Photo Gallery

SVを注文した頃すぐにスリップオンマフラーを探した。
いかにも長くて重そうなサイレンサーを一番に替えたかったのだ。

主に海外メーカーのものしか無いのだが、定番のヨシムラ、AGRAS、LeoVince、TWO BROTHERS、GPR・・・etc
海外部品を取り扱っている国内の通販メーカーのサイトを徹底的に調べぬいた。

すると「IXIL」と言うイタリア・スペインのメーカーからとても魅力的なマフラーを見つけた。
アルミサイレンサーで、出来ればユーロ4対応、そして安価と言うすべての希望をクリアしていた。

正式名称は↓
ixilオーバル XTREM INOX エボリューション EU公道走行規格適合

なんとグラディウスの1本サイレンサーより、SVの2本出しが3万程度安く販売されていたのだ!
まだ買うのは早いかと思ったけど、今が底値かも知れないと清水の舞台から飛び降りる覚悟で「ポチ」っとしました^^

それから約1か月半、待望のマフラーが届きました。
休日に早速装着開始!

170218DSCF1131.jpg

マフラー交換にあわせ、他数点ケミカル類を用意しました。

ガス漏れ防止で、モリワキエンジニアリング/耐熱シール剤
ネジ緩み防止で、デイトナ: パーマテックス ネジロック剤(液状)

スクリーンに小傷が多いから、デイトナ: ミラーグレーズ・スクリーンクリーナーと、ラベン: プラスチックポリッシュ。
最後にクラッチレバーのワイヤー式アタッチメントを油圧式のU-KANAYA: L-1【補修パーツ】 ノーマルタイプ用 クラッチレバー取付アタッチメントに交換。

おまけで劣化したボルトをSUSボルトに交換しますw

まずは簡単なボルト交換!
170218DSCF1133.jpg
before

アウターチューブの一番下にあるボルトを交換しました。
170218DSCF1134.jpg
after

Vツインは振動が多いから、ネジロックを塗布してしっかり締め付けます。

次に、クラッチレバーのアタッチメント交換と装着。
170218DSCF1136.jpg
左が油圧用で、右がワイヤー用

アタッチメントに付属されている専用のレンチでボルトを外して交換。
バイクに取り付けるとこんな感じです!
170218DSCF1139.jpg

ついでに以前買っていた部品を取り出す。
アクションカメラ用のコントロールマウント。
170218DSCF1140.jpg

クラッチレバーのネジに友締めして装着完了。
しかしセパハンのせいで、カメラ位置が低く、ミラーやスクリーンが映り込むですバイ><

そしてゴキの時に買ったキジマのホーンを装着!
4年経ってやっと装着出来た^^
170218DSCF1143.jpg

音は純正より迫力ありますw

そして真打のマフラー装着!
170218DSCF1150.jpg

音は動画でUPしたので見てハイヨ!



さぁ!後は旅立つだけ!!
170218DSCF1155.jpg

行って来ま~す♪
スポンサーサイト
最近全然バイクに乗れてません><

久しぶりに暖かくて午後から時間が出来たので、県北へGO!!

熊本~玉名の県道1号線(通称オレンジロード)を行く。
170213DSCF1113.jpg

平日なのに結構バイクがいる。
かっ飛ばしている奴もいれば、のんびり走っている奴もいる。
はたまた「ナルシストの丘」でだべっている輩や・・・

だんごはと言えば、バイクと対話しながらワインディングでペースを少しずつ上げていった。
足つき性向上で、リアサスのダンパーを一番ソフトにしていたが、少し柔らか過ぎるみたいでハイスピードだとピッチングが止まらない。1/4回転ハード側にセットして様子を見る。

そんなこんなで気が付くと玉名市へ。
Uターンして植木町方面へ行く。脇道に入ると西南戦争の史跡が沢山ある。

田原坂に次ぐ激戦地だったという「吉次峠」へ。
170213DSCF1116.jpg

国内最後の史上最大の内戦、西南の役で最も激しい激闘が行われた場所のひとつで、薩軍防衛戦線最後の牙城となった地です。薩軍が死守した吉次越えは、官軍に“地獄峠”と恐れられた険しい場所で、両軍の間に死屍累々の攻防が展開されました。党薩12隊のひとつ、熊本隊の一番隊長・佐々友房が、「君見ずや 吉次の険は城よりも険なり」と詠った詩が刻まれた詩碑があります。・・・熊本観光ナビより
170213DSCF1117.jpg

今はその面影も無く、風のそよぐ音と鳥の鳴き声ぐらいしか聞こえない。
140年と言う歳月は全てを風化させようとしているのか・・・

次にすぐそばにある、薩軍一番隊長の「篠原国幹戦没之地」へ。
170213DSCF1123.jpg

篠原国幹を一言で描写すれば、
西郷は後進のなかでもっとも篠原を愛し、篠原の無口で剛直な性格を好み、
諸事およそ策略を用いることのないこの人物を信じきった。 (司馬遼太郎『翔ぶが如く』)


