Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 子供の好奇心とは大人のそれと比べ物にならないらしい。最近片言がしゃべれるようになったSouは
「あれなに」、「これなに」
と、色んなものを指さしては正体を知ろうとする。

 冬でも雪がほとんど降らない熊本市の平野部で雪を見ることは稀だが、この時期テレビなど映像で雪を見る機会が多くなる。
Souはいつものように雪を指さしては「これなに」と聞いてくる。「雪だよ」と言ってもまた聞いてくる。
雪を見た事の無いSouにとっては、雪そのものが意味不明で実感が湧かないのかも知れない。

 実際は昨年の冬に地蔵峠で雪を見ているはずだが、もう記憶に無いのかな・・・?

 「それなら雪を見に行こうじゃないか」と言う事で阿蘇までひとっ走り行って来ました。

 こんな寒い時期でも放牧された牛や馬が居て、わずかな草を食んでいる。今年は午年だ!あやかろう^^
140130DSCF3486.jpg

 ここ最近の暖かさで路面に雪は残っていなかったが、それでも路肩や吹き溜まりには雪が残っていた。
草千里まで上ると、池(?)は完全に凍結し、天然スケートを楽しむ人も見えた。
140130DSCF3491.jpg

 火口駐車場手前の観覧ヘリコプター乗り場まで行った。ここにも小さな池があり凍結している。
Souを連れそこまで行ってみた。ちょうど雪がちらほら降り出して、
「ほら雪だよ」
Souは初めてそれを知ったように「雪、雪」と叫んだ。
140130DSCF3494.jpg

 凍結した池や、吹き溜まりの雪、木々に下がるつららでひとしきり遊ぶ。手が悴んで顔も冷たい。
牧草地帯を右往左往して楽しんでいるSouをよく見てみると、ほっぺは真っ赤で鼻水が両方の鼻からだらだら垂れ、下の歯もガタガタ震えている。
寒すぎるのだ><Souに帰るよと促しても「いや、嫌」と逃げ回った。こんな状況でも子供の好奇心は止められないのだ。

 最後は泣きわめくSouを連れ去るように抱え、車に乗り込んだ。やれやれ^^;

 火口駐車場まで行くと現行エスクードのパトカー仕様があり思わずパシリ!
140130DSCF3498.jpg
だんご的には一番テンションが上がった瞬間だったかも^^
140130DSCF3503.jpg

 短い男旅を終え南登山道を白水村まで下る。車内が暖まるとSouの寝息が聞こえてきた。

 それ以来Souはテレビで雪の画像を見ると、「ゆき、雪」と叫んでいる。

 こうして一つ一つ記憶に刻まれていくのだろうね^^
スポンサーサイト
 午後から降水確率80%!こんな日にツーリングに行く物好きはだんごぐらいだろうね^^
天気が崩れる前に帰宅しようと、目標15時着で佐賀まで弾丸ツーリングに行きました!

 朝は暖かく時より日差しも差し込んだ。冬にしては良いツーリング日和で軽快に熊本西部の海岸線を北上する。
140125DSC_0145.jpg

 荒尾で一服し、最近さらに延びた有明湾岸有料道路の無料区間を三池ICから柳川手前の徳益ICまでエスケープ。都市を迂回する専用道路はありがたいね^^

 柳川、大川市をやり過ごし一気に佐賀市内へ。目的地は佐賀城跡。天守閣は無いが復元された本丸御殿の展示品を見に行くのだ。
140125DSC_0151.jpg

 佐賀城は掘りに囲まれた平城で、当時の物としては「鯱の門」がある。
140125DSC_0150.jpg

 なかなか風格ある作りだ。本丸御殿は再現されたものだけあって真新しい。
140125DSC_0153.jpg

 本丸御殿の中は資料館で寸志での回覧が出来る。覗いてみよう!
140125DSC_0157.jpg

 展示品は少なかったが、佐賀鍋島公へ送った「豊臣秀吉」の朱印状や「徳川家康」の御内書など貴重なものも飾られている。
近代では、明治初期の「佐賀の乱」を巻き起こした「江藤新平」へ送った太政官(だじょうかん)の任命書などもあった。
140125DSC_0158.jpg

