Photo Gallery

2008年2月10日。約束の日はもう10年も前の事だ。

スズキエスクードに乗っている有志が各地より九州阿蘇に集まった。
2008dscn0049.jpg

だんごはエスクードをもう手放していたが、少し前までオーナーだったことで思いもかけず声が掛かった。
そのころのだんごは人生で一番辛い時期であり、突破口を求めてこの会に集った。

あれから10年。時は流れて知ってる人も少なくなった。
だんごの影響でエスクードを買ったニケさんや中JIさん。ニケさんのお父さんもだ。
自分が先にエスクードを手放してしまっても乗り続けてくれている事に感謝!

いつかまたライトクロカンに戻りたい。
そんな気持ちを残したまま数年が流れている。

あの時に集まった有志と訪れた全面凍結の滝「古閑の滝」に行ってみようと思った。

駐車場から滝までは600mの歩道を行く。
その行程には豊肥線の線路があり、熊本地震で崩れて今でも肥後大津駅~阿蘇駅間は不通のままだ。
あれから約2年近くが過ぎようとしているのに・・・

IMG_20180204_122655.jpg

その姿は変わらずままにあった。
何もかもが変わっても、変わらないものがある。
それは何だか嬉しい事で、昔同窓会で言われた言葉を思い出した。

「今でもバイクに乗ってんだ」
「だんごは昔と変わらないねぇ」

それは褒め言葉なのか、呆れた言い回しだったのか・・・

みんながが変わり過ぎたんだよ。
変わらないものがあったっていいじゃないか!

だけど大きく変わった事があった。
家族がいる事だ。(ワンコも)
IMG_20180204_144611.jpg

志半ばで途絶えたエスクード。
沿線が途絶え復旧が待たれる豊肥線。

外は寒風が吹きすさびー6℃。
IMG_20180204_143717.jpg
子供には寒さなんて関係ない!

IMG_20180204_143135.jpg
瀬の本高原で遊ぶ。

IMG_20180204_143611.jpg

それでも心の中にはぬくもりを感じていた。
IMG_20180204_153535.jpg
いつまでもこの風景を見ていたい♪

いつかまたエスクードで来れたらいいな^^
スポンサーサイト
三週間越しで長崎戦跡巡りの動画をUPしました^^

今回は戦跡メインと言うか、戦跡のみで6ヵ所巡りましたー

改めて九州には戦跡が多いなぁ・・・

しばらくは、だんごファミリーのライフワークとして紹介していきます。

てか、今回の動画は家族ムービーになってますm(__)m

興味があったら覗いて下さい!
早いものでもう12月ですね・・・

ウチのSou君は、今年年長さんで最後尽くしの保育園イベント。
運動会では選手宣誓を無事こなし
発表会では「黒田節」をばっちり決めてくれました!

あっという間の1年で、子供の成長を眩しく感じる今日この頃ですw


しかし、今年は寒さが厳しいみたいで、もう10日ほどバイクに乗れてなーい!
そろそろ乗りたいけど、暖かくなる気配もないし><
早く夏が来ないかな^^

ところでこのタイトル!エンディングがまだだった!

鶴見崎を後にして熊本へ帰る道すがら「トトロの森」に寄り道しました。
写真でご紹介!
IMG_20171119_130822.jpg

IMG_20171119_130852.jpg

IMG_20171119_130904.jpg
Souが隠れてる^^

IMG_20171119_131225.jpg
どこに手突っ込んでるんじゃー

IMG_20171119_131252.jpg
Sou逃げ出す!

IMG_20171119_131304.jpg
何故か暴走中(^^;

IMG_20171119_131754.jpg

IMG_20171119_131558.jpg
何もないけど雰囲気のいいところです^^

END
佐伯市の道の駅「やよい」で一夜明かすと、この旅のメイン鶴見崎へ向かう。

九州最東端の鶴見崎の行程にはいくつかの戦跡が残る。
戦跡マニアのだんごと廃墟マニアのカミさんは、その中でも最大の「丹賀砲台園地」を目指した。
丹賀砲台には巡洋艦「伊吹」の後部主砲45口径30センチ2連装カノン砲を転用し据えられました。

道の駅「やよい」から小一時間で目的地の「丹賀砲台園地」に到着。
20171119DSC00230.jpg

この日は風が強く、海辺の園地には身体が押させるぐらいの強風が吹きつけた。
砲台跡はこの海岸から小高い山の上にあり、そこまではケーブルカーで登った。
20171119PIC_0003.jpg
砲塔井へ行くには斜坑を通るのですが、リフトでおよそ3分で登れます。階段は162段あり、すべて御影石(花崗岩)で作られています。幅は狭く、最大傾斜角度は45度全長80メートルの急階段です。
現在リフトがあるところにはベルトコンベアがあり砲弾を運んでいました。


ケーブルカー「伊吹」は角度45度の傾斜を軽やかに登る。
20171119DSC00226.jpg

ケーブルカーを降りるとそこには幻想的な風景が待っていた。
20171119PIC_0014.jpg
え!?ここは戦跡のはず!!
戦跡といえば朽ち果てたコンクリートと錆びた鉄、絡まるツタなんかが定番だが、ここは白い漆喰に塗り固められた研究室みたいな雰囲気だ。
2017-11-29 20-42)

しばし写真でご紹介!

