Photo Gallery

今日は郷里の夏祭り^^だんごの実家では恒例の親類が集まるので、夕方帰省した。
少し時間があったので、ブラックバス釣りの名所萩尾の溜池に寄ってみた。
だんご自身バス釣りはしないけど、JB23さんより聞いていたちょっと四駆で遊べるところがあると言うのが目当てだ(^^ゞ
080824_1559~01
水が引いて露呈した砂場を走る

日は夏の光だが、そよぐ風は涼しく秋はもう近いのかなぁ・・・
しばらく遊んで、堰堤に登った。
080824_1607~01
ピンク色の綺麗な花は、彼岸花にも似ている

やっぱり秋だね・・・。。。

親、兄弟、親戚が揃い、なごやかに宴会は始まった^^
滅多に食べられないご馳走を沢山頂いた♪

今日はF1バレンシアGP!だんごは一足お先に帰宅する事にする。別れを告げ、実家を出た。
外には祭囃子が聞こえ、人が沢山歩いている。遠くに花火の音も聞こえる・・・。
街を抜け、農面道路に入ると真っ暗(++

夜、ジジのセンターコンソールは真っ暗><純正のカセットは小さなディスプレイの文字だけ光、操作ボタンは手探り状態だった。
何とかしたいと、今はやりのLEDランプを取り付けて見た。
080824_2106~01
小さくて解らん><

4つの球をそれぞれ2個づつ、デッキ、メーター周りに付けようと思っていたが、実際走行中の目線に光が入ると眩しい(@@
デッキの下に2個付けて、残りの2個はATシフトのフロアに取り付けた^^
何とかデッキが見える状態!

さてと、F1に向け風呂に入るか^^
スポンサーサイト
最近運転席側のフロントスピーカーから、ビビリ音が酷い><
音の好みとして、ラウドネスONで低音を効かせながら高音はクリアにと良いとこ取りのチューニングにしているのでなおさらだ。

カバーを外し、スピーカーを見てみると・・・
080824_1230~01
破れてるし(・・;

仕方ない、中古のスピーカーでも探そうと近くの中古パーツ店に行った。

意外と10cmのスピーカーって無いものだなぁ・・・。1点しかなく、中古でも5000円と値がはる><
これぐらいだすなら、2流メーカー(マイナーメーカー)の新品買えるんじゃ!

カーショップへ向かった。エクリプスの展示品が5980円だ!ううん・・・若干高い><
店内を見渡すと、片隅にジジのツイーターと同じメーカーのFUSIN発見!!
新品で3980円だ^^これでいいかぁ♪
080824_1231~01
2WAY、20W~MAX110W

家に帰って早速交換^^純正の配線を切るのは抵抗があったが、ジジは乗りつぶすつもりだし^^
極性を間違えないよう気を付けて接続!
080824_1246~01
助手席側はまだ破れていなかったが、いつ破れてもおかしくない状態

純正のナットとネジを使い、固定。
080824_1251~01
交換後

クッション材を貼り付け、カバー取り付け終了!肝心の音は、高音はクリアに聞こえるが、低音が押し殺したようなつぶされてる感じ・・・><残念!


初代エスクードは、後席のヘッドレストとスペアタイヤで、ルームミラーから見る後方視界が悪い。
後部座席に人を乗せることが殆ど無いので、ヘッドレストを取り外した。人を乗せる時は付ければ良いしね^^
リアシートにブランケットを敷き、つっぱり棒で固定。
080824_1301~01
ついでにリアの剛性上がらないかな・・・つっぱり棒自体の剛性が無いか><

後方視界は改善!見やすくなったよ^^


Gリミテッド純正のイタルボランテのステアリング!劣化してひび割れ、変色でボロボロっす><
080824_1333~01
登山靴用の、オイルと防水グリース塗ったけどいまいち(@@;

黒のオイルを探して100均へ!あったあった^^
080824_1333~02
ザ・靴、黒色用!

塗り込んで、しばらくして綺麗な布で拭き取る。
080824_1338~01
ひび割れ、変色部に黒色が入り込み、黒光り^^

若干綺麗になったかな^^自己満足だよ~。


ヤフオクで落としたフォグランプに交換しようと外してみたが、ネジの径が合わない(・・;別のステーを調達して組み付けるか、フォグ側のネジ径を交換するか・・・
とりあえず外したまま乗っていると、なんだかフロントが軽い!たかがフォグ、大した重量じゃないはずなのに、フロントの回頭性が良いじゃないか!
この軽さが気に入ってしまった^^しばらく外したままでいよう♪付けるとしても小さなプロジェクターランプぐらいにしようw
080824_1316~01
バーがもっと低ければ、フォグ無しで良いんだけど・・・いっそのことバー外すかぁ・・・

