Photo Gallery

10月17日、18日九重で登山&キャンプを計画しています♪
そう言えば、今年初のキャンプだな^^

■プロフィール
九州の屋根「九重連山」。九州本土最高峰の中岳(1791m)、日本百名山の久住山(1787m)など魅力ある山域には、標高1500m以上の山が11座鎮座する。
なかでも長者原の湿地帯木道から見上げる、噴煙を上げる硫黄山、三俣山(1745m)は、九重のシンボリック的風景として訪れた人たちを魅了する。
ioou039.jpg
噴煙を上げる硫黄山

mimata040.jpg
三俣山全容

■三俣山概要
九重連山の代表的な登山口である長者原から見て正面に位置する。どこから見ても3つの峰が見えることからこの名があるが、実際には、本峰、南峰、北峰、西峰、四峰の5つの主要峰からなる。山中には、大鍋、小鍋の2つの火口跡がある。
mimata01.jpg

■登山計画
今回の登山は長者原より硫黄山、今は閉鎖中のすがもり小屋から三俣山北峰を除く四つを踏破する。
帰路は、小鍋より雨ヶ池に急降し、九州自然歩道の長者原湿地帯を抜けます。
振り向けは今まで山頂に居た三俣山を仰ぎ、その満足感と九重の表玄関として気軽に楽しめるコースとなります。
amagaike041.jpg
九重のオアシス雨ヶ池

■登山ルート
couse.jpg

■キャンプ
宿泊地は長者原よりほど近い「泉水キャンプ場」。広大な敷地の中に天然温泉が沸き、清潔感とスケールの大きなキャンプ場だ。
夜は星空の下、露天風呂で疲れを癒そう。
九重グリーンパーク泉水キャンプ村
↑詳しくはココを

■スケジュール
● 登山日・・・09年10月17日(土)
● 集合場所・・・サンリー菊陽駐車場
● 往路・・・集合時間AM7:20時→出発7:30→長者原登山口9:30着
● 登山スケジュール・・・登山開始10:00→硫黄山11:00→すがもり越え11:30→三俣山(西峰)→三俣山(本峰)昼食12:00→四峰13:00→南峰13:30→下山開始13:45→雨ヶ池15:00→長者原登山口16:00
● 宿泊・・・17:00~翌日10:00

18日は帰路にて、南小国の滝の裏から望める「鍋ヶ滝」や、一枚岩の渓流が続く「遊水峡」。そば街道付近の探索を予定しています。

kujiuu042.jpg
こんな風景が見れるかも^^

どしどし参加で
スポンサーサイト
19日(土)、ノマド最終章とも言うべき、部品バラシの旅に鹿児島のノリダーさんを尋ねた。
早朝6時、このために集まってくれた有志4人と某駐車場で合流。だんご以外の4人はバイクで、半分はツーリングの意味合いもあったとか^^

ともかく「マグロ部長」、「ニケさん」、「アギト君」、今回初カラミの「N君」とだんごで出発だ!
DSC90432.jpg

早朝の球磨川沿いは冷える。最初の休憩地坂本村の道の駅で停止。
DSC90435.jpg
暑がり、寒がりのニケさんは、「寒い~っ」と凍えそう><パーカーを3枚着込み、手袋を2枚装着して対応。

DSC90439.jpg
人吉名物のループ橋を越え、鹿児島県に突入!気温も上がり、絶好の行楽日和だ^^

予定より遅れたが、10時霧島市のノリダーさん宅周辺に到着。日差しがガンガン照り付け、「鹿児島は暑いなぁ」!!
行き違いで我々を迎えに出たノリダーさんがV-MAXで到着。「かっちょええ」!!いやいや今日はお世話になります(^^ゞ

一旦ノリダーさんの自宅に戻り、ミニクーパー風「ビストロ」とノマドの待つトヨタ「ネッツ」店へ移動だ。
DSC90443.jpg
桜島が見えてたなぁ

13日、既に外装パーツを外したノマドが駐車場に居た。
DSC90445.jpg
さて!早速掛かりますか^^

皆に軍手を渡すと、「N君」は何も知らされていない事が判明!マグロ部長から「鹿児島ツーリング行きましょう」と誘われただけとか・・・。すんません!こんな事です(^^;
DSC90446.jpg
タイヤを取り外し、ジャッキでフロントを上げサスを取り外す。元整備士のアギト君が奮闘!テキパキと各部をバラしている。
ノリノリで張り切るニケさん。だが暑さに参ってるようで(^^;

リアコンビネーションランプモールは、アッセンブリーで外した。
DSC90449.jpg
すぐさまジジに装着!

