Photo Gallery

昨年末だったかな・・・「今までに無い登山をやろうよ!」と、MM君と話していたのは^^
MM君が言うところの『山部』、だんごなら『K4C』、一つの布石とも言える登山を考えていた。

いくつかの候補の中から、「南阿蘇縦走登山」に決定した!!
西原村「萌えの里」より高森峠まで30kmを、一日で歩こうと言う計画だ。
!cid_195b6dd7-beec-4d20-9064-d6c373fb7be0.jpg

阿蘇外輪山の周囲は128kmに及び、27越え、48峠があったと言う。その四分の一、西から護王峠、地蔵峠、駒返峠、多津山峠、天神峠、清水峠、長谷峠、崩戸峠、中坂峠、高森峠の10峠、同時に俵山(1095m)、大矢岳(1220m)、大矢野岳(1236m)、高千穂野(1101m)、無名峰(994m)、無名峰(937m)、無名峰(917m)、無名峰(871m)のピークを踏み、912mの清栄山登山口に至る。

kouteihilyo.jpg
MM君が作った、高低表

これだけの距離だ、普通では無理だろう><これから脚作りにトレーニングだ!!
そう思いながら家に帰る。
090331_1821~01
明日からにしよう^^
スポンサーサイト
先日のタイヤ交換時、ブレーキパッドの厚みが2mmぐらいしか残ってないのを確認していた。
それからインターネット、カー用品店、ディーラーなどで価格を調べ、一番安価なネットオークションでブレーキパッドを購入することとなった。
DSC00977.jpg
◆品番 PF-9301
◆メーカー 日清紡
◆フロント用1セット4枚

純正品と比較して、耐久性、泣き、制動力など不安は有るが、価格を重視した結果です

ブレーキパッド:4263円
送料:800円
工賃:5000円(交換、ブレーキオイル補充)

ちなみに純正のパッドは、11.000円

20090328.jpg
いつものところで^^

交換終了後、試走!低速からの制動で若干泣いている><;
でも、タッチ、剛性感、制動力は純正とほぼ同等^^価格で考えると満足~♪

DSC00981.jpg
満開の桜の下で思う・・・「オークション最高!!」
先週の寒さは何処へやら???春でーす!!って感じの暖かな土曜日、EAZY-EAZY・KNさんの企画で、いちご狩りに行って来ました(^^¥
何年ぶりだろう・・・幼稚園の時に行ったような(遠い目

ニケさん家に集合し、一路七城町へ!!
今回の参加は、ニケさんファミリー、まぐろ部長、ハマーさん、KNさん、だんごと、後でJB23さんが合流の計7名+Mちゃんです

走り出してすぐ、「いかん!デジカメ忘れた~」・・・。。。もう遅い、このまま行くしかない!

飛田バイパスから、県道に左折。のどかな田園風景を走ると、JB23さんが、最近乗り出したCB750Fで待ち伏せ中(^^;合流し、ジジ、まぐろ部長のヴィッツと3台走行だ。

予約の時間より若干遅れ、七城町の某いちご園に着いた。このいちご園は、食べ放題の時間が30分と短い。実は昨日予約を入れた時、食べ放題の時間を長くしてくれとお願いしていた。
「私達子供もいるし、食べたい盛りの男の子なので、ゆっくりしたいのです」、とお願いすると、「時間は測っちゃおらんです。好きなだけゆっくり食べて下さい」と♪

その言葉を胸に、「昨日予約しただんごです!」と言うと・・・「予約が見つからんです・・・手違いかな?」。なんてことだ!!いやいや待て、「確かに昨日予約しました」、「夕方5時ごろです」・・・。
すったもんだした挙句、受付のおじさんは携帯を取り出し、電話を掛けはじめた!
「昨日夕方予約された、だんごさんが来られてます・・・ちゃんと伝えんといかんバイ・・・」と相手を叱る声、そして電話を切ると、「こちらへどうぞ~」と満面の笑みで歩き始めた。

「ここは予約のお客さん専用にとってある場所です」、「この一列全部食べて下さい」と!奥行き30mばかしある広いビニールハウスの一列(両面)には、真っ赤に実った大粒のいちごがどっさり^^
090321_1237.jpg

「時間も好きなだけ、腹一杯食べて下さい」と。あ~良かったと、だんごとKNさんは心から思った。「よっしゃー!食よう~♪」

とにかく大きいものから食べる。「美味しい♪」、練乳を付けなくても甘~い。
まぐろ部長は、「いちごってこんなに美味しいものだったんですね」を連呼!!
090321_1241.jpg

Mちゃんも食いつく
090321_1236.jpg

20~30個は食べただろうか・・?意外に腹が溜まる。しかもビニールハウスは熱い><;時間は30分ぐらいしか経っていない。十分かも^^

それぞれに堪能したところで、温室から脱出!!お腹一杯で満足~
「ありがとうございましたー」と、おじさんにお礼を言い、次はだんごの家でバーベキューだぁ!!

