Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近さぼりがちなブログ(^^
何気なく覗いてみると、カウンターが10000アクセスを越えているではないか
いやいや本年度もご観覧有難う御座います

ん?なになに・・・
DSC90896.jpg
「うちのご主人様、もっとマメに書いてくれたらいいのにね」

DSC90656.jpg
「でも毛づくろいに忙しいし・・・」

DSC90906.jpg
「テレビのほうが面白いかも」

DSC90923.jpg
「待ちきれないから寝ようっと」zzZ

お前ら気楽でいいなぁ

さぁて、今年も後3日。やりのこした事はないか!!(大掃除



スポンサーサイト
ここ数日の寒波、熊本の山間部にも雪が降り積もった。この冬初の雪道走行を楽しむべき、風邪から復調気味のカミさんと、久しぶりにジジで阿蘇地蔵峠を目指した。

阿蘇らくのうパークを抜け、グッバイノマドでノリダーさんらと遊んだ十文字峠付近まで来ると、あたりは一面の銀世界で、県道の坂は親子連れのソリで賑わっていた。
DSC90913.jpg
とは言え一般の人が来るのはここまでで、ここからはチェーン無しでは行けそうにない。マッドタイヤのジジはどこまで行けるだろうか
DSC90916.jpg
路面は、圧雪された氷の上に雪が降り積もった状態でツルツルだ。登りはトラクションを得ながら、無事標高1000mの峠までたどり着いた。
DSC90915.jpg
一歩山に踏み込むと、静寂が辺りを包む。
DSC90918.jpg
下りにかかり、ATのギヤを2NDに落とした。この先はこの降り一番の斜度を持つ左コーナー。
4WD-Hiのままではスピードがのり過ぎていた。コーナー手前でLOWにシフトダウン。とその瞬間!強力なエンブレからテールが流れ出した><

車が谷側のガードレールに流れ、カウンターステアをあてる。だけど気休めにもならない。車は流れを変えず、そのままフロントをガードレールに擦りながら進んだ(泣
「やってもーたー」!!何とか滑りが止まり、安全な場所まで移動した。車を降り、ジジを眺めて見ると・・・。
DSC90919.jpg
フォグランプカバーが無残な事に><;
DSC90920.jpg
左フロントバンパーには軽く擦り傷が・・・。

これまで何度も雪道を走り、無傷が自慢だった。落ち込むだんごに、カミさんは「これぐらいですんで良かったと思わなきゃ」と言ってくれた。そうだね。怖い思いさせて悪かったなぁと思い、ここから安全運転で行こう。

なんてその後も一度スピンしましたが(^^;

何とか無事峠を降り、阿蘇の街に降りた。
DSC90921.jpg
フォグランプカバーを外し、スッキリしたジジ。

外気は気温0度。外にいると体がすっかり冷える。「さあ、温泉でも入って温まろう」。

12月6日(日)、とにぃさんの来鹿を祝って、オフ会が行われた。

 今回とにぃさんは、茨城より仕事で鹿児島県出水市の某企業に来られており、その合間の休日を利用した歓迎会となった。幹事のしんいちさんは、同じ鹿児島でも南と北で離れた場所での開催に、出水近隣のノリダーさんに案内約をお願いされ、我らK4C(私とニケさん)+まぐろ部長@前田前さんと、同じく熊本のおさるさんもイベントに参加した。

 朝8時、まぐろ部長@前田前さんのヴィッツにニケさんとだんごが便乗し出発!本来エスクード繋がりで、だんごもしくはニケさんが車を出すべきだったが、二人ともETCを装着していない(その後ニケさんは、4日金曜日に装着していたと判明)事と、今回は歓迎会をメインとしており、エスクードオフとは赴きが違うだろうとの事で、まぐろ部長@前田前さんの好意に甘えたかたちだ。

DSC90843.jpg
鹿児島は暖かいかなぁ?なんて思っていたが、今日は極寒><

 10時の待ち合わせに合わせ、予定通り溝部鹿児島空港ICに着いた。目指すファミレスはどこだろう?と高速を降りると、目の前にあるじゃないか!^^既におさるさんのエスクードが止まっており、程なくしんいちさんのエスクードで、とにぃさん、ノリダーさんも到着された。
 久しぶりの再開と、ニケさん、まぐろ部長@前田前さんは始めましての挨拶を交わした。

 今日のスケジュールは林道ドライブがてらの温泉、食事、観光だ。何でも日本三大秘湯の一つに案内して頂けるとか!テンションが最高潮に上がるニケさん。早速温泉に行こう!!

