Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 続けて、パート2をアップしました!

 最後が不可解な終わりかたになってますが、ご勘弁をm(__)m

DSCN0534.jpg


K4C Round13オフロードミーティングin三方山林道part2

是非ごらんあれー
スポンサーサイト
 秋晴れの中、思いっきり楽しんだK4Cオフロードミーティングが終了しました。

 ハプニング満載だったけど、これもK4Cらしいって事で(^^;
DSCN0504.jpg

 その様子をHPにUPしました。↓

K4C Round13オフロードミーティングinクルソン林道part1

とりあえずPart1です。

続きは後ほど!
K4C恒例、秋のオフロードツーリングに行ってきました!
DSCN0506.jpg


熊本県球磨郡あさぎり町の温迫峠から、宮崎県えびの市へ抜ける「クルソン林道」の様子を、
まずは動画でお届けします!

↓ユーチューブのリンクです。
クルソン林道

次に、宮崎県上椎葉村の「三方山林道」の様子を!!
三方山林道

片手運転は辛いぜ(汗

ついでに一瞬ですが、球磨川鉄道湯前線
湯前線

クオリティが低い×2
 いやー、先週の週末は多忙だった(汗
しかしとても充実した時を過ごしたのだ。

 10日はくじゅう登山。そして翌11日は、TEAM.TDAのドリームチームが参戦するXCダート耐久レースを初観戦した。
 場所は福岡県大牟田市のモビリティおおむたで、カミさんと二人熱いバトルを堪能した。

天高く秋晴れの空。有明の海が涼を運ぶ。
広大な空間に心地よいエキゾーストノートが轟き、エスヲタの血が沸騰する。
DSCN0408.jpg

 TEAM.TDAの白いエスクードは善戦したが、惜しくも表彰台にとどかず。残念

 カミさんも大満足のレースフォトをHPにアップしました。

XCダート耐久レースinモビリティおおむた

 深夜にはF1イタリアGPをテレビ観戦し、私の中のイタリアの血が騒いだ(ウソ

 おかげで月曜日の仕事中、眠いこと眠いこと…(月曜日はキライ

 チラッと覗いて見らんね
 10年ぶりのくじゅうは、シンプルに良いところだった!
日陰の少ない阿蘇・くじゅうは夏場は敬遠したいところだが、これからのシーズン絶好だね!!

 その様子をアップしました↓
K4C Round12 初秋久住連山登山

DSCN0316.jpg


 是非見て下さーい
 我が家の愛犬「アルプ」、実は救助犬にしようとカミさんかせっせと訓練してます。
親バカの私から見ても、そんな重責は”無理”と断言したいところだが・・・カミさんは本気なようで、毎日の散歩も訓練を欠かせません。

 そんなある休日、熊本県の防災訓練が山都町の緑川ダムサイトで行われ、本物の救助犬が人命捜索をするとの事で見学に行ってきました。

 当日はあいにくの雨模様だったが、熊本県全域から消防、レスキュー、自衛隊等たくさんの関係者が集結した。
DSCN0231.jpg

 だんごの目を惹いたのは迷彩柄のバイク!
DSCN0218.jpg

 スズキからDF200と言うベースバイクがあって、以前真剣に欲しいと思ったものだ^^
081022_3.jpg

 消防隊の土嚢積みや、JAFと警察の放置車両の撤去と進みお目当ての救助犬が登場した。
DSCN0226.jpg

 あらかじめ車や、仮設の家屋に閉じ込められた人を見つけると「ワンワン」と吠える。無駄がなく飼い主に従順な姿をアルプに見せてやりたいわ!