一路南へ。途中、菜の花とひともじと土筆を摘む。KNさんが、おひたしにしてくれるのだ。
春の河原は気持ち良く、昼寝でもしたいなぁ^^zzZ

だんごの家に戻り、早速炭を起こす。なかなか火がつかず戸惑うが、何とか後続のニケさんファミリーが着くまでには着火出来た。
さぁ!乾杯だぁ!!と言う時に珍入者(物)どこからともなく、大きなゴールデンリトリバー犬が肉めがけて走りこんできた(@@;

慌てて首根っこを掴み、肉の乗ったテーブルから引き剥がす!一旦は近所の子供が連れ去るも、また乱入!KNさんとだんご、近所の子供総出で、買主であろう家に連れ戻し、鎖をかけたヤレヤレ

さぁ!乾杯と始めると、今度は近所の子供達が、「お腹空いた~」、「喉渇いた~」、「肉食べたい~」とうるさい><
子供達の暴言に、大人だから耐えろと自分に言い聞かせて、何とかいなす。
心の中では、「ニケさんと、KNさんを怒らせら大変な事になるぞ」と思いながら(^^ゞ
散々横槍を入れられるが、夕方5時のチャイムが鳴ると、蜘蛛の子散らしたように消えていった。
ハマーさんが、女の子をずっと男の子と思ってたのがウケたけどw
あ~疲れた。。。

最後は焼きそばで締め、何とか無事バーベキューは終了した。お疲れ様ですw
なかなか忙しい一日だったが、楽しめました(^^/
皆さん、次回も宜しくですwww
08年3月24日、めでたくエスクードオーナーに返り咲いて早一年^^
購入時走行距離、98,730kmだったジジは、今は120,500kmこの一年で21,000km以上走破した事になる!!
DSCF0179.jpg
納車当時のジジ

この一年、大きなトラブルは無く、キャンプに山登り、クロカン走行に大活躍してくれた。
昨年夏はガソリン高騰に泣いたが、思った以上に燃費も延び、コンスタントに10~11km/Lを維持してくれている。
これからも、益々活躍するのだぁ!!

最近はエスクードに興味を示してくれる人も増え、この3連休初日、中古のエスクードを見に行った。

ニケさん、中じいさん、TG君(以降ピエール)とだんごの四人で、オークション代理店に向かった。
全国のオークションから、ピエール希望のグランドエスクードを探した。
レア物の4型、FISなどあるところにはあるもんだなぁ・・・^^
70100710173.jpg
希少な4型

10552016_200211f.jpg
一押しのFISリミテッド

多分、クロカンをやらないピエールには、大人数乗れるグランドエスクードは、値段もこなれて良い選択だと思う。

結局、「これ!」と言うのは見つからなかったが、希望の条件が揃う車が出てきたら連絡を貰うと言うことで、店を後にした。

次に、中じいさんが最近興味を持ち出した、ジジと同じ初代エスクードの中古車を見に行った。
ネットでチラッと見て行ったが、場所が解らず四苦八苦><;

携帯PCサイトで探し、何とか店にたどり着く(^^;通りより一本奥だもの・・・解らないはず!!
U00001655614L.jpg
1995年式、HHリミテッド。走行4万キロ^^

汚れているが、磨けば素材は良いと見た!だんご的には気に入ったが、問題は5MT!中じいさんは、AT限定免許だった・・・(泣

店主のよると、エスクードの中古は海外での貿易に引きが多く、2件ほど問い合わせがあったらしい。
早くしないと、無くなる~
しかし、免許の条件違いは致し方ない><とりあえず退散!

