Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日で8月も終わり。最後の週末に軽くツーリングでもと思っていたが、台風接近と大雨で断念><
地震、猛暑、大雨、火山噴火etc、日本中の至るところで災害があり明日はわが身か・・・。

 救助犬に認定されたアルプは、NPO九州救助犬協会から各地の防災訓練にデモンストレーションに招かれる。
実践経験のないアルプだが、「備えあれば憂いなし」で訓練は怠れない。実践に呼ばれない事が本望なのだ。

 一雨ごとに涼しくなり、夜はエアコンなしでも過ごせるようになってきた^^外では鈴虫の声も リンリンリン♪
秋はもうそこまで来てるなぁ^^



 さてと、雨の合間を抜いて銀ゴキのリアホイールにリムステッカーを貼りました!
と、その前に「バイク館」で便利なグッズを発見!!
130831DSCF2410.jpg

 センスタの無いバイクのリアタイヤに咬ませ、タイヤを回せるスタンドです^^
130831DSCF2411.jpg

 こんな感じで装着すると、前後2箇所のローラーの回転によりタイヤを回すことが出来ます^^
手で回すには少し力が要るけど、チェーンやホイールの清掃など手軽に行えて便利だよね。

 次に本命のリムステッカーを貼ろう!
130831DSCF2412.jpg

 かなり安物で、耐久性に不安はあるがネットのレビューはそこそこ良いものでした。あ!ネット通販で買いました^^

 130831SANY0287.jpg

 こんな感じになりました。ちょっとヤンチャな感じ^^;
130831SANY0286.jpg

 こうなるとフロントも早くしなきゃいけないな!しかしフロントは、タイヤ交換、ホイール塗装、前記で購入したカウルの塗装と装着、フロントフォークのOHを全て一気にやろうと思っているので・・・いつになるのやら(汗
スポンサーサイト
 ヤフオクでこんなものを入手しました。
130830DSCF2408.jpg

GSX250E純正カウル!

 滅多に無い物だと思います。

 若干傷や割れがありました。スクリーンもキズだらけでこのままでは使えません><
パテ埋め、塗装、スクリーン張替え・・・。

 いい暇つぶしになりそう^^
 いやいや行って来ました真夏の道(ロード)!

昨年より距離は短かったものの、やはりなかなかタフでした^^;t130824DSCF2374.jpg


 その様子をHPにアップしました!

2013年真夏のロード!九州最東端ツーリングin鶴御崎

 チラっと見てハイヨ

 この夏一番の長丁場を走り終えて大満足のだんごでした~♪
 タイヤを組み込んだ翌日、早速ソロツーリングに出かけた。最初にガススタへ向かい、タイヤの空気圧値を確認。
前日自宅でいっぱい入れたはずだったが、計ってみると0.9kg/pa!?

 もしかして一晩で抜けた??パンク???

 適正値までエアを補充し、南に進路を向けていた。しかし無性に不安がよぎる・・・。何かあったら困るので、ライダーが多い阿蘇方面へ進路を変えた。

 御船町から吉無田高原を目指す。時より現れるワインディングもタイヤが心配で攻め込めない><
地蔵峠へグリーンロードを行く。暑い。無性に喉が渇いた。
130817DSCF2309.jpg

 かくし水を自転車で登ってきたお兄さんと頂き、喉を潤した。

 地蔵峠を越え下りに差し掛かる。減速が不十分でコーナーに差し掛かるとリアが「ツ・ツ・ツ」と滑り、ヒヤリとさせられた。一皮剥けるまで用心だね(^^;

130817DSCF2311.jpg
 コーナーを抜けると突然牛が!いきなり突進されても怖いので、遠くから望遠で撮る。

 久木野村まで降りる頃何とか不安が薄れ、普通に走れている自分が居た。高森を目指す。

130817DSCF2312.jpg

 阿蘇には秋が近づいていた。根子岳を望む農道にはコスモスの花が咲く。

 ここでふと気が付いたが、チェーンがパンパンに張られていて遊びが無い!!工具を取り出しチェーンを少し緩めた。ヤレヤレ手がかかるぜ!

