Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 10月25日、日本三大急流の一つ球磨川の源流を求め、MM君と旅に出た。
朝7時、今にも振り出しそうな天気にMM君へメールを入れた。「カッパもっていきます(笑)」との返事^^問題ない!行こう。

 8時にMM君宅で合流し、ジジで国道3号線を南下した。先日登った仰烏帽子山と同じルートを取り、秘境、そして「川辺川ダム」問題で揺れる五木村に向かった。

 川辺川、そしてダムで沈む村の代替地が望める橋の上に立った。
DSC90599.jpg
MM君は何を思うか・・・。

 五木村から大規模林道が貫通する「白蔵峠」へ向かう。竹の川から梶原川沿いを遡り、梶原を目指す。途中道に迷い、荒れた林道へ・・・もっともだんごは半分ニヤけていたが^^
DSC90601.jpg
こんな綺麗なもみじに出会うなら、行き止まりもなんのその^^

 無事ルートに復帰し、標高1184mの白蔵峠を抜けた。2kmほど下ると、左に「球磨川源流」の標識がある。左折し、源流登山口まで6km行く。

 10時半登山口着。小雨がぱらついている。雨具に着替え早速出発だー^^
DSC90606.jpg
ここから1時間

 川の右岸を歩く。最初は整備された歩道を歩くが、所々に崩れた跡が点々と!
DSC90613.jpg
左岸に渡ると勾配がきつくなってくる

 途中、安全だが尾根越えの遠回りルートと、近道だが渓谷沿いの危険なルートに分かれる。
過去に一度安全ルートを登りに取ったことがあるだんごは、迷わず危険ルートへ。とにかくこの尾根越えがハードだったのだ(><;

 しかし危険ルートだけあって、足場の悪いキャンバー歩きを余儀なくされる。足場は容赦なく崩れ、もし転落したなら無事ではすまないだろう。

DSC90615.jpg
川の幅もかなり狭くなってきた

 森林が開け、岩が多く転がる河原に降りると源流は近い。いたるところの岩の間から水が湧き出して、20~30mも行くと一本の川になっているのだ!
 ここが源流と言う、湧き出し口に着いた。
DSC90618.jpg
累々と水が湧き出す

DSC90619.jpg
「お疲れさん」、丁度1時間で源流に着いた^^

 水で喉を潤す。この一滴が集まり大きな大河となり、不知火海に注いでいるのだ。大自然の真っ只中に包まれている。海が母ならば、山はそれを育む子宮なのか!

 ひとしきり休み、雨も降ってるし早めに下山しよう。

 帰りは安全ルートを取る。くだりなら斜度のきつい坂も行けるでしょう^^
DSC90621.jpg
標高1000m以上なら紅葉も見頃だ

DSC90633.jpg
静寂の森に雨音だけ聞こえる

DSC90635.jpg
登山口近くまで下ると雨も小降りだなぁ

1時間弱。無事登山口に降りてきた。大自然を堪能する良い山だった。
DSC90640.jpg
ジジを本物のリーフで飾ってみました(^^ゞ

 五木の道の駅に寄り、お土産を物色する。紅葉シーズンのせいか、観光バスの団体さんも多い。
名物「山うに豆腐」を買い込み、帰宅の途についた。

 途中、石灰岩の岩壁が滝のように見える「白滝」に寄った。ここはプチ鍾乳洞もある。
MM君は帰りの川沿いでこう漏らした、「ここはダムに沈めたらいかんですよ・・・」。その言葉を思い出していた。まったくその通りだ。「昔はここに綺麗な川があって、沢山ヤマメがいたんだよ」なんて言いたくも無い。

DSC90653.jpg
MM君の胸にも、熱いものがあるのだろう

 手付かずの自然に触れた、良い旅だった。この風景を未来の人達へ!
 
スポンサーサイト
ジジ納車当時、スエード地の破れたシートを隠す為に、シートカバーを取り付けた。
エスクードのシートはショルダー部が絞り込まれたスポーツシート形状。店舗に普通に置かれるシートカバーは、通常タイプのものが多い。
あちこち探し回って、やっと気に入るものを見つけたのだ!嬉しかったなぁーもう^^

しかし、あれから約1年半。色褪せ汚れシートカバーをそろそろ交換しようじゃないか!

前回と同じくホームセンターを数店廻り、予算3000円以内で黒・紺限定で探した。
3軒目でやっと見つけたぞー満面の笑みをかかえ帰宅したのだった

早速リアシートから取り付け開始!
背もたれ部から被せ、シートベルトを抜け穴から通し座面に入れた。
DSC90527.jpg
まぁいいんでないかい

でも・・・ヘッドレストが取り付けられないのと、シートを倒す時のプルレバーにアクセス出来ない><
穴開ければいいか^^

次にフロント!ヘッドレスト、背もたれ共にシートを被せ、同じく座面に廻りこませる。フック付きのゴムを座面下の適当なところで固定。
DSC90528.jpg


ここで初めて気付いたが、ロゴに「ESCORT」と書かれていた
おしい!><;後3文字違いで「ESCUDO」だったのに!!