 佐賀城を出るともうすでに雲行きが怪しい。時間は12時少し前だ。昼食をとって帰ろう。

 近くの食事処を検索すると、グラビアアイドル(?)の「優木まおみ」の実家が中華料理店を営んでて、近くにある事が解った!面白そうなので行ってみよう^^

 ナビでセットして5分もたたずに到着した。
140125DSC_0163.jpg

 「光楽園」と言う店で、表に優木まおみのポスターがありすぐ発見出来たのだ!
140125DSC_0165.jpg

 なんでも一番人気は皿うどんらしいが、食べ盛りのだんごは皿うどんだけでは物足りない。他に何かないかと物色すると・・・
140125DSC_0164.jpg

「まおみランチ」!まおみの好きな酢豚と揚げぎょうざ、スープ、ライスの優木まおみファン限定メニューだと!!
これには心引かれたがまおみファンでもないだんごがおこがましく注文出来るものでもない><

 ここは無難に皿うどん定食780円を注文し、店内を見渡した。
1401251390618344673.jpg

 至るところにまおみの写真やグッズが飾られ、赤面しそうになるところをぐっとこらえてつくづく「一人で来るもんじゃなかったなぁ」・・・と後悔。しかもお客はだんご一人ときたもんだ(泣

 そのうちまおみのお母さんらしい人が料理を運んできた。
1401251390618761681.jpg

 味はなかなか美味しかった!しかし揚げしゅうまい一個が物悲しい(^^;

 食べている最中に電話が鳴った。父親らしい人が電話を取った。
「はい光楽園です」
その瞬間母親らしき人が
「だれ”まおみ”?」
と横から呼ぶのが聞こえた。

 確かにここはまおみの実家なのだ!リアリティ有りすぎだよ^^

 その電話がまおみだったのかは解らないが、そのやりとりに何も関係ないだんごは一人アタフタしたのだ(^^;

 何か何処に入ったか解らない感じで店を出た。12時15分。すでにポツポツきている。
思ったより早く来たな~(泣

 レインウエアを着込み、来た道を引き返す。冬の雨が容赦なく身体をたたきじんわり内部に浸透してきていた。
140125DSC_0169.jpg

 冷え込みは厳しくないが、靴の中にまで水が溜まるほど濡れながら走った。
140125DSC_0168.jpg

 あーぁ!新品のマフラーも悲惨な状況に><

 15時丁度自宅に無事到着した。手先・足先がジンジン冷えた濡れ鼠の帰宅だ。まあそれも乙なもんだね^^
 
 今年初のソロツーリング、「有明海回遊ツーリング」をHPにアップしました。
140120DSCF3458.jpg


有明海回遊ツーリング

良かったら、ちらっと見て下さい^^

噂ではこのせいで風邪をひいたと言う(汗
あの箱の正体!

 箱自体かなりの大きさだったが、重量は殆ど感じられない。
試しに内容物の重さを量ってみると・・・
140117DSCF3350.jpg
「3.2」kg軽い!

 どう考えても箱はこの半分でよさそうだ。捨てるのも大変なんだよね><

 次に純正のサイレンサー、エキパイを外す。何度も外しているので手馴れたものだ。
140117DSCF3353.jpg

 純正マフラーの重さを量ってみよう!
140117DSCF3354.jpg
サイレンサー2本ですでに「6.0」kg

140117DSCF3355.jpg
エキパイ・連結部が「5.2」kgで合計なんと11.2kg!!