SN340050.jpg

車が軽いって良いな^^改めてそう感じた。
真夏の渓谷~♪バーベキューで火照った体を渓流の岩清水で冷やす^^

突然雲が広がり、スコールのような大雨><
P8150003.jpg
恨めしそうに空を見上げる・・・。。。

yukiは、初めてのキャンプにハイテンション♪
P8160012.jpg
前髪切り過ぎたよね^^

そんでもって、ユメタウンのボールプールでは・・・
080816_1511~01
こんな感じ^^;

時より雨が降り、濡れた荷物を駐車場で干す。
P8160024.jpg
R2のトランクルームには何故かスヌーピー(・・;

帰りに捨てられた猫を拾い、子供達は連れて帰った。
やせ細った子猫は、今は元気に網戸の一番上まで登って遊んでいるそうだ^^
ジムニーJA22Wを購入したのが、1997年の秋。。。それから2002年まで12万キロを走破し、2004年に前エスクードTD52Wに乗り換えた。
TD52Wは2年と短命に終わったが、2008年現愛車のTD01Wへとエスヲタへのプロローグとなっていたのだ^^

ジムニー初のフルモデルチェンジ(?)とも言われるJB23は、発売当時のCMでは織田雄二とジムドンと言う恐竜をキャラクターとして、ずいぶん現代的、悪く言うと軟弱になったものだと、従来のジムニーファンから眉をしかめられたものだ・・・。。。

ところが、MCを繰り返し時が経つと共に、昔の絵画が長い歴史を経て評価されるように、現行ジムニーをなんとなく味が出てきたものだ(言い過ぎ?)
実際ミッションのギヤ比を低くするなど、オフ性能を伸ばしてきているところが、オフを疎かにしないジムニー、エスクードの真骨頂なのだ!

と、前置きは長くなったが、「ジムニー乗りはジムニーに帰る」と言われるほど、ジムニーにはシンプルな大人の遊び心が凝縮されている。そのJB23を駆る者は、必ずオフに足を踏み入れられずにはいられない^^

8月14日、JB23さんと阿蘇の原野を駆け回る、プチオフを行った^^¥

9時に、益城町の某スーパーで待ち合わせ、南阿蘇グリーンロードを駆け上がった。
08140013.jpg
阿蘇五岳!高原の風は涼しい~

高森峠を越え、高千穂方面へ向かう。お盆の国道は通行量が多い。帰省だろうか、狭い町道にも県外ナンバーの車が並んでいる。

四季見原キャンプ場方面へ急坂を駆け上がる。一昔前はこのあたりから林道だったが、現在は殆ど舗装が進み、時より転がる落石をよけながら高度を上げる。
08140019.jpg
標高1200mの四季見原すこやかの森キャンプ場。カラマツ林と熊笹覆う、綺麗なキャンプ場だ!

一息入れいよいよ「土呂久林道」へ向かう!
入り口は殆どブッシュ化しており、注意しないと見落としてしまう。いきなりの草ボウボウと、ガレ場><;最近は誰も入らないのだろうか・・・。。。
08140020.jpg
しばらく走ると、路面もフラットで走りやすい^^

道幅は狭く、落石が点在する。尖った岩も多く、慎重にラインを選び走行だ^^;
08140032.jpg
ジジは快調!

ガレ場もなんのその!!
08140036.jpg
ジムニーも余裕でしょう!

林道区間10km、大分との県境尾平越へ無事到着した^^
丁度お昼時なので、お弁当を広げる。大分に抜けるトンネルは通行止めなので、殆ど車は入ってこない。鳥のさえずりを聴きながら、美味しく頂く^^

食事後、詰まれた丸太でJB23さんが遊ぶ^^丸太の上に上がってしまうと、足元は見えない(@@;
08140042.jpg
行くしかない!!

しばらく広場で遊び、天岩戸へと下る。県道の狭い道は、通常殆ど車は通らないが、お盆のせいか対向車がぽつぽつやってくる。「この先行き止まりですよ~」って教えてやりたいけど・・・

どっちに行こうか?
08140045.jpg
下界は暑いぜ(汗

国道218号線に入り、熊本方面へ。黒い雲が空を覆い、時より雨が落ちてきた><山都町まで下ると雨もやみ、御所のオフロードコースへ向かう。
ここは、4WD、エンディユーロコースが広い敷地に点在する、阿蘇の原野を利用したオフロードコースだ。以前、バイクで走ったのは、何年まえだったろうか・・・?
狭く、分岐の多い町道を走り、コースへと出た。誰も居ない。無断で走ることはNGだ。
08140048.jpg
今度はもっと早い時間に行こう!

引き返し、阿蘇の原野へと向かう。広いストレートダートを走り、小高い丘に出た。
遠くに、海の海面が見えていたが・・・
08140051.jpg
写真には写らないか(@@

見渡す限りに広がる原野(*^o^*)
08140053.jpg
まだ陽は高い!さらに奥へと進む!