170213DSCF1121.jpg

そして最期は、
篠原は先頭に立った。
例によって、銀装の太刀を帯び、緋色のマントをひるがえし、銃をにぎっている。
遠望する誰の目にもひとめでそれが篠原少将であることがわかった。
篠原は弾雨の中で低い姿勢もとらず、むしろさきがけする自分を全軍に目立たせることによって士気をふるい立たせようとした。
薩兵は、そういう篠原が、薩摩隼人の鑑をみるようで堪らなく好きであった。
「篠原どんに遅るるな」
と口々にいって揉みあいつつ前へすすんだ。(司馬遼太郎『翔ぶが如く』)


薩人が好むぼっけもんの代表みたいな人だろうね。
170213DSCF1125.jpg

色んな史跡があるので、また紹介します。



ところで、待ちに待ったものが届きました!
170215DSCF1126.jpg

何かって!?
170215DSCF1128.jpg

また紹介しますw
2017年、SVイジリ飛ばして行きますよー^^

用意したのはこれ↓
170117DSCF1019.jpg

①.MOTUL ステッカー×2
サイズ:110mm

②.56Racing レーシングスタンドフック
56156カラー:チタニウム/サイズ:M8

③.マルチバーホルダー ステムホールクランプショートロータイプ
DAYTONAデイトナ: 92750

④. マウントキット マルチバーホルダー
DAYTONAデイトナ: 78576

⑤.RDmotoアールディーモト: S4-PH01-K
クラッシュプロテクター・ガード SV1000S用

⑥.ROUGH&ROADラフ&ロード
プリントタンクパッド EXPRESSION スリム221mm×144mmカラー:SUZUKI

⑦.MADMAXマッドマックス
スズキ車5穴汎用 タンクキャップカバー:カーボン

昨年末に買ったものと、今年初めに買ったものが同時に届いてイッパイになりました^^

まず②のスタンドフックを装着!
170117DSCF1021.jpg
六角レンチで締め付けるだけですw
チタンカラーがシブい^^

次に③と④。先に④をセンターステムに取り付けて、③のT字バーを固定。
170117DSCF1022.jpg
そしてソケットプラグとスマホホルダーを装着。これでナビやETCも装備可能♪

それから一番の大物!⑤のプロテクター!!
170117DSCF1025.jpg
ちゃんと取説も付いていました(英語ですが・・・)
170117DSCF1026.jpg
フロントバンクのネジを外して、プロテクターを固定。

左側はこんな感じ。
170117DSCF1029.jpg

あんまり目立たないやつと思ったけど、思った以上に小さかったです><
170117DSCF1028.jpg
前から見てもほとんど張り出していません。

最後に貼るだけ系の①、⑥、⑦を!
170117DSCF1030.jpg
タンクキャップも少し塗装が剥げています><

こんな感じで^^
170117DSCF1032.jpg
ちょっとタンクパッドは派手だったかな(^^;

①はアンダーカウル下へ。
170117DSCF1031.jpg
これも思ったより小さいステッカーでした。

以上、簡単カスタム終了ですw
このブログも随分遅れ気味だけど、正月3日今年初・SV初のツーリングに行って来ました^^

向かうは大分県の蒲江町、「日豊海岸」までの旅!!

冬とは思えない3月並の陽気で、暖かい朝日を浴びて準備を進める。
170103DSCF0989.jpg

必要最小限の荷物をタンクバックに詰めて、着けたばかりのグリップヒーターの電源を入れスタート。

国道445号線を山都町へ。地震で崩れた御船町付近は山手へ大きく迂回して山を越えていく。
少し乗り慣れたSV。最初ほどの戸惑いもなく、三が日の空いた国道を軽快に走った。

宮崎県に入った五ヶ瀬町で最初の休憩。
寒くもなく、ストレスもなく至って順調だ。しかしここに来て改めて思ったのが、このSVのシートが良く滑る。
手袋を置いても滑って落ちるし、私👓で、メットを被る時メガネを置くと落ちる><

もちろん座っていてもケツが滑る。動きを悪くするスプレーか何か無いかな?

高千穂町を過ぎ北方町から高速の無料区間を延岡市まで行く。
やっと大型の本領発揮!
プーチのスクリーンが付いてて、ヘルメットの顎ぐらいから下はほとんど風を感じない。
このバイク、90~100km/hぐらいが一番いい感じの速度かな^^

東九州道に入り、北川ICまで行く。一旦国道10号線に入ると、眼下には綺麗な清流が見えてくる。
IMG_20170103_122939.jpg

北川の沈下橋にちょっと寄り道。
170103DSCF0994.jpg

今日は天気がよくて暖かいせいか、よくライダーに出会う。
ここまで来て、5,6人の人が挨拶してくれた。グラディウスに乗っていた時はなかった事で、いつもの2倍増しだ。
やっぱり大型に乗っていると相手が敬意を記してくれるのかな?
中には身を乗り出してガン見してくる人もいて、そんなに珍しいかい(^^;

