Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミヤマキリシマの花が満開だと言う。
九重は無理にしても阿蘇ぐらいならSouを連れても登れそう!

5月末(まだ5月かい)、Sou2度目の登山に阿蘇に向かいました^^

当日は五月晴れ♪
草千里の駐車場に車を止め、向かって正面の烏帽子岳へ西周りに取り付いた。
20170527_121042.jpg

起伏の少ない火口縁の登山道を行く。
足元に気を付けないと爆弾(牛のふん)を踏みつけてしまう><

20170527_122746.jpg

草千里の標高は1,100m。烏帽子岳(標高1337m)までは、約50分だ。
Souが居ても1時間ちょっとで登れるだろう。

そう思った矢先に何やら看板が!
20170527_123407.jpg

熊本地震で登山道が崩壊しているらしい(泣

ちょっと心折れつつ、東回りの登山口へ移動。
草千里を横切り、ミヤマキリシマ咲く登山口へ取り付いた。
20170527DSCF1528.jpg

花が満開でピンクの絨毯やぁー
20170527DSCF1533.jpg

標高が上がると、噴煙を上げる中岳や最高峰の高岳も見えてきた!
20170527DSCF1535.jpg

この登山道は外国人が多い。
片言の日本語で挨拶してくれるし、アルプに声をかけてくれる。
Souも楽しいのか一番ハイスピードで歩く^^
20170527DSCF1538.jpg

もう山頂が見えてきた!と言うところで!!

また看板がぁ・・・

20170527DSCF1540.jpg

後20~30mと言うところで登山終了><
まぁ登ったと言う事でいいでしょう^^

とりあえず飯!
20170527_135915.jpg

阿蘇のパノラマ
20170527DSCF1544.jpg

左手に車を止めた駐車場
20170527DSCF1552.jpg

阿蘇坊中から阿蘇火口方面遠望
20170527DSCF1553.jpg

崩れた烏帽子岳南斜面①
20170527DSCF1549.jpg

崩れた烏帽子岳南斜面②
20170527DSCF1550.jpg

地震でごっそり斜面が落ち、地表がむき出しに・・・

気持ちいいなぁ~!カミさんとアルプも満喫^^
20170527DSCF1555.jpg

そろそろ降りようか。
20170527DSCF1558.jpg
Souもたくましくなりました^^

阿蘇ありがとう!
20170527DSCF1562.jpg

今回は結構楽しかったみたいです♪
20170527DSCF1565.jpg

次は何処にいこうかな^^
20170527DSCF1566.jpg

花を満喫した一日でした^^
スポンサーサイト
やばい、6月になってもうたー

5月中旬、久しぶりにカミさんと二人で登山に行きました!(アルプ付きですが^^)

場所は九州山地の入口、カルスト地形とカタクリ(※)の花で有名な「京丈山」1473m(きょうじょうやま)です!
(※)カタクリの見頃はGWまでです

写真でご紹介^^
170522DSCF1481.jpg
登山口から長い林道を行く

170522DSCF1478.jpg
崩れた斜面には石灰石がびっしり!

170522DSCF1491.jpg
尾根道に出ると「バイケイソウ」の青葉が青い

170522DSCF1497.jpg
足の踏み場がないほど

170522DSCF1492.jpg
カルストの岩が苔むしていい感じ^^

170522DSCF1495.jpg
約2時間で山頂着!ヤッホー

IMG_20170522_124053.jpg
山の神に感謝

170522DSCF1496.jpg
北西側に展望が開ける

IMG_20170522_125331.jpg
飯だー^^山で食べると3倍増し!

170522DSCF1499.jpg
帰路はゆっくり花を愛でる

170522DSCF1502.jpg
「ヤマシャクヤク」は今が満開でした^^

170522DSCF1503.jpg
カルストのメルヘンチックな登山道を行く♪

170522DSCF1511.jpg
久しぶりの登山にアルプは常に前のめり^^;

170522DSCF1519.jpg
新緑とマイナスイオン満喫

170522DSCF1526.jpg

無事下山しました。
さあSouを迎えに行こうか!
29日は宮崎県の祖母・大崩山系にある「鉾岳」へ登山に行きました^^

少し治りかけた風邪が、この頃またぶり返して熱はあるし、関節も痛い。
鼻水は水の様に垂れて、おまけに気管支炎の症状まで><

それでも山に行く私は根っから貧乏性の塊で、わざわざ雨の日に長靴とカッパを着て庭の草むしりをしたり、ツーリングに行くと近くて広いバイパスより、狭くてクネクネの旧道を走る。
何もしないと倒れてしまう自転車のような人生なのだ^^えへん

兎にも角にもその一部を写真でご紹介!

