Photo Gallery

久しぶりにカテゴリ「エスクード」を!

TA01Wさんから3代目エスクード「10th anniversary」のステッカーが届きました。
150511DSCF7549.jpg

5枚貰ったんですが、現役エスク乗りのニケさんと中じいさん、しんいちさんの3枚は確定です^^
1枚は予備で、1枚は私が貰おうとしてますが・・・

ダイハツアトレーに「スズキ エスクード」のステッカーって><

無しですよね(泣

くそー!いつかは新型ビターラ買ってやる!!
vitara.jpg

あ!でも「エスクード」ではないか(爆
スポンサーサイト
24日、日曜日夜にジジは貰われていった。2008年3月23日の納車から丸5年。
購入時の走行距離は98897kmで、引き渡し時は152448kmだったから約53500kmの付き合いだった。

 23日にはジジラストランとして、今年初めてのクロスカントリーに椎矢林道へ行きました。
その様子はここから↓
13'K4C Round4ジジラストランin椎矢林道
DSCF9375.jpg

 椎矢林道を全線走破出来なかったのは心残りだが、いつか戻るであろうクロカン生活にその楽しみは取っておこう。
それでもジジには沢山のクロカンシーンを楽しませてくれた事に感謝。次のユーザーさんの元で可愛がって貰えると良いな^^

 ついでに椎矢林道のほんの一部を車内から動画で!
エスクードTD01Wラストラン

 翌24日は朝から前日の汚れを落とし、車内の片づけ・清掃をした。カスタムしたパーツも純正に変えれるものは戻した。
 物が無くなりすっきりしたジジは、納車当時の面影とダブる。「発つ鳥後を濁さず」、だんごの痕跡はなるべく消そう。


 夜9時に引取に来られた。買い取り屋さんがジジに乗り出発する瞬間、ヘッドライトを付けると片目が切れていた!
昨夜は点いていたのに!最後っ屁されたみたいにジジは走り去っていった。うぅぅ・・・

 終わりは始まりの一つ手前。次に訪れるクロカン生活まで、ジジの余韻に浸るとるか。

 エスクードにまつわる沢山の有志の皆さま、有難う御座いました。また大変お世話になりました。
エスクードは手放してもクロカンにはいずれ戻ります!今後とも宜しくお願い致します^^
ジジの引き渡し日が3月24日に決まった。
18年物、走行距離15万キロ越えでも、わずかながら買値が付いた。
残された時間少しでも乗りたいところだが、査定済みで売り物となった以上、余り乗り回す訳にも行かなくなった(泣

それでも週末のわずかな時間を付いて、近場の海岸までSouとドライブを決め込む。
DSCF9290.jpg

誰も居ない海岸に、昼食を入れたビニール袋を置いてSouと追いかけっこ。Souは砂浜へ降りる階段を上ったり降りたり・・・
それでもって砂浜には降りず、反対側の道路に行きたがる。仕方なく付き合い、道路で石を拾っては側溝に投げ入れるを繰り返した。
DSCF9294.jpg

15~20分が過ぎ、昼食を置いたところに戻ってみるとあろうことか数匹のカラスが集っている!
急いで戻り追い払うと、だんごの昼食のハンバーガーと楽しみにしていた「天草大漁焼」(*)のせんべいが無い><ちくしょーっ!!

sweets01.jpg
(*)藍のあまくさ村お土産で一番人気のせんべい

 幸いSouのおにぎりと飲み物は無事だった。Souに昼食を食べさせやっと砂浜に降りて砂遊びを始めた。
飽きると波打ち際まで行き、石や貝殻を海に投げ込んだ。波が寄せたり引いたりするのに合わせSouが進んだり後ずさったりするのが面白い^^

 ひとしきり遊び、この島の最南端にある灯台を目指して車を進めた。
DSCF9306.jpg

 島の奥へ進むと道は曲がりくねり路面は荒れ始めた。
こんな時ジジは頼もしい相棒だ。235/60-16のスタッドレスタイヤを純正の195/70-15に変えたせいもあるが、
路面の凹凸をソフトにいなし、アップライトな姿勢とスクエアなボディは狭い道でも車両感覚が掴み安く運転が楽しい。
純正シートは背骨から腰まで反らせた形で長距離走行も耐えうるし、バケット風のパッドは揺さぶられた体をホールドしてくれる。
いつもはぐずるAT変速ショックもこの日は感じられず、今更ながら売り払うのが惜しい気持ちが湧いてきた。

