Photo Gallery

 2月9日の鹿児島ツーリングの帰路で完全に動かなくなったスピードメーター。
後日ワイヤーを外してみると、前輪固定部の根元からワイヤーが切れていた。あいやー!
CA3H0494.jpg

 その時は単純にケーブルが切れただけかと思っていたが、事はそう簡単ではなかったのだ。

 ネットオークションで格安新品のスピードメーターワイヤーを手に入れた。ところが、、
届いた商品のラベルに「GS125」の文字???
DSCF9217.jpg

 嫌な予感がして、ケーブルを銀ゴキと比べてみた。

「いっちょんすかん」(標準語では、大嫌い)

 やはり5~6cm短い。無理やり取り付けると這いまわしに余丁が無くパッツン×2
とりあえずこれで乗りながら、純正もしくは同等品を手に入れるしかない(初めから純正買えとは言わないで^^;)

 無理やり装着し試乗するとメーターの針が動かない!なんで?
まずはワイヤーの回転を確認しよう。バイクの前輪が浮くまでジャッキアップして、メーター側のワイヤーを外した。
前輪を回すとワイヤーの回転が見えるはずだ・・・回っていない><
 ケーブルを外し、前輪センターに取り付けられたスピードメーターギヤアッシーの回転を同じく確認すると・・・
CA3H0495.jpg

こちらも回っていない。

 と言う事はケーブル自体の不具合では無く、スピードメーターギヤアッシー(※)が不具合を起こしていると言う事か。
※前輪との凹凸にはめ込まれ、進行方向回転をメーターワイヤーの回転に変換しているギヤ部品
そうなるとケーブルが切れた事が説明出来ない?最初はケーブルの不具合で切れて、その後ギヤアッシーも逝っちゃったって事??

 次に前輪を外し、スピードメーターギヤアッシーを取り外した。突起が付いたプレートをCリングで固定し、アッシー側の溝位置にはまっているのだが、そこが空回りしているようだ。
 溝位置に手で押し込んで回すと手では回らないぐらい固く、これでは仮に空回りしなくとも、前輪回転の抵抗になってしまう。ギヤアッシーの中を見たくても、これ以上バラせない作りのようだ。

「どんこんならん」(標準語では、どうしようもない)

 その後放置状態で今に至る。ハンドルを変えたりしてお茶を濁していたが、現実に目を向けないといけないね><;
DSCF9154.jpg

 スピードメーターギヤアッシーっていくら位するのだろうか?ってか新品あるのかな??とりあえずオークション探そう^^

PS
タコメーターの異音は、メーター側ワイヤー付け根にCRCを塗布して音がしなくなりました。
しょうちゃんさん、有難う御座いました^^
スポンサーサイト
 天気の良いウィークディ、有休休暇を利用し阿蘇をプチツーリングしました。

 ミルクロードを駆け上がり阿蘇北外輪山へ。途中「天空の道」に寄ろうとしたが先客ありでそのまま通過。
DSCF9166.jpg

 昨日、一昨日の雨が阿蘇では雪だったのか、先週末まったく雪は無かったのに今日は標高800m以上の高地に雪が残る。

 阿蘇のツーリングでは定番の「大観峰」へ。実はだんごバイクでは余り来た事が無い(^^;
DSCF9172.jpg

 天気は良いが風が冷たい。手袋を外すと手があっという間に悴んできた><
DSCF9174.jpg

 阿蘇五岳を眺めてそそくさとミルクロードから降りて内牧へ向かう。年度末のせいか工事が多く、片側通行が頻繁に現れた。気持ちよくワインディングを走ってると水を差される感じだ。まあ、致し方ない・・

 阿蘇防中から阿蘇登山道を登る。(寒いと言いつつ懲りないね)

 草千里が見下ろせる展望駐車場へ。観光客も「寒~ぃ」と写真を撮ると足早に過ぎて行く。
DSCF9184.jpg

 だんごも右へ習えで阿蘇中岳火口方面へさらに進んだ。
DSCF9189.jpg

 人が少ない阿蘇は独り占めしたみたいで良いね^^

DSCF9200.jpg

 アセビは「馬酔木」と書く。馬も酔うほどの毒性の葉を持つと言う。

 鉄の馬は、この景色に酔っているだろうね。
DSCF9194.jpg

 雄大な阿蘇でパワーを貰った鉄の馬。だんごはゆっくりとムチを入れて山を降った。
 ノーマルで乗ろうと思ってたMYバイク。時間が経つにつれ自分色に染めたくなるものだ。
だいたい車にしろバイクにしろ弄ってないと気がすまないだんご^^;