朝5時半に起きると身体の節々が痛い。気管支炎の吸入器を吸い込むと、気力を振り絞って車に乗り込んだ。

3時間後の9時前に登山口の鹿川キャンプ場jに到着。
IMG_20170429_094059.jpg

天気予報では晴れの予想だったが、みるみる暗雲が立ち込めてきて、登山口から一山越えて渓流に出会ったころには雨も降ってきた。

木が沢山あるからね。雨避けにはぴったりだとやせ我慢を言いつつ沢沿いを登る。
170429DSCF1333.jpg

スラブ(引っ掛かりのない滑らかな岩)や、パックマン岩、滝、満開のアケボノツツジに癒されて、心折れる事無く山頂を目指す。
170429DSCF1343.jpg
スラブ(上には岩に取り付いているクライマーが見える)

170429DSCF1351.jpg
岩を静かに滑り落ちる滝

170429DSCF1337.jpg
サイゴクミツバツツジ

170429DSCF1355.jpg
パックマン岩

170429DSCF1359.jpg
う~ん重いぃ

170429DSCF1387.jpg
アケボノツツジ

170429DSCF1360.jpg
大崩山系で良く見られる甌穴

IMG_20170429_113910.jpg

沢を上り詰めてヒメシャラの森を抜けると林道に出会う。鉾岳へは左折の道を行く。
170429DSCF1362.jpg

170429DSCF1369.jpg
林道にはアセビが満開!

170429DSCF1366.jpg
アケボノツツジの乱舞やぁー!

この頃には晴れ間が覗いてきて気分も上昇。

鉾岳の入口は林道から左に下ったところにあり、登りの途中で見た滝の源流に至る。
170429DSCF1370.jpg
ここから下に降りる

170429DSCF1372.jpg

この源流を下流に少し下り、岩塊を登り返すと雌鉾(メンボコ)だ。
170429DSCF1375.jpg
振り返ると雄鉾の岩壁

170429DSCF1377.jpg
雌鉾山頂

170429DSCF1379.jpg
これ以上先に行けません><

元の源流に戻り、スズタケの盛る登山道を5分ほど行くと主峰の雄鉾(オンボコ)山頂だ。
IMG_20170429_131223.jpg

山頂先端はスラブの上部にあたり見晴らしがいいが、この日は風が強く立っているのがやっとで、早々に山林へ逃げ込む。
170429DSCF1381.jpg
吸い込まれそうな緑

昼食を取り一息つくと下山。
IMG_20170429_155250.jpg

体調もいつの間にか良くなっていて、新緑と花を愛でた気持ちのいい山行でした。
いやー、久しぶりの縦走は堪えたぁ><
3月18日に佐賀県と長崎県の県境、多良三山「五家原岳」と「多良岳」を縦走してきました。

まだ足が痛いもんね。
筋肉痛が半端ナイ(泣)

出がけにデジカメが見つからず、スマホでしか写真が撮れませんでしたが、その様子をHPにUPしました。
しかも登山開始して10分ぐらい歩いたところで、スマホを車に忘れていることに気が付いてそこから戻りましたよ><

カメラには泣かされた一日でした。

しかも天気予報は晴れだったのにずっと曇りで、登山終わって車を出したころにはポツポツ雨まで降ってきました。
天気予報のバカヤロー!

五家原岳~多良岳縦走登山

IMG_20170318_094737.jpg

このルートほとんど展望が開けず、ずっと森の中を歩いていました。
チラッと見てハイヨ^^
先週の最強寒波で標高1000m付近の阿蘇外輪山も雪が積もりました^^

2月12日(日)、西原村グリーンロード脇の「十文字峠」から南阿蘇外輪山の「地蔵峠」まで雪山ハイクしてきて、その様子を動画にしてみました。
170212RIMG0121.jpg

風切り音防止のフィルターを付けたままだったから、音声が聞きとりずらいけど暇ならチラ見して下さい!


雪山楽しい~♪

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。