Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 久しぶりに家電量販店に行ってきました。その時の事を・・・。


趣味がら危ない場面に遭遇する事が多々あるので、以前は掛け捨ての保険に入ってフィールドに行ってました。
年々登山やクロカン、バイクなど使用頻度が多くなり、掛け捨てでは費用も高くつくし登録も面倒なのでレジャー保険に入りました^^

レジャー保険はクライミングやレースでは適用されないけど、普通の登山やドライブ、ツーリングは適用内だからオススメです!
その際ついでに携行品損害補償も缶ジュース2本分ぐらいの価格だったので追加したとです。

昨年の夏、雨の球磨川源流登山でデジカメをタイタニック(沈没)させてしまいました><
このデジカメはぴぴさんから貰った大事なデジカメだったけど、長年のハードな使用による劣化が激しく修理する事もなく新しくデジカメに買い替えました。(ぴぴさんゴメンm(__)m)

続いて買ったデジカメだけど、今年の6月雨の平治岳に登った以降ぐらいから調子が悪くなってきた(・・;
電源を入れ写真を2~3枚ほど撮った後、液晶画面がフリーズしその後うんともすんとも言わない状態><
しばらくだましだまし使っていたが、最近では電源入れたとたんにフリーズでまったくもってどぎゃんも使えんです(泣

そこで思い出したのが携行品損害補償です。手続きは面倒くさそうだけど、まだ1年ぐらいしか使っていないデジカメを買い換えるのはしゃくに障る。試しに使って見るかと申請してみました。

5枚複写の分厚い申請用紙に必要事項を記入して投函。数日後「請求書類のご案内」が返信されて来ました^^
思った通りの面倒くささで、保険請求書、修理見積書、損害品明細書、損害品の写真の4項目を準備しないといけません><

まずは修理見積書を貰いに家電量販店に出かけました!
SX-4 sedan
SX-4セダン
*写真と文面は何の関係もありません(^^;

つづく
スポンサーサイト
 今年のブラジルサンパウロモーターショーで気になる車を発見!

 まず1台はホンダの人気モデル「フィットtwist」と言うスモールSUVだ。honda-jazz-fit-1.jpg
スペックは不明><恐らくスタンダードなフィットと大差ないだろう。

 そしてもう一台が、スズヲタなら苦いメーカーVWの「Taigun」と言うSUVだ。
volkswagen-taigun-7.jpg

 1リッター3気筒ターボで、最高出力は110馬力。1,6リッター級のターボ無しエンジンと同等のスペックを持つ。しかも車重は驚くほど軽く985kgしかない。低燃費SUVとの触れ込みで燃費も良さそうだ。

 ここに来てVW、ホンダがスモールSUVを出した事が、コンパクトSUV好きのだんごには嬉しいニュース!

 もちろん今でも数少ないスモールSUVは存在する。その一台はダイハツビーゴ/トヨタ ラッシュだ。
14_l.jpg

 縦置きエンジン、FR駆動のパートタイム四駆って、その可愛い外観から想像できない本格四駆だ。もう少し無骨なスタイルなら食指も伸びるのだが・・・残念><
15_l.jpg
欧州向けには樹脂のフェンダーモールを持ったものも存在する。

 このカテゴリーが世界的にブームになるともちろんスズキが黙っていないでしょう!スズキのスモールSUV熱望!!

 ん?そう言えばこれがあったんだっけ(^^;
d93c6811.jpg

 これはこれで良いけど、望むのは無骨ないわゆる四駆デザイン!ビルトインラダーフレームでも良いじゃないか!フルタイム四駆でもローレンジがあれば許す。でもFR、マニュアルミッションは譲れない!

 ホントに不整地を走れるSUV!あればいいなぁ♪買えないけど(自爆
 今年3月に銀ゴキを購入してすぐにオイル交換をした。それから7ヶ月、走行距離は約2300km走破して2回目のオイル交換を行った。

 最近シフトが硬くなって、アイドリングのエンジン回転数も落ち着かない。これで少し改善されると良いけどね!
1210062362.jpg
現在の走行距離は21094km

 オイルの選択で悩んだが、これから冬に向かい過酷な状況は避けられるだろうから無難にスズキ純正をチョイス!
1210062363.jpg
エクスターTYPE4 MA/SJ 10W/40

