Photo Gallery

29日は宮崎県の祖母・大崩山系にある「鉾岳」へ登山に行きました^^

少し治りかけた風邪が、この頃またぶり返して熱はあるし、関節も痛い。
鼻水は水の様に垂れて、おまけに気管支炎の症状まで><

それでも山に行く私は根っから貧乏性の塊で、わざわざ雨の日に長靴とカッパを着て庭の草むしりをしたり、ツーリングに行くと近くて広いバイパスより、狭くてクネクネの旧道を走る。
何もしないと倒れてしまう自転車のような人生なのだ^^えへん

兎にも角にもその一部を写真でご紹介!

朝5時半に起きると身体の節々が痛い。気管支炎の吸入器を吸い込むと、気力を振り絞って車に乗り込んだ。

3時間後の9時前に登山口の鹿川キャンプ場jに到着。
IMG_20170429_094059.jpg

天気予報では晴れの予想だったが、みるみる暗雲が立ち込めてきて、登山口から一山越えて渓流に出会ったころには雨も降ってきた。

木が沢山あるからね。雨避けにはぴったりだとやせ我慢を言いつつ沢沿いを登る。
170429DSCF1333.jpg

スラブ(引っ掛かりのない滑らかな岩)や、パックマン岩、滝、満開のアケボノツツジに癒されて、心折れる事無く山頂を目指す。
170429DSCF1343.jpg
スラブ(上には岩に取り付いているクライマーが見える)

170429DSCF1351.jpg
岩を静かに滑り落ちる滝

170429DSCF1337.jpg
サイゴクミツバツツジ

170429DSCF1355.jpg
パックマン岩

170429DSCF1359.jpg
う~ん重いぃ

170429DSCF1387.jpg
アケボノツツジ

170429DSCF1360.jpg
大崩山系で良く見られる甌穴

IMG_20170429_113910.jpg

沢を上り詰めてヒメシャラの森を抜けると林道に出会う。鉾岳へは左折の道を行く。
170429DSCF1362.jpg

170429DSCF1369.jpg
林道にはアセビが満開!

170429DSCF1366.jpg
アケボノツツジの乱舞やぁー!

この頃には晴れ間が覗いてきて気分も上昇。

鉾岳の入口は林道から左に下ったところにあり、登りの途中で見た滝の源流に至る。
170429DSCF1370.jpg
ここから下に降りる

170429DSCF1372.jpg

この源流を下流に少し下り、岩塊を登り返すと雌鉾(メンボコ)だ。
170429DSCF1375.jpg
振り返ると雄鉾の岩壁

170429DSCF1377.jpg
雌鉾山頂

170429DSCF1379.jpg
これ以上先に行けません><

元の源流に戻り、スズタケの盛る登山道を5分ほど行くと主峰の雄鉾(オンボコ)山頂だ。
IMG_20170429_131223.jpg

山頂先端はスラブの上部にあたり見晴らしがいいが、この日は風が強く立っているのがやっとで、早々に山林へ逃げ込む。
170429DSCF1381.jpg
吸い込まれそうな緑

昼食を取り一息つくと下山。
IMG_20170429_155250.jpg

体調もいつの間にか良くなっていて、新緑と花を愛でた気持ちのいい山行でした。
スポンサーサイト
いやー、久しぶりの縦走は堪えたぁ><
3月18日に佐賀県と長崎県の県境、多良三山「五家原岳」と「多良岳」を縦走してきました。

まだ足が痛いもんね。
筋肉痛が半端ナイ(泣)

出がけにデジカメが見つからず、スマホでしか写真が撮れませんでしたが、その様子をHPにUPしました。
しかも登山開始して10分ぐらい歩いたところで、スマホを車に忘れていることに気が付いてそこから戻りましたよ><

カメラには泣かされた一日でした。

しかも天気予報は晴れだったのにずっと曇りで、登山終わって車を出したころにはポツポツ雨まで降ってきました。
天気予報のバカヤロー!