130817DSCF2324.jpg

 タイヤもカドは全然使えてません><

130817DSCF2325.jpg

 ふと懐かしのTD52Wが通過!思わず激写してしまった^^

 一息入れて豊後荻町へ行く。狭い県道にも結構なライダーが走っている。ローカルな旅も面白いもんね^^

130817DSCF2328.jpg

 豊後荻駅には、昨年の九州北部豪雨災害から最近復活した豊肥本線全線復旧を祝う幟と、沢山の黄色いてるてる坊主。スズヲタなら嬉しい、黄色の乱舞だぁ^^

 県道8号線を竹田市へ向かうと、途中に立派な石橋が見える。6連アーチの石造水路橋「明正井路第一拱石橋」(めいせいいろだいいちこうせききょう)と言う長たらしい名前だ。
130817DSCF2334.jpg
大正8年に完成した長さ78mの石橋水路橋は日本一の長さだそうだ。

 竹田市内のコンビニで昼食を購入して緒方町から、祖母山系の奥地尾平鉱山跡へ向かう。奥岳渓谷の適当な河原で昼食でもとろうかと物色するが良い場所が見つからない。
130817DSCF2340.jpg

 そのうちどんどん高度が上がり、気が付くと渓谷は遥か眼下へ・・・><
130817DSCF2341.jpg
祖母山、烏帽子岩、障子岳の遠望。

 ついに峠を越えて、宮崎県側へ、標高980mの尾平越だ。
130817DSCF2343.jpg

 さすがに此処は涼しい。木陰でおにぎりを頬張り、今日ここまでの150kmツーリングを回想して一人ご満悦^^
しかしまだ帰りの旅路は100kmぐらいあるんだな。

 尾平から高千穂方面へ峠を降りた。高度を下げると真夏の太陽が容赦なく注ぐ。
130817DSCF2348.jpg

 国道218号線は通行料も多い。あぁあ、高地は良かったなぁ・・・。

130817DSCF2345.jpg

 とりあえず無事250kmを走破して、2013年夏ギリギリ間に合いそうです^^
 手術から丁度1ヶ月。痛みや腫れもほとんど無くなり、ほぼ普段どおり過ごす事が出来るようになりました^^

 合間を見てホイールの塗装を続けてきました。
何とか古い塗装を剥がし終えて、サフェーサーで下処理を行う。
130816DSCF2243.jpg

 その後ペーパーで軽く表面を慣らし、いよいよ本塗りの開始だ。
130816DSCF2246.jpg

 今回ガンメタの一色で塗装し、スポーティーな印象を目論見ました^^
130816DSCF2248.jpg

 しかし塗装をした日は風が強く、しかも暑いため荒い粒子がそのまま付着して固まり、表面がざらついてしまった(泣
 もう一度ペーパーで慣らそうかとも思ったけど、そうするともう一度ガンメタを吹かなきゃいけなくなるのでこのまま行く事にする(^^;

 130816DSCF2252.jpg

 最後にウレタンクリヤーを吹いて終了。ここでもざらつきが残ってしまったが、後はコンパウンドで磨くしかないな。

 130816DSCF2253.jpg

 数日乾燥させいよいよタイヤに組付けを行った。今回のタイヤはダンロップの「K300」。純正よりワンサイズでかく、銀ゴキの標準リム幅よりオーバーしているが何とか着くだろう^^

130816DSCF2296.jpg
同じ18インチでもフロントとリアはかなり外径が異なる!

