Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 雨の土曜日。延期になった鹿児島ツーリングだが、旅立ちたい気持ちが治まらない。
そんな我ら5名は車で阿蘇から大分にブラリと出かけました!

 まずは阿蘇波野の「阿蘇望橋」(あそぼうばし)。ここらののどかな田園風景に溶け込む「屋根付き」の自動車専用橋だ。
1209292337.jpg

 橋の形式は「屋根付き木造ラチストラス橋」と言い、木造車道トラス橋としては橋長41.6mは日本最長の長さだと書かれている。
 橋の上弦・斜材・床板にはスギやヒノキの集成材、強度を必要とする下弦材等には鋼材を使用しており、これらの集成材の劣化を防ぐために屋根が付いているものと思われます。
1209292338.jpg

 木材の質感がとても良い感じだが、欲を言えば天気の良い時バイクで来たかった(^^

 一息付いて(ニケさんは車の中で爆睡)、大分県竹田市へ向かった。竹田市街地のとり天やから揚げで話題の「丸福食堂」 で昼食。ここは「B級グルメ」で有名な場所で、店内はこの悪天候でも満員!

 1209292343.jpg

 とてもリーズナブルな値段で鶏がたらふく食べられる^^人気があるのも頷けるね。
1209292344.jpg

 だんごが食べたのは「から揚げ定食(羽)」。表面サクサクで中はジューシー!美味しかった♪

 その後久住、瀬の本高原を抜け玖珠町の温泉へ。

 雨でほとんど写真も撮れなかったけど、たっぷり走って(今回は茜色セブン君のアクセラナビですが)満足!
お疲れ様でした。

 今年も残り少ない><鹿児島ツーリング、2012年初のキャンプは実現出来るだろうか!?
スポンサーサイト
 なんてこったい!ウィークデイは秋晴れの晴天が続くのに、週末に限って雨や台風><
観光地も大打撃だろうね!我らK4C-Bも「かごんまツーリング」の変更を余儀なくされた(泣

 台風17号は30日日曜日に接近しそうだが、九州地区は明日から60~70%の雨予報。とりあえず、明日は近場で雨の様子を見ながらお茶を濁して、鹿児島は「延期」します。

 しんいちさん、ノリダーさんすいません><;また次回よろしくお願いします!


 ちなみに別件ですが、スズキがパリモーターショーでコンセプトモデル「S-Cross(Sクロス)」を発表しましたね!

スズキ、パリモーターショーでコンセプトモデル
s-cross.jpg

 来年には市販されるそうで、市販バージョンがどんな形になるか楽しみです♪
それに加え「スズキは来年以降、欧州市場に毎年新商品を投入していく予定である」とのコメントがあった!!
 そろそろ巻き返してくださいよ^^
 いやー!最近バイクに乗れなくてうずうずしてる^^久しぶりのロングツーリングにスカっと行ってみよう♪

 熊本と鹿児島は隣の県だけど、犬と猫ぐらい違う。肥後人は議論好きで人の意見に屈しない。幕末から一人一党と言われまとまりがない。頑固であまのじゃくな県民性なのだ。

 対する薩摩人は、「泣くよかひっ飛べ」と言うくらい思いっきりが良い。寡黙だが行動力がある。鍛錬された心技の強さと協調性(仲間意識)も強いものだから、幕末に維新を起こした原動力として申し分ない。

 薩摩の武士が戦場でそれこそ生死の境で戦っていた頃、文官派と言うか今の政治家は国の主要な官僚になり財を増やした。

 武士達にしてみればたまったもんじゃない><それこそ身体を張って戦ったのに、維新が成ってみるとお払い箱になり鎮台兵(今で言うところの自衛隊みたいなものか)になったはいいが何処にも戦争は無く憤懣致し方無いどころか、武士の身分も取り上げられ恩賞の一つにもありつけないのだ><

 薩摩でも下士身分の武士達は今で言う警官になり、征韓論で破れ大挙帰鹿した西郷隆盛を担ぎ上げた旧鎮台兵(上士)と戦う。言うまでも無く西南戦争だ。同じ薩摩人が薩軍と政府軍に分かれすさまじく戦った。

 そして、気骨のある薩摩武士はほとんど全滅したのだろうか!?

 そんな事は無い^^しんいちさんやノリダーさんはその気骨を残しているのだ!!

 いやいや話は大きく逸れたが、今月末29、30日で薩摩半島一周ツーリングに出かけそんな熱い薩摩人を観察する。それも旅の楽しみの一つなのだ!