嗚呼!かくも人間の欲望とは深いものか・・・オフを走れるだけでも楽しいはずだったが、フラットな路面だけだと物足りなくなる・・・><
わき道へシフト!!
08140059.jpg
これぞジムニーの真骨頂!

阿蘇の火山灰が堆積した、赤土まじりの道(?)を縦横無人に駆け回る^^
堪能したところで、次は吉無田高原へ^^湧水公園の近くより吉無田林道へ入る。
ここの荒れようはひどかった><;路面はガレ場だし、両脇の草はブッシュ化している。時よりジジのボディに草や枝がヒッチング(;;

日も暮れかけ、薄暗い林道を何とか無事に走破し、南阿蘇グリーンロードに出た。
08140064.jpg
ボディが傷だらけだぁ~!

最後の林道はヘビーだったが、2台とも何とか無事走破し、帰宅の途に着いた^^ゞ

ジムニーとエスクードの旅は、すなわち開拓者と遊牧民の旅みたいなものだろうか^^
同じコンポーネントを持つ両車は、排気量・寸法などの違いは多いが、下地にながれるスピリットは同じなのだ。

手に入れたものは必ず、4WDへとシフトしたくなる!「フロンティア・スピリット」、そこが旅の原点だ!

end
何処までも続く、一枚岩の渓谷を走る^^川の両側は森や岩で切り立ち、川以外逃げ場は無い。
水は浅いが、時より大きな岩や、穴にタイヤを取られる。流木やせり出した木、垂れ下がった木も、車高の高い四駆には障害となる><
080802_1421~01
障害物が有る度に、車を降り撤去だぁ~!

壁のようなヒルクライムも、LOWレンジが有るジムニーやエスクードなら何の問題も無い^^
ジジでは始めての本格オフロードだったが、一つの難関をクリアする度に「行ける」、「大丈夫」と自身が沸いてきた^^頼れるやつだ!

とは言いつつも、この一番の見せ場は写真を撮るのを忘れるほど、走りに集中していた。気が抜けないのだ(++;絶対無事に走破する!ってことばかり考えていた。
080802_006a.jpg
岩をどかして、ラインを確保!

最後の難所では、車体が大きいTL52Wやデリカが苦戦し、車底を擦ったものの大事には至らずクリア^^
後は時より現れる、傾斜40~50度ぐらいの壁を幾つか越え、川に繋がる林道に駆け上がり無事渓谷走行を終えた。
080802_1600~01
皆無事に生還したのだった!!(プロジェクトX風)

走行約4時間、20Km弱の行程はタフなコースだった^^
(今回の行程は、通常生活道路として農作業用に使われるルートです。ですが、4輪駆動等の特殊車両でなければ走行は厳しいでしょう。実際の走行は自己責任において、現地の生活車両の妨げにならないよう通行をお願いします)

一息入れて、今回の宿泊地湯布院を目指して、再出発だ!
080802_1627~01
玖珠市のシンボル、「切株山」!ほんとに切株みたいだ^^

夏真っ盛りの土曜日!観光地へ向かう車の流れは多い><だが渋滞はなく、快調に湯布院町へと進んだ。
080802_1703~01
目の前は由布岳!いい景色だなぁ♪

由布岳の近くからわき道へそれる。しばらく走るとジャリ道だ!初めて走るルートはワクワクするもんだ^^先頭のTL52WとJB23Wが巻き上げる砂埃もなんのその!多分、顔がニヤけてるんだろうなぁ(^^ゞ
080802_1712~01
遅れをとるな~!手ぶれでゴメン

この林道の突き当たり広場が今夜の宿泊地。早速タープ・テントを張り、バーベキューの準備^^
またきちさんと、林道太郎さんのお仲間のJB23Wも到着し、さっそく乾杯~♪
夜な夜なオフロード、エスク話を語り、満点の星空の下楽しい一夜を過ごした。

下界は夜でも25~26度位の気温だが、標高900mの山頂は深夜は20度を切っていただろう。
寝袋に包まり、久しぶりに朝まで熟睡したzzZ

翌朝、皆で朝食を済ませると、だんごは一足先に北九州へと発った。名残おしいが、次回のオフ(通常のオフとオフロードも兼ねる)会でまた会える事を信じて!
080803_0755~01
今日も快晴だ^^

080803_0755~02
湯布院盆地

さぁて!北九州まで走るぞーーーー!!