 だからある意味弄れる古いものを買ってしまうのかも知れない。チェーン・スプロケットに続き、ハンドルを交換した。
純正は高めのコンチハンドルだ。これをブリップ1個分下げて、少し手前にも絞りたい。

 バイク用品店で物色しても実際のハンドルと並べて比較しないとイメージが沸かないだろう。ましてやネットショッピングではハンドル長や高さ、絞りのスペックを見ても、自分のバイクのハンドルスペックを知らない事には比較のしようが無い。

 メジャーを片手に純正の長さ、高さ、絞りを測定し、それと比較して自分が求めるサイズを探した。もちろん価格も重要だ。ハンドルが決まれば、どこで購入するか検索の鬼と化す^^

 ようやく良いものが見つかった。ハリケーンのフラットコンチタイプ1と言うもので、ほぼフラットな形状に近いし、絞り、長さも希望に合う。価格も定価は3360円だが、ネット価格は2000円代と破格値だ。「ポチ」っとして到着を待った。


 ハンドルが届いた週末、早速ハンドルを交換しました。
DSCF9101.jpg
 アルミの軽さも魅力だったが、安さには勝てないな(^^;

 外した純正と並べてみると・・・
DSCF9105.jpg
 純正はかなりやられてます><

 交換前
DSCF9026.jpg

 交換後
DSCF9109.jpg
 ハンドルが低く、手前に絞られたのが解るかな?

 試乗すると少しシビアな挙動に感じた。ハンドルブレースがフラット過ぎて取り付かないので剛性が落ちているのかも知れない。

 それより困った事にハンドルを右一杯切った時回転数が上がるのだ!!アクセルワイヤーに余長が生まれたせいか、ワイヤーを引いてしまうのだろう><
 アクセル側のスイッチアッシー固定位置を調整し、一番引っかかりの無い場所で固定したが・・・やっぱり少し引いてる(泣

 最初違和感を感じたシビアな挙動は、2,3日通勤で乗るとしっくり馴染んできた。ポジションはほぼ希望通りの形がとれた。問題はハンドルブレースをどうにか取り付ける事と、アクセルワイヤーだな。

 ハンドル選びは難しいって実感したのでした。
 3連休の中日、souに雪を見せてやろうと手近なところで地蔵峠へ向かった。

 標高1000m、グリーンロードは春まで除雪もされず通りたい人は自己責任で通りなさいと言う半通行止めの道路。
例年なら十文字峠からびっしりと積雪があるはずだが・・・今年はまったく積雪無し><

DSCF9090.jpg

 日陰の路肩に僅かに雪が残るが、souに「ほら雪だよ」と言っても???

 縦走路に登り、souを抱え歩いた。雪解けでぬかるんだ登山道はスニーカーでは滑るね(泣

minamiaso2.jpg

 抱っこされながらではあるが、souのプチトレッキングデビュー!

 登山道も日当たりの良い南斜面は雪の気配なし。2人でしばらく展望を眺め峠を降りた。

 帰りは運動公園に寄り道し、遊具でsouを遊ばせる。しかしsouは遊具より広いトラックが気になるのか、ここでフィールドデビューとなったのだ。
DSCF9099.jpg

 将来は陸上選手か!

 子供は外が好きだから、天気が良い日の子守はなるべく外に連れ出している。

 子供は外が好き・・・と言う事は俺達子供かも^^;
 思い起こせば5年前、2月の3連休にエスクード生誕20周年のオフラインミーティングが熊本で行われた。
それからだんごのエスクードライフがスタートして、今年はエスクード生誕25周年!

 本来ならエスクード絡みのイベントを考えていた。しかし忙しさに怠けて週末前まで何も決まらない><
明日から3連休。エスクード、25周年、25・・・何かないだろうか???結局何も決まらないまま当日朝9時の待ち合わせ場所に向かった。

 ろくさんとピエールは既に到着しており、ニケさんの到着を待つ。すこぶる天気は良く、やっぱり登山が良かったね、ツーリングでも良かったのでは・・・。

 何故それにしなかったのかは、前記の通りエスクードのイベントがやりたかったのと、ニケさんが寒いから車のイベントが良いと言ったからだ。でもその肝心のニケさんがまだ来ない。

 9時10分。ピエールの電話が鳴る。ニケさんからだ。嫌な予感だ!