予定・・・29日

am6時松橋発
am8時人吉
am10時えびの高原
am11時霧島市(国分)
pm12時垂水
pm13時桜島
フェリーで移動
pm15時長崎鼻・開門岳
pm17時指宿(泊)

宿泊地:ライダーハウス・いぶすきマル金
場所:〒891-0405 鹿児島県指宿市湊4-14-8
料金:寝袋持参1,000円。寝具使用料300円。12〜3月は暖房費+300円。
お問い合せ:TEL 09071209949


30日
am7時指宿発
am8時坊津
am9時野間岬
am10時吹上浜
pm12時薩摩川内
pm13時阿久根
pm17時松橋

以上は予定です。風のふくまま気のむくままに^^

参加予定(確定)・・・おにっち、ニケさん、ピエール、だんご

 しんいちさん、ノリダーさん、どこかで合流出来たら、一緒に走りませんかー!?
 週末は甥っ子の結婚式に呼ばれた。

 久しぶりに会う親類は、小さかった子供が青年になり、働き盛りのミドル世代は髪に白いものが見えたりしている。こんな時にしか会う事が無くてちょっと寂しい気もするし、改めて年月の経過を感じさせた。
12092200356.jpg

 最近の結婚式は仲人や親類などの長たらしいスピーチや趣向が無く、式は朗らかな笑いの中に厳かな雰囲気で進む。
 
 ケーキバイキングが終わり宴もたけなわの頃、最後の「花束贈呈」を迎えた。まず新婦が実父母に手紙を読む。
「今まで育ててくれて有難う」
「私を産んでくれて有難う」
「これからは親孝行をしたい」
「・・・」

 新婦の言葉に何故か新郎の実父母が号泣!!
「泣き過ぎだろう」
と笑いもおこる^^

 そして新郎の父からお礼の言葉と続いた。そこで新郎の実父母号泣の理由が解った。
 甥っ子は入籍1年後の結婚式。先に長男も生まれ、新婦は良い娘さんで何も問題は無い。だが彼は大卒後2年就職浪人し、今年やっと就職出来たが結婚式の1週間前に仕事をやめてしまっている。
 彼は毎年公務員の試験を受けており、今年も馬鹿正直に勤め先にその事を告げ休みを貰おうとすると、そんな気持ちなら辞めろと退職してしまったそうだ。

 結婚式場のテーブルには不自然に空いた空席が目立つ。恐らく、元職場の人たちが来るだろうはずの場所だったのだろう。

「自分が可愛い可愛いと甘やかして育ててしまったから・・・」
「息子がもっとしっかりしていれば・・・」

 そんな実父母の実子に対する不甲斐なさ。そんな息子に、目の中に入れても痛くないほど可愛い一人娘を差し出す、新婦の実父母の寛容さに打たれての涙だったのだ。

 だんごにも子供がいる。両方の両親の気持ちが痛いほど解る。親の事、子供の事、甥っ子の小さいときの事、悲喜交々・・・。色んな思いが交錯し、思わず貰い泣きしてしまった><
12092200363.jpg

 やっぱり親類の結婚式は一味違うな!!

 式場を出ると小雨が降っていた。しっとりと余韻に浸りながら家路へ向かった。
 先週の事だが、6月の平治岳以来久しぶりの登山に出かけた。
だんごは3ヶ月ぶりだが、カミさんとアルプは昨年2月の藪を漕いで津江の3山を歩く以来1年半以上前なのだ!

 久しぶりのカミさんに敬意を表して、リクエスト通り美里町の「洞ヶ岳」へ向かう。
「洞ヶ岳」は地元では「権現山」と呼ばれ、昔女人禁制の修験の山で中腹の権現社は病気回復や厄払いなどの祈願で賑わったと言う。戦時中は武運長久の神として知られ、現在でも堂内には日の丸が張られ、自衛隊員の家族が祈願、願成就されたものが多い。

 国道218号線方面から見ると尖った岩峰の山容がそびえ、登山欲が盛り上がってくるのだ^^
2012091000320.jpg

 緑川ダムの堰堤を越え、狭い町道を山出の集落へ向かう。左手に浄水場が見えると手前の空き地に車を止めた。
ここから歩いて200Mぐらい行ったところが登山口で、ここにも駐車スペースがある。
2012091000321.jpg

