Photo Gallery

Part2では「備中松山城」へ登城してみました。

この旅では、ここをメインとしてたのでほぼ城散策だけの動画になってます^^

興味があるかたは要チェック!


スポンサーサイト
7月14~16日、行って来ました真夏のロード!

今回は雲海に浮かぶ日本一高いお城「備中松山城」をメインに岡山県まで行きました。
(雲海の時期は11月半ばらしいです^^)

動画Part1では、熊本から岡山県高梁市の備中松山城駐車場までを切り撮りました。

チクと見てみるタイ!!

ついに復活しました!


購入から4ヶ月、赤い狼がやって来た!!




何の事かって!?




ジャーン


IMG_20170708_114601a.jpg

SUZUKI WOLF50

3月ぐらいにヤフオクで不動車を引っ張ってきてちびちびレストアしてきました。

アクセルワイヤー固着
ブレーキドラム固着
チェーン固着
電装系点きません
エンジンかかりません
外装ボロボロです><

やっとエンジンかかるようになって、駆動系、電気系も何とか修復!

IMG_20170708_114912a.jpg

何度か泣きが入ったけど、間を置いてトライしてきました^^

このバイク、通勤や近くのコンビニまで行くぐらいで使えたらなぁ思ってます。

IMG_20170708_114611a.jpg

これで赤が2台になりました!

さぁ自賠責入れに行こう^^
今週は大変な一週間でした(汗)

4日は台風が直撃して、カーポートの屋根が3枚吹き飛びました><

もうこれで3回目です。飛ばない屋根ってないのかね!?

それがまた近所に飛び散るから拾って回って、しかも停電で汚れた家の外装を洗うにも水が出ない。

2日がかりでかたずけてヤレヤレと思った矢先に大雨><

被害が大きかった大分県の日田市や、福岡県朝倉なんかに比べたら全然ましだけど夜中にバケツをひっくり返したような雨と、ひっきりなしに落ちるカミナリでおちおち寝ても居られない。

幸い雨による被害はありませんので、ご心配なく^^

今回の大雨で被災された方の一日でも早い復旧を願います。
18日のオートポリス(略AP)は暑かった(><;
フェーン現象と言うのかな?お日様がカンカンに照り付けて、温風が吹いている感じ、、

マグロ部長と二人で昼前に到着すると、AP駐車場には
「こんなにライダーがいるのか!?」
と言うぐらいバイクが止まってる。
IMG_20170618_115645.jpg

IMG_20170618_120159.jpg
レイクサイドコース

試乗会場まで歩くとすでに汗満載><梅雨は何処に行ったんだ!

スズキファンライドフェスタ会場の試乗を待つテントには人だかりが出来ていた。
IMG_20170618_123136.jpg

試乗は丁度お昼休憩に入ったところで、コース脇にずらっと試乗車が並んでおり、
この時間にマグロ部長と、2017モデルのGSX-R1000や隼に跨った。

GSX-R1000はシートが高く、ハンドルが低い極端な前傾姿勢だ。
カウル・スクリーンはとても小さくて、ウインドプロテクションはカウルに伏せた状態で多くの恩恵を受ける感じだろう。
これでツーリングや日常使いのイメージがどうしても持てない。やはりこれはSS(スーパースポーツ)、別世界なのだ。

次にGSX-R750に跨る。サイドスタンドの傾斜状態からよいしょっとバイクを立てると、
「軽っ」!
想定していた力が全然必要なくバイクは起きる。
R1000に比べるとシートが低く、ハンドルは高い(と言ってもシートが低いから高く感じるのだ)。
カウル・スクリーンも十分な大きさがあり、これならツーリングにも使えそうと現実味を帯びてきた^^

次は隼だ。
こちらはずっしりと重い。メーター周りはコックピットと言いたくなるほど計器類が並んでいる。ポジションはしっくり来るが取り回しには気を使いそうだなぁ。
IMG_20170618_123949.jpg
ノーヘルで疾走するマグロ部長と隼(イメージ図)

一旦テントに戻り、何に乗るか考えた。試乗券は2枚。
単純に乗ってみたいのはGSX-R1000と隼だが、自分でも買う可能性があるバイクと考えると、GSX-S1000FとGSX-R750かな・・・

ここは実をとり、後者の2台を選択した。

まずはGSX-S1000Fへ。
このバイクが発売された当時は、なんてかっこ悪いバイクなんだろうと思ってて(ファンの方すいません)、もちろんデザインだけの話だがもう少し何とかならなかったのかと頭を傾げていた。
1GSX-S1000F.jpg

その後インプレや評価を見ていると、意外と評価が高く人気もある事が解った。
それでも片目だけ開けて心を開かずにいた私だが、知れば知るほど気になってきた。

エンジンはGSX-Rシリーズで定評だったK5系エンジンをベースに作られている。
スリッパークラッチを採用し、シフトダウン時の過度のエンジンブレーキによる後輪のロックやホッピングを抑制し、後輪から伝達されるバックトルクを制限する。
3モード式の先進トラクションコントロールシステムを搭載。
バーハンはテーパーの付いた(根元が太く剛性がある)レンサルを使用している。
軽量・コンパクトだ。
もちろんABS付き!
価格が同クラスでは安価。
ウインドプロテクション効果が高く、ロングツーリングに使えるetc・・・