End

PS
080806_1845~01
晴れてだんごもBRCの仲間入りしたのだ^^¥
次の難所は、この渓谷では珍しい岩ゴロゴロの河原を避ける、狭い川登りだ!
JB23Wは難なく通過(・・;次にだんごが恐る恐るジジを進める!
080802_002b.jpg
助手席側のミラーを倒して、何とかクリア^^

クランク上にラインを選び、浅い一枚岩の広場に出た。
続いて林道太郎さんのTL52Wも、無事通過!
080802_1247~01
この先は淵だらけで行けそうにない><

淵と岩を避ける狭い切り替えしは、デリカには厳しい!
前後、左右、腹回りを皆で確認し誘導。無事隊列復帰!
080802_1252~01
浅そうに見えても、淵に落ち込めばタイヤ分位は沈んでしまう(@@;

JA11は余裕のクリア!これ以上は進めないし、時間も丁度正午。川にテーブルとイスを持ち出し、お食事タイムだ^^足元を流れる水が気持ちいい♪

林道太郎さん率いるBRCは、「貧乏ラフロードクラブ」の略だそうだ(^^/創立当時は皆ボンビーだったかららしいが、今では皆さんそれぞれに安定した生活を送ってらっしゃるようだ。
だんごもここで、BRCのステッカーを頂いた(*^o^*)私にはぴったりかも!

さて、一息ついたところで次の支流へ突撃だぁー!
080802_005c.jpg
こもれびの太陽がまぶしくて、水面が見にくい・・・><

先頭のJB23Wが通るラインを瞬きもせずに見つめ、浅瀬、岩、淵を避け走るのだ。
一枚岩の川底には、時より水の流れで侵食した大穴がポッカリ口を開けて待っている(#^。^#)それもまた楽しい!!

つづく
8月2日カービューの「みんカラエスクード」サイトで知り合いになった、HN林道太郎さんが主催されるオフ会に初参加した^^

以前からサイト上では知り合っていたが、今年2月のエスクード誕生20周年記念のオフ会で初めてお会いして、機会があればまた走りたいとの願いが実現した!

林道太郎さんは、以前はだんごの愛車と同じTD01Wに乗っておられ、現在TL52Wと生粋のエスヲタなのだ!さすが~♪

10時半、大分県日田市の某ホームセンター駐車場に集合。熊本から丁度100km、10時10分頃到着した。程なく林道太郎さんご一行も到着され、晩御飯、明日の朝食の買出しを行った。

外は晴天で、うだるほど暑い(++;買い物もそこそこに、早速出発だぁー!
林道太郎さんのTL52Wを先頭に、お友達のジムニーJB23W、デリカ、ジジ、ジムニーJA11の順で5台艦隊だ(^^/
080802_1147~01
天瀬温泉の車窓より

後で、同じくエスクード誕生20周年記念のオフ会で知り合いになった、HNまたきちさんのTD54Wと、林道太郎さんの友人のJB23Wも合流予定だ^^

080802_1148~01
ドラえもんと、アンパンマンでは、アンパンマンのほうが背が高いようですwww

国道210号線を玖珠まで走り、玖珠IC方面に左折。ここで隊列を入れ替え、JB23W、ジジ、TL52W、デリカ、JA11の順で、県道の狭い道を下った。
080802_1223~01
現行ジムニーに、登りでは着いて行けません><

しばらく走ると耶馬溪の岩山らしい絶景が見えた。そして、道路横には一枚岩の清流(*^^*)
大分に渓谷を車で走れる場所があることをHPなどで知っていた。だが場所が解らなかったので、今まで一度も行った事がなかったのだが、林道太郎さんが知っておられるとの事で、今回の走行会の場所としてだんごがお願いしたのだ!

しばらく走るとキャンプ場があり、その道の先はそのまま川になっていた(・・;
いきなり最初に難関があった!!一枚岩の渓谷に大きな穴だ(><;
先頭のJB23Wが突撃!バシャバシャと水しぶきを上げ、リアのバンパー近くまで水没しながらクリア!つぎはだんごの番(汗タラ~

ジムニーより走破性におとり、ましてやキャンプ道具満載でずっしり下がったジジがクリア出来るのだろうか・・・。。。

意を決して、4WDにシフト!何とかなるでしょーーーーーバシャバシャバシャーーー^-^
無事クリア浅瀬を選んで、何とか最初の川走り(?)は成功!と思いきや、後方のデリカ、JA11がやってこない(・・;
080802_1232~01
デリカはともかく、バリバリオフ車のJA11が???

車を降り川を下ると、「ジムニーのフロントデフガードが割れた!!」と声が・・・。。。
いきなり暗雲が立ち込めたが、幸い大事には至らず、ガードの破損のみで済んだようだ。余裕が有り過ぎて、わざと深いところに入りデフガードをヒットしたらしい(**;油断できんわぁ!

5台揃ったところで再出発!一旦林道に入ったが、また!
080802_1239~01
そっちは川ですから~~~

つづく

WHAT'S NEW?