もう一店、2代目エスクード中古車を見に行ったが、時既に遅し・・・現車は業者に流れた後だった><
即決とは行かないが、中じいさん、ピエール共にエスクード熱が上昇したのではないか!?とだんごは思う^^

エスクード仲間が増え、皆でツーリングすれば楽しいだろうなぁ♪その為には、だんごが楽しいエスク道を伝えなければ(^^ゞ

最後に、何故TG君が自称ピエールなのか?謎は残ったままだった
八方ヶ岳登山、翌15日。朝から晴天^^「また山行きたー」と心から願うが、悲しいことに今日は仕事><
仕事に出なかったとしても、今日は会社行事のQCサークル発表会が行われていた。どちらにしても拘束される。なるべく青空を見ないよう、うつむき加減で会社に向かう。
この不景気の時勢に休日出勤なんて!必要最低限の人員で装置出荷の業務だった。

相棒のIさんと就業前の一服をしていると、前方からMM君がニコニコ現れた。
「あら!MM君も出勤?」、「だんごさん、今日リベンジ行きましょうよ、阿蘇に」。「今日は、スタッドレスタイヤ付のフォレスターで来ましたよ~」とやる気十分のMM君。
昨日、阿蘇に登山出来なかったリベンジをだんごも考えていたが、MM君のリベンジは雪道を走るリベンジだった^^
「了解!昼で仕事は終わるから、QCサークルに行ってる皆に声をかけよう」。昨日のメンバー、まぐろ部長初め、ニケさん、中じいさん、JB23さんらにメールを送信した。

仕事は順調に進み、11時半には出荷が終了した。会社を出て、一旦だんごの家で皆の到着を待つ。
ほどなく、ぞくぞくと人が集まりだした!ニケさん、TG君、中じいさん、小次郎、まぐろ部長、N君・・・(・・;MM君と、だんごを入れて8名。車とバイクが家の駐車場から溢れている!!

車・バイク談義は尽きないが、あまり騒いでは近所迷惑なので、さっさと行くよ~♪

バイクの小次郎と、N君は帰り、MM君はまた別の友人を迎えに、フォレスターで出発した。
「阿蘇らくのうパーク」上の展望台で待ち合わせだ。だんごのジジにまぐろ部長、ニケさん、TG君が乗り込み、4人で出発!!

5分も走ると、早速買い食い^^アイスを食べながら南阿蘇を目指した。昨日の寒さがウソのように、暖かい。窓を開け、風を入れ走る。

「阿蘇らくのうパーク」まで、雪はまったく無い。その先の阿蘇グリーンロードに入ると、道路脇にちらほら白いものが・・・。「こんなに天気が良いから、もう溶けたよね・・・」。
展望台に付き、MM君一行の到着を待つ。天気は良いが、風が強く寒い!ニケさんは、まぐろ部長の風下に廻り、風除けとしている^^
DSC00963.jpg
テンション高い時のまぐろ部長^^

MM君一行が現れた。友人を二人連れている。早速標高約1000mの地蔵峠に出発!!
十文字峠を抜けると、日陰には雪が残る。フル乗車のジジは、2WDのままで滑る><;4WDに切り替え進む。あっけなくというか、何のドラマもなく地蔵峠に着いた。
駐車場から徒歩5分で、真の地蔵峠(お地蔵さん)が有る。ここはどうにかして、地蔵まで行かないといけない。
「地蔵に手を合わせると、ご利益があるよ~」、「凄く景色が良いよ~」と、まぐろ部長、ニケさん、TG君を階段に導く^^初プチ登山に参戦だぁ♪

いきなりの急階段><早速ヘコタレ気味の皆に、「すぐ着くから」と猫撫で声で誘う。登山道には雪が残り、まさか山に登ると思いっていない皆は、軽装で靴も街用だ。「寒い、滑る、きつい!!」とブーたれながら上を目指す。
DSC00964.jpg
テンション急降下のまぐろ部長^^

最後の階段、ほんの後20~30歩のところでまぐろ部長は諦め寸前。後少しとなだめ、やっとの事で地蔵峠に着いた。ヤッホー~!!
4体のお地蔵に手を合わせ、阿蘇五岳を眺める。「ほら見てごらん、この雄大な眺め!!」。これがあるから、山は止められない^^
DSC00965.jpg
阿蘇、高岳と根子岳

まぐろ部長、ニケさん、TG君が、この時どんな心境だったか、だんごには解らないけど、開放感と、小さな達成感を味わえたのではないかなぁ・・・^^
DSC00967.jpg
雄大な景色を見入る(・・

一息つくと、思い出したように寒い!標高1000mは伊達じゃないぜ(@@;ニケさんは我慢の限界らしいが、まぐろ部長はテンションを揚げて来ている^^
DSC00968.jpg
裕次郎ばりのこのポーズ^^