24万キロまでもうすぐのノマド。
DSC90450.jpg
ここまで走れば大往生じゃないか^^

フロントのコイル外しに悪戦苦闘><;あちこちバラして何とか外れた。
時間は正午を廻っている。後は昼食後にしよう!


うどん・そばをたらふく頂き、午後の部開始!
日差しが強く、皆いい色に焼けてきたな^^

リアは思いのほか楽に外せた。この勢いでジジに装着!と行きたいところだが、時間的に厳しい><
DSC90452.jpg
とりあえず、前後アブソーバー、コイル、スペーサー、延長キットは確保。
スペアを含む5本のタイヤホイール、ワイドバイザー、プラグコードなども外す。

残すはホイールスペーサーだけだ。ここで問題発生!?
準備した工具ではスペーサーが外せない><;ネッツのサービスさんに工具をお借りして事なきを得た^^
DSC90455.jpg
ここに来て最後の見せ場とばかり張り切るマグロ部長!

美味しいなぁ。「頑張ったー」って印象をかっさらったね^^
DSC90456.jpg

時間は午後4時。そろそろ片付け開始だ。
DSC90457.jpg
名残惜しそうに車内を確認するノリダーさん。パーツをもぎ取られたノマドはどことなく寂しげだ。

ジジに部品を詰め込み、無事終了!皆さんお疲れ様でした。またノリダーさん、最後までお付き合い有難う御座います(^^ゞ
名残惜しいが、ノマドともこれでお別れだ。これからはジジが意思を継いで走ります♪

Good-byノマド

お土産を買いに名物のかるかん屋へ。
DSC90459.jpg
ここでノリダーさんとはお別れだ。
「また部品を組み込んだら、遊びに行きます」!!「お元気で」
途中まで一緒に走りノリダーさんは自宅方面へ、我々は熊本へ分かれた。お世話になりました。

まぐろ部長、N君、だんごは元来た道を霧島方面へ向かう。ニケさんとアギト君は「溝辺鹿児島空港」方面に分かれた。
下道派の我らは、延々下道を行くのだ(一説には金が無いとも言う)^^;

栗野、伊佐市を経由して人吉へ向かう。日が暮れて普段は車も少ない道だが、シルバーウイークのせいか交通量が多い。

睡魔と戦いつつ^^午後8時八代着。
DSC90461.jpg
まぐろ部長、N君は最後の給油だ。

宇城市で夕食を採り解散だ。皆さんお疲れ様です。
休日をだんご、ニケさんのために割いて頂き、有難う御座いました。とりあえず無事に終了して良かったっすw
このお礼はまたいずれ^^

次はジジに組み込み作業だな^^
09年9月13日(日)、熊本県南阿蘇村周辺にて今年2回目の九州オフラインミーティングを行いました。
今回のミーティングは、鹿児島の「ノリダー」さんが乗り換えにより初代エスクードノマドを手放される最後のラストランを見届ける事と、雑誌スーパースージーに紹介記事を転載する特別編です。

その様子をマイHP「kumamoto four's C」に投稿しました^^

DSC0190399.jpg
九州オフラインミーティング特別編 GOOD-BYノマド

ついでに手前味噌ではありますが、うちの嫁がブログを始めました

しっぽ先生のEASYな日常

お暇なら覗いて見て下され
09年8月4日、ようやく九州北部(熊本)の梅雨明けが宣言された。観測至上もっとも遅いとか何とか・・・。
その後も、お盆まで雨がよく降った。ところがお盆過ぎから20日以上まともな雨が降らない><
何もかも乾き尽くし、仕事の合間の休憩中「そろそろ雨欲しいなぁ」なんて会話も漏れていた。