 マフラーだけの交換で-8kgの軽量化だ^^

 以前買って置いた新品のガスケットを使い、新しいマフラーを組み付ける。
シリンダ側はすんなりハマったが、テールエンドのブラケットの位置が若干ズレている。
140117DSCF3359.jpg

 手曲げ管は、冷えると収縮するという注意書きがあったが、これがそうか!?
最後は力技で何とかフィニッシュ!!
140117DSCF3357.jpg

 恐る恐るエンジンを始動してみると・・・!
「ボ・ボロロロ~ン」
と元気良く目覚めた!ガス漏れも無いようだ。やったね!

その音はYOU-TUBEにアップしたので、良かったら見てください^^


 この日はあまりの寒さにここまでで終わりました。
 年末年始にかけ程よく突っ走ってきただんごでしたが、ここに来て大ブレーキ!!
なんとA型インフルエンザに感染し家庭内隔離状態です><

 13日の夜からちょっと怪しいなぁと言う雰囲気で、翌朝はもう39度の高熱に(><+
全身が気だるいが鞭打って病院へ行くと、検査後10分で「はい、A型インフルエンザ陽性です」
「・・・」

 Souやカミさんはインフルエンザの予防接種を受けているものの、万が一にもうつっては大変。
だんごは2階の住人となり、今日久しぶりに1階に降りてきてPCを覗いた訳だ。

 これでも大分良くなったほうで、昨日まではテレビやPCを見ることも出来なかったので。


 前回から引っ張っている箱の中身だけとりあえず紹介します!
201401011DSCF3364.jpg

 M-TEC中京のシュート管です^^

 詳しいインプレはもう少し体調が良くなったらUPします!!
 1月5日は鹿児島県の出水市へ「つる」を見に行った。
家族で犬の散歩をしていると田んぼにカラスやスズメ、サギなどの鳥が沢山いてSou喜ぶ。沢山のつるを見せるとどんな反応を見せるのだろうか^^

 だんごの自宅から出水市のつる渡来地まで110km。下道をゆっくり走って昼頃到着した。道中晴れていたのだが、丁度つるの渡来地付近には怪しげな黒い雲が><

 案の定駐車場に車を止めるころポツポツときだした(泣
140105DSC_0098.jpg

 昨年ツーリングで来たときは、つるよりカラスのほうが多かったように見えたけど今回はどこもかしこもつるだらけ!
約2万羽のつるが観測されているらしい。
140105DSC_0102.jpg

 出水地方に渡来するツルは、ナベヅル・マナヅル・クロヅルがほとんどで、時にはカナダヅル・ソデグロヅル・アネハヅルなどもいるとの事。残念なのは仕切りの先につるがいて遠めにしか見る事が出来ないとこだね・・・。
しかも肝心のデジカメを忘れてるじゃないか!!仕方なく携帯で撮るしかない><;

 それでもSouは目を白黒して「つるさん、つるさん」と大喜び!これだけの沢山の鳥は見れないからね^^

 満喫したところで阿久根市まで足を伸ばし「AZ」で買い物をした。Souは疲れたのか一度も起きる事無く買い物中寝て過ごした(^^;

 出水市まで戻り山越えして水俣市の湯の鶴温泉へ向かう。ここは昔傷ついたつるがお湯に足を浸しキズを癒したと言う”つる繋がり”の温泉なのだ。実はだんごも初めてで、家族湯のある「喜久屋旅館」を探した。
 時間は18時半ぐらいだったけど温泉街にしては真っ暗でどこに温泉街があるのか右往左往><
140105DSC_0119.jpg

 やっと喜久屋旅館を見つけて風格のある屋敷に足を踏み入れた。
家族湯は3つしかなくて空いているか心配だったが、2つ空いていた^^料金はなんと受付前の箱に入れるだけだ^^;
140105DSC_0114.jpg
ピンボケだけど左下の箱です

 空いている2つの風呂は、1つがひのき風呂、もう一つが露天岩風呂だった。どちらでも良かったがSouは外が好きだから露天岩風呂を選択した。
140105DSC_0116.jpg

 着替えるところはもともと宿泊部屋だったのかかなり広いスペースだったが、、いかんせん電気が暗い!うっそうとしているのだ。まあ着替えるだけだからと風呂に向かうと風呂も薄暗い。なんか不気味なところだった。夜って事もあったけど、家族連れならひのき風呂か、先客の1つは新しい作りだったようで、そちらを選べば良かったと後悔・・・。

 極めつけは全身鏡が置いてあるんだけど何故か裏向き(鏡が無い側)に置いてあった。向きを変えようかと思ったが、その瞬間なにか写り込むのではないかと怖くて触れなかった><;よって部屋の写真も無い!!