DSC90845.jpg
鹿児島空港から霧島温泉へ向かう。曇り空から日が差し込めてきたが、気温は上がらず寒い><

 林道走行を前に、ヴィッツを駐車場に止めおさるさんのTD54Wに我ら3人は便乗させてもらった。知る人ぞ知る脇道に折れ、狭い舗装道を行く。

DSC90850.jpg
途中待望の林道が現れ、数十分で温泉入り口のゲートまでたどり着いた。

DSC90852.jpg
ここから先は歩きで1kmを行く。

 数百メートル行くと、赤茶けた渓流が現れ川面からは湯気が立ち上る。
DSC90853.jpg
「ウオー!!」なんとこのスケールの大きい渓谷の水全体が温泉なのだ。

 入り口とも獣道ともつかない脇道を、湯気と硫黄臭漂う河原に降りた。早速川(お湯)に手を漬けてみると、「あちぃー」50度くらいあろうか川の水流全体が熱湯だ><;
DSC90859.jpg
しんいちさんと、まぐろ部長@前田前さんは見学にまわり、5人で服を脱ぎ捨て、適温の場所を探す。

DSC90866.jpg
熱かったり、浅かったりで、結局地元の人が入っていたところが一番良い温度のようだ^^

風が硫黄臭、ガスを飛ばし空気は温泉に浸かるには程よく肌寒い。日差しも差し込め、絶好の野外温泉日和だ。そしてこのスケールの大きさと、大自然を満喫し1時間ばかり温泉を堪能した。あー満足^^

名残惜しいが温泉を後にし、ゲートまで戻る。ここから林道走行だ。
DSC90874.jpg
おさるさんのTD54Wで林道ドライブを快適に楽しみつつ、車内は格闘技の話で盛り上がった^^

朝から温泉&歩きで程よくお腹が空いた。栗野岳周辺へ出て、食事の場所を探した。

霧島温泉街のさつま料理店に入り、地元料理に舌鼓を打つ。
DSC90880.jpg
さつま揚げ、きびなご、黒豚、地鶏刺し等々・・・どれも美味しく、大満足だ^^

 満腹になったところで、次なる目的地「霧島神宮」に移動だ。
DSC90882.jpg
高原の気持ちの良いワインディングロードを行く。

 霧島周辺は、坂本竜馬とおりょうさんが日本で初めて新婚旅行をした場所だと言う。そんな土地柄か、カップルや女性観光客がよく目に付く。
DSC90886.jpg
ここを2人も歩いたのだろうか。

 男女7人恋物語なら色気もあるが、男子のみ7名で行く(^^;
DSC90888.jpg
エスヲタの志はエスクードにぞっこんなのさ!

 歴史ある社殿に参り、今日無事で帰れること、またみんなと会える事でも願おう。
DSC90891.jpg
今年ももう残り少ないが(^^ゞ

 時間は午後四時。名残惜しいが、ここで解散となった。しんいちさんの挨拶で締めて、我ら熊本組は帰宅の途についた。
DSC90892.jpg
寒いはずだ、韓国岳山頂には雪が!

 わずかな時間ではあったが、20周年オフラインミーティング以来のとにぃさんとの再会に、感激した一日でした。もう茨城に帰られてますかね!また、鹿児島、熊本にもお越しください!

 見ず知らずの遠方からエスクードと言うキーワードにより集まる有志達に、人との出会いの大切さを再認識していた。もしエスクードに乗っていなかったら会う事もなかっただろうが、今こうして皆と会っていることは、なるべきしてなったのかと・・・。次は何時会えるのか解らないが、エスクードと言う旗のもと、会えなくても皆思いはひとつなのだろう。

 最後に幹事のしんいちさん、案内役のノリダーさん有難う御座いました。おさるさんも5月以来の再開で、車に乗せて頂き有難う御座いました。まぐろ部長@前田前さんは、エスクとは直接繋がりは無いが、ノリダーさん繋がりで無理言いましたね^^これを機にエスクに興味を持ってもらえると最高です♪ニケさんも毎度お疲れ^^

 それでは、又次回のオフで!! 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。