そんな熊本県に、待望の雨!乾ききった大地をしっとり包んだ。

KNさんと、街のベトナム料理店へ。食い気が何よりも勝る我らは、また今回も写真を撮り忘れ、食い終わるころに「あー!写真」と叫ぶ。
仕方ない、せめて食後のコーヒーだけ写すか。
DSC00352.jpg
下の白い部分がシロップで、かき混ぜるほど甘くなる

濃厚で美味しかった!!
次に土砂降りの雨の中、阿蘇へ向かう。あるブログで見た阿蘇の大杉を見に行くのだ。
「譲王さんの杉」樹齢1000年、大きな木から何かパワーを貰えるのかも知れない。心惹かれ阿蘇一ノ宮へ。

ある程度の場所は想定していったが、なかなか見つからない。一ノ宮、宮地周辺をウロウロし、此処じゃぁ無いだろうとUターン場所を探していた狭い農道で入り口を発見!

わき道の目の前にそれは「ドカン」とあった!!
DSC00353.jpg
で、でかい!!

千手観音の様に何本もの手を広げた大杉だ。幹周6.8mの根っこから大きな枝が左右にそして天空へ延びている。寂寥のさまに何故これほど太く、荒く、地上から燃えているのか。
やはり底知れぬパワーを放っているのかも知れない。

しばし呆然と立ち尽くす。静けさの中に雨音だけ響いていた。
薄暗い様子に、カメラが動いてくれないのが残念だ。KNさんと、「また晴れた日に来よう」と帰路についた。

久木野付近にくると雨が止んできた。
DSC00368.jpg
地上と山の間に、雲が浮かぶ

さあ!明日はエスクオフ会だ(^^/


拝啓Hちゃん。

どんな夏をお過ごしですか。だんごと言えば楽しい事と、悲しい事が織り交ざった月だった訳で・・・。

今年4月に一足早くSAYURI(猫)がやってきました。まともにペットなど飼った事がないだんごは、恐る恐る猫撫声で近付いたものです。
090717_1231~01

ワンルームの狭い部屋から一軒家に引っ越したSAYURIは、広い空間と外で遊べる自由さから、朝帰りなんて事もあり二人を心配させてくれました。
ストレスで抜け落ちた毛が見る見るフサフサになった様子から、すっかりこの家に落ち着いたものと思われ、KNさんも安心したでしょう。
090409_2051~02

6月には、HOTARU(犬)がやってきました。KNさんから実家で飼っている犬を連れてくると聞いた時、正直室内犬は・・・と戸惑った訳で、その不安は的中しました。
KNさんの車で一緒に引き取りに言った時、帰りの車でシートが毛だらけになっているのを見て、「この犬は俺の車には乗せられない」とKNさんに絡み、険悪な雰囲気になったものです。

それからの毎日は、毛との戦いでした。仕事を終え自宅玄関から廊下を歩くと、フアフアと綿毛が舞いっていました。
ここがヨーロッパのシルクロード(綿の道)ならまだしも、我が家ですから閉口した訳で、窓を開け放ち掃除が始まります。
一通り終えると、HOTARUを外に出しブラッシング。何回やってもボロボロ毛が抜けきりがありません。

夜は散歩に連れ出しますが、なかなか歩こうとしません。今思えばその頃からHOTARUの異変は始まっていたのかもしれないと思われ、食事は食べない、散歩もしない、そのうちSAYURIのノミにやられたのか、抜け毛はもっとひどくなったのです。

8月の上旬、部屋におしっこを漏らすようになりました。今までちゃんとトイレは出来ていた訳で、それと合わせて体もめっきり痩せています。
9日の朝、リビングのじゅうたんにびっしりお漏らしていました。その日は一日家を空ける予定なので、トイレシートを部屋中に敷き出かけました。
夜帰ってくると、あちこちにおしっこの跡・・・HOTARUは明らかにおかしくなっていたのです。

10日、川で遊び夕方家に帰りました。ほどなくKNさんも仕事から帰宅し、いつものように「HOTARU~」と声を掛けたのです。
はっきりと異変が見えました。下が黒く変色していたのです。あわてたKNさんとだんごは大好きなおやつを与えたり、ミルクを飲ませようとしてもまったく欲しがりません。
お盆の連休に入っていただんごが、翌日朝一病院に連れて行く事にしました。