五家原岳~多良岳縦走登山

IMG_20170318_094737.jpg

このルートほとんど展望が開けず、ずっと森の中を歩いていました。
チラッと見てハイヨ^^
先週の最強寒波で標高1000m付近の阿蘇外輪山も雪が積もりました^^

2月12日(日)、西原村グリーンロード脇の「十文字峠」から南阿蘇外輪山の「地蔵峠」まで雪山ハイクしてきて、その様子を動画にしてみました。
170212RIMG0121.jpg

風切り音防止のフィルターを付けたままだったから、音声が聞きとりずらいけど暇ならチラ見して下さい!


雪山楽しい~♪
天気予報の嘘つき~!
21日(土)は曇りのち雪の悪天候と予報されていたが、なんと晴天!
ホントは20日夜に移動して多良岳山系に入る予定していたのを、雪で閉鎖されて帰れないかもと中止したのに・・・

21日朝のんびり目を覚ますと、滅茶苦茶いい天気じゃないか><
大急ぎで準備して天草まで走りました。

沿道にはバイクも多く、
「バイク乗ってもよかったかな・・・」
と思いつつ、天草上島へ向かう。

二弁当峠の登山口に着いたのはもう正午を過ぎた頃で、12:40に登山口に取りついた。
170121DSCF1035.jpg

九州自然歩道だけあって整備された階段を登っていく。
170121DSCF1036.jpg

一登りして振り向くと「次郎丸岳」が見える。
170121DSCF1037.jpg

「海観アルプス」とは松島町から姫戸町、竜ケ岳町へと連なる高舞登山、金毘羅山、蕗岳、鋸岳、中岳、鹿見岳、念珠岳、竜ケ岳等の連山の総称で、これから向かう「念珠岳」はこのルートでの最高峰となる。

一つ目の大きなピークを越えると「念珠岳」が姿を現した。
170121DSCF1038.jpg

コースタイムは一時間半と言うが、まだあんなに遠いのか><
所々ベンチがある。ゆっくり行こう(^^;
170121DSCF1040.jpg

この先はいくつものピークを登ったり降りたり繰り返す。
一時間ほど歩くと大きなピークへの長い階段が続いた。
170121DSCF1042.jpg

きっとここを登ると山頂だと思い歩を進めた。
170121DSCF1043.jpg

上り詰めると少し平坦になり山頂を探した。しかし見つからない、道はその先も続いていた。
下り坂になり、引き返して山頂を探そうかと思ったころ「念珠岳」の標識が!
170121DSCF1045.jpg

なんだもう少し先か!
登りがあり、今度こそこれを越えると山頂だ。

ところが!
170121DSCF1046.jpg

遥か上に山頂が!
山頂かと思うとその先にまだ高みが・・・登山ではよくある事。
こんな時疲労困憊なら心も折れるが、今日はまだ元気がある。さああそこまで!

しばらく行くと念珠岳の取り付きがあった。
170121DSCF1049.jpg

左折して本格的(?)な登山道を這い上がる。
そしてコースタイム通り丁度一時間半、「念珠岳」山頂に到着!
170121DSCF1051.jpg

山頂は20坪ほどの平坦な平地で、東側以外の展望がひろがる。
時間は14時10分。遅い昼飯を頬張った^^

次郎丸岳と大矢野方面
170121DSCF1052.jpg

姫戸町と不知火海
170121DSCF1053.jpg

左の山が海観アルプス最後の「竜ヶ岳」
170121DSCF1054.jpg

展望を楽しむと下山開始。登って来た道を引き返す。

1時間ほど歩き振り向くと念珠岳がもうあんなに遠くに。
170121DSCF1056.jpg

人の足ってすごいよね!
帰りは1時間10分で登山口へ。
170121DSCF1057.jpg

短い山行だったけど満喫しました。
次回は多良岳へ行くぞー^^
いやー、チョー久しぶりに登山に行ってきました。

足を怪我してから以降初だし、何なら3月の普賢岳以来の登山!
大事をとって、標高差の少ない霧島の池巡り登山をチョイスしました。

ところが行ってみると欲が出て、あっちもこっちもと約10km、6時間彷徨してきました><¥

最後は足が張って・・・少しグロッキー

写真だけですがHPにUPしました!
DSCF0789.jpg

白鳥山~甑岳池巡り登山

良かったら見て下さいヤッホー♪

WHAT'S NEW?