 まあお湯は良かったから、今度は明るい時に行ってみたい^^

 年末年始は天気も良く暖かい日が多かった。9日間一度もバイクに乗れなかったのは残念だったが、概ね満足だったのだ(^^/


 長いようで短い9連休が過ぎ、いつもの生活が始まった。

 リズムに乗るまで辛い連休明けだったが、さっそくわくわくするものが届いた!これ何でしょう?
140110DSCF3346.jpg

 下の箱はこれです↓
140110DSCF3347.jpg

 バイク用品(ケミカル類・工具)が増えすぎてガレージに物置を置き、そこに収納しました。
問題は上の箱ですw

 つづく
 いやいや連休に入ったとたん2日も遊び呆けて仕事が山積みだ><

年賀状を書いて、大掃除、庭の木を剪定したり、車の洗車、Souの病院にも通う(汗
カミさんが仕事なものだから遊びたがるSouをなだめつつ大忙し!

 何とか無事年越しを迎えました^^

 前に書いたとおり、元日は北九州まで初詣。だんごが行った綱敷天満宮はとてもロケーションが良いところだ。

 目の前には砂浜と豊後灘の海原が広がる。鳥居は海に向かって立ち、その昔「左遷された菅原道真公が大宰府に赴任する途中、嵐に遭遇し、この浜にたどり着いたとされている。 この時、漁船の網の綱を敷いて休んでいただいた。道真公はここでしばらく休養され筑紫に向かわれた。」という故事により東の大宰府天満宮と言われる学問のご利益もあるそうだ。

 初詣に並ぶ列で、少し前に会社の部長が言った事を思い出していた。それはだんごの友人がこの度めでたくゴールインする事になり、その「はなむけ」に贈られた言葉だった。

「奥さん(女性)を大切にしなければいけない」、「何故だか解るか」?
「それは人は皆女性から生まれるからだ」。「それを傷つけたり馬鹿にしたりする事は自分を傷つけるのと同じだ」と部長が言う。

 具体的に言うと、、

「神社には鳥居があるだろう。それは女性の足(股)だ。その先には何がある」、「参道(産道)だ」。
「その先にはお宮(子宮)があり、その先には神(自分)がいるのだ」。。。

 とてもありがたい事だとフンフンと聞いていたのだ^^

 だんごは子供の頃良く神社で遊んだ。掃き清められ、凛として厳粛な空間が何となく好きだったのだ。特に天満宮には真っ赤な鳥居が連続で並んでいるところがあり、そこをくぐるのが面白かった。
140101DSC_0075.jpg

 さっきの部長の話で鳥居が足(股)だとすると、この鳥居の連続はどう表現したら良いのだろうかと一人ほくそ笑んでだりした^^

 ありがたやー。とにもかくにもモノトーンの神社の空間にこの鮮やかな赤は眩しすぎる。ちなみにスズキGS650Gの足回りやシートの赤は世界的なデザイナー「ハンス・ムート」が日本の神社の赤を表現したものらしい。
gs650g.jpg
よくみると赤というより朱色に見える。

 余談でしたが、そんな感じでめでたく年は明けました^^

 2、3、4日もカミさんは仕事で、だんごはSouと二人で遊んだ。公園に行ったり、おもちゃで遊んだり、温泉に行ったり・・・。一時も目を離せないし、ずっとベッタリである。