 ガイドブックで読んで覚悟していたが、いきなりの急坂が延々と続く。手入れの行き届いた杉林を歩く。久しぶりのカミさんは、アルプにアシストされ引っ張られる^^

 30分も行くと稜線に上がり、左手に「権現社」が見える。苔むしてうっそうとした感じが良い雰囲気だが、社が思ったほど風格が無いのが残念><
2012091000326.jpg

 軽く手を合わせ山頂を目指す。急坂は続き展望も利かないが、自然林が広がり少し気を紛らしてくれる。
2012091000330.jpg

 権現社から30分で右手に展望台、左に山頂の別れに着く。展望台は後回しにしてまず山頂へ向かう。
斜度はさらに増して、腿筋がパンパンに張ってきた(泣

 分れから20分で待望の山頂に着いた!ヤッホー♪
標高997M、展望は利かないが登りきった事に満足^^アルプもお疲れさん!
2012091000336.jpg

 一休みすると展望台へとって返す。分れを真っ直ぐ進み岩塊を乗り越え、心境の橋(チョックストーン)を渡ると山の神が祭られていた。
2012091000345.jpg

 大きな岩のテーブルに登ると北から西側の展望が開ける。
2012091000340.jpg

 眼下に緑川ダムを見ながら弁当にかぶりつく。これまでの疲れが吹っ飛ぶ瞬間だ^^

 一息ついて下山だ。来た道をどんどん下る。膝がガクガクなりながら、アルプの暴走を抑える。この山行、誰にも会わなかったな・・・。
2012091000347.jpg

 ひっそりとして厳かな山容に包まれて、静かな登山は終わった。あー疲れた(^^;
2012091000348.jpg

 下界は夏だな(汗。さあ、息子を迎えに保育園へ行こう^^ 
 今回の九州オフミで、雷蔵さんがエスクード「バンダナ」を届けてくれた。(ESCLEV企画)

 エスクードに関するグッズが少ないと言う事で、「無ければ作りますか」と雷蔵さんが立案し、デザインは「コムロさん」が担当されたそうだ。
 来年5月にはエスクード生誕25周年を迎え記念の企画も兼ねており、バンダナにも「25th anniversary」の文字が見える。

201209132301.jpg
撮影場所が暗かった><実物は明るいオレンジです!

 01系からB4Wまで、歴代エスクードの代表的な車体シルエットを模してある。数えてみると16車種ほどのシルエットだ。中にはX-90のシルエットから、初代が6台、2代目が6台、現行が3台かな・・・?かなりの通じゃないと識別は困難かも^^

 我が家には初代エスクードのプラモが未製作で2台眠っている。確かに初代のグッズは多かったようだが、少しずつ姿を消したのかな・・・。(販売台数と比例)^^;

 このタイミングで新しいグッズが生まれるのは、欲しくても商品が無かった近年エスクードに魅せられた我らには吉報だ!!
有難う御座います♪大切に使用します(多分勿体なくて使わないかも^^)
 嵐田雷蔵さん来熊で、緊急の九州オフミが無事終了しました。
雷蔵さん、しんいちさん、遠いところお疲れ様でした^^

 その様子を簡単ですがHPにアップしました!

2012090900296.jpg
嵐田雷蔵氏来熊!弾丸ツーリング2012九州オフミin阿蘇

 当日は晴天に恵まれ、急ぎ足でしたが初秋の阿蘇を満喫しました。

大観峰ではとんだ珍獣が現れ、旅にスパイスをくれました。ユーチューブ動画↓

2012年阿蘇大観峰の珍動物

 何の動物か解るかな??^^コメント下さい!
 2年ぶりの九州オフラインミーティングまで後4日!
週間天気予報では9日阿蘇地区「曇り」降水確率40%らしい。
せっかくのミーティング、晴天の阿蘇路を走りたいなぁ!

 現在の参加確定者は、
主役の嵐田雷蔵氏
鹿児島より、ノリダーさん、しんいちさん
K4Cより、ニケさん、おにっち、ピエール、私
最低7名で、まだ数人増える見込みだ。

 フォレストウェイ(林道太郎さん)さん、てんびんさんはお仕事や、都合により今回は不参加との事です(残念

 当日は朝9時半に、道の駅「大津」へ集合です。その後大観峰まで走り、阿蘇山上まで行く予定です^^
詳細は、当日鹿児島組とK4Cが揃い打ち合わせしたいと思います。

2012090502541.jpg
ジジも久しぶりの登場!!

 皆さん安全運転でお越し下さい(^^/

 久しぶりのオフ会、楽しみだなぁ♪

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。