IMG_20170103_122447.jpg

免許取って良かったなぁ・・・と思いました^^

北川から山越えで日豊海岸へ向かう。道の駅「蒲江」で弁当を買って昼食だ。
ご飯を食べると、正月太りしたせいかパンツがパンパンだ><ここは何とか絞らないとね。

ここから何処か綺麗な海岸に出ようと走っていたが・・・
道を間違えていつの間にか佐伯市へ。

ここまで来て一枚の海の写真も無し(泣
このリベンジは山で晴らす!一気に阿蘇へ踵を返した。

170103DSCF1004.jpg

根子岳を望む牧草地帯まで一気に走った。
途中255kmで給油して14Lで満タン。燃費は約18km/L。燃費だけはかなり落ちました(><¥

IMG_20170103_162618.jpg

結構スムーズに走って来たんだけどね・・・

IMG_20170103_162611.jpg

エンジン特性や、取扱にはかなり慣れてきたけどやっぱりポジションだけは少しキツイ。
もう少し何とかしたいなぁ。
それとノーマルのサスセットは少し硬い。特にリアは二人乗りも考慮されているのかギャップで跳ねる。
とりあえずダンパーをソフト側に一回転して、少し様子を見ます。

リアのプリロードも少し下げて前傾姿勢を緩和するかな・・・

南阿蘇に向かい、根子岳を反対側から見る。
170103DSCF1009.jpg
夕日が当たって綺麗だな^^

その後迂回路が出来て開通した俵山トンネルを抜け帰宅。370kmの旅でした。

今日は主にバイクに慣れるのが本命で走りっぱなしでした。
大型はゆっくり走っても快適で楽しいと何処かの本で読んだけど、ホントだね^^
SVを自分なりの1台に仕上げるため、私が真っ先に取り組んだのが

「シートあんこ抜き」

とにかく前傾姿勢がきつくて、着座位置を下げる事で少しポジションを楽にしようと言う狙いです^^

これがノーマルのシート!
170110DSCF0966.jpg
ほとんど水平で凹みがありません><

アンコ抜きに必要なヤスリと、シートカバーを固定するハンドタッカー(大きなホッチキス)と、少し座り心地をよくするために低反発シートを用意しました。
170110DSCF0968.jpg
スポンジの削りカスが出るので、ピクニックシートの上で作業開始!

シートにはあらかじめ削る範囲をペンで書いて、ヤスリの粗目でザックリ削る。
ネットとかで見ると20~30mmぐらいが限界のようなので、20mmを目指し削りました。

ある程度削るとヤスリの細目で滑らかに仕上げていきます。

低反発シートを適当な大きさに切って乗せてみます。
170110DSCF0969.jpg

このままでは段付きになるので、低反発シートの分だけさらに削る!!

低反発シートの角は斜めに落として、シートカバーを付けハンドタッカーでカバーを打ち込みます。
このタッカー500円ぐらいだったけど、針が奥まで刺さりません><

針をハンマーで打ち込んで何とか固定(^^;

写真を撮り忘れたんだけど、こんな感じになってます。(一番上の写真と見比べて下さい)
170110DSCF0979.jpg

乗った感じ少し前傾が和らぎました^^
そして足つきも、片足だけならべったり着くようになり取り回しも楽になりました。

しかし、もう少し前傾を和らげたい・・・荒技か・・・



次にグリップヒーターを装着。
グラディウスに付けていて恩恵を受けてたから、もう無しには戻れません^^

R&Gと言うアメリカのSV1000S専用品です。
170110DSCF0976.jpg
商品コード〔型番〕 = 09-544557:〔HG000122C〕
品名= R&G グリップヒーター φ22mm

まずはグリップエンドを外すが・・・
170110DSCF0971.jpg
ネジ山潰れています><

グラの時もそうだったがここは錆びやすいのか!?スズキさん何とかして下さい。

そして早速ドリルの出番!ネジの頭をふっ飛ばしてやりましたー!
170110DSCF0972.jpg
(ここから棒を取るのが一苦労だったんだけど)

純正グリップを外すと後は専用品だから簡単と思ったのは大間違いでした。

まず左グリップは固くて奥まで入りません。脱脂してボンド塗ったのはまったくのムダで、CRCやらシリコンスプレーやら流し込んで、最後はハンマーで叩きながらやっと挿入しました><

右はアクセルの周り止めで凹凸が作ってあるから、左と同じ感じだと凸部(下の写真の青囲み)を全部削らなければいけないかと不安がよぎる・・・
170110DSCF0974.jpg

ところがこっちはスッポスポ><

でも赤囲みのところを削り落とさないとグリップが奥まで入らないことが判明(チーン)

ルーターやらニッパーやらヤスリやら総動員で削りました(:;¥

超強力ボンドを買いに走り、ボンドを塗るとタイラップで固定。
170110DSCF0977.jpg

電源はプラスはテールランプから、マイナスはバッテリーのマイナス端子へ。
スイッチはトップブリッジに両面テープで貼り付けて作業終了(1日がかりだぜ)

最後にエンジンをかけると・・・
170110DSCF0978.jpg
正常に動作しました!

さあこれでツーリング行ってみよう♪

WHAT'S NEW?