 タイヤにビートクリームを塗り、ホイールを傷つけないように慎重に組み付ける。
130816DSCF2300.jpg
苦戦するのかと思いきやかなり簡単に組み付ける事が出来た^^しかしこれからが大変だった(汗

 そそくさと車にタイヤを積み込みエアを近くのスタンドに入れに行った。自宅で入れても良いのだが空気圧計を持っていないので適正値を出すにはスタンドが良いのだ。

 ところがエアを入れても両サイドの1箇所のビートが上がってこない><何度かエアを抜き、再度入れたりしたが変化なし・・・。あまり空気入れを独占してもいられないので、一旦帰る事にした。

 自宅の電動ポンプで再挑戦するがやっぱり一緒だよね(泣 アギト君から聞いたビート上げの秘策があるがまずここはスタンダードにビートクリームを使った。
 一旦エアーを抜けるだけ抜き、タイヤをビートから落とし指でビートクリームを塗りつける。そして再度エアー投入!しかしこれでもビートは上がらなかった(ああぁぁ

 またエアーを抜き、CRCをビートとタイヤの間にたっぷり吹き付ける。そしてもう一度エアーを!!
今度はエアーをパンパンに入れる。するとようやくビートが上がってきた(^^¥
130816DSCF2301.jpg

 はぁ~まじ疲れ

 そして今日、タイヤを組み付けました。
130816DSCF2303.jpg

 タイヤの外径がかなり大きくなったので、尻上がりのフォルムになりいい感じです^^ちょっとホイールのガンメタ一色は寂しいのでリムステッカーでも貼ろうかな^^

 フロントは日を見てまたぼちぼちやろうと思ってます。

さあ!そろそろバイク始動かな♪
 やっと休みに入りました!15日から18日の4日間だけですけど><;

その初日、チーム山口の山ガール4名が雲仙岳登山に島原入りされました。15日は移動&観光、16日は雲仙岳登山と言う一泊二日の山旅行です。
 K4Cからは行けるメンバーだけ駆けつけて貰い、だんごもたまたまカミさんが休日だったので家族連れで初日の観光だけお供しました!

 Souは初フェリーに落ち着かない様子だったけど、慣れてきたころには「フネ」と言う言葉と物体を認識したらしく、しきりに「フネ・ふね」と叫んでいました。
130815DSCF2262.jpg

 先に到着したニケさん、ろくさん、中JIと合流し、その後無事にチーム山口と合流。挨拶もそこそこに最初の観光地「島原城」へGO!
130815DSCF2265.jpg

 四万石の島原には立派過ぎる白亜の天守閣が荘厳だ!まずは入り口で記念撮影^^
130815DSCF2266.jpg

 天守閣の中は博物館になっており、中を見学する。知らない人に囲まれてか駄々っ子のSouを抱えてはゆっくり展示品を見ることも出来ずにあっという間に最上階の展望台へ(汗
130815DSCF2270.jpg

 目の前には明日みんなが登る雲仙岳がそびえる。山は少し涼しければ良いよね~^^

130815DSCF2272.jpg
 城から降りると砂利が転がった敷地で少し機嫌を直したSou(ヤレヤレ

 時刻は丁度お昼。女性人のリクエストでお城前の「姫松屋」へ向かう。島原名物の「具雑煮」を頂いた。だんごは食べていないんだけど、おいしかったそうだ^^

 次に武家屋敷へ向かう。車で移動し狭い駐車場に何とか滑り込んだ。
130815DSCF2275.jpg

 歴史を感じさせる石垣と道路の中央に雲仙岳から流れ出る湧水がある。冷たくてとても気持ちよい。
数件の見学できる屋敷がある。とある一軒を見学すると・・・
130815DSCF2276.jpg
 リアルな人形だ!姑が嫁に小言を言っているように見えるのはだんごの気のせい^^

 ひとしきり廻ると次は「しまばら水屋敷」へ向かう。市内の繁華街アーケード街の中にあるのだ。こんな街中に、湧水が滾々と湧き出ているなんてさすが水の町だね!
130815DSCF2280.jpg

 ここでは島原名物の「寒ざらし」やかき氷などを頂き、しばし涼を楽しんだ。水屋敷を出るとついでだからと「鯉が泳ぐ町」を見学。ここでも沢山の湧水が町並みを潤し、涼しげな気分を満喫!

