りはミルクロードへ回った。
ミステリーロードの十字路ではちょうど回覧ヘリが離陸していた。車を止めその様子を眺める。
Souは「ヘリコプター、ヘリコプター」と大興奮!

調子に乗っただんごは、そのまま「阿蘇くまもと空港」へ向かった。滑走路横の広場で飛行機を見ていくのだ。
ちょうど立て続けに飛行機が4機離陸し、またもやSouは大興奮!!

電車に新幹線、市電に電鉄。フォーミュラーカーにバイク、ヘリ、飛行機・・・熊本で見ることが出来る乗り物のほとんどを今日一日で見てきたのだ。
興奮し過ぎたSouは、今日の夜泣きがひどいだろうね(^^;
14日土曜日、午後から小アジ釣りに行って来ました。
目指すは樋合新港!天草2号橋を渡ってすぐ右折し、5分ほど走った港だ。

140614DSC_0350.jpg

干潮期だったがそこそこの釣り人で港は賑わっていた。
だんご一家プラス嫁母の4人で陣取り、早速竿を出す。いきなり当りが来て、ほぼ入れ食い状態^^

初釣りのSouは、「お魚、お魚」と大声ではしゃぐ。塀の無い広い空間のはずだが、Souの叫び声がこだまで帰ってくる(^^;
140614DSC_0348.jpg
うるさくてすいませーん!

小一時間ほど入れ食いが続いただろうか。アジにサバ、イワシも混じる。小さいものやイワシはリリースしながらクーラーBOXが満たされていった。
140614DSC_0349.jpg
アジは7~8cmほどです。

その後ぱったり食いが止まり、魚影も見えない。周りでもボチボチ人が帰りだして、われらもオキアミが尽きると共に竿を納めた。

その夜南蛮漬けになったアジやサバは、カミさんのビールのつまみになったのだ^^
140614DSC_0352.jpg

たまには釣りもイイね^^
我が家の男児Souは魔の2歳児真っ盛り!
怖いもの無しのやりたい放題。へたに身体が動くだけに何を仕出かすか解らない><

とりあえずおもちゃは殆ど破壊される。100均のおもちゃなんて10分後には壊れている。
比較的頑丈なダイキャストのトミカのミニカーなんかも、ドアがバカになったり、
タイヤがシャコタンになったりする(泣
140611DSCF5552.jpg

プルバック式のおもちゃは後ろに引きすぎるのでぜんまいがバカになり、
プラレールは連結部を無理やり引っ張るので引きちぎれてしまう。

だんごが大事にしているミニカーやチョロQだけは触らせまいと、目の届かないところにしまっている。
でもこれらはおもちゃだからまだいいほうだ。

テレビにミニカーを投げつける、パソコンにジュースをこぼす、本をやぶる・・・etc

とにかく寛容なだんごでも時には堤防が決壊する事がある。
きつく叱ると泣きわめいてすがってくる。

自分の子供の時はどうだったのだろうか・・・?
きつく叱ったほうがいいのか?それぐらいと笑い飛ばしたほうがよいのか?
とにかく男児を育てると言うことは大変だ!

それでも楽しそうに遊んでいると時の笑顔は何物にも変え難い。
良い事と悪い事は裏返し。
楽しみが大きければ辛さも大きい。

子供の頃、自分の親はなんてすごいんだろうと思っていなかっただろうか!
何でも出来るし、何でも知っている。

でも成長に従い、自分の親の限界が見えたとき少し寂しさも覚えた。
だんごはSouにとって何時まですごい人と思ってもらえるのだろうか?
仕事一筋頑張ったほうがいいのか、それともじっくりと子供に付き合いライフラインを充実させるべきか・・・。

だんごの父は両者にも属さなかった。自分の趣味だけで生きている人なのだ。
盆栽、ラン(蘭)、鳥の飼育(観賞用)、養蜂、椎茸栽培・・・。趣味だけどどれもプロ並みだ。
だんごはどれも興味が沸かなかった。唯一山好きと言うところだけが一致しているのかな。

理想の親父とは・・・。。。
Souの小さな背中を見ながら、そんな事を考えていた。
お昼前から自分の時間が取れたので、ブラっと出立。
どこへ行こうかと明確な目的はなかったが、北に向け走っているうちに行けたら筑後吉井までと気持ちが固まってきた。
白壁・土壁が並ぶ風情ある町並みに、古い銀ゴキを絡めた写真を撮ろうと思った。

上熊本から植木町へ。混み合う3号線を避けて県道を行く。時より日差しが差す程度で晴天とは言えないが、メッシュの夏用ライディングウエアでも暑い><

山鹿手前で3号線に乗り、菊池川を渡ったコンビニで最初の休憩。駐車場でタバコを吹かすと暑くて汗が吹き出てくる。
鹿北まで行き、福岡県矢部村方面へ県道を右折した。
少しづつ高度が上がり涼しくなってきた。車も少なく快走が続く。
140608DSC_0330a.jpg

矢部村から星野村へ行く。石積みの棚田が増え、風も涼しい。
走るごとに気分が乗ってきて、これなら目的地まで行けそうだ。

星野村から耳納山系を駆け上がる。
140608DSC_0335a.jpg

眼下に村が広がり目をキョロキョロさせながら風景を楽しむ。
最近キャブのメインジェットを一段濃くして、銀ゴキの調子も良い^^
140608DSC_0332a.jpg

天まで届くかと言うほどの棚田が見える。重機など無かった時代にここまで棚田を積み上げるとは・・・。
先人の偉業には頭が下がるね!
140608DSC_0338a.jpg

耳納峠に着いた。ここを下れば筑後平野が広がっている。
140608DSC_0339a.jpg

九十九折の峠を一気に駆け下りて、筑後吉井を目指す。
昼下がりの国道には車が溢れていて、早くも峠道が恋しくなる><

熊本から3時間。約120kmで筑後吉井の風情ある町並みが見えてきた。
140608DSC_0341a.jpg

ここに来て解った事は、白壁・土壁の町並みは一番混み合う国道沿いにあると言うことだった。
のんびり写真など撮っていられない><
140608DSC_0342a.jpg

車が途切れた一瞬の隙にシャッターを押す。
140608DSC_0344a.jpg

観光客も多く、アングルも考えている暇も無く撮影終了!
せっかくなので、吉井駅へ。
140608DSC_0345a.jpg

ここは閑散としてました・・・><

久留米市へ向かい、道の駅で一服。その後はノンストップで約100km、自宅まで走った。
6時間、走行距離240km。自宅にバイクを止めヘルメットを脱ぐと17時のチャイムが鳴っていた。

弾丸だったな(^^;
5月31日から6月1日に北九州でキャンプしてきました!
今年2度目^^
140601DSCF5462.jpg

NPO九州救助犬協会の熊本県代表としてアルプとカミさんは、北九州苅田で行われる防災訓練へ出動した。
だんごとSouは便乗し、前日より赤村の「源じいの森」でキャンプ!

訓練当日、だんごとSouは「九州鉄道記念館」と、「九州本土最北端」を2大制覇し(大げさな
使命を終えたアルプとカミさんと合流して、「平尾台自然の郷」でフィールドを楽しんだのだった。

その様子をHPにUPしました↓
北九州でキャンプ&観光の旅 九州鉄道記念館
140601DSCF5488.jpg

ぜひ是非見てみんしゃい!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。