 しかしだんごが食いついたのはやっぱり・・・
DSCN0232.jpg
車高UPのランクル200!シュノーケルまで付けて、県警良いもの使ってるなぁ

DSCN0233.jpg
無敵の装甲車と、メガクルーザー!!かっちょえー

 しかしやっぱり最後はこれ!
DSCN0219.jpg
NTT西日本のグランドエスクード4型

 救助犬の出番はほんのわずかだったが、違う場面で食いついただんごでした(^^;
 いやはやぼんやり過ごしていたらいつの間にか9月じゃないか!!GOOD-BY2011年夏><

 台風接近で天気が悪いものの、阿蘇に出かけた。目的は、ワンコイン(500円)でパンの食べ放題が出来る店に行きたいというカミさんのリクエストだった。
せっかく行くならついでにと、以前から気になっていたパワースポットの「国造神社」(こくぞうじんじゃ)に寄り道した。

 まずは阿蘇神社近くでパン食べ放題を満喫した^^すぐ横が阿蘇神社だ。
 DSCN0203.jpg
 国造神社に行くので、ここは素通りした。

 いつの間にか、神社横の門前町がおしゃれなお土産屋や、食事処に変わっていた!
DSCN0206.jpg
 ここは湧水が噴出する多くの湧き水スポットが点在する。

 お腹も満たされたところで、通称「やまなみハイウェイ」を北上する。古城小学校脇を左折し、「古代の里キャンプ場」方面へ3キロで、国造神社に到着した。
DSCN0217.jpg
由緒・沿革
 御主神 国造速瓶玉命は、肥後一ノ宮阿蘇神社の主神 建磐龍命の第一の御子神にして、延喜の制式内社(官社)に列せられて、阿蘇神社と同格の御社であり、父神建磐龍命の聖業を嗣がれ、阿蘇の開拓に水利にと国土開発の大業をなされ、庶民に農耕を教え畜産に植林に万幸を与え衆民を愛撫し、仁徳を施された。
 この御聖徳と御功業により、第十代崇神天皇の朝に、阿蘇初代国造と定められ、同十八年(紀元五八一年)御子惟人命(彦御子神)に勅せられて、阿蘇国造の神として、御居住の地(現在地)を卜して鎮祭せられ、茲に二、〇〇〇年以上の歴史ある古いお社である。
 此の間上歴朝の尊崇はもとより、下万民の敬仰する所で、国司、藩司の崇敬も亦篤く、中世以降に於ても肥後の大守細川氏も阿蘇神社と共に造営に、祭典に、代々藩費を供進せられ、現在の社殿は寛文十二年、細川五代綱利公の御造営のものである。
 古来、農神としての信仰厚く、五穀豊穣に晴に祈り、雨に乞ひ、又害虫消除に頗る霊験新かであり、近郷近在より其の時折りに祈願参拝も多く、近年には阿蘇の古名社として、遠来よりの参拝も沢になりゆき之大神の偉大なる御恩頼を渇仰する故に外ならない。
 明治七年十月には県社に列せられた。
-境内案内より-

暇なら読んで下さい↑^^

 なんでも幹周り12m、高さ60m樹齢2000年の「手野の杉」がある!!市房参道の1000年杉も見事なものだが、その倍の樹齢だものね(汗

 期待しつつ境内へ向かう。
DSCN0210.jpg
 雨でしっとりとした空気と静けさが辺りを包む。

 こじんまりとした境内は、冷厳あらたかな雰囲気は薄いが俗化されていない潔癖さが好ましい。参拝を済ませ、右手の「手野の杉」へ向かう。
DSCN0214.jpg
 ”元”国定天然記念物!?

 残念な事に、平成3年の台風19号により地上約11m付近で折損したと言う
現在は屋根を設け、一部を展示してあった。
DSCN0213.jpg
 大きさが伝わるかな・・・?カミさんが2mなので(ウソ^^
DSCN0215.jpg
 ハンパなくでかい!!

 根っこも展示してあった。元々夫婦杉で、駐車場の展示室にもう一つの根っこがあった。
DSCN0216.jpg
 この杉の幹周り!だんごが今まで見たなかで一番大きかった。

 大きな木には不思議なパワーがあると思う。いく先年もの年月を重ねた物言わぬ大木。かえす返す台風で折れたのが痛い><立っていた頃の「手野の杉」を拝みたかった。。。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。