 温泉の帰りの車でSouが眠り始めた。急に静寂が訪れ、ヤレヤレといった感で車を止めた。
140103DSC_0085.jpg

 そこは高原のロードで遠く展望が利いた。今年もウチの主役はSouだね^^

 頬を撫でる風は冷たかったが、この子を守らなければいけない自分に寒風はさほど気になるものではなかった。
 今年の正月休みは、昨年12月28日から1月5日までの9連休!
久しぶりの長期連休を楽しみました^^

 まず初日28日はここでも紹介した観海アルプス登山に行きました。これはHPで紹介していますので割愛します。

 翌29日は家族で佐賀県唐津市の呼子に「イカ」を食べに行ってきました。
呼子にはイカを食べさせる店が何店もあり迷いましたが、今回は「いか本家」へ。
131228DSC_0047.jpg

 この日は「ヤリイカ」の入荷がなく「ミズイカ」でしたが、これはこれで美味!!新鮮なイカは身がコリコリでなんぼでも食べられます^^
131228DSC_0049.jpg

 ゲソはもちろん天ぷらで^^
131228DSC_0054.jpg

 熱々で美味しかったですw
 満足しただんごは、Souと仲良くツーショット^^
131228DSCF3322.jpg

 また次はヤリイカを食べに行きたい。

 最大の目的は果たしたが、せっかくなので東松浦半島の最北端に位置する「波戸岬」へ寄り道する事に。そこは玄界灘が広がり、特に夕日が沈む海の様子は格別だそうだ。夕日には少し早いが行ってみよう!!

 岬に近づくに連れ風が強い。車が振られながら岬入り口の駐車場へ。車を降りると立っていられないほどの風圧が襲う。
 フードを被り、身体を寄せ合って(風避けに^^)岬まで歩いた。
131228DSCF3325.jpg

 アルプは寒さも意に関せず枯れたススキ野が気になる様子・・・。綱を離すと一目散に駆け出した!
131228DSCF3329.jpg

 アルプをみんなで追う。Souはアルプの姿が面白いのかゲラゲラ笑い出した。走る、逃げる、追う、笑う・・・
ハアハア言いながらも面白い^^ススキ野を縦横無人に走り回り笑い転げた♪

 すっかり身体が暖まり、「何だか解らないけど面白かったね」と満足。傍から見たらバカな家族かな(^^;

131228DSCF3339.jpg

 駐車場まで引き返すと雲の隙間からサーチライトのように太陽が輝いた。旅はいいなぁ。
夕日は名残惜しいが帰路は長い。ボチボチ帰ろうか。

 そんな連休2日目でした。
 昭和生まれのだんご。年末と言えばレコ大や紅白など音楽番組を多く見てきた世代だ。
このブログではあまり触れて来なかったけど、実はかなり音楽が好きだったりします^^

 車の中でもテレビやラジオを見たり聴いたりするよりも、好きな音楽を大音量で聴いてる派です。
特に冬になると我が青春の「中島みゆき」が恋しくなるものです♪

 中学生の時初めて音楽に興味を持って、当時「長渕剛」の「順子」が流行ったころでした。それからフォークソング系のミュージシャン中心に色んな楽曲を聴いてきたけど、中島みゆきはずっと敬遠していました。
 何でかって、何だか暗そうだし夢と希望に満ち溢れていた血気盛んな自分に合わなかったのでしょうね・・・。

 それが大のみゆきフリークになるのはもう青春とは言えない20歳の頃でした。
当時地元のまあまあ大きな会社を突然辞めて、家族の制止を無視して上京しました。実家に居れば何不自由無く生活出来るはずだったけど、このまま大海を知らずに「井の中の蛙」で過ごしている自分が嫌になったからでした。