「主動力室上部冷却水槽」
20171119DSC00219.jpg

「水圧蓄力機室上部冷却水槽」
20171119DSC00218.jpg

水槽の中はこんな感じ。
2017-11-29 22-02)

メインの「砲塔井」!
2017-11-29 20-44)
砲塔井の直径は10メートル、深さは12.8メートル。もっとも薄いところでも2メートル以上の鉄筋コンクリートでできています。中央のらせん階段を上るとコンクリートに刻まれた爆発事故の痕跡がよく見えます。

ここだけがむき出しのコンクリートが残る。
20171119DSC00217.jpg

螺旋階段を登り、砲台跡上部より野外へ出てみた。

20171119PIC_0009.jpg

風が強ーい!
20171119PIC_0013.jpg
屋外に出ると砲台跡から豊後水道が望めます。
砲塔は南西方向、鶴御崎半島と大島の間にある「元の間海峡」を向いています。

遠くに四国が見える。
20171119PIC_0012.jpg

何が見える?
20171119PIC_0011.jpg

悲劇の巨砲 丹賀砲台!
大正15年10月に起工し完成は昭和8年10月、8年の歳月をかけて建設し工員が増えることで町は賑わったそうです。
昭和16年12月、真珠湾攻撃があり大戦がはじまりました。
翌年の昭和17年1月11日、戦闘に備えて実射訓練を開始。8発を発射し最初の4発は射程距離1万メートル(10km)、後の4発は射程距離2万メートル(20km)を発射。
最後の1発が砲身の中で暴発し、砲塔井の根元から吹き飛ばされました。
爆音が地区に鳴り響き窓ガラスが割れ、真っ黒い煙が立ち上りました。
亡くなった方々は事故死として処理され補償もなかったそうです。
砲塔井には今も爆発事故のあとが残り、厚さ2メートルを超すコンクリートに刻まれた傷は爆発の大きさを記しています。

爆発事故で亡くなった内藤中佐以下16名の名前が彫られた慰霊碑があります。
隣接して、太平洋戦争で亡くなった旧鶴見町の方々465名の名前が刻まれた平和の塔があります。
20171119PIC_0004.jpg

20171119PIC_0005.jpg

地下に作られた弾薬庫は出入り口が2ヶ所あります。

20171119DSC00229.jpg

青文字は「佐伯市観光協会オフィシャルサイト」より転記

なかなか見ごたえありました!
九州では1、2の規模を誇る戦争遺産。
それでも知る人ぞ知るのマイナー感は、やっぱり負の遺産という扱いなのであろうか・・・

少し考えさせながら、折り返し地点を過ぎた。

続く^^
この冬一番の寒気が流れ込もうとする週末、

だんご一家は大分を目指した。

前回と同じく、カミさんとアルプの訓練の送迎を兼ねて大分車中泊の旅に出たのだ。

目指すは大分市内の取り壊される小学校跡地。

ここのガレキを利用してアルプの災害救助訓練に参加するのだった。

IMG_20171118_093351.jpg
始まる前のセレモニーです

Souと私は訓練が終わるまでの間、例の如く別府へ走った。

今日の目的地は「別府ラクテンチ」ですw

ラクテンチまではケーブルカーで移動。
IMG_20171118_102542.jpg

これを見てSouは

「猫バスだー」

と喜んだ^^
IMG_20171118_103601.jpg
さあ上の駅まで出発!

今日の天気はあいにくの小雨模様だが、高台では別府湾の遠望が楽しめた♪
IMG_20171118_105322.jpg

さあ何から乗ろうか!
IMG_20171118_105305.jpg
サイクルモノレール

IMG_20171118_105952.jpg
ウォーターパレード

実はSouは怖がりで、ほとんど遊具には乗りません><

動物と触れ合ったり、ゲームコーナーで遊んだり、、、

IMG_20171118_115353.jpg
やっぱりボールプールは外せませんわ!

昼食を挟んで、さあ次は何をと思ったころ、意外と早く迎えに来てLINEが来て、

若干不完全燃焼のままケーブルカーを降りた。
IMG_20171118_130003.jpg
また夏に行こう^^

大分市でカミさんを拾うとそのまま日豊線を南下して佐伯市へ向かう。

今日は佐伯の道の駅で車中泊予定だが、少し時間が早い。

完全燃焼するためには、

「佐伯城に登ろう」

我が家ではそこに道があれば進むのだった^^

佐伯城とは・・・

佐伯市街のほぼ中央、標高144mにシイの木で覆われている「城山」があります。
佐伯城は慶長11年(1606年)、日田の隈城から移封された毛利高政によって築かれました。天守閣は、築城後ほどなく火災によって消失、わずかに残った隈櫓・土塀なども廃藩置県の際に取り壊されました。今日では三の丸に櫓門(やぐらもん)、山頂に石垣が残るだけとなっています。

山城部は中央の本丸を中心に北に北の丸、南に二の丸、西の丸を配しています。
本丸は外側に本丸外曲輪があって二段となり、低い天守台が残る。本丸石垣は東側に角を作らず曲線を描くのが特徴で、これは三の丸の石垣にも見ることができます。
二の丸の南、西の丸の東、北の丸の西にそれぞれ虎口が付いていますが、近世城郭としては虎口が小さく、人一人が通るのがやっとという虎口が多いです。

城山頂上までの道のりには、独歩碑の道、登城の道、翠明の道、若宮の道と、4つの登山道があり、それぞれ四季折々の風景が楽しめます。山頂からは、遠く四国の山々まで眺望でき、登る人が後をたちません。


佐伯市観光オフィシャルサイトより抜粋


薄暗い時間だったけど、写真でご紹介!
20171118DSC00195.jpg
累々と残る石垣

20171118DSC00197.jpg
本丸跡

20171118DSC00198.jpg
城山から見る佐伯市街地

20171118DSC00202.jpg
二の丸方面へ

20171118DSC00203.jpg
風格ある樹木が歴史を感じる

20171118DSC00205.jpg
更に西の丸へ

20171118DSC00207.jpg
井戸の後かな?

城山を降りた頃には暗くなってました(^^;

さあ、道の駅「やよい」へ移動!

続く

WHAT'S NEW?