Photo Gallery

九州北部に、第一級の寒波!これは山に行かない訳にはいかないだろう♪
なにせ、4WDにシフト出来る未舗装道が減った今日、雪道走行は気軽に4WDが楽しめるからね~^^

何時ものように、美郷町の445号線よりアクセス。標高1000mの二本杉峠を目指す。
ペアピンカーブの続く、狭い山道を登ると早速銀世界
水汲みポイントで、給水。
DSC00843.jpg

雪もチラホラ降ってきた^^
DSC00844.jpg
澄んだ美しい水♪

ポリタンクを詰め込み、さらに先を目指す。

峠近くは、樹氷も見れる。車を止め、しばらくボーッっと*^^*
DSC00850.jpg
白と黒、モノクロの世界!

二本杉峠を越え、五家荘の核心部へ!!
DSC00851.jpg
峠には、誰も居ない(^^;

峠より、下屋敷まで長い下りを慎重に走る。
モノクロの世界に、突然眩い色がぁ!
DSC00852.jpg
片足の金髪マネキンを撮影している人が・・・???
世の中には変わった趣向の人もいるからね(^^;
DSC00860.jpg
ジジもビックリ!?

気を取り直し、先を進む。下屋敷を抜け、久連子へ。標高1000mのスーパー林道に駆け上がる。
途中、わき道の林道に寄り道し、道路内の川(?)で泥除けの雪を落す。
DSC00862.jpg
手がしびれる~
DSC00863.jpg
氷のオブジェ

期待した尾根沿いのスカイラインは、日当たりが良いのか雪が少ない><
しかし!?水が滴る岩肌に・・・
DSC00864.jpg
ツララの群生^^

スーパー林道を降り、ダムで沈む町「五木村」を目指す。

私はブログ内で、なるべく美しいものを紹介し、皆の興味を惹こうと日々心がけているが、時には足元の現実を見ないわけにはいかない・・・。
日本最後の清流と言われ、巨大アユの生息する美しい清流「川辺川」は、ダム工事により姿を変えている。
DSC00866.jpg
周辺道路、護岸の整備。立ち退き、砂防ダムの建設により、川の周辺は昔の面影が無い><
ただ水だけは美しく流れ、利権と言う一部の権力者に翻弄された末路だ・・・。
この事を考えると暗くなる。唯一の望みは、県知事が「ダム不要!」を表明したことだ。

五木村一の繁華街?道の駅に立ち寄る。
DSC00867.jpg
道路が整備され、家が新しくなり以前より便利なのかも知れない。
都会人だけのエゴで、自然を守って欲しいと願っているのかも知れない・・・。ここに来るたびに複雑な思い・・・(@@

DSC00868.jpg
この清流が残りさえすれば・・・。。。

五木村より、以前紹介し大通峠へ向かう。

標高776mの、大通峠より右折し、やっと今回の目的地「子別峠」へ向かう。
DSC00869.jpg
狭い尾根沿いの村道を抜け、標高996mの子別峠に着いた。

ここは昔、五木村周辺集落の貧しい人たちが、我が子を売りに出し此処まで見送ったと言う悲しい別れの場所だ。
食い扶持を減らす為・・・、働いて仕送りを貰う為・・・。送り出す親、預けられる子供の気持ちは意かばかりか・・・?
峠は五差路、熊本方面に下る道は一本。峠より先は四方に分かれ、それぞれの村落から子供が親に手を引かれて歩いて来たのだろう。
DSC00871.jpg
峠が人生の岐路とすれば、この四方の道の何処を選ぶだろう。だんごの事だ、きっとイバラの道を選ぶだろう^^

峠横に、ひっそりと佇む地蔵に手を合わせ、旅の安全を願った。
DSC00872.jpg
幾千の人達が、此処で手を合わせたのか・・・。

無音の静寂があたりを包み、心地よい。何故か後ろ髪引かれる思いで峠を降った。
DSC00876.jpg

次の旅立ちは何時!!
スポンサーサイト
今年初のK4Cイベント開催!って、いきなりだったんだけど^^
某町の駐車場に集合。今回の参加者は、JB23さんと、初参加の白エスクHH(以下Fさん)だ。

南阿蘇グリーンロードを登る。阿蘇らくのうパークを過ぎ、十文字峠付近でいきなりの積雪(・・;
HTタイヤのJB23さんを先頭に、ATタイヤのFさん、スタッドレスタイヤのだんごの隊列で進む!!
DSC00811.jpg
Fさんは、初の雪道走行!大丈夫かな・・・?

登りはトラクションさえかかればクリア出来る。HTタイヤのジムニーはさすがに辛いのかなと思ったが、なんなく標高1000mの地蔵峠をパス!