もう片目が少し開きかけていた。
機能的には申し分ない!でもデザインがぁ・・・

そしてある記事で、スズキ開発のデザイナーのデザインコンセプトを見た。

狩りをする野獣をイメージした、GSX-S1000F ABS。低く構えた筋肉質の体、そして牙をむく。
単なるスポーツバイクではない。細部のディティールからワイルドな側面が見えてくる。


「狩りをする野獣」!それでこの形なのか
そう言われると何となくかっこよくも見えてきた。

両目がぱっちり開いたのだった^^

前置きが長かったけど(^^;ともかくGSX-S1000Fに跨った。
取り回しは軽く、幅広いバーハンは真っ直ぐ腰を降ろして手を伸ばしたところにあるとても自然な感じだ。
バーハンのセンターはプレートで固定されており、追いやられたイグニッションはタンク上部にある。

エンジンに火を入れると予想外に小さな音でエンジンが目覚めた。
周りの試乗車の音にかき消されてかかっているのか解らない。
軽くアクセルを捻ると

「ウォン」

とまるで獣が咆哮を上げたような迫力ある音が響いた。
まさに獲物を狙う獣だ!

トラコンはスポーツ走行に使う一番ハードな特性「1」でスタートした。

普段乗っているSVのVツインと比べると明らかに細い低回転のトルクでエンストしそうななったが、軽くアクセルを煽るとモリモリ下からトルクが湧いてきて、あっという間に3桁のスピードにのってしまう。

「いかんいかん」

先行車に追突しそうだよ><
間隔をあけて加速。また間隔をあけて右左と蛇行する。下りのS字には速度を上げて進入し、ブレーキの効き具合も確認。

下り終わると長い右コーナーはフルバンクで加速しながら立ち上がる。
スピードに乗せると登りのS字へ進入。

軽い!走る・曲がる・止まるのバランスが高次元にまとまっている。
それでいて先行車に追いついた時、ゆっくり徐行する時も安定していて、4、5速の低回転からでもストレスなく立ち上がる。
同じ1000CCのSVとは明らかに速さが2段階ぐらい上だ。
出足こそSVは速いが、伸びの部分ではGSX-Sの速さは段違いなのだ。

関心しつつ2週目の周回へ。
他の人たちも慣れたのかペースが速い。特にGSX-R1000に乗る人たちは限界を確かめるべくハイスピードで走行している。
SSではないGSX-Sだがこの狭いコースではむしろ余裕でついていける。これはツアラーとして最高だね。

関心しながら試乗を終えた。

余韻も冷めやらぬうちに次はGSX-R750へ。
GSX-R750_01.jpg

跨ってすぐ感じたのが、右腿からお尻にかけて熱い。これはGSX-Sでは全然感じなかった事だ。
それだけ無駄な物はない研ぎ澄まされたものだろう。

そう思いながら同じく出だしは細いトルクでストールしそうな感じでスタート。すぐ笑いが出てきた!

「軽い」

車で言えばレーシングカートみたいなものだ。挙動のインフォメーションが全身で感じれて、まるで手足の様に扱える。
すぐに乗り慣れて一周目から遊んでみたくなった。
先行車との間隔をとりウイリーを試みる。上手くミートが合わず、少し前輪が浮いただけだったがそんな事もやりたくなるほど自由自在なのだ。

SVより小さい750CCだが速さは1段階上の感じだ。とにかくコーナーが楽しいし、スポーツライディングはもちろん、ゆっくり走る事も出来る。
有り余る運動性能を抑える自制心があれば、ロングツーリングにも十分使えるかな^^

とにかく楽しいGSX-R750でした。

この2台どちらも甲乙つけがたいが、あえてどちらか選ぶとしたら・・・
今の私ならGSX-S1000Fかな。
理由はオールマイティ。やっぱりバーハンが楽でいいわ!

ウイークポイントを挙げるなら、積載性が悪そうなところだな。リアシートは小さく跳ね上がっていて、荷物の固定は難しそう。
スズキさん、ここはもう少し幅広で低くして下さいよ~

それでもネガを吹き飛ばす魅力に溢れてて、まさに
wp01_1024_768.jpg
「ライオンキング」

公道の百獣の王なのだ。

試乗+サーキットの雰囲気をいっぱい満喫してAPを後にした。
IMG_20170618_132153.jpg

帰路はマグロ部長と、産山牧場や内大臣峡などを経由して帰った。

試乗したバイクの余韻が残っており、SVがとても古いバイクに思えてしまった。
時代は流れているね・・・

トルクのVツイン、精密機械から絞り出す出力の直4。
どちらも良いけど、もし次にバイクを買い替える機会があれば、GSX-S1000FはNO1のショッピングリスト候補に相応しい。



情報ですが、熊本二輪館でイベントありますw
Kumamoto_Event-PR_A3-03.jpg

ミカンちゃん来るみたいなんで、行ってみようかなー^^

WHAT'S NEW?