 何もあては無いし、何になりたいのかも解らない。でもこのまま歳を重ねるのは嫌だ・・・。。。
そんな「自分探し」の上京だったでしょう。

 まずは名古屋の三〇自動車工場に期間工で行きました。名古屋には親戚がいて、「何かあった時は頼れるだろう」とここだけは親の言う事を飲んで一旦落ち着きました。
 個室が与えられると聞いていた部屋は「タコ部屋」で、3LDKに12人ものどこの馬の骨か解らない連中の集まりです。入居初日に部屋の「ボス」に挨拶しなかったとかで露骨なイジメを受けました。石鹼やシャンプーは名前を書いていてもすぐなくなるし、靴も無くなる。しまいには留守中にバックの中まであせくられ大事な物も無くなりました。ほとんど「北の国から」の「じゅん状態」ですよ!

 そんな自分にも友達が一人出来て、「こんなところ抜け出そう」と毎日誘われます。
彼は北海道の北見出身で、東京まで行けば親戚がいて帰りの旅費を借り北見に帰りたいと言ってました。だけどギャンブル好きの彼は東京まで行く旅費が捻出出来ず、車持ちのだんごに乗せて行って欲しかったのです。

 その頃少しづつ同居人らとも打ち解けて、特に急いで東京に行くこともなかったのですが、彼の執拗な誘いに折れてついに東京へ出発しました。
 
 東京には同級生の友達が数人いてまずはそこに身を寄せました。北見出身の彼は親戚に連絡を取ると言いながらも一週間たっても音沙汰無しです・・・。さすがに友人には二人も居候させて貰って申し訳ないので自分は住み込みで近くの新聞販売店でバイトを始めました。

 上京して二週間ぐらい経ったある日、友人と彼と3人で友人宅で飲み会をしていました。話題は「いつ北見に帰るんですか?」が一番気になるところです。

 友人の家で夜通し飲み明かし、私はそのまま新聞配達に行きました。朝刊を配り終えて友人宅に戻ると、彼と荷物とだんごと友人の財布の中身が無くなっていました。

 田舎モンなんです。すぐ人を信じちゃうし、胸を開いちゃう。都会人のようなスマートな生き方が出来ないんです。信じている人には裏切られるし、こっちは友人だと思って相手の懐に飛び込もうとすると「ガシャ」っとシャッター閉じられちゃうんです。
 何かをしたくて東京に来ました。でも何をしていいのか解らない。明日が見えない。とにかく人が多い。イライラする・・・

 そんな頃冬でした。KDDのコマーシャルで中島みゆきの「あした」と言う曲が耳に飛び込んで来ました。
ジワ~っと胸に浸透して、初めて中島みゆきの歌が理解出来ました。
10041559_4ca97b654121e.jpg

 それ以来ずっとみゆきフリークです^^

 ちなみに一番好きな歌は「ローリング」ですw

rollin'age淋しさを
rollin'age他人に言うな
軽く軽く傷ついてゆけ
rolling'age笑いながら
rolling'age荒野にいる
僕は僕は荒野にいる

 だんごがよく使う「荒野」と言う言葉は、ここから来たのです^^
 新年明けましておめでとう御座います^^
このブログを初めてなんと8年目に突入します!いやいやよく続いたものだ。
今年はもっとマメに更新したいと思ってますw

 新年元旦に北九州に行って来ました。今年の正月は天気も良いし暖かくてよいドライブ日和でした。
20140101DSCF3340.jpg

 さて、ここは何処でしょう?(解るわけないか^^;)

苅田の日産自動車がある工場地帯の大通りです。丁度お昼ぐらいだけどさすが年末年始はスカスカのガラガラです。
この先に国道10号線があるが、そこも同じようなものでした。

 しかし油断禁物!!築上町の綱敷天満宮(つなしきてんまんぐう)は大変な混雑です><
20140101DSCF3342.jpg

 長い参道に並ぶこと30分。やっと参拝が出来ました^^初詣客が多いという事は、みんなの2014年にかける期待が大きいと言う事かな??

 とにもかくにも良い1年になりますように!

 今年もヨロシクお願いしまーす♪

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。