 次は車に戻り、少し郊外へ。「雲仙岳災害記念館」へ向かったが、入場料が1000円とお高かった為、PASS!無料の「道の駅みずなし本陣ふかえ」へ移動。

 ここは1991年の普賢岳噴火後の土石流で埋没した住宅がそのまま保存してある。
130815DSCF2286.jpg

130815DSCF2289.jpg

 自然の脅威を目のあたりにして身が引き締まる思いだ。

 駆け足で島原を観光してきたが、そろそろ解散の時間だ。チーム山口は島原のホテルへ。K4Cの3名は雲仙のホテルへ。そしてだんご一家は後ろ髪引かれる思いで、帰熊へとフェリー乗り場へ向かった。

130815DSCF2292.jpg

 雲仙なのに何故か「フェリーあそ」に乗り、帰りの船路へついた。
今日も一日暑かったけど、チーム山口の女性人にパワーを貰いました^^いつも元気で何よりです!

 今回の雲仙登山だんごは不参加でしたが、次回また機会があれば是非宜しくお願いします。それでは♪
 今日は定期診断に有休休暇を取り、退院後初めて手術をした病院へ行ってきました。

 先日リハビリを行っている別の病院では、
「もうリハビリの必要もないでしょう」と、後は自己トレーニングで良いと言われていた。

 今回は鎖骨のレントゲンを撮り、術後の骨の接合具合を見る診断だった。
こちらも問題なくうっすらと骨が出来ている状態で、次は1ヵ月後の診断となった。

 思った以上の回復ぶりで、骨折した時は「もう歳だなぁ」なんて凹んだりもしたが、最近は「まだ若いじゃないか」と若干調子に乗っている今日この頃です^^



 帰宅して昼食を取り、時刻は13時過ぎ。一日で一番暑い時間帯だ。
事故で延ばし々になっていた銀ゴキのタイヤを交換しよう!
130808DSCF2228.jpg

 約1年間、6000kmを走破したダンロップK527はリアタイヤのみ真ん中の溝がツルツル><
私の乗り方がオフロードの低ミユーのブレーキング、リアを多用するクセが抜けないのだ。フロントに比べると、リアの消耗が早くなる。バイクの特性上、前後18インチでリア加重ってのもあるけど。

 そしてこの際、腐れかけているホイールも全塗装もやろうと思ってます^^
130808DSCF2229.jpg

 自家製塗装(水性筆ぺん)で応急処置をしたホイールは塗装が剥がれているし、リムも錆びてきている><
130808DSCF2231.jpg

 アップでは見たくない酷い状態だ(泣

 まずはセンスタの無い銀ゴキをジャッキで固定してリアホイールを外した。
130808DSCF2233.jpg

 そしてかなり前に買っていたタイヤレバーとリムプロテクターにようやく出番が廻ってきた。
130808DSCF2234.jpg

 チューブのエアを抜き、上の工具を使い力技でタイヤを取り外す。しかし熱い><
汗が止めどなく滴り落ちて、事故以来ほとんど運動をしていない身体は悲鳴を上げた。

130808DSCF2235.jpg

 ようやくタイヤを外す事が出来たが、すでにグロッキー(汗

 部屋に入り麦茶をがぶ飲みしてしばらく涼んだ(ハアハァ

 暑さのピークを過ぎ、身体も落ち着いてきたところで再度外へ^^外したホイールの古い塗装を剥離しよう!
130808DSCF2236.jpg

 塗装はがし液を筆でホイールにたっぷり塗りつけ、しばらく放置する。しかしこの液体、「使用前によく振ってください」と書いてあったが、蓋を開けると炭酸みたいに泡が吹き出したよ~!!