朝8時高速を飛ばし、行きつけの病院に行きました。昨日より明らかに体調が悪くなったHOTARUは、しきりに吐き続け口は凄い異臭と舌先が真っ黒です。
血液検査から慢性腎不全と診断され、医者は高齢だから治る見込みはないと言うのです。
KNさんに連絡し、まんじりとも出来ずただ安静に、欲しがるものは何でも与えるしかなかった訳です。

翌日からは看病の日々でした。日に日に悪くなるHOTARUと、日中はにらめっとするしかなかったのですが、辛さはHOTARUとKNさんのほうが大きかったと思われ、
だんごがしてやれる事と言えば、こうして見守るしかなかったのです。夕方KNさんが帰るとホッと出来る状態です。

Hちゃん、だんごがストレスを感じていたように、HOTARUもストレスを感じていたのでしょうか?

13日、KNさんが休みでした。朝から病院です。医者は病状が悪くなっていると言いました。今してやれることは点滴で栄養をやるだけです。
連休期間中の点滴を貰い帰りました。KNさんはこみ上げてくるものがあると思われ、まぶたを濡らしています。
山登り・海水浴・・・連休の予定は全てキャンセルです。そうして16日までが過ぎました。

連休最終日の16日。HOTARUを見つめながら言いようの無い思いがこみ上げていました。昨年の夏は・・・。何故一歩も外に出れない・・・。だけど、だんごが居ない時HOTARUにもしもの事があったなら・・・。。。
頭をグシャグシャ掻き毟り、今置かれた現実と瀕死のHOTARUを見つめてはただ床につっぷするしかなかった訳で、ただただ今してやれる事を後悔が残らないようにしようと思ったのです。

翌日から仕事でした。暑さで脱水症状を起こしてはいけないので、部屋にエアコンをかけ会社に向かいました。
仕事が終わると真っ先に帰宅し、HOTARUの無事を見届けました。点滴だけの栄養で、明らかに衰弱気味と思われ、おしっこ、胃液、うんちも漏らすようになっています。
だんごはただおろおろするだけですが、KNさんが帰宅するとテキパキと処置を施し、点滴とやさしい言葉をかけました。だんごはただ感心するだけで、うんちを漏らしたおしりを拭き取ることは出来なかったのです。

18日KNさんは休みで、病院に行きました。医者は最後通告を伝え、KNさんは悲しみにくれています。
「楽にさせてやる事も」との提案もありましたが、生きている限り見守りたいと言うKNさんの思いにはだんごも心打たれ、「動物を飼うと言う事はそう言う事か」と初めて知った訳で、人は「そんな事があるから動物を飼うのはいやだ」と良く言いますが、そこまでの覚悟がある人が動物を飼う訳で、初めから飼う気が無い人の言い訳なんだと悟りました。

20日夜HOTARUは眠るように逝きました。その時のKNさんの思いはいかばかりか・・・だんごなどより遥かに長い時間を過ごしていたのでしょうから、想像のしようが有りません。
090820_0016~01

永かったような短かったようなHOTARUの生涯。動物を飼うと言う事を始めて知った訳で、そんなだんごの09年8月が過ぎて行ったのです。


その数日はとても悲しく、まともに書いては悲しすぎるのであえて「北の国から」風にて書いてみました。
沢山の方が「犬はどうなりましたか?」と声をかけて頂きました。有難う御座います。
今頃HOTARUは天国で走り廻っているでしょう!
来る今月13日日曜日、ノリダーさんのノマド勇退を記念する撮影会を行います
DSC08023.jpg

今回の撮影会は、つくばーどでおなじみの「嵐田雷蔵」さんの呼びかけによる、雑誌「スーパースージー」転載も含んでおります

都合が許す限り、ぜひぜひ参加お願いしまーす♪

スケジュール(予定)
●9月13日(日)
●集合場所:熊本産業展示場 グランメッセ熊本
〒861-2235
熊本県上益城郡益城町福富1010
TEL 096-286-8000
アクセス
●集合時間:午前10時

皆さん揃い次第、南阿蘇某場所に移動し、撮影会を行います。
昼移行は南阿蘇村にて食事と、雑談会(軽く走行会)としたいと思います。

ノリダーさんノマドの最後の雄姿を見る機会となりますので、ご参加宜しくお願い致します

WHAT'S NEW?