だが、我慢の限界><早速下山(?)することにする。

溶けかけた雪で、登山道は猛烈に滑る。
DSC00970.jpg
強烈ーwww

何とか無事皆生還した(^^¥
DSC00971.jpg
イエーイ(^^/

TG君が何度もこけそうになり危なかったと言う。「そんな格好でくるなんて、山を舐めてるよ!!」とだんご^^皆、山に登ると思って無いって(^^゛はは
DSC00972.jpg
無事帰り付き、テンション最高潮のまぐろ部長^^

しかし、気温が全然違う。暖かい^^人心地ついたところで、この後どうしょうか・・・?
雪中走行が物足りない!もっと日当たりの悪い、清水峠を目指して出発!!

一車線の九十九折が続く、狭い峠道だ。傾斜もキツイ。高度を上げる旅に、南阿蘇の大パノラマ♪期待した雪はあまりなかったが、この景色と空気に満足。
DSC00973.jpg
気持ち良いけど、寒~い><¥

阿蘇外輪山を越え、山都町へ218号線を行く。途中、唐揚の買い食いをし、ここでMM君一行と別れた。
445号線を熊本市内へ。夕闇が迫り、「この後何食べようか?」などと、胃のトレーニングは欠かさない我らだった。

阿蘇登山リベンジは、またの機会に^^
金曜日夜、降り続く風雨・・・天気予報は回復傾向と伝える。明日の登山は出来るだろうか?皆に集合のメールを送った今でも、実際現地に行ってみないと解らない。多少の小雨くらいなら決行!そんな思いで前日を過ごした。

当日の天気は、だんごの予想を超えていた。朝からの阿蘇乙姫の天気予報は、降水確率40%、最高気温4度、かなり冷え込む事は想像出来たはずだったが、最近の小春日和や、前日のニュースでは福岡県で桜の開花も目にしており、「寒いって言っても雨よりましだ」と、軽い気持ちでこの冬ずっとリュックに入れていたアイゼンを、持ち物リストから外した。

午前7時半、今回初参加のTさんを迎えにKNさん(EAZY-EAZY)と阿蘇を目指す。どんより雲が垂れ込めているが、雨は止んでおり時より雲の切れ間から青空も覗く。久々の本格登山に、気分も高まってきた♪

国道57号線を大津付近までくると、白く雪が積もった車を発見!「え!雪?・・・」。まさか、阿蘇は積もってるのか・・・(・・;
不安は的中した。立野付近まで来ると、山の上は真っ白だ><
DSC00936.jpg
ニュースでは雪って言ってなかったよ~><

「雪・雪~」^^はしゃぐ気持ちと、果たして阿蘇登山道は登れるのだろう・・・?との思いが駆け巡る。四駆のジジはまだしも、MM君はネイキッドで合流の予定(@@;無理かも
登山口まで行けたとしてもこの雪だ、アイゼンを置いてきた事を後悔><
DSC00937.jpg
赤水付近

とりあえず、定刻の待ち合わせ場所でTさんを待つ。外は寒風吹きすさぶ極寒><「春は名のみよ~風の寒さよ♪」って、薄着でやせ我慢するが、目は涙目っす><¥

初対面のTさんが遠路はるばる現われ、簡単に挨拶を交わした。とても良い感じの方で、ほっと安堵もつかの間、雪降りしきる阿蘇山頂駐車場も目指した。
徐々に路面にも雪が積もり、MTタイヤのジジは滑る!四駆に切り替え、さらに上を目指すが、この雪「スタッドレス」、「チェーン」、「四駆」で、どれかのキーワードに掛からないと登れるはずが無い。
案の定、道がバスでふさがっている。バスは夏タイヤか、アクセルを開けると横にスライドして動けない。
ジジの目の前の車も、スリップし立ち往生。この気候は、だんご、KNさん、Tさんも予想外だっただろう。

外は吹雪。果たして山に登れるのだろうか・・・?そんな状況でのKNさんの判断は早かった。「このままもし登山口まで行けたとしても、この軽装で冬山は登れない」、「八方ヶ岳に変更しよう!」そう決断し、MM君に引き返せと連絡。さすがっす!!
ジジをUターンさせ、MM君、中じいさんと合流。一路県北を目指す!!