130808DSCF2237.jpg

 古い塗装がブツブツと浮いてきた。これをスクレイバーなどで地道に剥がす。これがなかなか厄介だ(汗
130808DSCF2239.jpg

 スクレイバーが入らない場所やr(アール)が多いものだから・・・。

 その後400番のペーパーで全体を慣らした。そこまでやったところで自分が汗臭くてたまらない(泣
続きは次回にしよう♪

 バリー・シーン(Barry Sheene MBE、1950年9月11日 - 2003年3月10日)は、イギリス出身のモーターサイクル・ロードレーサー。
barry3.jpg

 ゼッケン7とドナルドダックが描かれたヘルメットがトレードマークで、ロードレース世界選手権(世界GP)で23勝を挙げ(GP500・19勝、GP125・3勝、GP50・1勝)、1976/77年に500ccワールドチャンピオンとなった。
013 - RG500 (Studio)

 そんな彼を偲ぶカラーのGSX1100Rがあった!
photo-14.jpg

 だんごはリアルタイムで走りを見たことが無いが、何となく憧れてたな・・・。

 こんなのもありました!
right_side_on.jpg

 グラディウス バリーシーンカラー♪

 今でも好きな人が多いんだね^^
 いそいそと家族サービスに勤しむだんご^^
今回はいつもはツーリングや登山で通る、阿蘇グリーンロード入り口の「阿蘇ミルク牧場」に行ってきました!

 熊本平野が一望出来る高台に位置した「阿蘇ミルク牧場」は、さすがに平地より涼しい!空はどんよりと暗いが、暑くなくてまあいいか^^
 自宅から小一時間のドライブで、到着したころにはSouはすっかり夢の中zzZ

 ここはいつも広い駐車場が満杯だが、この日も例外ではなく多い(汗
1307DSCF2154.jpg

 やっと車を止めるスペースを見つけ、寝込んだSouをバギーに乗せて園内へ向かった。
1307DSCF2155.jpg

 車は多くても、お客さんはそれほど見られない。広大な敷地に拡散しているのだろう。時間は正午前で、カミさんが作った弁当を広げられそうな東屋を探す。

 この園一番のイベント、やぎやブタが走る「わくわくレース」が開催されるスタンドで弁当を広げた。こんなところに来てもレース好きだからね^^

 昼食が終わる頃丁度「わくわくレース」の開催だ。人がざわざわと集まり、Souも目を覚ました。
1307DSCF2157.jpg

 ブタだけのレースと、やぎや羊など混走する2レースが行われ、入場券を買うと1回参加券が付いているのだ。
 だんごはパドックに向かい、ブタの毛並みや、体躯を見る。予想は1,2着をぴったり当てるレースなので難しい!!悩みつつカミさんの分も予想した。

 レーススタート!!スタートゲートが上手く開かず、下を掻い潜ったブタさんがダントツの一位!
1307DSCF2160.jpg

 この一匹がいなければ、2,3着がだんごが予想した1,2着だった!チクショー><

 次の混走レースもしっかり外し、何もないまま「動物ふれあい広場」へ向かう。犬や羊が居て、えさもあげられるのだ^^
1307DSCF2162.jpg

 Souはアルプに慣れているせいか犬は躊躇なく触る!と言うか叩く(汗
1307DSCF2165.jpg

 ヤギさんには恐る恐るえさをやった。みんな飢えていて一斉に集まってくるので怖いのだ(^^;

 動物と触れ合って、牛の牛舎を覗いた。生まれたばかりの子牛が可愛かったな~!その後「ハンモックの森」や「ポニー乗馬体験」を見て、定番のソフトクリームや牛乳を頂いた♪
1307DSCF2167.jpg

 もっと遊ぶところが沢山あるが、Souには少し早いか・・・。それでも何とか雨にも降られず、自然を満喫!!ここは入場料が安いから、Souがもっと大きくなったらまた行ってみよう♪

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。