Welcome to my blog

SV1000Sで行く♪此処じゃない何処かへ

GWの予定^^

長いところは11連休!私も明日まで頑張れば、5連休だ^^¥すっかり気分だけは休日モード突入しているが、後1日残っているんだよね・・・><連休に行きたい場所を妄想してみた。阿蘇高岳まるで月面のような木一本も生えていない、荒涼とした世界を歩くと・・・新緑がよりいっそう映えるかもね。阿蘇中岳から見た火口と、烏帽子岳上から見る火口は、また格別だ!鷲ヶ峰の岩場に挑むも良し高度差がたまらないよ~♪若干危険><由布...

登山発祥の地

九重飯田高原、通称”やまなみハイウェイ”。バイク時代から通いなれたこの道。目の前には、モクモクと噴煙を上げる硫黄谷と星生山。左手には、何処から見ても、三つの山容にみえる三俣山。まさかこの山に自分が挑む事になるとは・・・。まっすぐに延びるこの場所は、映画「奇跡の山」でガイド犬「平治」(へいじ)がトラックの荷台に詰まれたダンボール箱から、落ちる最初のシーンが撮影された場所だ。この映画により、山に登ってみ...

20th ESCUDO birth anniversary

1988年、一台の車が産声を上げた。当時の四駆シーンと言えば、ランクル・サファリ・パジェロなどヘビーデューティーで、特定の人しか乗り得ない状況下のなか、スズキエスクードはそれらのイメージを払拭する「ライトクロカン」と言うジャンルを築き上げた。それから20年!初代のボクシーなデザインから、OEM提供していたGM(ゼネラルモータース)の意向により丸みを帯びたファニーな2代目^^と変身し、試行錯誤を繰り返しながら、...

10万キロ!!

今朝、会社に着いた時オドメーターが99.999Kmを指していた。Gリミが納車されて26日。もう1.000Kmは走行した事になる(^^¥就業後、会社を出るとすぐ10万キロとなった!大台に突入だ!!長く乗りつづけて行きたいと思う。最近車を変えた事が、会社の同僚にも周知されてきたようで、数人から「車変えたんですね!」と言われた。一人の後輩は、「これ新車ですか?」なんて聞いてきた!?、「95年式だから新車じゃ...

大銀杏^^

去年の秋のことだ。近所の大銀杏は、黄色く葉を染めていた。どんな事件や、災害があっても毎年この大銀杏は黄色に葉を染める。何十年、何百年の時を経ても、それは変わらない。些細な出来事など、この木の下に立つと笑い話に出来るだろう。今年の秋は、Gリミの背景を黄色く染めてくれはずだ。...

Gリミ、初の林道走行!in椎矢林道

物好きと言うか何と言うか、13年落ちの初代エスクード購入後初の林道走行に出かけた(^^¥購入前一番気に掛かっていた事は、車両重量1240kgの車体に、100psG16Aのエンジンは非力なのか?と言う懸念だ。最高出力 100ps(74kW)/6000rpm 最大トルク 14.0kg・m(137.3N・m)/4500rpm 実際走らせてみると、「小さく叩けば、小さく鳴り、大きく叩けば、大きく鳴る」っと言った感じか・・・。ゆっくりアクセルを踏み込むと”もっさり...

世界戦略車第一弾!!「スイフト」

国内では、軽自動車メーカーとしてのイメージが強いスズキだが、欧州では2輪(MOTO-GP)やJWRC(ジュニアWRC)などの参戦により、スポーティなイメージが先行している。事実モトGP以前のW-GP500ccでは、数回ワールドチャンピョンのタイトルを得とくしているし、アメリカ、コロラド州で行われるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでは、モンスターの異名を持つ田嶋伸博が、2007年にワールドレコードを叩き出し...

エスオタ増殖計画^^

エスクードのカリスマこと「嵐田雷蔵」さんが管理されているHP、「つくばーど」のリンクを追加しました^^つくばーどこちらのHPには、嵐田さんのエスクードにかける熱い思いは元より、歴代のエスクードの歴史や、全国のエスクユーザーの写真・インプレッション・オフ会の模様などなどエスクオタにはたまらない情報のてんこ盛りとなっています~♪「エスクードギャラリー」や、「It piles it. ESCUDO Mileage」には、《...

夕日の向こうに

仕事帰り、雲仙普賢岳の向こうに夕日が沈んだ。綺麗な夕焼けに、ふとカメラのシャッターを押した。穏やかな風景だが、つい数年前も噴火を起こし、数名の犠牲者を出した油断出来ない山である島原大変肥後迷惑とは、寛政4年(1792年)に雲仙普賢岳の噴火と、眉山の山体崩壊とそれに起因する津波災害である。津波は島原対岸の肥後(熊本県)にも大きな被害を与えたのでこのように名付けられた。雲仙普賢岳の火山活動により島原で有感...

Designed by Akira.

Copyright © SV1000Sで行く♪此処じゃない何処かへ All Rights Reserved. まとめ