降りは惰性で車速が乗るのを抑え、充分減速してコーナーをクリア。途中完全アイスバーンもあったが、無事グリーンピア南阿蘇まで降った。
DSC00815.jpg
阿蘇五岳^^景色は良いが、風が極寒><

白水まで降り、吉田線より阿蘇山頂を目指す!!
DSC00818.jpg
気温マイナス1度!寒い~><;

期待した阿蘇登山道は除雪が行き届き、雪なし
阿蘇の火口へ向かう。
DSC00822.jpg
噴煙やら、雪やら、雲やらで煙る中岳火口^^

スキー場跡地の駐車場で遊ぶ^^一般の人の白い目を気にしつつ、2WDでドリフト、カウンター走行!!
ひとしきり遊び、この後どうしょうか・・・?
DSC00824.jpg
まだ物足りない!!坊中から高森まで日ノ尾峠越えだ~♪

一旦、一ノ宮まで降り57号線を北上。途中、右折し旧道を走る。別荘郡を横に見て、狭い峠道を登り詰める。
DSC00833.jpg
目前に迫る、根子岳。

2WDのままで走っていたので、途中Fさんは横を向いたらしい^^;先頭を走るだんごはつゆ知らず、日ノ尾峠にたどりついた。
DSC00834.jpg
標高は低いせいか、寒くないぞ^^

DSC00837.jpg
昔は林道だったこの道も、今は完全舗装・・・残念><¥

無事高森まで抜け、帰路に着く。スズヲタの健全な休日は、こうして暮れていくのだ♪
DSC00840.jpg

俵山峠で、熊本市内の夕日を眺める。何事もなく、無事帰れた事を夕日に感謝。
JB23さん、Fさん、お疲れ様でした(^^/
冷える~><熊本県山間部も積雪の模様!まぐろ部長と、雪の五家荘に出かけた。

標高1000mの二本杉峠、積雪5cmぐらい
DSC00769.jpg
ジジも喜んでますw

初めての雪に!
DSC00772.jpg
本家ジジも大喜び

二本杉の名前の由来
DSC00774.jpg
残念ながら、1本枯れたのだ・・・。。。

二本杉峠から、白山方面へ。降りの道にビビリながら先へ進む。
DSC00782.jpg
車ジジも雪化粧

DSC00783.jpg
泥除けが、雪まみれ><;

さらに、大行寺山(釈迦院)へ。
DSC00794.jpg
雪が降ってきた♪

DSC00797.jpg
めっちゃ降ってますし!!

釈迦院から、3333段の石段頂上まで歩く。石畳の道は滑る~
DSC00803.jpg
展望台でたそがれるまぐろ部長!

ジジのテール^^
DSC00808.jpg

まぐろ部長のテール^^
DSC00807.jpg

果てしなく、雪は降り積もったのだ
降りしきる白い雪。何処までも白く、一点の曇りも無い。

何故雪は白いんだろう・・・?それは、人が忘れかけた潔白さを取り戻す為ではないか・・・。
DSC00693.jpg

人間は皆やさしく、思いやりがある。困った人を助け、疲れた人を癒す。
生まれた頃を思い出して。母は優しく微笑み、父はこう言った。「生まれて来てくれて有難う!」。

そこには、何があっても、どんな事が起きても守り抜く、愛が溢れていたはず。
その気持ちを、誰しもに向けられたならば・・・。。。

正直に生きれば損をする。まじめに話すと煙たがられる。やさしくすると脚を取られる・・・。
やった者勝ち!策を使え!楽出来ればそのほうがいいじゃん!

そんな、ちょっぴりスレた心に、白く穢れない雪が降りしきる。
やがて雪は溶けて水になり、人の喉を潤す。
DSC00700.jpg

白い雪に、人間は浄化される。
そんな風に思うと、雪は何処までも白く、気高く、美しい。
2009年初ドライブ♪
早朝6時の国道3号線は、マイナス5度を指していた・・・。。。
DSC00707.jpg

鹿北~八女間の小栗峠。一台の先行車もなく、軽快に飛ばす~^^
次第に雪がちらほら・・・
DSC00717.jpg
安全第一!

福岡県の某都市は、こんなありさま!?
DSC00720.jpg
ここは九州だよ><;

初詣、初詣~♪
DSC00731.jpg
いっぱい鳥居をくぐると、良い事あるかな^^

DSC00733.jpg
沢山の方の、一喜一憂が詰まってます(^^ゞ

DSC00736.jpg
この娘達の未来に、幸あれ(^^/

とりあえず、新年明けましておめでとう御座います。
今年も、宜しく~ヤッホー

WHAT'S NEW?