下界は小春日和。車に入る限り、さっきまでの悪天候がうそのようだ。のどかな農村地帯を抜け、目的の矢谷渓谷キャンプ場に着いた。
時刻は11時半。後で合流するまぐろ部長初め、ニケさんファミリー、ハマーさんとの待ち合わせ時刻、15時半に間に合うよう、急いで登山準備。

渓谷沿いの舗装道をしばらく歩き、いよいよ八ヶ岳登山口だ!!
DSC00938.jpg
余裕の笑顔で^^

渓谷の右岸、杉の造成林を歩く。前日の雪雨の影響か、登山道は時より川のように水浸しだ。
緩やかな勾配が続き、積もる雪と流れる渓谷に、気分はとても良い^^時より現れる壁は、滑る足場に注意して慎重に進む。
DSC00944.jpg
「じっちゃんの名にかけて!!」

普段からジョギングをやっているTさんは、足取りも軽やかだ。今年初登山のKNさんも、ホームグラウンドで慣れた八ヶ岳に、軽快に歩を進める。MM君とだんごは何時も通りだが、今回2回目登山の中じいさんが早くもバテ気味。自分の呼吸で歩を進めるようにアドバイスするが、余り時間も無い。グイグイと引っ張るしかない^^
DSC00940.jpg
滑る~

何度か川を渡り高度を上げる。V字上の真っ直ぐな登山道を抜けると、八ヶ岳の肩に出る。右折し、気持ちのいい稜線の小道を、アップダウン繰り返す。
DSC00951.jpg
ちょっと日が差し込む^^

このあたりから突然冷えてきた。気温0度近いだろう。細い尾根では風が吹きぬけ、体感温度はもっと寒い。体を動かしていないと、とにかく冷える。
DSC00953.jpg
WISH!!

13時半、無事八ヶ岳山頂に到着した(^^/気温マイナス2度!極寒><。山頂は広く平坦で、80坪ほどありそうだ。展望は360度に渡り、遠く金峰山や、鞍岳が見える。さっきまでいた阿蘇は、相変わらず黒い雲の中だ。記念撮影もそこそこに、遅い昼食に有りつく。
DSC00955.jpg

雪の上にレジャーシートを敷き座るが、お尻が冷たい><手袋を脱いだ手も、かじかむ。ガスで湯を沸かすが、寒さと風でなかなか沸かない。さっきまでの小春日和が懐かしい・・・標高1000mちょっとでもこの寒さだ><やっぱり阿蘇山頂は無理だったなぁ。変更して正解^^

体の芯まで冷えたところで、下山開始!体を温めるのと、合流隊に間に合うよう急ぎ足だ。
DSC00959.jpg
またまた、「じっちゃんの名にかけて!!」

来た道を戻る。予想外の天候にタイトなスケジュールとなったが、土つかずで、皆無事に下山した。
DSC00961.jpg
下界は暖かいぜ!

バタバタと、合流隊の待つ「水辺プラザかもと」へと向かった。


登山~その後

登山組5名に合流隊5名が参加して、また一路阿蘇を目指した^^
立野の「山椒茶屋」で、打ち上げ&Tさん見送りの食事会だ。先に着いたまぐろ部長がうなだれている。
何処かでズボンを引っ掛け、破れたようだ^^「全部切ってチャイナドレスにしょう!」、「裾を切って、ホットパンツにしたら」と勝手な事を言う^^マジで凹む姿が可笑しい。
みんなのアイドルMちゃんは、ニコニコ笑いを振りまき、場を和ませてくれる。わずかな時間の為に、合流隊が遠くはるばる顔を揃え、こうして食事出来る事に感謝。

Tさんは満足して貰えただろうか?熊本の山は始めてとの事で、入念な計画も立てていたが、自然には勝てないし、逆らわず順応するのが安全だ。予想外の展開になった事で、色んな意味で感慨深い登山になったのでは!?と想像しますw

こんな、すっとこどっこいの私達ですが、長い目で見てやって下さい(^^゛

いい歳してシャイボーイ、今回も終始ポーカーフェイスで過ごしていた中じいさんに、最後の締めの言葉として「今回の登山について総括を!」と振ると、以外にも「山は楽しいです!」とはっきりと答えた。
その言葉で報われる。どんなに辛い山行でも、下山し帰路に着く道すがら考えるのは・・・「良い山だった。次は何処に・・・」。それが、我らストイックなK4Cだからだ(^^;