でもジジもう決めたんだよ。これで終わりじゃないし、次のユーザーさんの下で活躍を見せてくれ。

そう自分に納得させて、ステアリングを捌いた。
目的の灯台へは車道が無く行けなかった。踵を返し帰路に着く。快適な車内でSouはスヤスヤ眠る。
DSCF9311.jpg

 だんごは少し遠まわりして宇土半島を西から南へ山越へした。狭い峠道でもジジは丁度良い。扱いやすいサイズのクロカンだな。
過去に10数台車の乗り換えをしただんご。そのたびに一抹の寂しさはあるもののここまで思い入れする車が他にあっただろうか?
一番辛い時期に出会い、立ち直りのきっかけになってくれたエスクード。たくさんの人と出会い、思い出をくれたジジ。
そのプロセスが自分の人生とだぶり、思い入れが深いものになっている。

 後何年後かに普通車が買えるようになったとしても、1997年で生産終了した初代エスクードに戻る可能性は少ないだろう。そう思うと尚更残念だが、前に進まないと行けない。
 人生の転轍機をもう一段切り替えてだんご一家を乗せて進むのだから。
 ぶしつけですが、自宅で家計簿を付けている人は多々いると思うけど、車にかかるランニングコストの”車”計簿を付けている人は少ないのではないか?

 だんごは2008年のエスクード購入以来、ずっと車計簿を付けている。これは職業病と言うか、何気なく支払っている経費をあからさまにする事で無駄を省こうと言う狙いだ。

2008年
走行距離・・・16.729km
ランニングコスト・・・409.051円
1日平均の経費(283日分)・・・1.445円

2009年
走行距離・・・13.153km
ランニングコスト・・・264.929円
1日平均の経費・・・726円

2010年
走行距離・・・8.284km
ランニングコスト・・・300.690円
1日平均の経費・・・824円

2011年
走行距離・・・9.005km
ランニングコスト・・・246.711円
1日平均の経費・・・676円

2012年
走行距離・・・5.158km
ランニングコスト・・・254.925円
1日平均の経費・・・698円

*ランニングコストとは、ガソリン代、車検代、税金、保険、保守・修理代など

 偶数月は車検があり、経費が高くなっている。ここには車両本体価格は含んでいないので、これ以外に車両価格が上乗せになる。
 2012年はわずか5.158kmに抑えたのにも関わらず、毎日700円財布から消えている計算だ。
年間5.000kmの走行距離は極限に近い低減距離で、これ以上減らす事が出来ない・・・と言うかもっと乗りたい!

 それでも1日平均の経費を今の半額ぐらいまで下げたいと思っている。
不可能に近い事を可能にする方法が一つだけあった。軽自動車をローン無しで購入する事だ!!

 年間走行距離5.000kmならば燃費をリッター15km、燃料代140円で計算すると・・・
5000÷15×140=46.666円
税金1年分・・・約4.000円
保険1年分・・・約15.000円
車検1年分・・・約25.000円

合計・・・90.666円
1年で割ると1日あたりの経費がなんと「248円」!!
走行距離がもう少し増えても希望の半額に届くと思われる。

 今のうちの家計にはどうしてもこれが必要で、軽自動車を現金購入するために貯蓄の一環としてエスクードを売却する事にしました><
DSCN1482k.jpg

 取り急ぎご報告致しますm(__)m
 3連休の最終日、今年のTDA最後のバトル第3戦が行われる!

 第1、2戦を連勝し波に乗る白エスクードを駆る川添選手、ポイントは100Pで、2位、3位の後藤選手、廣瀬選手の70Pを30P上回る。
 4位20Pを取れば、後藤・廣瀬両選手が優勝50P獲得しても勝利数で自力チャンピオンは確定だが、もちろん最初から4位狙いなんてありえないだろうから、今回も3選手のガチンコバトルの火花が散るわけだ!!

 寒さを吹き飛ばす、熱いバトルを期待しています(日和見でゴメン)

CA3H0428k.jpg

 我らK4Cも都合がつく限り、応援に向かいますー。

 そして今年三度、栃木よりTA01Wさんが来福されるそうだ!楽しみだね♪

WHAT'S NEW?