そんな事をカミさんに話すと、「ふっ」と鼻で笑われた><¥
エスヲタに光を
あいやー!本当なら17、18日にかけて登山&キャンプの予定であったが、メンツの数人が休日出勤とあいなって><少人数でポツンとやるのも寂しいから急遽中止となりました

しかも天気予報は、雨のち晴れ!朝方は雨を想定していたが、朝5時起きると雨は降っていない^^
よし!夜明け前に移動して朝焼けの風景と、改ジジの撮影をやろう!!
と言うことで、ひとっ走り出掛けてきました

益城町を抜けると夜が明けてきた。期待した朝焼けは残念ながら見えない。
コスモスの咲く、高原に車を止めた。
DSC90510.jpg
秋だなぁ・・・。「今はもう秋、誰も居ない山~」♪

DSC90511.jpg
ジジの足回りも万全です^^

DSC90516.jpg
高原に乗り入れてみた。良くある阿蘇の風景です

DSC90518.jpg
有刺鉄線が残念だなぁ><

少し足を伸ばし、阿蘇入り口の立野に向かう。
北向山原生林。ここは有史以前の阿蘇の原生林が残る、唯一のスポットだ。野焼き、人の管理がなければ、阿蘇全体はこんな原生林だったのだろうか・・・。
DSC90519.jpg
紅葉と、鉄橋を走るトロッコ列車が見れるが、紅葉にはまだ早いし、列車が通るにはまだ朝早い

すぐ近くにある、「鮎返りの滝」へ。
ここは、川を遡上してきた鮎がこれ以上登れないことから名づけられた。
DSC90524.jpg
落差は30~40mくらいあるだろう

日が暖かく降り注いできた。さぁてお腹も空いた。帰ろう!
こうして、ショートツーリングは終わったのだ^^
満を期して、ノリダーさんより受け継いだスズスポサスペンションキット&APIOスペーサーを装着した
朝から近くのホームセンターへ、ウマ代わりのブロックを購入に走る。
今日はニケさんが応援に来てくれる。それまでにジャッキアップしてスタンバっておこうと言う作戦だ^^

とその前に、現在の車高を計測してみた。
DSC90492.jpg
フロント810mm

リアは・・・
DSC90495.jpg
丁度800mmか!

ホームセンターから戻り、早速リアタイヤのナットを緩める。そして、リアセンターデフにジャッキをかけ、ブロックの高さまで上げたところで、フレーム下の両サイドにブロックを噛ませた。

そのころニケさんも到着。お疲れ様です
左右に分かれ、タイヤ、アブソーバーを取り外す。スズスポのアブソーバーはわけなく装着できるが、問題は強化サスだ。コイルの径も大きいし、長さも長い><;
購入したスプリングコンプレッサーでコイルを縮める。スペーサーを入れ、最後は力技で何とか装着
DSC90497.jpg
外した部品を組み付けて、こんな感じです^^

言葉では簡単だけど、実はかなり苦労しました
DSC90503.jpg
後ろから見た図。白いアブソーバーがシブイ!!

一息付いたところで、問題のフロントだ!前回ノリダーさんのノマドはドライブシャフトが抜けてしまい、オイルが漏れていたからだとりあえず、やれるだけやろう!

タイヤナットを緩め、フレーム下センターにジャッキをあてリアと同じよう上げる。
タイヤを外し、アブソーバーを取り外す。純正のコイルは少し縮め、アクスルを下に押し下げると難なく抜けた。
次に強化サスを縮め、スペーサーなしで仮に装着してみる。この状態でもやっと組み付く状態だ。
これにスペーサーが入ると、とても装着出来そうにない><無理に押し下げるとドライブシャフトが抜け、やっかいなことになりそうだ。
心が折れそうになる瞬間で、スペーサー無しでもいいかなぁ・・・なんてニケさんにも話した。
そんな時、ニケさんが親しくしている整備士のかたと電話で話した。「ドライブシャフトが抜けることはありえない」、「長い鉄パイプでハイジングごと押し下げるといい」との事!

プロがそう言うならやってみようじゃないか!勇気100倍
早速ニケさんは、近くのホームセンターに鉄パイプ購入に走った。だんごは、さらにコイルを縮め、フロントスタビライザーや、足が延びるのに邪魔をしているネジを取り外しフリーにした。

この間必死だった。写真も撮り忘れたよ(^^;
ニケさんが戻り、鉄パイプを梃子の原理でハイジングごと押し下げスペーサー、ゴムブッシュ、コイルと装着する。かなりの力技だが、何とか装着できた!やったーニケさん、グッドジョブ

後は取り外した部位の固定と、アブソーバー、タイヤを装着し作業完了!お疲れ様ーー(^^/
やれやれ、装着後のフロントは・・・
DSC90498.jpg
870mm!60mmUPだ

リアは・・・
DSC90499.jpg
めっちゃブレてますが、890mm!!90mmも上がってるよ

一通り片付け早速試乗。足回りの剛性が上がった感じだ。目線の位置も違う!!足回りのガタ、異音もなく、問題ナッシング^^
DSC90502.jpg
銀FISと並べても、ジジが高い!

4時間半の大工事だったが、無事作業は完了した。
DSC90504.jpg

何度か心が折れそうになったけど、ニケさんにも助けられ何とか目標達成!
ニケさん、本当にお疲れ様でした(*^^*)有難うーーー!
来月あたり鹿児島遠征、行きましょう

いやいやもう10月!今年も残り3ヶ月だよ

鹿児島遠征から2週間。ノリダーさんから頂いた、スズキスポーツショックアブソーバーキットをそろそろジジに装着したいところだ。
でもその前に、スプリングコンプレッサーが必要だと言う事で、オークションで購入してみました。
DSCN0171.jpg
商品:★値下げ★コイルスプリングコンプレッサー2本組 強力銀
★余裕の長さのコイルスプリングコンプレッサー4WDなどの作業が可能な商品はいかがですか!
★先端が1/2ドライブが付いているので、インパクトやラチェットなど廻す事ができ、大変作業性に優れています、、との謳い文句

落札合計(税込)  :1,230 円
送料(税込)    :850 円
代引手数料(税込) :320 円
合計金額(税込)  :2,400 円

昨日落札して、今日には届きました!次の週末にでも装着するか

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。