 スズキ純正だけど、中身はシェル石油の商品なのだ(汗

 ついでに今回はエレメントも交換!これはKITACO(キタコ)から純正同等品が出ているので、これを通販で購入。
CA3H0458.jpg
2種類のパッキンを付属して、幅広い車種に対応している

 オイル処理箱をドレンの下に置いてドレンを抜く。エレメントのカバーもナット3箇所で外す。
CA3H0460.jpg
外すとこんな感じです^^

 新しいエレメントに交換し、カバーのパッキンも付属のものに付け替える。
CA3H0461.jpg
左は予備の他車種用のパッキンで、真ん中が新しいパッキンをつけたカバー、一番右は古いパッキン

 パッキンに注意しながらカバーを取り付け、ドレンも締め付ける。新しいオイルを規定量入れると交換終了!
どんなフィーリングなのかな・・・?まだ乗ってません><




 ところで余談だが、F1日本GPで小林可夢偉が鈴木亜久里依頼22年ぶりの3位表彰台を射止めた!26年間F1を見ているだんごだが、最後の数ラップは祈るように可夢偉の走りを見守った。

 予選の速さはあっても決勝で結果が出ない。チームメイトは3度表彰台に上がっている。焦り、迷い・・・。そんな苦難を乗り越えるのは自分でしかない。あらゆるプレッシャーを背中に満載して可夢偉は走った。

 良いマシン、良いドライバー、良いチーム、応援するファン、そして少しの幸運が良い結果をもたらす。全てが揃った時、その可能性は限りなく手繰り寄せられる。だけどチェッカーを受けるまでは解らない。テレビを見つめる私はまんじりともせずその一挙手一投足を瞬きもせずに見守る。

 佐藤琢磨に続く日本人3度目の表彰台!中島悟から26年。これが見たくてF1から目が離せないのだ。嬉しいけど、8~9年に一度って寂しいなぁ・・・。
 10月6日。久しぶりの朝ツーリングへ、宮崎県「六峰街道」まで行ってきました。
1210062352.jpg

 ゼファー750のおにっち、WR250Rのアギト君、エストレアのピエールとだんごの四人で、国道445号線を山都町へ向かった。

 薄曇で思った以上に寒く、山間部に入ると寒さが増した><国道218号線にぶち当たると左折し、延岡方面へ向かう。
1210062355.jpg

 清和の道の駅で暖を取る。暖かいコーヒーが嬉しいね^^

 程なく宮崎県へ入り、五ヶ瀬町から503号線へ右折し、すぐ左手に六峰街道の入り口がある。狭い街道は想像以上に落ち葉、砂利、穴、枝や落石など障害物が多い。
 だんごも二、三度滑りながら標高を上げた。

 六峰街道とは西から二上山(989m)、赤土岸山(1169m)、諸塚山(1342m)、真弓岳(1073m)、九左衛門峠、速日峰(868m)と六つの山を越えていく、全長57kmのスカイラインだ。五ヶ瀬町、高千穂町、日之影町、諸塚村、(旧)北郷村、(旧)北方町の6町村を連絡する林道で、東西に走る全線を通じて、その北側と南側に、九州の中央の山々の壮大なパノラマが続く。

 本来ならその展望を楽しみたかったが、緊張が続く路面に集中しすぎて全工程約中間地点の日諸峠まで一気に走ってしまった。しかも新しく伸びた県道を誤って下り、街道から外れ日之影町へ降りたのだった!
1210062358.jpg

 もう少し楽しみたかったけどね・・・一枚の写真も撮れてないなんて残念><おにっちは寒さと集中で肩が凝ったらしい^^

 まだ少し時間があったので、高千穂町から南阿蘇方面へ迂回する。国道325号線はいつの間にか改修が進み、完全片側1車線の立派な道路になっていた。走りやすく、時間短縮、事故も少ないだろうが昔の趣が無くなってちょっと残念。

 南阿蘇村からグリーンロードに入り、標高1000mの地蔵峠を越える。夏来た時より涼しくなったせいかバイクが軽快に感じる。スピードを上げると必ずアギト君がミラーに迫りだす^^

1210062359.jpg

 峠を下りた東屋で休憩。喫茶ピエールの店開きだ。エストレアのサイドバックからジェットボイルを取り出し、コーヒーブレイク^^
12100600376.jpg

 山で飲むコーヒーは美味いなぁ♪
1210062360.jpg

 一息付くと、時間は正午。短い朝ツーリングを終え、それぞれに山を下りていった。
 里山には彼岸花とキンモクセイの匂いが満ちていた。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。