おまけ
Tさんを、駐車場まで見送り別れた。この後飲み会らしい(・・;タフ。ほどほどの走りで、無事帰宅願います。
Uターンし、熊本市内を目指す。最後はハマーさんとKNさんとだんご。ほっとしていた。程よく疲れたが心地よい。

前方には夕日に染まる熊本市内。長い一日が終わろうとしていた。3人の会話の中で、ふともう一度背後の阿蘇を振り返った。「もう一度、リベンジを!」、そう考えていた。
DSC00874.jpg
みんな~!お疲れ様でした^^/
初参加予定だったメンバーが欠員になったので、「もっと死ねるコース^^にしよう!」との意見があがり、登山対象を変更致します(^^゛

熊本空港は、いつの間にか「阿蘇くまもと空港」と名前を変えていた!世界一のカルデラを持つ阿蘇は、「熊本に有り~!!」って感じですかぁ(^^;
とにもかくにも世界一の阿蘇、その核心部!阿蘇中岳ロープウェイ乗り場より、砂千里~高岳~中岳への縦走を行います♪

●登山日・・・変更なし
●集合場所・・・阿蘇中岳ロープウェイ乗り場(無料駐車場)
●集合時間・・・AM10時
●山名・・・高岳(1592m)、中岳(1506m)
●スケジュール・・・往路:砂千里10:30~中岳稜線11:00~分岐11:30~高岳11:45~天狗の舞台12:00
復路:下山開始13:00~分岐13:20~中岳13:30~仙酔峡ロープウェイ火口東14:00~登山口15:00
asotakadake.jpg
※水場は有りません。水分は持参で!
※日陰はまったく有りません。日焼け対策を!

今更阿蘇を語るでもないが、広大な砂千里、ネーミングがぴったりの天狗の舞台。月見が似合いそうな月見小屋。煙を上げる中岳火口縁を歩くスリル!!などなど・・・見所満載の企画です^^

楽しい山行にしましょう~♪
2月後半から、雨の日が多い。スタッドレスタイヤのウエットグリップの低さは、上津江~菊池間兵戸峠下りで、2回スピンしたことで身に染みた(^^;
もう雪は降らないだろうと、夏タイヤに交換する事にした。
DSC00934.jpg
BFグッドリッチ
以前TD52Wに装着していた物を、押入れから引っ張り出し行きつけのスタンドで交換してもらった。
純正65より75にUPしているので、ホイルハウスとの干渉も懸念したが、何とか当たらず装着出来ました^^
DSC00935.jpg
しかし、硬い><;音もうるさいっす(泣き
本当は車高も上げたいところだが・・・。

そんな昨日、気圧の谷の影響か、阿蘇では積雪らしい(・・;
DSC00932.jpg

おまけ
「昭和の町」で町おこし中の、豊後高田市で「昭和のたばこ」見つけました^^
DSC00911.jpg
「峰」は山好きにとって良いネーミングでは^^チェリーは父が吸っていたなぁ・・・。
シンセイやワカバは、金の無い学生時代世話になりました(遠い目
来る3月14日、K4C今年初の登山を行います(^^/

登山日程

● 登山日・・・09年3月14日(土)

● 集合場所・・・益城町惣領「黒潮市場」駐車場、阿蘇「カドリードミニオン」駐車場※1

● 集合時間・・・AM10時

● 山名・・・冠岳(1154m)※2

冠岳概要・・・立野谷より、南阿蘇山系「俵山」、譲王峠、地蔵峠へと続く稜線より派生した単独峰
登山口の地蔵峠より殆ど起伏は無く、平坦な整備されたなだらかな森林地帯。登山道右は南郷谷に続く自然林。左は杉の造成林で赴きに欠ける><
分岐より先は、視界が開け阿蘇特有の草原地帯が広がる。山頂手前の熊笹は厄介だが、山頂の展望は360度に広がり、遠く久住、由布、阿蘇、祖母、九州山地が一望でき、困難を忘れさせてくれる^^
DSC00276.jpg
冠岳

● スケジュール・・・往路11:00地蔵峠登山口~12:00分岐~12:30冠岳
復路13:30下山~13:50分岐~14:30地蔵峠登山口~15:00地蔵峠~15:30地蔵峠登山口
※1大分の「ちょこたんさん」初参戦の場合、だんごは別ルートで地蔵峠集合します
※2登山場所の変更あり!!

一足早く、春の風に吹かれて草原を歩きましょう~♪
どしどし参加!お願いします^^

WHAT'S NEW?