 案の定「今起きました、すいません」の声><

 すぐ来ますと言うが、軽く30分は待つことになるだろう・・・。そこで急遽予定変更!
ニケさんに「バイクで来て」と言い、我らも一旦帰りバイクで集合する事にした。

 エスクードのイベントは?

 忘れてはいない!25周年に合わせて片道125km、往復250kmを走りますよ!

 そんなこんなで、鹿児島まで行ってきました。
男旅!寒風ツーリングin曽木の滝13.2.9

DSCF9049.jpg

 いやいや寒かった!ちらっと見ちゃらんね^^
 MYバイクGSX250E、思ったほど燃費が延びない><以前乗ってたVT250FやGPZ250Fはリッター30kmはコンスタントに走ったが、GSX250Eはロングツーリングでも25kmがやっとだ。

 通勤だけのちょい乗りなら20km・・・。最近のエコカーでも20kmぐらい走るのにたった160kgのバイクが1トン級の車と同燃費なんて><どげんかせんと!

 バイクの駆動系であるチェーン、スプロケットをモディファイし回転数を下げ、燃費を改善しょう^^
純正ドライブスプロケット47Tを45Tに交換。たった2Tだがノーマル比 95.7% 、変更後の同条件での速度(ノーマル100km/h時) の時104.4km/h になる。

 チェーンも110リンクから108リンクになり、スプロケは鉄からアルミになることで軽量化にも貢献するだろう。


 ここ2,3日暖かく、交換日和^^部品も届いたし早速交換だ!
DSCF9001.jpg
 チェーンはRKの520SM。ノンシールチェーンのごくオーソドックスなものだ。スプロケはXAMのクラッシックと言う、旧車専用の嬉しいアイテムだ。

 まず純正チェーンをカット。アギト君から借りたチェーンカッターを使う。継ぎ目の無い封印式のチェーンには、これが無いと何も始まらない。
DSCF9002.jpg
 無事リンクが外れチェーンが切れた。アギト君ありがとう!
DSCF9003.jpg

 続いてマフラーやブレーキドラムあたりの固定部を外し、後輪のシャフトを抜く。
DSCF9004.jpg

 センタースタンドが無いので、ジャッキを2本使いバイクを持ち上げ後輪を外す。外した純正とXAMのスプロケを重ねてみた。2T少ないので径が若干小さい。
DSCF9006.jpg
 2万2千キロ走った純正スプロケは意外にも磨耗は少ない。

 次に純正スプロケを外す。緩み止めのプレートをマイナスドライバーでこねて開放する。
DSCF9007.jpg
 しかし汚いなあ><

 ナットを外しスプロケを交換する。緩み止めのプレートはもう使えないので、ボルトナットにネジ緩み防止剤を塗布して組み付けた。
DSCF9008.jpg
 金色が少し濃すぎるなあ。もう少し薄いゴールドなら尚良かった。

 続いて古いチェーンを交換!先ほど切ったチェーンに新しいチェーンを針金で借り止めする。
DSCF9009.jpg
 古いチェーンを引っ張って、新しいチェーンをドリブン側に送り込む。一周したら古いチェーンの出番終了!
借り止めの針金を外し、接続用のリンクを取り付け専用のリングを取り付けると無事接続!!
DSCF9010.jpg

 後輪を取り付けドラムやマフラーを元通りに組み付ける。チェーンのテンションを調整したら交換終了♪
DSCF9011.jpg

 この際ウサン臭いチェーンカバーをレス仕様にした。スプロケがゴールドだからチェーンもゴールドが良かったかな・・・。

 一息入れ試乗だ^^4%ほどの高速化だからさほど加速に影響は無い。むしろ新しいチェーンは軽やかに廻る。
回転数も交換前より200~300ppm下がっただろうか。
DSCF9012.jpg

 阿蘇くまもと空港まで走った。少し火照った身体に冬風が涼しい。日が傾くと気温は急激に下がりはじめ、自宅に着くころには肌寒く感じていた。
DSCF9021.jpg

 春が待ち遠しいね!早くツーリング行きたーい!!

WHAT'S NEW?